ホームiPhone・iPad・iPod >アイフォン2018最新情報まとめ
アイフォン2018年最新情報|2018 iPhone発売日、価格、新機能、サイズ・デザイン、名称
アイフォン2018年最新機種って何?
2017年は初代iPhoneの発売から10周年で、AppleはiPhone Xを発売した。iPhone X(テン)は好調な売れ行きにより、次世代機種アイフォン2018モデルに興味を持つ人は多くなる。
質問サイトでは「2018 iPhoneモデル名称は何にするのか。iPhone9又はiPhone11(iPhone XI)?iPhone8s?iPhone X Plus?iPhone X2?iPhone Proどっち」「2018 iPhoneいつ出る?発売日・価格は?」「アイフォン2018新型のサイズはどれぐらい?買うつもり?」「アイフォン2018モデルは4×4 MIMO対応、デュアルSIM採用か」「アイフォン2018新型モデル、LTE速度向上とDSDS対応?IntelとQualcommの新モデム搭載か?NFCチップのロック解除?」とよく聞かれる。
以下では、iPhone次世代2018モデルに関する噂&リーク情報(名称、サイズ、新機能&スペック、発売日、価格など)をまとめてご紹介する。2018 iPhone新機種を買いたい方は、ご参照ください。
Part1:アイフォン2018モデル名称って何にするのか?2018 iPhone名称予想
2018 iPhone新型モデルの名称に関しては、様々な噂&リーク情報がある。Consomacにより発見されたデータによれば、追加されたiOS 11搭載機器はA1920、A1921、A1984、A2097、A2098、A2099、A2101、A2103、A2104、A2105、A2106。これらの型番は、いずれも既存のモデルにないもの。だから、2018 iPhoneモデルの名称は何に名づけられるのか?ネットで話題となる。
以下では、現段階では発売される可能性が高いアイフォン2018新型モデル本体の名称についてご紹介する。下記で紹介された名称はもちろん、ネットではiPhone 2018モデルはiPhone 9 Plus、iPhone X Plus、iPhone XI Plus、iPhone Xs Plusと名づける噂も流出された。

速報:「KGI Securities(KGI証券)」社のアナリストMing-Chi Kuo(ミンチー・クオ)より、2018年9月に新型iPhoneを3型にリリースされる。6.1インチと5.8インチのELディスプレイモデルを2型、そして6.5インチの液晶ディスプレイモデルを1型からなる計3型の新作モデル。

アイフォン2018

アイフォン2018年モデルの名称予想#1 iPhone11(iPhone XI)


海外メディアによると、2018 iPhone新型モデルの名称はiPhone11(iPhoneXI?iPhone Xの改良版?)となる見込み。

2017年9月、iPhone8、iPhone8 Plus、iPhone X(テン)を発売されることで、2018年に発表される次世代モデルはiPhone11、iPhone XI、iPhone X Plusと名称されるかも。

アイフォン2018

アイフォン2018年モデルの名称予想#2 iPhone9


2018 iPhone最新情報によると、次世代iPhoneの名称はiPhone9と名付ける可能性もある。ネットで検索してみると、「iPhone9デザイン」「iPhone9 中国」「iPhone9発売日」「iPhone9ない理由」などといったキーワードがたくさん。iPhone9出る説や出ない説が多く、現段階ではまだ明らかになっていない。

噂@:iPhone 10ではなく、iPhone Xと名称する原因は、2018年にリリースされるiPhone9の発売を配慮するからである。

噂A:マイクロソフトはWindows9を飛ばしてWindows10を発表、Appleもマイクロソフトと同様、iPhone9を飛ばしてiPhone X(テン)を発表した。

アイフォン2018

アイフォン2018年モデルの名称予想#3 iPhone SE2


Appleニュースによると、2018年秋に開催されるApple秋のスペシャルイベントではiPhone SE後継機種iPhone SE2をリリースされるようである。2016年3月の発売から丸2年が経過したため、後継機種iPhone SE2が発表される可能性が高い。

iPhone SE2は2018年の第四半期に出荷が始まり、最初の販売国はインドで、ほかの国・地域ではその後になる可能性がある、と消息筋の話を元に報じている。

ネットではiPhone SE 2コンセプト画像が公開され、ホームボタンが残っていて、iPhone SEによく似た。更に、iPhone SE2イヤホンジャックも廃止され、背面パネルの素材はガラス製となる。

アイフォン2018

アイフォン2018年モデルの名称予想#4 iPhone X Plus


2018 iPhoneはiPhone X廉価版はもちろん、ハイエンドモデルiPhone X Plusも合わせて発表されると伝えられている。

iPhone X Plusは6.5インチディスプレイを搭載し、縦横比はiPhone Xと同じである。高解像度となり、480〜500ppiと予想される。

アイフォン2018

アイフォン2018年モデルの名称予想#5 iPhone X2?iPhone XS


海外メディアによると、2018 iPhone名称は iPhone XS/iPhone XS Plus、iPhone X2(ハイエンドモデル)として発表される見込み。

2017年はiPhone X初代を発売されるので、これからiPhoneはXシリーズに注力される。2018 iPhoneモデルはiPhone X2となり、iPhone Xシリーズ時代が始まる。

Part2:2018 iPhone最新情報|アイフォン2018モデルがいつリリース
アイフォン2018

アイフォン2018最新情報によると、次期アイフォン新型モデルは2018年9月にリリースされる見込み。iPhone SE2出る場合は、iPhone SE2は2018年6月15日に発表される噂が出る。iPhone SE2出ない場合は、次世代iPhone新型モデルはいつもの通り、9月にリリースされる。

iPhone初代:2007年1月9日
iPhone3G:2008年6月9日
iPhone3Gs:2009年6月9日
iPhone4:2010年6月7日
iPhone4s:2011年10月5日
iPhone5:2012年9月12日
iPhone5c:2013年9月10日
iPhone5s:2013年9月10日
iPhone6/6 Plus:2014年9月9日
iPhone6s/6s Plus:2015年9月9日
iPhone6s/6s Plus:2015年9月9日
iPhone7/7 Plus:2016年9月7日
iPhone X/8/8 Plus:2017年9月12日
2018 iPhone:2018年9月(秋冬モデル)?

Part3:2018 iPhone最新情報|アイフォン2018新型モデルの発売日
アイフォン2018

2018 iPhoneを買おうと思う方は、次世代iPhone 2018モデルの発売日に興味を持つだろう。Apple最新情報によると、アイフォン2018新型モデルは、2018年9月末より発売される見込み。詳細は下記の通り:


iPhone初代:2007年6月29日
iPhone3G:2008年7月11日
iPhone3Gs:2009年6月19日
iPhone4:2010年10月11日
iPhone4s:2011年10月14日
iPhone5:2012年9月21日
iPhone5c:2013年9月20日
iPhone5c:2013年9月20日
iPhone6/6 Plus:2014年9月19日
iPhone6s/6s Plus:2015年9月25日
iPhone SE:2016年3月31日
iPhone7/7 Plus:2016年9月16日
iPhone7/7 Plus:2016年9月16日
iPhone X:2017年11月3日
2018 iPhone:2018年9月末?

Part4:2018 iPhone最新情報|アイフォン2018価格(値段)

アイフォン2018価格(値段)に関しては、詳しい情報はまだない。iPhone X廉価版価格については触れられていないが、64GBモデルは112,800円(税別)よりは安くなると見られている。


税込で10万円は切ってもらいたいところ。6.5インチのミドルレンジモデル本体価格は650ドル〜750ドル(約7万4000円〜8万5000円)になるよう。

Part5:2018 iPhone最新情報|アイフォン2018サイズ、デザインは?

アイフォン2018新型モデル(iPhone新作2018)のサイズに関しては、iPhone SE2の場合は4.7インチ、他のモデルは、5.8インチ〜6.5インチとなるようである。


Apple関連の情報で定評のあるKGIのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は調査メモの中で、Appleが2018年に、iPhone Xのような薄いベゼルのデザインのiPhoneをリリースする可能性があると予測している。

4.7インチで有機ELディスプレイ搭載(iPhone SE2)

5.28と6.46インチの有機ELディスプレイ搭載(iPhone9)

6.6インチで液晶ディスプレイ搭載(iPhone XI/iPhone11)

5.8インチで有機ELディスプレイ搭載(iPhone Xに相当する)

6.5インチで有機ELディスプレイ搭載(iPhone X Plusに相当する)

6.1インチで液晶ディスプレイ搭載(iPhone X2)

速報:Forbes報道によると、2018年に発売されるiPhoneのラインナップは、「iPhone X後継の5.8インチモデル」「iPhone X Plusとされる6.5インチモデル」「廉価版の6.1インチ液晶モデル」の3モデルである。

Part6:2018 iPhone最新情報|iPhone次世代2018モデルの新機能・スペックまとめ

2018 iPhone名称、発表日、発売日、価格、デザインなどの基本情報を読んでから、どう思っている。以下では、iPhone次世代2018モデルの新機能・スペックに関する最新情報をまとめてみた。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:折りたたみディスプレイ搭載か


サムスンとLGが折りたたみ可能なスマートフォンを開発していると韓国メディアが報じている。2018 Galaxy Noteモデルは、折り畳みディスプレイを搭載するとサムスンモバイル社長が名言。


更に、最新情報によれば、LGは新たな折りたたみ可能なディスプレイをアップルやグーグルに供給することを検討していると伝えられ、アップルは2018 iPhoneには折り畳み可能なモデルを発売されるとも噂されている。一方、Appleの動向を報じるいくつかの専門メディアから掲載された情報によると、次期iPhoneでは折れ曲がるデザインを採用するようである。期待しているよ。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:ホームボタン


iPhone 2018最新情報によると、本体にはホームボタンを搭載していない。現在、サムスンGalaxyスマホ、HuaweiスマホなどのAndroid端末は物理ホームボタンを廃止され、全面ディスプレイデザインを採用しているので、2018 iPhone新型モデルもiPhone Xを元にして、物理ホームボタンを復活しなさそうである。


更に、SNSではiPhone 2018モデル(iPhone SE2)リーク画像が流出した。投稿された3Dスケッチ画像を参考にしてみると、本体下部には物理ホームボタンが存在しなくなる。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:iOS12


2018年3月に発表されるアイフォン新型モデルは、iOS11であるが、2018年9月に発表される2018 iPhone新型モデルは最新iOS、iOS12を搭載する見込み。


公開されたiOS12コンセプト動画を観て、デザインは変わり、画面円形のアイコンになり、通知は画面下から引き上げてる、コントロールセンターも更に進化している。その他、アニ文字、ARKit 2(リアルのARゲームが一段と楽しくなる)、おやすみモード、デジタルデトックス、スクリーンタイム機能、新しいMemoji、Siriショートカットをさらに強化した。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:A12チップ


iPhone SE2は2018年の第1四半期に発売されたら、チップはiPhone X/8/8 Plusと同様、A11を搭載している。


その他の2018 iPhone新型モデルは新CPUとしてA12 Fusionチップが搭載されると考えられている。「A12」チップは「7nm」プロセスルールを採用し、より消費電力効率が改善される。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:DSDS対応&デュアルSIM


アイフォン2018モデル噂によると、2018 iPhone新型モデルにIntel(インテル)とQualcommの新型モデムが搭載され、LTEの通信速度が向上しデュアルSIM&デュアルスタンバイ(DSDS)にも対応するだろうと報告している。


レポートによると、次期iPhoneモデルにはインテルの「XMM 7560」とQualcommの「Snapdragon X20」というモデムが搭載される。これらは「4×4 MIMO」というワイヤレス通信技術に対応。これまで利用されてきた「2x2 MIMO」から、LTEの通信速度がビュッと高速化されそうなんである。

更に、アイフォン2018モデルは、デュアルSIM&デュアルスタンバイ(DSDS)に対応するそうなのである。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:Face ID


2018 iPhoneモデルでは、iPhoneXで搭載された顔認証(Face ID)システムが全面的に導入され、指紋認証は廃止される。


Appleがライバルに2年半程度先行していると評価される、3Dセンサーを使った精度の高い顔認証システムを、2018年モデルのiPhoneに全面導入すれば、製品の販売上の強みになる、とクオ氏は述べている。

さらに、 韓国メディアのETNewsによれば、iPhone新機種2018に発表されたら、Face ID機能がさらに強化され、フロントカメラとFace ID用センサーも統合される見込み。もしそうでしたら、個人的にも期待したいよね。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:AR機能


Samsung(サムスン)、Huawei(ファーウェイ)、Oppo(オッポ)、Xiaomi(シャオミ)などのAndroid端末が3Dセンサーを搭載している。特に、2月26日に発表されたGalaxy S9/S9+ではAR機能が大々的に追加された。


Android端末に対して、iPhoneでもAR機能を搭載する見込み。正直的に言えば、iOS11からiPhoneにはAR(拡張現実)機能が搭載され、ARを使えるアプリケーションも大幅に増えてきた。だから、iPhone 2018モデルの最新情報によると、新型iPhoneは3Dセンサーを搭載しAR機能もさらに強化される見込み。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:カメラ


KGI証券のアナリストことミンチー・クオ氏によれば、iPhoneXのカメラレンズはプラスチック製で、2018年モデルの新型iPhoneでも同じくプラスチック製のレンズが採用されるようである。


これまで2018 iPhoneモデルについては、Face IDのTrueDepthカメラのスペックが変わらないこと、そしてTrueDepthカメラが背面には搭載されないこと、などが伝えられている。

クオ氏のレポートによれば、2018 iPhone新型モデルでは、一部で期待されているような、リアカメラへのTrueDepth 3D検出機能搭載は実現しないとのことである。


2018年4月11日(水)から配信されたニュースによると、次期iPhone 2018モデルで5倍の光学ズーム機能を持つトリプルカメラを背面に搭載しようとしていると伝えた。ファーウェイの2018最新モデル「Huawei P20 Pro」は、史上初のトリプルカメラ搭載スマートフォンとして大注目を浴び、アップルも今年発表する最新モデルでまた新たな一歩を踏み出そうとしている。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:ワイヤレス充電


iPhoneX/8/8 Plusで搭載されているワイヤレス充電は、無接点充電の標準規格Qiに対応した充電パッドがあれば、充電のたびにケーブルを抜き差しする必要がなくなる便利な機能である。


更に、アップル純正のワイヤレス充電器「Airpower」も2018年発売される予定。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:バッテリーはL字型となり、容量アップ


現行モデルiPhone XとiPhone 8はバッテリー2基をL字型に搭載している。Appleの情報に詳しいKGI証券のMing-Chi Kuoによると、L字型の特殊なバッテリは電子部品の集積技術の向上に伴い端末内部に生まれた余剰スペースを活用し、バッテリー容量が大幅アップされるメリットがある。この点から見れば、2018 iPhone新型モデルはL字型バッテリーを採用する見込み。


更に、Korea Economic Dailyによると、米アップルの次回作iPhone 2018モデルには、韓国LG製の「L字型バッテリー」が搭載される見込みと報じていた。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:防水・防塵機能


前期モデルのiPhone X/8/8 Plusは防水・防塵機能を持ち、2018年に発表される新型iPhoneにも防水・防塵機能を搭載する。


最新情報によると、2018 iPhone(iPhone 11)はIP67等級の防水・防塵機能を搭載し、粉塵が内部に侵入できなくて、規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない。ということは、雨が降ったり、お風呂でも大丈夫となる。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:カラーバリエーション


前期iPhoneモデルiPhone Xはシルバー、スペースグレイ2色で、iPhone8/8 Plusはシルバー、スペースグレイ、ゴールド、レッド( (PRODUCT)RED Special Edition)4色展開。


そう言えば、iPhone 2018モデルもシルバー、スペースグレイ、ゴールド、レッド( (PRODUCT)RED Special Edition)4色として発売される見込み。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:NFCチップのロック解除


iPhone新機種2018モデルの最新情報によると、6月4日に開催される開発者会議WWDCにおいて、iPhoneに埋め込まれたNFC(近距離無線通信)チップに関するポリシーの変更を発表するといわれている。


NFCチップに関するポリシーが変更されて、新たな使用用途の可能性が開かれると報じされている。例えば、NFC対応のドアにiPhoneをかざして開けるといったことが可能となること。もし、2018 iPhone新作モデルがNFCチップのロックの解除を6月に発表されたら、新機種を待って買いたい人は多いと思う。

アイフォン2018

iPhone次世代2018モデルの新機能:3Dプリントモックアップ


Wylsa.comに、iPhone 6.1インチモデルと、iPhone X の6.5〜6.6インチモデルの3Dデーターとした3Dデーターが掲載されていると伝えていた。


iPhone 2018 3DプリントモックアップのLightningコネクタの場合、USB-Cコネクタサイズの穴に、コネクタを補強するリングパーツが埋め込まれており、それをUSB-Cコネクタ用に装備するとするならば、さらに穴が大きくないと挿せないのではないかと推測している。

【まとめ】アイフォン2018モデル買いたい?!
2018年3月に発売されるiPhone SE2、や2018年9月に発売されるiPhone新型モデルの最新情報、新機能&スペック、デザインなどを読んでから、どう思っている。
発表前に出回っている情報は噂話に過ぎないだが、本文は随時更新中、2018 iPhoneモデルを買いたい方に少しでも役に立てば幸いだと思う。
● iPhone 9 / iPhone 9 Plus(アイフォン9・アイフォン9プラス)
● iPhone 11 / iPhone 11 Plus(アイフォン11・アイフォン11プラス)
● iPhone XI / iPhone XI Plus(アイフォンXI・アイフォンXIプラス)
● iPhone Xs / Xs Plus(アイフォンXs・アイフォンXsプラス)
● iPhone X Plus(アイフォンXプラス)
● iPhone X2(アイフォンX2)
● iPhone Pro(アイフォンプロ)
2018 iPhone出る前・2018 iPhone発売前、データをバックアップする方法

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータをiPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成し、写真/ビデオを暗号化して出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化で保存できる!だから、アイフォン8初期設定を実施する前、データをバックアップしておくべき。

いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >アイフォン2018情報まとめ