NO Apple NO Life ! iPhone・iPad・iPod簡単データ移行方法まとめ

ホームiPhone・iPad・iPod > 視聴制限解除できない時の対策|Apple Music DRM解除ソフトおすすめ
視聴制限解除できない時の対策|Apple Music DRM解除ソフトおすすめ

Apple Music DRM解除可能なの?!

Appleが開発したDRMはFairPlayというもの。特に二つがあり、一つはApple Music、もう一つはApple iBooks。音楽配信サイトApple Musicは最初の3ヶ月は無料で利用できるが、その後は月千円。また、Apple Musicの音楽ファイルはiOSデバイスにダウンロードして視聴できるが、DRM保護が施されていてm4pという形式のファイルとなり、Apple Music以外のアプリでは視聴できまい。非常に不便だと思っている人は多いのではないだろうか。

質問サイトでは「Apple Musicの定額制の音楽をパソコンに取り込みたくて、DRMがかかっているため音楽の転送もコピーも一切できない。何か良いApple Music保護解除フリーソフトがあるのか?教えてください」「DRM付きM4PファイルをDRMなしのm4a/mp3/aacファイルに変換し、iOSデバイスで使える方法ってある。」といったような問題がよくある。

確かに不便であるよね。Apple Music退会すると、My Musicに追加した曲とダウンロードした曲が以前のように聴けなくなったり、Apple Musicからダウンロードした音楽データにはDRM付きでApple以外のデバイスで再生できなかったり、Apple Music DRM解除しないと、AppleMusicで聞いた音楽には、ダウンロードしてMacやiPhoneに保存してあってもDRMがついているため、解約すると音楽データがローカルに保存されていても再契約しない限り再生できなくなってしまう。

ということで、Apple Music DRM外す方法を探している人は多くなってきた。そこで今回は、高性能・全方位のApple Music DRMフリーソフトをおすすめ。その名前はMacX MediaTrans。

優れたM4P DRM解除ソフトがあれば、オフラインでもどこでも視聴できる

1.Apple Music保護解除はもちろん、Apple iBooks/iTunes DRM解除も可能;

2.写真、ビデオ、音楽、電子書籍などファイルを管理、バックアップと転送;

3.プレイリスト編集&削除、着信メロ作成、iOSデバイスをUSB化にする;

4.変換機能があり、PCに保存している動画ファイルを自動的にiPhoneに同期;

バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。MacX MediaTransがあれば、毎日がもっと楽しく、もっと自由に。

Mac&Windows用のApple Music DRM外すソフトおすすめ
MacX MediaTransは直感的なデザインで初心者でも使いやすく、ファイルの転送速度やDRM解除速度が凄く速いという点ではこれの右に出るソフトはそうそうない。Mac版とWindows版がある(macOS SierraとWindows10にも対応済み)。
iTunes DRM解除ソフトiTunes DRM Audio Converterと違い、操作性のしやすさや処理速度の速さや豊富なファイルマネージャー機能が用意されている点がポイントなので、Apple Music M4P DRM解除、iTunesで購入した動画ファイルに付きDRMを解除、Apple iBooks DRM解除を行おうと思った場合は、まずはMacX MediaTransを利用することを強くおすすめする。

Apple Music DRM解除前、Apple Music DRMフリーソフトを設定しておく
以下では、iTunes DRM解除ソフトMacX MediaTrans を使って、Apple Music DRM解除方法を例として解説する。

Step1:上記の「ダウンロード」アイコンをクリックして、最新バージョンのMacX MediaTransセットアップファイルをダウンロードする。そして、ダウンロードしたmacx-mediatrans.dmgをダブルクリックする。

Step2:MediaTransのアイコンをApplicationsフォルダにドラッグ&ドロップして、この視聴制限解除ソフトのインストールが完了。

Step3:MacX MediaTransを立ち上げて、「iPhone/iPadを差し込んでください…」という画面が表示される。 Lightning USB ケーブルでiPhone/iPad/iPodをMacコンピュータに接続してください。普通は、MacX MediaTransは自動的にデバイスを認識できる。

TIPS:最新バージョンがあったら、「MacX MediaTransの最新バージョンは利用可能…」という画面が出て、最新バージョンにアップデートしたい方は、「ダウンロード」とクリックする。アップデートしない方は、「後で通知する」とクリックする。

Step4:次は、「このコンピューターを信頼する…」という画面が表示され、iPhone、iPad、iPod Touchから「ロック解除」をスワイプし、パスコードを入力してください。iPhone/iPad/iPodのホーム画面に「このコンピュータを信頼しますか」という画面が表示されたら、「信頼」をタップしてください。数秒後、連続したiOSデバイスはパソコンに認識され、iOSデバイス内にあるデータもMacX MediaTransに読み込まれる。

Step5:続いて、iTunes設定画面が表示され、「了解」とクリックして、画面の指示に従って、iTunesにおいて必要な設定を済ませる。

Step6:以上の操作が終わると、MacX MediaTransのインターフェースに入る。

優れたApple Music DRM解除ソフトを使って視聴制限解除方法を解説

上記の方法を参考しながら、Apple Music DRM解除ソフトをインストールして設定してください。Apple Music DRM解除を行う前、DRM保護を外したいApple Musicの音楽データをiTunesライブラリに追加する必要がある。この時、次の手順に従って操作してください。

Step1:iPhone側の設定:
手元のiPhoneを開き⇒設定⇒ミュージック⇒iCloudミュージックライブラリを有効状態に設定する。



Step2:PC側の設定:
@、iTunes Storeを開き⇒アカウント⇒サインイン⇒Apple IDとパスワードを入力⇒サインインとクリックする。

A、PCにインストールしていたiTunesを起動し、iTunesメニュー ⇒「環境設定」⇒「一般」⇒iCloudミュージックライブラリ(●●●@gmail.com)にチェックを入れる。そして、「詳細」タブとクリックして、「iTunesライブラリXMLをほかのアプリケーションと共有」にチェックを入れる。

B、iTunesを起動⇒最近追加した項目⇒「マイミュージック」とクリック⇒そこからお気になるDRM付きApple Musicをダウンロードする。



Step3:Apple Music DRM外す



C、My MusicからDRM付き音楽データのダウンロードが終わったら、Apple Music保護解除ソフトMacX MediaTransを立ち上げ、メイン画面にある「音楽管理」ボタンをクリックする。ローカルにダウンロードした Apple Music の曲をソフトウェアに読み込ませる。

D、その時、「Apple Musci DRM解除」というポップアップが表示された。外したいDRM付き音楽ファイルにチェックを入れ、「デコード」ボタンとクリックすればOK。そして、ソフトウェアが自動的にApple Music DRM外す。少々お待ちください。


上記の操作方法に従って、Apple Music視聴制限解除できる。それで、Apple Musci曲をCDに焼いたり、iOS以外のデバイス(例えば:PSP、Zune、Android携帯、MP3 プレイヤーなど)で視聴したり、オフライン環境下でもApple Music曲を再生したり、USBにコピーしたり、他のメディアプレーヤーで視聴したりして、いつでもどこでもお気に入る曲を楽しめる。

※iTunes12.6.2.20と12.6.1.25の環境において、MacX MediaTransの「DRM削除」機能がご利用できませんのでご注意ください。
Apple Music DRM解除に関する知識

●DRMとは何?

DRMは、Digital Rights Managementの略称で、日本語で言えばデジタル権利管理というもの。不法コピーを防ぐため、買った電子書籍、音楽、ビデオのファイルに施されているコピープロテクトである。Apple Music、iTunes Match、iCloudミュージックライブラリ、iCloud、iTunes Music Store等など。Apple Music DRMというのはApple Musicからダウンロードした音楽にはDRMがかかっている。それで、PSP、Zune、Android携帯、MP3 プレイヤーなどのiOS以外のデバイスでは再生できなかったり、CDに焼けなかったり、USBや他のデバイスに転送・同期したりすることが全部できない。もっと言えばApple Music DRMフリーを行う必要がある。Music FM iTunesにファイル共有できない時の対策

●Apple Music DRM解除は違法?

DRMは2種類があり、つまりCPRMとCPPMとかなどといったコピー制御、及びCSSとAACSとかなどといったアクセス制御。 アクセス制御なDRMを回避することは違法ではないが、回避してコピー(リッピング)するのが違法となる。一方「コピー制御」なDRMを回避することは違法となる。だから、場合によって合法となる。Apple Music DRM外すことは合法であるが、外した音楽ファイルをコピー/リッピングするのが違法となる。

●Apple Music保護解除を行うメリットは?

@、M4P DRM解除を行って、Apple Musicの契約を終了してもMy Musicに追加した曲またはダウンロードした曲は残せる。
A、Apple Music DRMフリーを実行してから、ミュージック以外のメディアプレーヤーでも聴けるようになる。
B、ミュージックライブラリーからロードするアプリでも使えるようになる。

いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > 視聴制限解除できない時の対策|Apple Music DRM解除ソフトおすすめ