ホームiPhone・iPad・iPod >iPad動画転送できない時の対処方法

iPadに動画を転送(同期)できない5つの理由、及びビデオを損失なしでiPadに転送する方法

iPad動画転送できない時の共通点(原因)

iPad Pro/Air/miniに動画を転送しようとする時、「転送(同期)できない」といったエラーメッセージが表示されてしまって、転送作業が失敗となったことはあるだろう。
iPadにお気に入りの動画を転送(同期)したくても上手く進められないと、悔しさや歯がゆさがあるよね。iPadムービー転送できない時の共通点って何か、今回は詳しく見ていく。
iPad動画取り込めない時の対処方法|DRM付き動画/PC動画/ウェブ動画をiPadに転送できる

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! だから、PCからiPhone動画を保存することも超簡単。更に、各データの編集、削除などの管理も手軽に完成、写真/ビデオを暗号化で出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化できる!

特徴1:お使いのコンピューターとiPadをちゃんとUSBで接続する

iTunesを起動させない、お使いのコンピューターがiPadに認識されない時、USBケーブルがちゃんと接続しているかご確認ください。コンピューターとiPadを接続しているUSBケーブルを抜いて、もう一度挿し替え、認識させる。まだ認識できない場合は、お使いのUSBケーブルに故障があるかもしれない。

特徴2:お使いのiTunesのバージョンが古い

お使いのiPadがコンピューターに認識されない、不明なエラー又は0xEエラーが表示される場合は、コンピューターにインストールされるiTunesのバージョンが最新状態であるかご確認ください。

特徴3:iPadの空き容量が不足

「容量不足」のエラーメッセージが表示されて転送できない!そんな経験をされた方がいるはず。iPadの空き容量が不足となると、お使いのコンピューターはiPadを認識しなかったり、iPad動画取り込めないことがよく発生する。

特徴4:iPadのバッテリー残量が不足

iPadのバッテリー残量が不足となると、iPadに動画を同期できない可能性が高い。iPadに動画を転送(同期)する途中、電池切れで作業も中断されてしまった。だから、iPadムービー転送できない不具合を防ぐために、事前に充電しておくべき。

特徴5:コンピューター又はお使いのiPadには故障がある

iPadを友達のコンピューターに認識され、動画転送作業も上手く進める場合は、現在お使いのコンピューターには故障があるかも。一方、お使いのコンピューターがiPhoneに動画を取り込めるが、iPadだけ動画を転送(同期)できない時、お使いのiPadが古かったり、何か故障があるはず。

iPad動画転送できない不具合を解消する方法

「iPad動画取り込めない/iPadビデオ転送できない時の共通点(原因)」を見てきた。これらの原因から大きな問題点が見れてきたと思う。それはiTunesに依存しすぎ。
iTunesはApple社が開発された標準アプリケーションで、iPad/iPhone/iPodデータを転送することが可能で、数多くの方々に選ばれる。だが、iTunesを使えば使うほど作業が複雑だったり、同期・転送に手間が非常にかかると感じてきた。以下では、iTunesに依存せずに、iPad動画転送できないエラーを解消する方法をご紹介する。
iTunesに依存せずにiPad動画取り込み方法は、
● iTunes代わりになれるソフトウェアを使う
● クラウドストレージサービスを利用する方法
この2つ方法が「iPad動画転送できない時の根本的な解決策」だと言える。詳細操作は続きを読んでみてください。

(1)iPad動画転送(同期)できない時の対策|ウェブサイト/PCからiPadに動画を転送しよう

ウェブサイト(YouTube/ニコニコ動画/FC2動画/avgle)からダウンロードした動画、又はPCに保存した動画(MKV/FLV/WMV/MOV)ファイルをiPadに転送したくて上手く転送できないことはよくある。ここでは、iTunes代わりになれるソフトウェアを使う必要がある。

 

今最も人気のある動画ダウンロードソフトMacX Video Converter Proとデータ転送ソフトMacX MediaTransを組み合わせて使って、ウェブサイト動画やPCに保存している動画ファイルをiPadに転送して再生する方法を詳しく紹介する。

iPad動画転送できない
Step1:まず、動画ダウンロード・動画変換ソフトMacX Video Converter Proを公式サイトからダウンロードしてインストールする。無事にインストールされたら、MacX Video Converter Proを起動する。
Step2:iPad動画ダウンロードソフトのメイン画面にある「YouTube URL」アイコンをクリックして、YouTube動画のダウンロードインターフェースが現れる。
Step3:YouTubeやニコニコなどネット動画サービスからダウンロードしたい動画のURLをコピーした後、「分析」をクリックする。解析が出来たら、いくつかビデオフォーマット選択肢が表示された。ここで一番オススメのはmp4。ダウンロードしたい動画形式を選択完了したら、「完了」をクリックする。
Step4:「参照」をクリックして音楽の保存先を指定する。「Download now」をクリックすれば、お気に入りの動画をYouTubeから一括ダウンロードする。

 


iPad動画転送できない
Step5:出力プロファイルが表示されたら、「Appleデバイス」⇒「iPad動画へ」⇒「iPad Pro(MPEG4)」⇒「完了」とクリックすればOK。
Step6:ソフトの一番した側にある「ブラウザ」をクリックして、保存先フォルダを選択してください。
Step7:右下側にある「RUN」ボタンをクリックして、ウェブサイトからダウンロードした動画をiPadでサポートされるビデオフォーマットに変換できる。

(ダウンロードした動画をiPadで扱えるビデオフォーマットに変換してPCに保存された後、MacX MediaTransを使ってPCからiPadに動画を転送しよう)
MacX MediaTransは、データ転送(同期)に特化されたソフトウェアで、iPad動画転送はもちろん、写真(画像)、音楽ファイル、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなどといったメディアファイルを転送することが可能。
しかも、iPad動画転送に対して、自動変換・自動圧縮・自動回転機能を持ち、無劣化でPC動画をiPadに取り込める。
更に、音声ファイルに対しては、優れた編集機能を持ち、プレイリスト新規作成/編集/削除、アーティスト/アルバム検出&編集、着信音の作成などが手軽に行える。
iPad動画転送できない
Step1:お使いのOSによって上記の「ダウンロードボタン」をクリックしてiPad動画転送ソフトMacX MediaTransをダウンロードしてインストールする。MacX MediaTransの表示言語はコンピューターの言語環境によって変わる。もし日本語で表示されない場合は、Appleメニュー⇒システム環境設定⇒「言語と地域」をクリックして言語を変更してください。
Step2:はじめて接続する場合にiPadにて「このコンピュータを信頼する」に選択してください。一回だけで設定すればこれからこのような求めは二度としないようになる。
Step3:MacX MediaTransのメイン画面から「ビデオ管理」とクリックして、ビデオ転送画面が表示される。「ビデオ追加」と書かれたボタンをクリックして、先ほどPCにダウンロードしたビデオファイルを読み込ませる。iPadに取り込みたい動画にチェックを入れて確認する。
Step4:「同期」ボタンをクリックして、PCからiPadに動画を転送する。


(2)iPad動画転送(同期)できない時の対策|クラウドストレージサービスを利用する方法

クラウドストレージサービスと言えば、Dropboxが一押し。2007年からサービスが開始され、個人向けオンラインストレージの利用者数調査で 3 年連続シェア 1 位を獲得する。
コンピューターでアップロードしたデータをいつでもお気軽にiPad/スマートフォン/他のデバイスからログインすることでアクセスできるようになる。ファイルの同期(転送)が他のクラウドストレージサービス(例えば、firestorage、GigaFile、box、Google Drive、iCloud Drive、OneDrive)と比べて平均5倍速い。インターフェースが直感的で初心者でもすぐに使いこなせる。
iPad動画転送できない
Step1:iPadにDropboxをインストールし、PCからDropboxに入りiPadで登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインする。
Step2:転送したい動画をDropboxにドラッグ&ドロップして保存する。iPadのDropboxに転送したので、カメラロールに動画を保存する。
Step3:Dropboxに入り、先ほど転送した動画ファイルを見つけてからクリックして、右上にある「↑」模様のアイコンをクリックする。「Airdrop。すぐに近くの人と共有しましょう。………」といった画面が表示され、「動画を保存」とクリックすればOK。
Step4:後は、iPadのカメラロールに動画が保存されたかどうかご確認ください。

【まとめ】

「iPadムービー転送できない/iPad動画取り込めない」から「iPad動画転送できる」に変えるのは簡単だろう。現在利用しているiPadビデオ転送ツール、iPadに動画を同期できない原因(理由)などをよく考えて、転送(同期)できない不具合を一発で解消しよう。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >iPad動画転送できない時の対処方法