ホームiPhone・iPad・iPod >Mac iPhone同期できない原因&対処方法

マック アイフォン同期できない原因を特定、Mac iPhone同期できない時の対策をご紹介

Mac iPhone同期できないことで困っているの?

質問サイトでは「Apple IDのパスワードをアイフォンから変更しました。Macにログインする際のIDは、変更されていなくて、以前のものではないとログインできないのですが、何か合わせてするべき作業がありますか?アイフォンで撮った写真がMacに同期できなかったのはそのせいでしょうか。詳しく方教えていただけましたら幸いです」「マックアイフォン同期に関する質問です。今マックを確認したところ私が撮影した画像はすべてMacBook Proで見ることができました。機種変更を予定しているのですが、このまま機種変更をして旧機種を下取りに出した場合、画像は残りますか。それとも何かをしないと消えてしまいますか」「MacのiTunesに入っている楽曲をiCloudでiPhoneと同期したいのですが、可能でしょうか。できる場合やり方を教えてください」「久しぶりにiPhoneをMacに繋げて同期しようとしたらiPhoneのiTunesが最新ではありませんと表示されました。Mac上でダウンロードしようとしてもAppアップデートはありませんと表示されます。どうしたら同期できますか。」とよく聞かれる。
上記から見れば、アイフォンパソコン同期できない問題がたくさんある。それら問題を解決するには、まずマック アイフォン同期できない原因を特定する必要がある。以下では、写真、音楽、動画ファイル、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、ブックマーク、iTunes U、ポッドキャスト、カレンダーなどのデータが同期できない理由をまとめてみた。
Mac iPhone同期できない時の対策|音楽/動画/写真/電子書籍などを同期できるソフト

まだマック アイフォン同期できないことで困っているのか?もしそうでしたら、MacX MediaTransは、最適なソリューションを提供する。iPad、iPhone、iPodなどのiOSデバイスにとってはかなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフトで、音楽、動画、プレイリスト、写真、着メロ、iTunes U、ポッドキャスト、電子書籍、DRM付きコンテンツなどのデータをiPhone・iPod・iPadとMacの間で楽に相互移行! また、各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!

アイフォンパソコン同期できない原因(理由)を特定してみよう

ネットではMac iPhone同期できないことで困っている人は少なくないだろう。例えば、MacBook Air/MacBook Pro/iMac/iMac Proに保存しているファイルをiPhoneに同期できない、又は、iPhoneX/8/8 Plus/7/6s/SE/6/5sにダウンロードしたファイルをMacパソコンに同期できないことはよくある。心配しないで、以下では、アイフォンMac同期できない原因(理由)をまとめてみた。原因を特定しながら、最適な対処方法を考えてみよう。

(1)USBケーブル問題

Mac iPhone同期できない
お使いのUSBケーブルは純正のLightningケーブルであるかご確認ください。アイフォンMac同期作業を行う前、iPhoneとMacをUSB-Lightning(ライトニング)ケーブルで接続する必要がある。もし、お使いのUSB-Lightning(ライトニング)ケーブルは、純正ケーブルではない、又はUSB-Lightningケーブルに損傷があれば、マック アイフォン同期作業は上手く行けない可能性がある。

(2)同期ソフト/アプリ問題

Mac iPhone同期できない
iTunes/iCloud、又は他のアイフォンパソコン同期ソフトには何か問題があるかご確認ください。例えば、バージョンは最新状態であるかいなか、お使いのMacパソコンのシステム動作環境に対応しているかいないか、ソフトウェア/アプリケーション側に不具合があるかいないか、アイフォンMac同期作業を始める前、チェックしてみてください。

(3)Wi-Fi接続問題

Mac iPhone同期できない
Mac iPhone同期作業を行うには、Wi-Fiネットワークが不可欠。お使いのiTunes/iCloud/他のアイフォンMac同期ソフトがインターネットにアクセスしない、又は不安定なネットワークにアクセスすれば、作業が上手く進めない。


(4)空き容量が不足

Mac iPhone同期できない
お使いのMacBook/Macbook Air/ Macbook Pro/iMac/ iMac Pro、やiPhoneX/8/8 Plus/7/6s/6/5s/SEの空き容量(残りストレージ容量)を予め確認しておく。ゴミ箱を空にしたり、要らないアプリケーション・ソフトウェアを削除したり、データ容量を食っている大きなファイルを削除したりして、十分な空きストレージ容量を確保する。

合わせて読みたい:容量不足解消方法|iPhoneストレージ容量を増やす方法まとめ

(5)Mac iPhone側に問題がある

Mac iPhone同期できない
お使いのMacBook/Macbook Air/ Macbook Pro/iMac/ iMac Pro、やiPhoneX/8/8 Plus/7/6s/6/5s/SE側には何らかの不具合があれば、Mac iPhone同期できないことがある。Macパソコンのデバイスマネージャーで、「ユニバーサルシリアルバスコントローラー(USB)」の欄にドライバー名が出てくるかご確認ください。名前が表示されていなかったら、Apple Mobile Device USB Driverのインストールが上手く行っていなく、又はiPhone自体に問題があるということになる。

(6)iTunes側の設定

Mac iPhone同期できない
MacBook/Macbook Air/ Macbook Pro/iMac/ iMac Pro にインストールしているiTunesを起動し、「編集」⇒「設定」⇒「デバイス環境設定」から「デバイス」タブをクリックし⇒「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない(P)」にチェックを外してください。この項目にチェックを入れると、Mac iPhone同期できないことが発生。

合わせて読みたい:iPhoneX/iPhone8がiTunesで認識されない時の対処方法

(7)iTunes側のデータ種別の同期設定

Mac iPhone同期できない
iTunesでは音楽、アプリケーション、ムービー、テレビ番組、ブック、写真などといった種類があり、マック アイフォン同期作業を行う前、サイトメニューよりお目当てのデータ種類にチェックを入れる必要がある。例えば、アイフォンMac音楽同期を行う場合、iPhoneとiTunesと接続した状態で、右上のiPhoneのアイコンをクリックし、iPhoneの詳細情報が現れ、右側にあるサイドメニューから「♪ミュージック」をクリックし「音楽を同期」にチェックを入れておく。

(8)「Apple Musicを表示」設定

Mac iPhone同期できない
iTunes/iPhone上で「Apple Musicを表示」をオフに設定してください。
iPhoneの場合:「設定」⇒「ミュージック」の順にをタップ⇒「Apple Musicを表示」をオフにする。
iTunesの場合:iTunes⇒「編集」⇒「設定」⇒ 「一般」⇒「Apple Musicを表示」にチェックを外す。

合わせて読みたい:fairplay解除|Apple Music DRM解除ソフトおすすめ

Mac iPhone同期できない時の対処方法|高性能なマック アイフォン同期ソフトが登場

アイフォンパソコン同期できないことで困っているのか。初心者でも使いやすいアイフォンMac同期ソフトを探しているのか。iTunes/iCloud以外、macOS Mojaveにも対応しているマック アイフォン同期ソフトがあるのか。もしこのようなことで悩んでいる場合は、ここでもっとパワフルで高性能なアイフォンMac同期ソフトをおすすめする。
MacX MediaTransはiTunes/iCloud代わりになれるソフトウェアで、優れたデータ整理機能を持ち、iPhone iPad iPodとMacの間で、写真、動画、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなど様々なファイルを転送・バックアップ・同期することができる。更に、iTunes Store から購入したコンテンツををインポート/エクスポートして、Apple製品以外で使えるようにする。これから、iOS端末の容量不足、大切なファイルの紛失、同期失敗などの不具合やドラブルに見舞われることはない!iOS 12とmacOS Mojaveにも対応済み!最新テクノロジーを導入し、超爆速でデータを同期できる。
※MacX MediaTrans体験版を利用する場合、一日に最大30枚の写真、最大30曲の音楽、最大曲数は10本の動画を無料で転送できる。無制限でMacX MediaTransを使いたい方は正式版のご購入を考えてください。
Mac iPhone同期できない

Mac iPhone同期できない時の対策|Mac iPhone音楽同期前の準備


Step1:まず、おすすめのアイフォンパソコン同期ソフト(.dmgファイル)をダウンロードしてください。
Step2:ダウンロードしたmacx-mediatrans.dmgファイルをダブルクリックすると、新しいフォルダが開き、この中にMacX MediaTransアイコンがある。このMacX MediaTrans アイコンをアプリケーション フォルダにドラッグ&ドロップする。インストールは完了。
Step3:MacX MediaTransを立ち上げて、「iPhone/iPadを差し込んでください…」という画面が表示される。USBケーブルでiPhone 7をMacに接続する。Mac側のUSBポートに正しくケーブルを差し込むと、iPhoneがすぐに認識される。

そして、「このコンピューターを信頼する…」という警告が表示された場合は、デバイスのロックを解除して「信頼」をタップする。

続 いてMac側で、初めてMacとiOSデバイスを接続した際は、画面の指示に従って、iTunesにおいて必要な設定を済ませる。

Mac iPhone同期できない

Mac iPhone同期できない時の対策|Mac iPhone音楽同期方法


Step1:上記の操作が完了したら、MacX MediaTransインターフェースが表示される。音楽を同期したい場合は、「音楽管理」とクリックする。

それ以外、「写真転送」「ビデオ管理」「電子書籍」「音声&着信音」「USBメモリー」「DRM削除」タブがあり、同期したいデータの種類によって選択してください。ここでは、Mac iPhone音楽同期方法を例としてご解説する。



Mac iPhone同期できない
Step2:左にある「音楽」タブとクリックして共有したファイルにチェックを入れておく。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選ぶことができる。

この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。
Step3:「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられた音楽をMac PC転送し始まる。

Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。


MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >Mac iPhone同期できない原因&対処方法
2019 iPhone 2019iPad iOS 13 iPhone 11 iPod Touch7 iPhone SE2