ホームiPhone・iPad・iPod > アイフォンバックアップ復元方法おすすめ

iPhoneバックアップ復元できない原因、及びその対処方法(iPhoneXS/XS Max/XR/8/7/6s)

iPhoneバックアップ復元できない?

「iPhoneバックアップ復元について。分かりやすく教えてください。今回iPhone6sからソフトバンクのiPhoneXに機種変更をしたので、ライン等データを全て移行させたい。」「分かりやすくて初心者でも使いやすいアイフォンバックアップ復元方法を教えてください。iPhoneバッテリーの調子が悪く、充電が20%以下になると0になる前に充電が切れるという症状があり、Appleに問い合わせた所バックアップを取って、初期化、それからバッテリーの様子を見て再度バックアップ復元してほしい言われた。」「iPhone6sバックアップ復元方法について。iPhone6sに機種変した。機種変更前にiTunesにバックアップを取っていたが、64GBのiPhone5sから16GBのiPhone6sに機種変したのでバックアップデータ復元しようとすると、容量が不足しているためできないとエラーになる。iPhone復元できないエラーへの対処方法を教えてください。」「新しいiPhoneX/8/8 Plusに機種変更して、旧モデルからiPhone8バックアップ復元を行いたくて、何か良い方法があるのか。初心者なので、できるだけ詳しく教えてください」

上記のように、新しいiPhoneに機種変更をする時、旧モデルからデータバックアップ復元を行うだろう。だが、アイフォンバックアップ復元をしようとする時、容量不足、バッテリー容量不足、通信速度が遅い、パスワードが忘れた、iPhone脱獄後復元できないなどといったエラーがよく発生する。そこで今回は、iPhone XS/9/8/7/6s/6などのiPhoneバックアップ復元できない原因、及びその対処方法をご紹介する。

iPhoneバックアップ復元できない?!初心者でも使えるiPhoneバックアップソフトおすすめ

1.DRM付きの楽曲を取り込める他、iPhoneXS Max/XS/XR/8/8 Plus/7/6sなどのiOS機器に対応;

2.写真、ビデオ、音楽、電子書籍などファイルを管理、バックアップと転送;

3.プレイリスト編集&削除、着信メロ作成、iOSデバイスをUSB化にする;

4.変換機能があり、PCに保存している動画ファイルを自動的にiPhoneに同期;

5.バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。MacX MediaTransがあれば、毎日がもっと楽しく、もっと自由に。

iPhone XS/iPhone XR向け、アイフォンバックアップ復元できない原因&理由

iPhoneバックアップデータ復元方法を紹介する前、iPhone復元できない原因を特定しておく。

iPhone復元できない原因1:iTunesが最新バージョンではない。iTunesでiPhoneバックアップから復元しようとする時、iTunesのアップデートが必要である。

iPhone復元できない原因2:iOSが最新バージョンではない。iCloudを使ってiPhoneバックアップデータ復元をしようとした際、iOSのアップデートが不可欠。

iPhone復元できない原因3:バッテリー容量、ストレージ容量が不足などの原因で、アイフォンバックアップ復元できない。iPhoneストレージ容量を増やす方法まとめ>>

iPhone復元できない原因4:Wi-Fi接続の安定性が弱い。念のため、有線接続をお試してみたほうが良い。

iPhone復元できない原因5:セキュリティソフトが干渉している。だから、一時的にセキュリティソフトの機能を制限するかOFFに設定してみる。

上記のiPhoneバックアップ復元できない理由を了解してから、スムーズにアイフォンバックアップ復元を行えるだろう。以下では、初心者でも使いやすいiPhoneバックアップ復元方法を紹介する。

iPhoneからiPhone データ 移行ソフト|新iPhone買い替えた後、データは損失なし

iPhoneバックアップ復元できない時の対処方法まとめ(iPhoneXS/XS Max/XR/8/7/6s/6)

お使いのiPhoneXS/XS Max/XR/8/7/6s/6バックアップを復元できないことで困っている方は多いだろう。以下では、iPhoneXS/XS Max/XR/8/7/6s/6バックアップデータ復元できない時の対策をまとめてみた。

iPhoneバックアップ復元できない時の対策#1:iCloud

Step1:デバイスの電源を入れる。

Step2:「Appとデータ」の画面が表示され、「iCloudバックアップから復元」をタップし、Apple IDでiCloudにサインインする。

Step3:「バックアップを選択」を開き、各バックアップの日付とサイズを見比べて、iCloudで使用可能なバックアップのリストから選択する。


iPhoneバックアップ復元できない

Step4:画面の案内に従ってApple IDアカウントにサインインし、Appと購入済みのコンテンツを復元する。パスワードを忘れた場合は、「この手順をスキップ」をタップし、後でサインインしてみる。

Step5:進行状況バーが表示され、最後まで進むまで、接続したまま待つ。

Step6:設定を終了させ、デバイスを使えるようになる。App、写真、音楽などのコンテンツや、その他の情報の復元が、情報量によって、バックグラウンドで数時間又は数日続く。全て終わるように、Wi-Fiと電源に接続しておいた方がいい。

iCloud バックアップが完成しない場合や復元できない場合の対処方法は、https://support.apple.com/ja-jp/ht203516 までにご参照ください。

iPhoneバックアップ復元できない時の対策#2:iTunes


Step1:デバイスをバックアップする際に使用したMac/WindowsでiTunesを立ち上げる。

Step2:デバイスをUSBケーブルでPCに接続する。デバイスのパスワードの入力を求めるメッセージや「このコンピューターを信頼しますか」というメッセージが表示されたら、画面上の案内にそって対応する。


iPhoneバックアップ復元できない

Step3:iTunesにiPhone、iPad、iPodが表示されたら選択する。後は、iTunesで「バックアップを復元」を選択する。

Step4:iTunesにiPhone、iPad、iPodが表示されたら選択する。後は、iTunesで「バックアップを復元」を選択する。

Step5:「復元」をクリックし、復元が完了するまで少々お待ちください。暗号化したバックアップのパスワードの入力が必要な場合は入力する。

Step6:デバイスが再起動した後も接続したまま、コンピューターとの同期が終わるまでお待ちください。完了したら接続を切ることができる。

iTunesバックアップが完成しない場合や復元できない場合の対処方法は、https://support.apple.com/ja-jp/ht203271 までにご参照ください。


上記のiPhoneバックアップ復元できない時の対策を参考にしながら、アイフォンバックアップ復元が可能だが、サーバーエラー、認証情報の復元失敗、iPhoneとiTunesの接続が不十分などの原因で、復元できないかもしれない。その時、PhoneRescue、Apowersoft iPhoneデータ復元、Mobisaver、EaseUS MobiSaver、FonePaw iPhoneデータ復元、Syncios Data Recovery、UltDataなどといったiPhoneバックアップデータ復元ソフトがある。

iPhoneバックアップに役立てるソフトおすすめ:MacX MediaTrans

iPhone復元できない理由/原因、及びiPhoneバックアップ復元できない時の対策を紹介した。誤って大事な写真、音楽データを削除してしまったり、落雷や停電でパソコンが壊れてしまったり、ウィルスに感染してファイルが開けなかったり、そんな不測な事態に備えて、定期的にバックアップを取るのがおすすめ。いざという時に、データを復元できるので安心できる。
ここでは、iPhoneバックアップに役に立てるソフトMacX MediaTransをおすすめする。iPhoneバックアップ(写真・動画・音楽・電子書籍など)を取れるが、復元する機能はない。DRM解除機能があり、iTunes Store/Apple Musicから購入した音楽ファイルを自由に編集したり、MacBook/MacBook Pro/Air/iMac/iMac Proに転送することができる。更に、iPhone着信音作成、プレイリスト編集、新規アルバム作成、iOS機器をUSB化にするなどという機能がある。以下では、iPhone音楽をバックアップする方法をご紹介する。

Step1:上記の「ダウンロード」アイコンをクリックして、最新バージョンのMacX MediaTransセットアップファイルをダウンロードする。そして、ダウンロードしたmacx-mediatrans.dmgをダブルクリックする。


Step2:MediaTransのアイコンをApplicationsフォルダにドラッグ&ドロップして、この視聴制限解除ソフトのインストールが完了。

Step3:MacX MediaTransを立ち上げて、「iPhone/iPadを差し込んでください…」という画面が表示される。 Lightning USB ケーブルでiPhone/iPad/iPodをMacコンピュータに接続してください。普通は、MacX MediaTransは自動的にデバイスを認識できる。

TIPS:最新バージョンがあったら、「MacX MediaTransの最新バージョンは利用可能…」という画面が出て、最新バージョンにアップデートしたい方は、「ダウンロード」とクリックする。アップデートしない方は、「後で通知する」とクリックする。


iPhoneバックアップ復元できない

Step4:次は、「このコンピューターを信頼する…」という画面が表示され、iPhone、iPad、iPod Touchから「ロック解除」をスワイプし、パスコードを入力してください。iPhone/iPad/iPodのホーム画面に「このコンピュータを信頼しますか」という画面が表示されたら、「信頼」をタップしてください。数秒後、連続したiOSデバイスはパソコンに認識され、iOSデバイス内にあるデータもMacX MediaTransに読み込まれる。

Step5:続いて、iTunes設定画面が表示され、「了解」とクリックして、画面の指示に従って、iTunesにおいて必要な設定を済ませる。

Step6:以上の操作が終わると、MacX MediaTransのインターフェースに入る。

Step7:ソフトインターフェースにある「音楽管理」とクリックする。「音楽追加」をクリックし、iPhone内にある音楽ファイルをソフトウェアに読み込ませる。


iPhoneバックアップ復元できない

Step8:バックアップしたい音楽ファイルにチェックを入れ、右下にある「同期」ボタンをクリックすればOK。

上記の操作方法に従って、iPhoneデータを完璧にバックアップできる。それで、iPhoneでデータを間違って削除しても、MacBook/Macbook Air/Pro/iMac/ iMac Proからデータを復元できる。インターフェースが直感的で、初心者でもすぐに使える。

MacX MediaTransの使い方>>


上記の操作方法に従って、超爆速でiPhone iPad iPodとMacの間で、写真、動画、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなど様々なファイルを転送・バックアップ・同期することができる。更に、iTunes Store から購入したコンテンツををインポート/エクスポートして、Apple製品以外で使えるようにする。これから、iOS端末の容量不足、大切なファイルの紛失、同期失敗などの不具合やドラブルに見舞われることはない!

いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPhoneバックアップ復元できない原因、及びその対処方法まとめ(iPhone7/6s/6/SE)