ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone機種変更復元方法

2019新iPhoneに機種変更(買い換え)でデータを復元する準備、注意事項、操作方法まとめ

iPhone機種変更復元方法って?

新しいiPhone(iPhone XS Max/XS/XR)へ機種変更する時、古いiPhoneからのデータ復元(移行/引き継ぎ)を行うことは必須の作業である。iPhoneから新iPhoneへの機種変更時にデータ復元を行う前、iTunes/icloud/MacX MediaTransを利用して大切なデータをバックアップすべきだと思う。バックアップを取ってから、新しいiPhoneに復元できる。
だが、iPhone買い換えでデータの復元作業はそんなに簡単ではない。失敗しないため、iPhoneの機種変更をする前に準備すること、やいくつかの注意事項をよく覚えておくべきだと思う。
そこで今回では、新iPhoneに機種変更(買い換え)でデータを復元する準備、注意事項、操作方法をまとめてご解説する。
iPhone機種変更復元ソフト〜iPhone音楽・動画・写真・電子書籍・ボイスメモーなど

MacX MediaTransは、超簡単にiPhone、iPad、iPodデータをPCに読み込める。さらに、写真.heicファイルを.jpg形式に変換したり、カメラロールに保存したアルバムを削除したり、PCとiPhone/iPadの間で写真・動画・音楽・電子書籍・オーディオブック・iTunes U・ポッドキャストなどのメディアファイルを同期・復元することができる。更に、DRM解除機能もあり、Apple Music音楽、Apple iBooks、iTunes Storeから購入した音楽・動画をバックアップできる。

iPhone機種変更復元作業を始まる前に準備すべきこと

 
新しいiPhoneの新機能に興味を持ったり、現在お使いのiPhoneが非常に古くて使えなかったり、お使いのiPhoneが紛失/故障したりして、iPhone 11/iPhone XI/iPhone SE2などの新しいiPhoneに機種変更したいだろう。以下では、ご利用中のiPhoneから新iPhoneへの機種変更時にデータ復元を始める場合の事前準備をまとめてみた。ご参照ください。

(1)Apple IDとパスワードを確認

Apple IDのメールアドレスとパスワード、iPhoneのパスワード、iPhoneの機能制限パスワードなどといった重要な情報を事前に確認してみる。忘れた場合は、Appleサポートセンターまでにお問い合わせください。

(2)iOSを最新版にアップデート

最新のiOSにアップデートしない場合は、iPhone機種変更復元作業を行う時新旧の差があり細かい部分は引き継ぎはできないことがある、だから、できるだけ、バックアップを取る前にiOSを最新版iOS12にアップデートする。

(3)LINEのメールアドレスとパスワードを確認する

iPhoneでLINEの引き継ぎを行う前、LINEに登録したメールアドレスやパスワードを確認すべき。その後、LINEを起動して「その他」を押しLINE画面内の右上にある「…」を押し「アカウント引き継ぎ設定」を押して初期状態は白になっているのでスライドして緑に設定してLINE引き継ぎ許可をする。それで24時間内に新しいiPhoneで設定を行う。

(4)ゲームアプリ内で引き継ぎ準備を行う

ゲームアプリの引き継ぎはゲームによってやり方が違う。ゲーム内での自分のIDをチェックするのが一般的。

(5)利用されるPCはWindows7以降が必要

現在、最新のiTunesの動作にはWindows7以降が必要。Windows7より前のOSでは最新のiTunesのダウンロードが行えないため、バックアップ復元はできない。

(6)iTunesを最新バージョンにアップデート

iTunesを最新版にアップデートしないと、iPhoneを認識することができず、iPhone買い換えでデータの復元が行えなくて必ず最新バージョンを利用してください。

iPhone機種変更復元作業を始まる前に注意すべきこと

 
新iPhoneへの機種変更時にデータ復元を行う途中では、予想外のトラブル・不具合が発生することがある。その多くは、バッテリー容量やストレージ容量が不足となったり、Wi-Fi接続の安定性が弱かったり、セキュリティソフトが干渉したり、バックアップが破損したり………といった原因で起こる。
以下に、順調的にエラーなしでiPhone買い換えでデータの復元作業を完了するため、注意すべきポイントをまとめてみた。

(1)「iPhoneを探す」がOFFに設定しない

「iPhoneを探す」がONに設定したら、バックアップデータから復元はできない。だから、iPhoneのホーム画面⇒設定⇒iCloud⇒Apple IDパスワードを入力して「iPhoneを探す」をOFFに設定する。

(2)iPhoneストレージ容量・バッテリー容量が不足

新しいiPhoneの容量が小さい場合、「空き容量が足りないため、復元できませんでした」のエラーが表示される。だから、iPhone機種変更復元作業を始める前、バッテリー容量を確認しながら、復元するデータのサイズをチェックし、空きストレージ容量が足りるかご確認ください。足りない場合、不要なバックアップを削除する。

(3)セキュリティソフトが干渉

「バックアップが壊れているか、復元先のiPhoneと互換性がないために、iPhone●●●を復元できませんでした」のエラーはかなりの確立でセキュリティソフトが、バックアップのファイルの一部を誤検知して隔離・削除してしまったことが多い。だから、一時的にセキュリティソフトの機能を制限するかOFFにしてみる。確認後セキュリティソフトの設定を戻し忘れないように気を付けてください。

(4)Wi-Fi/インターネットに問題がある

Wi-Fi接続が悪かったり、通信が安定していなかったり、iPhone買い換えでデータの復元作業はうまくいけない。

(5)ハードウェアに故障がある

ライトニングケーブルやお使いのコンピューターの差し込み口(USBポート)に問題があるかご確認ください。iPhone機種変更復元には安定した通信が必要で、接続が不調なら失敗する。だから、お使いのライトニングケーブルが純正品であるかチェックしてみる。

事前準備と注意ポイントをチェックした後、iPhone機種変更復元作業を始めよう

上述した通り、iPhone買い換えでデータの復元を始める前の準備事項及び注意ポイントを確認して問題はない場合は、新iPhoneへの機種変更時にデータ復元作業を始めよう。
以下では、MacX MediaTrans/iTunes/iCloudを使って、iPhoneにある写真/動画ファイル/音楽ファイル/アプリ/電子書籍/オーディオブック/iTunes U/ポッドキャストなどのファイルを新iPhone(iPhone XS Max/XS/XRなど)に復元する方法を詳しく解説。

(1)iPhone機種変更復元方法:MacX MediaTrans

MacX MediaTransは、iPhone iPad iPodとMacの間で、写真、動画、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなど様々なファイルを転送・バックアップ・同期することができる。更に、iTunes Store から購入したDRM付きコンテンツををインポート/エクスポートして、Apple製品以外で使えるようにする。これから、iOS端末の容量不足、大切なファイルの紛失、同期失敗などの不具合やドラブルに見舞われることはない。絶えず更新中、最新テクノロジーを導入し、爆速・無損失でデータを復元できる。最新のiOSとmacOSに対応済み。
そこで、MacX MediaTransを使って、写真を例としてiPhone買い換えでデータの復元作業をご紹介する。

iPhone機種変更復元

Step1:MacX MediaTransをダウンロードしてインストールする。ソフトウェアの表記言語はお使いのコンピューターのシステム言語によって変更できる。インストールが完了したら、iCloud代わりになれるデータバックアップ復元ソフトを立ち上げる。
Step2:お使いの古いiPhoneをUSB経由でパソコンに差し込んでください。ソフトウェアのメイン画面にある「写真転送」をクリックする。
Step3:写真転送画面が表示されたら、バックアップしたい「写真」にチェックを入れるか、「すべて選択する」にチェックを入れ、バックアップしたい写真を確認する。「グループ」/「日により」/「月により」と並べ替える。
Step4:バックアップしたい写真が確認したら、「エクスポート」をクリックし、古いiPhoneにある写真をコンピューターにバックアップする。
バックアップが完了したら、MacX MediaTransを使ってバックアップされた写真を新iPhone(iPhone 11/XI/X2)に復元する。
iPhone機種変更復元
Step1:コンピューターから古いiPhoneを取り外し、新しいiPhone(iPhone XS Max/XS/XR)をUSBケーブル経由でコンピューターに接続する。
Step2:MacX MediaTransのメイン画面にある「写真転送」をクリックし、写真転送画面が表示される。そこで「写真追加」ボタンをクリックし、先ほどバックアップした写真をソフトウェアに読み込ませる。「すべて選択する」にチェックを入れる。
Step3:選択完了したら、画面の右下にある「同期」ボタンをクリックし、写真を新しいiPhoneに復元することが開始。

(2)iPhone機種変更復元方法:iTunes

iTunesはMacの標準アプリケーションで、安定性が高い。ただし、iTunesの使い勝手がMacX MediaTransと比べてやや劣る。だが、iTunesを選んで、iPhone買い換えでデータの復元作業を行う人も多い。iTunesを使って旧iPhoneにあるデータのバックアップを取ってから復元作業を始める。
iPhone機種変更復元
Step1:旧iPhoneをライトニングケーブル経由でiTunesに接続する。お使いのコンピューターで最新版のiTunesを起動し、iPhoneのパスワード入力を求められたり、「このコンピューターを信頼しますか?」とメッセージが表示されたら、指示に従ってやってください。
Step2:iTunesが旧iPhoneを認識されたら、iTunesのメイン画面にはデバイスのアイコンが表示される。そのアイコンをクリックして、バックアップ画面が表示される。「バックアップ」の項目で「このコンピューター」と「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れる。確認したら「今すぐバックアップ」をクリックすればOK。データのバックアップを取るには少し時間がかかり、少々お待ちください。バックアップが終わるまで絶対にケーブルを抜かないようにしてください。バックアップが完了したら、iTunes⇒環境設定⇒デバイスとクリックして確認できる。
iTunesを使って大切なデータをバックアップした後、買い換えた新iPhoneに復元しよう
iPhone機種変更復元
Step1:新しいiPhoneにSIMカードを挿入し、電源を入れて起動する。新しいiPhoneが初期化されている状態ではない場合は、いったんリセットして初期化してください。
Step2:新しいiPhone(iPhone XS Max/XS/XR)をライトニングケーブル経由でiTunesに接続する。お使いのコンピューターからiTunesを起動する。
Step3:iTunesが新しいiPhoneを認識されたら、「新しいiPhoneへようこそ」画面が表示される。
Step4:先ほど取ったデータのバックアップから復元する場合は、「このバックアップから復元」にチェックを入れ、バックアップデータを選んで、「続ける」をクリックする。暗号化バックアップ時に設定したパスワードを正しく入力し、「OK」をクリックして新iPhoneへの機種変更時にデータ復元が始まる。復元作業が完了されるまでちょっと時間がかかり、少々お待ちください。
Step5:iPhone買い換えでデータの復元作業が終わったら、新しいiPhone(iPhone XS Max/XS/XR)側の設定作業が始まる。新しいiPhoneを設定する方法はこちら>>

(3)コンピューターを持っていない場合iPhone機種変更復元方法:iCloud

iCloudの最大な特徴は、外出先でもWi-Fi接続さえしていれば、手動でiPhoneをバックアップしたり、iPhone機種変更復元作業をする所。ただし、iCloudは5GBまでは無料で利用できるが、5GB以上のデータなら、有料プランを選んでください。
iPhone機種変更復元
Step1:旧iPhoneのiOSを最新版にアップデートしてから、旧iPhoneをWi-Fiにアクセスする。
Step2:旧iPhoneのホーム画面から「設定」アプリ⇒「ユーザー名」⇒「iCloud」とタップする。「iCloud」画面を下にスクロールして「iCloudバックアップ」をタップする。
Step3:「バックアップ」画面が表示されたら、「iCloudバックアップ」がONに設定する。そして、「今すぐバックアップを作成」をタップする。この時はiCloudストレージが充分であるか確認しておく。バックアップを取ってから「設定」アプリ⇒「ユーザー名」⇒「iCloud」⇒「ストレージ管理」⇒「iCloudストレージ」⇒「バックアップ」の順とタップすると、先ほどデータのバックアップを確認できる。
バックアップがきちんと取った後、iCloudを使って新iPhoneへの機種変更時にデータ復元を始めよう。
iPhone機種変更復元
Step1:新しいiPhoneにSIMカードを挿入して電源を入れる。新しいiPhone(iPhone XS Max/XS/XR)が初期化の状態ではない時、初期化してください。新しいiPhoneホーム画面⇒設定アプリ⇒リセット⇒すべてのコンテンツを設定を消去の順とタップすればOK。
Step2:そこで、「こんにちは」と表示され、新しいiPhoneの設定画面が出てきた。指示に従って、iPhoneの言語と地域を選択して操作してください。
Step3:Appとデータといった画面が表示されたら、「iCloudバックアップから復元」を選んで、iCloudに使っているApple IDとパスワードを正しく入力してサインインする。
Step4:iPhone機種変更復元に使うバックアップを選ぶ。そして、iPhone買い換えでデータの復元作業が始まる。バックアップデータのサイズによって復元する時間が異なり、少々お待ちください。
Step5:新iPhoneへの機種変更時にデータ復元・移行が無事に完了したらiPhoneが自動で再起動する。そして、画面指示に従ってやってください。
Tips:iPhone機種変更復元が終わったら、iCloud容量を増やすため先ほど旧iPhoneのバックアップをiCloudから削除したい方は、iPhoneホーム画面⇒iCloud⇒容量⇒ストレージを管理⇒バックアップ⇒リストの一番下にある「バックアップを削除」の順とタップすれば、この前に取ったデータのバックアップをiCloudから削除できる。

MacX MediaTrans/iTunes/ iCloudのiPhone機種変更復元の違い


 項目/製品名

MacX MediaTrans

iTunes

iCloud

復元できるデータの種類

写真、動画、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャスト、DRM付きコンテンツなど

カメラロールの写真と動画、連絡先、カレンダー、ブックマーク、Safari履歴、メモ、メールアカウント、通話履歴、メッセージ、ボイスメモ、壁紙など

音楽、映画、テレビ番組、アプリケーション、ブックの購入履歴、デバイス設定、App データ、iMessage、着信音、Visual Voicemail

保存場所

PC/iOS

PC

Appleのサーバ

復元時に必要なもの

PC/iTunes/PCの空き容量

PC/iTunes/PCの空き容量

Wi-Fi/Apple ID/ iCloudの空き容量

復元にかかる時間

40秒で写真1000枚エクスポート

75秒で写真1000枚エクスポート

90秒で写真1000枚エクスポート

MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone機種変更復元方法