ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone iTunesバックアップにお役立つソフト

iPhone iTunesバックアップ方法及びバックアップできない時の対処方法はコレ

なぜiTunesでiPhoneバックアップを取るの?!

仕事でも日常生活でも、iPhoneは非常に身近な存在となった。iPhoneで撮った写真、撮影したビデオ、ダウンロードした音楽、ゲームアプリ、電子書籍など様々なファイルが大量に保存される。

データ損失なしでiOSのメジャーアップデートを実施したい、iPhoneに大切なデータが保存されていてiPhone紛失してもデータを喪失したくない、iPhone容量不足でPCなど他の場所にデータを移したい、新しいiPhoneにデータを移行したい時、iPhone iTunesバックアップが必要。iPhoneのバックアップを取っておけば、iOSアップデート失敗してもデータは喪失しないし、iPhone容量を節約できるし、機種変更しても新しいiPhoneでデータが見られる。

初心者でも使えるiPhone iTunesバックアップ方法を解説

以下では、Mac OS をお使いの方向けに、iTunesを使ってアイフォンのバックアップを取る方法についてご紹介する。

iPhone iTunesバックアップ
Step1:お使いのiPhoneをiTunesにつなぎ、画面左上にあるデバイスマークをクリックする。
Step2:デバイス管理画面が表示されたら、左のメニューから「概要」⇒「今すぐバックアップ」とクリックする。
Step3:自動的にアイフォンアイチューンズバックアップを行うには、「自動的にバックアップ」の項目にある「このコンピューター」にチェックを入ればいい。
Step4:ショートカットの「Ctrl」+「, 」キーを押して、アイフォン環境設定画面が表示され、一番上にある「デバイス」をクリックすることによって、iPhone iTunesバックアップされたデータが表示される。
TIPS:アイフォンアイチューンズバックアップ途中、iTunesを終了したり、ケーブルを外したり、iPhoneの接続を切るなどは一切行っていない。

iPhoneバックアップiTunesできない?!

「iPhone iTunesバックアップ時間が長すぎ。」「iTunesでiPhoneバックアップを取って保存先はCドライブしかできないの?iPhone iTunesバックアップ場所を変更できる方法ってある?」「アイフォンバックアップできない。iTunesでアイフォンバックアップを取ろうとすると、iPhone iTunesバックアップできないエラーが発生してしまった。エラーの原因を特定するにはどうすれば良いのだろうか」と質問した人が少なくないだろう。以下では、アイフォンアイチューンズバックアップできない時の対処方法をご紹介する。
MacX MediaTransがあれば、iPhoneバックアップiTunesエラーを一発解決!

iTunesでiPhoneバックアップを取らなくて困っているのか。高機能なiPhoneバックアップソフトMacX MediaTransがあれば、アイフォンアイチューンズバックアップできないことを解決できる。アイフォン内にあるデータ(写真、動画、音楽、電子書籍など)をPCにバックアップしたり、アイフォンをUSB化したり、Apple Music、Apple iBooks、iTunes Storeから購入した音楽・動画にかかっているDRMを解除できる。更に、写真/ビデオを暗号化で出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化できる!バランスが一番良く、数分間だけでiPhone iTunesバックアップが取れる!

iPhoneバックアップiTunesエラーへの対策その@:MacX MediaTrans

iPhone容量増やす
iPhone(iPhone7/7 Plus/6s/6/5sなど)に保存されているデータをMacにバックアップすることができる。転送スピードが業界一で、iPhone iTunesバックアップ時間がすごく遅いと悩んでいる方は、このソフトを選べばいい。
★★業界最高クラスのデータ転送速度〜〜想像以上に速い!★★

写真:10000枚の写真を3分だけで転送
音楽:7000曲を16分間だけでバックアップ
動画:1000本を1.5分だけで転送/同期(転送スピード:30M / s)

★★無料で体験することができる!使用回数に限定があり★★

ビデオ:1日あたりの最大動画数は10本まで
音楽:1日あたりの最大曲数は30曲まで
写真:1日あたりの最大枚数は30枚まで

iPhoneバックアップiTunesエラーへの対策そのA:iCloud

iPhoneバックアップiTunes
Wi-Fi経由でiPhoneのバックアップを取るのがとても便利だろう。PCなんて要らない。もしそうしたいなら、iCloudは一押し。
「設定アプリ」⇒「iCloud」⇒「Apple IDでサインイン」⇒「バックアップをONにする」⇒「iCloudバックアップをONにする」⇒「iPhoneがWi-Fiに接続していることを確認」⇒「今すぐバックアップを作成」をタップする。
「Not Enough Storage又は、iCloudの容量が足らないのでバックアップできない」といったメッセージが表示されたら、バックアップの設定を変えるか、iCloudの不要データを消せばいい。

iPhoneバックアップiTunesエラーへの対策そのB:iFunBox for Mac

iPhoneバックアップiTunes
iTunesの代わりとなるデータ転送ソフト。iPhone内にある音楽、写真、電子書籍、アプリ、ボイスメモなどをPCにバックアップすることができる。
「iPhoneをMacに接続しiFunBox for Macを立ち上げる」⇒「クイックツールボックスにあるiPod音楽をクリックする」⇒「iPhone内にある音楽の一覧が表示されるのでPCにコピーさせたいファイルをチェックし、エクスポートをクリックする」⇒「保存先を指定し、保存ボタンをクリックする」、このように操作してください。
日本語版が提供されており、日本の方々が簡単に使える。

NO.1のiPhone iTunesバックアップソフトを使って、iPhoneバックアップを取る方法を紹介

MacX MediaTransダウンロード・インストール方法:

お使いのパソコンに応じて、Windows版またはMac版をダウンロードしてください。そして、ダウンロードしたセットアップファイルををダブルクリックすると、MacX MediaTransのインストールがはじまる。表示される指示に従ってインストールを最後まで進めてください。


iPhone iTunesバックアップ

MacX MediaTransを立ち上げて、「iPhone/iPadを差し込んでください…」という画面が表示される。そして、USBケーブルでiPhoneをパソコンに正しく接続すると、iPhone側に「このコンピューターを信頼する…」の表示が出る。iPhoneのロックを解除するため「信頼」をタップする。次に、パソコン側が画面の指示に従って、iTunesにおいて必要な設定を済ませる。

Step1:MacX MediaTransインターフェースの真ん中にある「写真転送」ボタンをクリックする。iPhoneX/iPhone8内に保存されている写真がすべて時系列にそって表示されている。そして、パソコンへ共有したい写真を選択して、アプリ上のメニューにある「エクスポート」をアイコンをクリックする。これで、iPhone PC写真共有する作業の操作が完了。

Step2:MacX MediaTransでiPhone パソコン写真共有する速度:写真1000枚分のデータをわずか20秒かかる。(速度は環境によって異なる可能性がある。)


iPhone iTunesバックアップ

※写真の撮影された期日によって、iPhone内の写真を一気に日付(月/年)ごとに整理出来できる機能を搭載している。いつ撮った写真かが一発で分かるようになる。そして、写真を選ぶ時3つのモードがある。

@「すべて選択する」にチェックを入れていると、iPhoneに保存する写真が丸ごとにパソコンへバックアップ;
A写真をフォルダ分けする場合、フォルダにチェックを入れて、フォルダごとにパソコンへ転送;
Bフォルダから写真を一枚ずつクリックしてPCへ共有;初心者でも使えるiPhone写真バックアップ方法>>

(2)動画編:iPhoneバックアップ方法

Step1:標記される「ビデオ管理」と書かれたボタンをクリックして、動画転送界面に進む。


iPhone iTunesバックアップ

Step2:動画転送に対応するボタンをクリックしたらこのように見える。動画にクリックして選択できる。そして「ビデオ追加」を書かれたところをクリックして、パソコンからiPhoneに動画を保存する。

Step3:左上にある「エクスポート」ボタンをクリックして、アイフォン8内に保存されている動画ファイルをiMac/iMac Pro/MacBook Pro/Air/Macbookにバックアップする。アイフォン8バックアップ|iPhone動画転送ソフトおすすめ>>

(3)DRM付き音楽編:iPhoneバックアップ方法

Step1:MacX MediaTransを起動し、ソフト画面にある「音楽管理」タブをクリックする。

Step2:一番上にある「音楽追加」ボタンをクリックし、iPhone内に保存されている音楽ファイルを選択してソフトウェアに読み込ませる。


iPhone iTunesバックアップ

Step3:転送したい音楽ファイルにチェックを入れて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れたらあらゆる音楽ファイルをバックアップするということ。左側には編集機能があり、音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりすることができる。

Step4:確認したら、左上にある「エクスポート」とクリックし、iPhone内に保存されている音楽ファイルをMacBook/MacBook Pro/MacBook Air/iMac/iMac Pro/PCにバックアップできる。両方向でiPhoneの音楽を転送する方法>>

【まとめ】

iPhone iTunesバックアップ方法及びバックアップできない時の対処方法はコレについて書いた。いかがだろうか。iTunesを使い慣れている方は、上記のiPhone iTunesバックアップ方法を参考にしてください。iTunesが使いづらい、アイフォンアイチューンズバックアップ時間が遅すぎ、iTunesでiPhoneバックアップを取れないなどエラーでバックアップできない時は、上述していた3つのソフトウェアをお試し下さい。
いつもシェアありがとうございます
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >iPhone iTunesバックアップ方法及びバックアップできない時の対処方法はコレ