ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone写真消せない場合の対処法

iPhone画像削除できない|iPhone写真削除できない時の回避策を探せ

iPhone写真・画像・アルバム削除したい、どうする?

日本のiPhone普及率は68.7%で、今世界で一番iPhoneが好きな国である。また、「日本人が世界で最もスマホ写真を多く撮る人で、約アメリカ人の2倍」と写真管理アプリ「Gallery Doctor」のアンケート調査から分かった。

iPhone写真削除できない

それで、撮れた写真でiPhone容量がかなり圧迫されていたことがよくあるだろう。iPhone容量を増やすため、重複写真や画質が悪い写真をMacBook Air/MacBook Pro/iMac/PCから削除しようとしたところ、「IMG.0048.PNGを削除できませんでした。この項目を削除するアクセス許可がありません」とメッセージが表示されて、削除できないことがある。この場合の解決方法を以下にまとめた。ちなみに自分はiMac Pro(macOS Mojave)を使用している。
iPhoneアルバム削除できない時の対処方法はこちら

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。写真の同期と管理、またはカメラロールの新規作成、編集と削除は簡単にできる。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

iPhone写真削除できない時の回避策について

今回は、iPhone写真消せないと困っている方に向け、カメラーロール内に溜まっている写真を一括削除する方法を解説する。MacとWindows両方でも使える(macOS SierraとWindows10にも対応済み)。
MacX MediaTransは色んな機能が搭載されていて大勢の方々に愛用されているソフトウェア。iPhoneカメラロール削除はできる以外、iPhone写真バックアップ、iPhone写真共有、iPhone写真編集、iPhoneアルバム新規作成も行える。iPhoneアルバム削除できない時の対処法の一つ。更に、写真だけではなく、動画/音楽/電子書籍管理・転送、iOS着信メロディ作成、iTunes DRM解除などといった機能もあり、本当に欠点のない優秀なファイル管理ソフト。動作も他のソフトと比べても軽く、安定性が高く使いやすいのが最大の特徴。また、動画を自動的にMP4/MOV/M4Vに変換できる機能もあり、PC内にある動画ファイルをiPhoneに共有して、持ち運びながら再生できる。
絶えず更新中、iTunesから購入してきた音楽・動画・電子書籍に施されたDRMを解除したり、気のままにiPhone写真を分類したり、旧iOSモデルをUSBとして使える。分かりやすいUI、多彩な機能(動画変換、プレイリスト編集・削除・新規作成、リアルタイム更新処理等)で目立つ。数回クリックするだけで、iPhone/iPad/iPodとMacの間でメディアファイルを転送できる。

iPhone画像削除できない・iPhoneアルバム削除できない時の対処法はコレ

以下では、iPhone写真消せないと困っている方に向け、iPhone写真削除ソフトMacX MediaTrans を使って、カメラロールを削除する方法について解説していく。
iPhone写真削除できない

Step1:「ダウンロード」アイコンをクリックして、最新バージョンのMacX MediaTransセットアップファイルをダウンロードする。そして、ダウンロードしたmacx-mediatrans.dmgをダブルクリックする。

Step2:MediaTransのアイコンをApplicationsフォルダにドラッグ&ドロップして、このiPhone写真削除ソフトのインストールが完了。

Step3:MacX MediaTransを立ち上げて、「iPhone/iPadを差し込んでください…」という画面が表示される。 Lightning USB ケーブルでiPhone/iPad/iPodをMacコンピュータに接続してください。普通は、MacX MediaTransは自動的にデバイスを認識できる。

TIPS:最新バージョンがあったら、「MacX MediaTransの最新バージョンは利用可能…」という画面が出て、最新バージョンにアップデートしたい方は、「ダウンロード」とクリックする。アップデートしない方は、「後で通知する」とクリックする。

Step4:次は、「このコンピューターを信頼する…」という画面が表示され、iPhone、iPad、iPod Touchから「ロック解除」をスワイプし、パスコードを入力してください。iPhone/iPad/iPodのホーム画面に「このコンピュータを信頼しますか」という画面が表示されたら、「信頼」をタップしてください。数秒後、連続したiOSデバイスはパソコンに認識され、iOSデバイス内にあるデータもMacX MediaTransに読み込まれる。

Step5:続いて、iTunes設定画面が表示され、「了解」とクリックして、画面の指示に従って、iTunesにおいて必要な設定を済ませる。

Step6:以上の操作が終わると、MacX MediaTransのインターフェースに入る。

上記の方法を参考しながら、iPhone写真削除ソフトをインストールして設定してください。後は、次の手順に従って操作してください。

iPhone写真削除できない

Step7:iPhoneアルバム削除を行う前、アルバムに保存している写真を削除する必要がある。ソフトウェアが自動的に写真を分類し、左側にあるカテゴリをクリックして(例えば:カメラロールを選び)、カメラロールに保存される写真が右に表示される。もしカメラロール内にある写真を全部削除したいのなら、「すべてを選択する」にチェックを入れて、「写真削除」とクリックすればOK。又は、年月日で並び替えて削除したい写真にチェックを入れ、「写真削除」ボタンをクリックする。

Step8:新規作成したアルバムを削除したいなら、マウスカーソルを「写真アルバム(0)」(左の赤枠で囲む所)に指したら「×」が見える。この「×」をクリックしたらiPhone画像が削除できる。もしこの方法でiPhone写真消せない場合は、写真アルバム(0)にある写真にチェックを入れて、メニューバーにある「写真削除」ボタンをクリックすればok。

Step9:右下の「同期」をクリックしたら、iPhone内にある写真・カメラロールが削除された。


上記の操作方法に従って、iPhone写真削除できないなんてありえない。それで、ストレージの空き容量が増やせる。

Macの標準アプリケーション「イメージキャプチャ」を使ってiPhoneの写真を一括選択&削除できる。それもiPhone写真削除できない時の対処法の一つ。

だが、イメージキャプチャの安定性が低く、削除ボタンが消えたり、コンピューターに写真を読み込まなかったり、0x800704CFエラーメッセージが出てきたり、写真が表示されなくなったことがある。だから、イメージキャプチャでiPhone画像削除できない時は、その代替ソフトMacX MediaTransをお試し下さい。

MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
カテゴリ:写真整理共有iTunes
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone画像削除できない|iPhone写真削除できない時の回避策を探せ