NO Apple NO Life ! iPhone・iPad・iPod簡単データ移行方法まとめ

ホームiPhone・iPad・iPod >Mac iPhone7動画共有ソフト厳選3つ
Mac iPhone7動画共有方法三つ | 超高速でiPhone7ビデオをMacに共有できる
iPhone7にSDカードのスロットがなくて不安な方へ

今秋、iPhone6sから大きな進化を遂げた次世代iPhoneモデル、iPhone7が発売される。特にスペック面では大幅にアップしたし、新しいiOS10を搭載されている。でも、相変わらずiPhone7はmicroSDカードに対応していなく、空き容量不足に泣かされたユーザーも少なくないだろう。特に、写真、動画、音楽ファイルをたくさん持っていると、ストレージ容量がすぐになくなってしまう。iPhone7の128GB、256GBモデルが登場し、iCloudのストレージプランにも新たに2TBのプランが追加されて月額の料金は2,500円となっている。それだけど、根本的な問題を徹底的に解決するわけではない。


iPhone7の空き容量不足を解消するには、iPhone7に保存される大好きなビデオファイル(4K/8Kビデオ)をPCにバックアップしなければならない。なので、Mac iPhone7動画共有ソフトを見つけて安心したいという人も多いはず。そこで今回は、iPhone7ビデオをMacに共有できるiPhone7動画 Mac用ソフトについて、おすすめの3つを紹介する。


iPhone最新情報:8日午前2時より開催されたAppleスペシャルイベントにて、アイフォン7発表日が日本時間2016年9月8日(木)午前2時、アイフォン7予約開始日が2016年9月9日(金)、アイフォン7発売日が9月16日(金)。アイフォン7/7 Plusには3つモデル、それはつまり、32GB、128GB、256GB(新色のジェット・ブラックのみ128GB、256GBの展開)。価格(税別)は32GBモデルが72,800円、128GBモデルが83,800円、256GBモデルが94,800円となっている。

機種変更してもOK!旧iPhoneモデル内の動画をiPhone7に同期できる!

iPhoneの紛失や故障の時のために、日々iPhoneのデータのバックアップを取っておくことは非常に重要!MacX MediaTransがあれば、iPhoneモデル内のデータ(動画、音楽、プレイリスト、写真など)を 楽にバックアップできる!かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

信頼できるiPhone7動画をMacに取り込めるソフト三つ
Mac iPhone7動画共有方法は大きく分けて2種類ある。PCを使う必要があるやり方と、PCを使わずにWi-Fiだけで共有するやり方である。PCを使わずにWi-Fiだけで共有するやり方は誰でも気軽に始められる共有方法で、PCを使う必要があるやり方は容量の大きい動画ファイルを共有したい時の方法である。だから、お好みにあわせて方法を選ぶ。
■ iPhoneX/8/8 Plus/iPhone7動画共有ソフト1:MacX MediaTrans(PC必要)

iPhone7ビデオをMacに共有できるソフトの中でも有名なMacX MediaTrans。インストールして無料で体験できる。UIが直感的でかなり動作が軽いので、Mac PCの負担になることも少ない。iPhone7動画 Macに共有できるだけでなく、Mac内のビデオファイルをiPhone7に同期することもできる。

また、動画変換機能も追加され、より多くのビデオファイルをiPhone7に取り込めるようになった。ほかのスマホデータ転送ソフトに比べてよいところは、転送スピードの速さと使いやすさ。マニュアルを読んでいなくても、すぐに使いこなせる。

動画共有はもちろん、写真、音楽ファイルの共有もMacX MediaTransで実現してくれる。だから、大量のiPhone7ムービーをMacに保存したい時や、Mac内の動画をiPhone7に同期したい時に、このMac iPhone7動画共有ソフトは一番おすすめ。
TIPS:絶えず更新中、iPhone7動画共有は勿論、新しいiPhoneX/8/8 Plus動画共有も行える。だから、機種変更しても大丈夫。
       
■ iPhoneX/8/8 Plus/iPhone7動画共有ソフト2:AnyTrans(PC必要)

iMobie AnyTransも有名なiPhone7動画 Mac転送ソフトである。様々なiPhoneモデルだけでなく、iPad、iPodのデータ転送も行える。

iPhone7ビデオをMacに共有するほか、iPhone7内にある連絡先、通話履歴、及び日常生活の情報を含んでいる個人データを、Macに保存したいと思ったら「AnyTrans」がおすすめ。動画、写真、音楽ファイル以外のデータを転送してくれる。この点はMacX MediaTransより素晴らしい所。
機能が素晴らしいけど、動作がちょっと重いと感じる人が多い。また7日間しか無料で使えない。
■ iPhoneX/8/8 Plus/iPhone7動画共有ソフト3:AirDrop(Wi-Fi必要)

上記二つは別サイトからダウンロードしてインストールしないと使えない。AirDropは無線でiPhone7動画をMacに取り込める機能である。もっと正確的に言えば、AirDropを使用するとユーザーはWi-Fi、及びBluetoothを介してOS X 10.7以降のコンピュータ、もしくはiOS 7が導入されたデバイスで他のサポートされているデバイス上実行しているユーザーとファイルを共有することができる。それで、ケーブルを使うことなくiPhone7動画 Macに共有することができる。

一方、AirDropで遅れるファイル容量には制限があったり、動作が重くて完了まで結構時間(例えば:100GB程度のデータ約2日間ぐらいかかる)がかかったり、「全員」で設定すると知らない人からデータが送られてくる可能性があったり、iPhoneバッテリーの消耗が激しいなどのデメリットが存在している。
iPhoneX/8/8 Plus/iPhone7ビデオをMacに共有できる三つソフトを徹底比較

Mac iPhone7動画共有ソフトの比較は難しい。実際にどれくらいの時間がかかるのか、動画ファイルの容量にどれくらいの制限があるかなどは比較できる本当に確かなデータがない。なので上記はある程度有名、ユーザーに愛用されているソフトから幾つかピックアップした上で観点を絞ってまとめてみた。
1.対応OS・転送ファイルの種類
いくら多くの端末からデータを転送できても、実際に所有している端末に対応できなければ意味はない。Macパソコンなら、新しいMac OS X 10.12(macOS Sierra)に対応しているのかどうかなど、転送ファイルの種類なら写真、動画、音楽のみなのか、連絡先、メッセージ、アプリ、メールなどのコンテンツを共有しているかどうかなどをソフトウェアごとに確認して比較すべき。
Mac OS X 10.12(macOS Sierra)に対応可能:MacX MediaTrans、AirDrop
写真、動画、音楽、連絡先、メッセージ、アプリ、メール転送可能:AnyTrans 、AirDrop
2.値段
どんな優れたiPhone7動画 Mac共有ソフトでも、運用できないくらい価格が高かったら使えない。同じ機能であれば安いのが良いというのは言うまでもないだろう。また、Mac iPhone7動画共有ソフトには無料版のものがあるが、機能やウィルスなどが搭載されるリスクがあり、無料より有料の方がおすすめ。iPhone7動画をMacに取り込める有料版には無料体験版があり、期限切れで使い続けるには購入しなければならない。期間が短ければ安いのも当たり前だが、注意する。
MacX MediaTrans(2980円):毎日無料で使えるが、回数に制限がある。ビデオ:1日あたりの最大動画数は10本まで;写真:1日あたりの最大枚数は30枚まで;音楽:1日あたりの最大曲数は30曲まで;
AnyTrans(3999円):7日間しか無料で使えない;

3. Mac iPhone7動画共有ソフトをインストールできるPC台数
複数のパソコンを持っている人が多くて、一つのソフトウェアを複数のMacパソコンにもインストールできればより良いである。特に有料ソフトでは、値段が安いソフトでも複数のパソコンで使えると、所有しているパソコン全てにインストールしようとすると安くなる。
MacX MediaTrans:個人ライセンス:2980円;家族用ライセンス:3680円(2台PC)と6780円(6台PC・ギフト付き)
AnyTrans:個人用ライセンス:3999円;家族用ライセンス:5999円(全ての家族のMacで動作)
【最後に、iPhoneX/8/8 Plus/iPhone7ムービーをMacに保存できるソフトの選び】
Macの新しいOSやiOS対応、非対応などで差が出るiPhone7動画 Mac用転送ソフト。Mac OS X 10.13(macOS High Sierra)やiOS10にアップデートしていて、データの転送スピードが気になる人にはMacX MediaTrans、メッセージ、連絡先、メール、アプリなどをMacに転送したい人にはAnyTransとAirDrop、PCを使わずにWi-Fi、及びBluetoothを介してiPhone7動画をMacに取り込みたい人にはAirDrop。

使用用途に応じて、最適なMac iPhone7動画共有ソフトを選び上手に活用してください。また、今回紹介したもの以外にも、iPhoneX/8/8 Plus/iPhone7ビデオをMacに共有できるソフトは多数存在する。下記のリンク先でも詳しく紹介しているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >Mac iPhone7動画共有方法三つ | 超高速でiPhone7ビデオをMacに共有できる