ホームiPhone・iPad・iPod >MacからiPhoneに動画を転送& iPhoneからMacに動画を転送する方法

iPhone動画転送Mac用ソフトBEST3!Mac間とiPhone間でビデオを相互転送

iOSアップデートを実施する時、iPhone内に保存される大好きな動画ファイルをPCにバックアップしなければならない。普通はiTunesとiCloudを使っているが、使いづらさや容量不足などのせいで他の代替ソフトを探している人が少なくないだろう。iPhoneからMacに動画を転送することができるし、MacからiPhoneに動画を転送することもできるソフトってあるのか。とよく聞かれるよね。Mac間とiPhone間でビデオを相互転送するために、優れた転送機能を備えるツールを使わないと無理。そこで今回は、高性能で利用者が多い簡単に使えるiPhone動画転送Mac用ソフトを3つご紹介しよう。

【iOS10対応済み】初心者に優しいMac iPhoneビデオ転送ソフトが登場

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータをiPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成し、写真/ビデオを暗号化して出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化で保存できる!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

愛用しているiPhone動画転送Mac用ソフトBEST3〜

オススメする三つMac iPhoneビデオ転送ソフトは、それぞれに優れている点があって、人それぞれ使い勝手がいいツールを選べるのが助かる。

オススメ度:

最高峰の転送速度でビデオを転送してくれるソフト。
対応OS:Mac OS X10.7以上(macOS Mojaveにも対応済み)
対応iOS:iOS7以上、iTunes 12.6.0以上
日本語:対応
価格:2980円
28.5%の方が選び、堂々の1位となったのが、MacX MediaTrans。ファイルの転送スピードがiTunesより早くて、転送機能も最高。iPhone(iOS11対応)内にあるビデオファイルを品質落とせずにMacに転送することが可能。
更に、動画変換機能が備えていて、Macにダウンロードされた動画ファイルをiPhoneに転送することもできる。
Mac間とiPhone間でビデオを相互転送するのが可能であり、多くの方が利用している。その他、
動画を自動検索する機能や縦向きの動画を横向きにする/縦向きの動画をフルスクリーンで再生する機能も持ち、それはソフトの最大の特徴。
UIも直感的で、PC初心者でもすぐに使える。最高のiPhone動画転送Mac用ソフトである。
あわせて読みたい
最近最も人気のあるメディアファイル転送ソフトは、iPhone内にある動画、写真、音楽ファイルをMacにサクサクと転送することができるもの。
iMazing(Mac)

オススメ度:

iTunesをインストールせずにMacからiPhoneに動画を転送/iPhoneからMacに動画を転送したい方にはこちらのiPhone動画転送Mac用ソフトがオススメ。
対応OS:Mac OS X 10.5以降
対応iOS:iTunes 9/10
日本語:対応
価格:3620円
15.9%の方が選び、2位となったのが、iMazing(Mac)である。iPhone内のビデオファイルのコピー、移動、名前の変更などが手軽に行える。だが、iTunesライブラリーのフォルダ構成やファイル名などはiTunes独自で決められたものがあり、変更したら旨く起動できないことがあるので触らない方がいい。
また、多機能で視覚的にも見やすいインターフェースを持ち、iTunesに近いものを探している方におすすめ。
あわせて読みたい
iTunesの代わりになるものは?iPadファイル共有 Mac用ソフトをまとめてみた。詳細は下記のリンク先を参考にしてください。
Mac FoneTrans

オススメ度:

他のaiseesoftソフトウェアを多数利用されている方はこちらが良いだろう。
対応OS:Mac OS X 10.6 或いはそれ以上(macOS Mojaveにも対応済み)
対応iOS:iOS 12及びそれ以降
日本語:対応
価格:3980円
12.6%の方が選び、3位となったのが、Mac FoneTransである。MacでiPhoneにビデオを転送、管理することができるソフトとして、ファイルをインポートしている時、動画を直接にインポートできない場合でこのMac iPhoneビデオ転送ソフトがあれば自動的にファイルの形式をデバイス対応できる形式に変換できる。その機能は1位のMacX MediaTransとほぼ同じである。また、動画をプレビューする時、動画の向きを変える。
見やすいソフト画面と豊富な機能で高速度でMacからiPhoneに動画を転送したり、iPhoneからMacに動画を転送することができる。
あわせて読みたい
iPhone7ビデオをMacに共有できるiPhone7動画 Mac用ソフトについて、おすすめの3つを紹介する。

番外編:3位以下のランキングも参考までに見ていこう

TunesGo:ワンダーシェア社より開発されたソフト。対応OSはMac OS10.11〜10.6;iOS 5〜iOS9のデバイスに完全サポート;
AnyTrans:iMobile社より開発されたソフト。対応OSはMac OS X 10.11及び以降、iOS9及びその以降のデバイスに完全サポート;
iExplorer:Macroplant LLC社より開発されたソフト。対応OSはMac OS X10.11及び以降、iOS 5〜iOS 8のデバイスに完全サポート;
Senuti:Fadingred社より開発されたソフト。対応OSはMac OS X 10.4及び以降;
TunsOver(Mac):iskysoft社より開発されたソフト。対応OSはMac OS X 10.11及び以降;
Syncios:syncios社より開発されたソフト。対応OSはMac OS X 10.9 及び以降、iOS9及びその以降のデバイスに完全サポート;
PodTrans:iMobile社より開発されたソフト。対応OSはMac OS X 10.11及び以降、iOS8及びその以降のデバイスに完全サポート;(日本語不対応)
4位のTunesGoは機能別でソフトを販売しているため、総合的に見れば前述していたiPhone動画転送Mac用ソフトより価格が高く、Mac iPhoneビデオ転送以外、iTunes/Androidの動画を転送したいならこのソフトが良い方法を提供してあげる。5位のAnyTransは他のツールと比べて最大の特徴はその独自の簡単メニュー。見やすくて使いやすい。だが、転送スピードが上記のソフトより遅く、スピードに気にしない方はお試し下さい。

Mac iPhoneビデオ転送ソフトを選ぶなら、どっちがいい?

以上。MacでiPhoneにビデオを転送できるソフトランキングとそれぞれのメリット・デメリットについてご紹介したが、いかがでしたか。本格的に便利なMac iPhoneビデオ転送ソフトを望む方はMacX MediaTransをお試し下さい。現段階ではAndroid端末に対応していないが、ほぼ全てのiOSデバイス(iOS11及びそれ以降)をサポートできるツールなので、Appleユーザーならこのソフトが一番だと思っている。
一方、iTunes をダウンロードせずにiPhone動画転送Mac 用ソフトを探している方は、iMazing(Mac)がオススメ。
iOS10正式版にアップデートする前、iPhone内にある大好きなビデオファイルをMacに転送しておくべき。又は、Macに保存されたYouTube動画、ニコニコ動画、Gyao、Openload、Javynowなどのビデオファイルを移動中・外出先でも楽しめたいなら、MacX MediaTransなどの動画変換機能付きMac iPhoneビデオ転送ソフトを利用してMacからiPhoneに動画を転送しよう。それで、デバイスを持ち運びながら好きな動画を楽しむことができる。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >Mac iPhone7動画共有方法三つ | 超高速でiPhone7ビデオをMacに共有できる