ホームiPhone・iPad・iPod > iTunesでMP3を変換できなくなった時の対策

大人気!M4AをMP3に変換 Macで簡単にできる方法を詳しく解説!

「M4A から MP3へ変換 Mac」に関する質問が多いね。例えば、
【質問1】Mac でm4aをmp3に変換する方法を教えてください。iTunesではなく普通のmp3プレーヤーにm4aのデータをいれたいのでmp3にしたいのです。

【質問2】MacOSXにて、iTuensを使わずにm4aファイルをmp3に変換したいです。iTunesの場合、取り込まないとその作業ができないため、何かしらのアプリに放り込むと自動的にmp3に変換できる、みたいな、簡単なものを探しています。よろしくお願いします。

さて、今回はM4A から MP3へ変換 Macユーザ向け方法を詳しく解説する。とても簡単なので、パソコン初心者でもうまくMacでM4AをMP3に変換できる。
M4AをMP3に変換 Mac用フリーソフトと言えば、iTunesでM4AをMP3に変換することが多いね。でも、「iTunesでM4AをMP3に変換 Macでできない」、「iTunesでMP3を変換できなくなった」などに関するエラーが多発しているので、ここで、iTunesの代わりに、M4AをMP3に変換 Mac専用ソフト及び使い方を詳しく紹介する。

手軽にMacからiPhoneへ音楽を転送には定番のツール

かなり優秀な評価の高いiPhoneなどのiOS端末データ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレlイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データl'kの編集、削除などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

M4A から MP3へ変換 Macで簡単にやれる方法

M4A から MP3へ変換 Mac専用アプリと言えば、とても人気があるMacX MediaTransというソフトを皆さんに強くオススメ。MacX MediaTransを利用すれば、パソコン初心者でも簡単にMacでM4A から MP3へ変換できる。iTunesでMP3を変換できなくなった場合もMacX MediaTransを試してみてください。実は、MacX MediaTransはm4aだけではなく、wav、flac、mov、mkv、 flv、 avi, などiOS端末の対応できないのビデオ・音声フォーマットを追加する時、自動的にiOS対応のmp3やaacに変換できる。

また、MacX MediaTransは超爆速でiPhone iPad iPodとMacの間で、写真、動画、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなど様々なファイルを転送・バックアップ・同期することができる。更に、iTunes Store から購入したコンテンツををインポート/エクスポートして、Apple製品以外で使えるようにする。

さて、次は、MacX MediaTransを利用してM4AをMP3に変換 Macユーザ向け方法を詳しく紹介する。


M4AをMP3に変換 Macユーザ向け方法|iTunesでM4AをMP3に変換 Macでできない時の対策

まずはMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、お使いのiOSデバイス(iPhone/iPad/iPod)をMacパソコンに連携してください。

ステップ1:「音楽管理」ウィンドウを開ける。

M4A から MP3へ変換 Macユーザは「音楽管理」クリックして、音楽転送ウィンドウを開ける。


あわせて読みたい
ステップ2:MacからM4A音楽ファイルを選択する。
M4AをMP3に変換 Macでしたいなら、「音楽追加」というボタンをクリックして、M4A音楽ファイルを選択する。
変換しないファイルを選択してしまうと「音楽消除」をクリックして追加された音楽を消去する。消去した音楽の前に「Del」と書かれるとそのファイルはMP3に変換しない。

ステップ3:MacからiPhoneに音楽を同期する。
M4Aファイルを確認したら「同期」を書かれた青いボタンをクリックして追加されるM4AファイルをMP3に変換してMacからiOSデバイス(iPhone/iPad/iPod)に転送し始まる。
Tips:M4AをMP3に変換 Macユーザはその方法を利用すれば、iOSデバイス(iPhone/iPad/iPod)をMacパソコンに連携しなきゃ。でも、使い方は簡単で、転送だけで自動的にM4A から MP3へ変換 Macで実現できる。
MacX MediaTrans使い方・完全攻略>>
●M4AをMP3に変換 Mac:M4A MP3 違い

MP3は、音響データを圧縮する技術の1つであり、それから作られる音声ファイルフォーマット。

M4Aは元々Appleが独自に定めたファイル形式で、それがAACのデファクトスタンダードになったもの。


MP3の方が汎用性はずっと高い 。
m4aの方がタグの互換性は高い 。


音質については、後発のm4aの方が技術的には優れていると言われているが、音楽用途で利用する128kbps以上では大した差はない。mp3は100kbps以下の低ビットレートは不得手で音質劣化が大きいので、そういった低ビットレートを利用する場合はm4aの方がいい。Apple製品とiTunesのユーザーさんなら、おおまかに言えば「汎用性重視のmp3、音質重視のm4a」という色分けが一般的かと思う。ただ、他のソフトや機器での利用を一切考えないなら、Appleの作った形式であるm4aの方が扱いやすいかも。参考: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11105583316


これで、M4A から MP3へ変換 Macユーザ向け方法及びM4A MP3 違いについての紹介が終わった。M4AをMP3に変換 Mac用フリーソフトiTunesでできない場合、是非MacX MediaTransを試してみてください。


あわせて読みたい
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >M4A から MP3へ変換 Mac