ホームiPhone・iPad・iPod >Win10 Mac 共有 できない時の対策をまとめ

最新版!Windows10 Mac 共有方法をまとめ!素人でも分かるように詳しく解説!


質問: Macマシンに買い換えました。Windows10に保存したデータをMacへ共有できるか?共有方法を教えてください!

最近、Windows10 から Mac の ファイルを共有」とか、「Macbook Windows10 共有」とか、「Windows10 sierra 共有」とか、「Windows10 Mac 共有設定」とか、Windows10とMac間で共有に関する質問が多くなってきたね。さて、本文は皆さんにWindows10 Mac 共有方法をいくつかまとめて詳しく解説する。Windows Mac ファイル共有 できない問題に悩んでいる方はぜひどうそ〜

Windows10とMac間でファイルを共有!

実は、iPhone、iPadなどiOSデバイスを利用すれば、Windows10とMac間でファイルを共有できる。MacX MediaTransはかなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト、iOSデバイスと連携すると、最速でWindows10とMac間でファイルを共有できる。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレ イリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送!更に、各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!

一、Win10 Mac 共有 できない時の対策#1:「Windows10 Mac 共有設定」正しい方法をゲット

Windows Mac ファイル共有 できない問題に悩んでいる方は正しい共有設定方法を知るか?次は、他のツールを利用しなくても、Windows10 Mac 共有できる設定方法を説明する。

1.Windows10 Mac間で共有:まず、Windows10側の設定

 

Step 1:「Windowsキー+Rキー」(或は、スタートボタンの上で右クリック)で「ファイル名を指定して実行」を立ち上げる。

 

Step 2:名前欄に「control」と入力し、Enterキーを押すと、「コントロールパネ」を立ち上げる。

 

Step 3:「ネットワークとインターネット」をクリック→「ネットワークと共有センター」をクリック。

 

Step4:画面左部にある「共有の詳細設定の変更」をクリック→「ネットワーク探索」と「ファイルとプリンターの共有」を有効にする。

 

Step 5:フォルダを共有するには、フォルダのアイコンを右クリックし、「共有相手:」を選択。「特定のメンバー」をクリック→ファイルの共有画面が開くので、「追加」の右部にある「▼」マークをクリックし、「Everyone」を選択
※特定のユーザーに設定する場合はユーザーを指定。

 

これで、Windows10 Mac 共有のWindows10側の設定についての説明が終わった。続いてMac側の設定を説明する。   

 


合わせて読みたい:

Windows 10にアップグレードすべきか?Windows 10メリットとデメリットをお届け>>

2. Windows10 Mac 共有:Mac OS X側の設定

 

使いの Mac に Windows コンピュータからユーザが接続できるようにするには、ファイル共有を入にして、SMB 共有を有効する。

Step 1:アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「共有」をクリック。

 

Step 2:「ファイル共有」を選択し、「オプション」をクリック。

 

Step 3:「SMB を使用してファイルやフォルダを共有」と「AFPを使用してファイルやフォルダを共有」をチェック。下部にあるアクセスしたいカウントにチェック→「完了」をクリック。

 

Step4:Windows ユーザとのファイル共有に使用するユーザアカウントの横のチェックボックスを選択し、そのユーザのパスワードを入力してから、「OK」をクリック、「完了」をクリック。

 

Step 5:「システム環境設定」の「ネットワーク設定を開いて(「表示」>「ネットワーク」と選択)アクティブな接続を選択し、「詳細」をクリック。

 

Step 6:「WINS」タブをクリックし、Windows コンピュータで使用されているワークグループ名を選択して、「OK」をクリック。
※一応Windows10「スタートメニュー」>「コンピュータ」と開き、下部にあるワークグループ名を確認しておいてください。
以上でWinodws10とMac OS Xの共有ファイル設定が全て完了。

 


合わせて読みたい:
VMware&MacにmacOS 10.13 High Sierraをインストールできない場合の対処方法>>

3.設定が完了したら、Windows10 Mac 共有する

 

@Windows10 の ファイルをMac へ共有。(Mac から Windows10 PC のファイルを共有・見る)

Mac ユーザは、Windows コンピュータのネットワークアドレス、ワークグループ名、および共有フォルダのユーザ名とパスワードが必要。

Step 1:Macで『Finderのサイドバー内』>『共有項目内の自身のPC』を選択し、以下の順に進む。

 

Step 2:登録ユーザをチェック、Windowsのアカウント名を入力、Windowsのログインパスワードを入力、「このパスワードをキーチェーンに保存」をチェック、「接続」をクリック。

 

Step 3:後操作手順は以下の通り:

 

 

 

 
A Macの ファイルをWindows10 へ共有。(Windows10 から Mac の ファイルを共有・見る)
Windowsユーザは、Mac コンピュータのアカウントの名とパスワードが必要。

Step 1:Windows10で『エクスプローラのサイドバー内』>『ネットワーク内の自身のPC』を選択し、以下の順に進む。

 

Step 2:Macを選択、Macのアカウント名を入力、Macのログインパスワードを入力、「資格情報を記憶する」をチェック、「OK」をクリック。

 

Step 3:後操作手順は以下の通り:

 

 


 

これで、 Windows10 Mac 共有設定でWindows10とMac間で共有する方法の解説は終わった。 正しい共有設定でなければ、Windows Mac ファイル共有 できないエラーが発生するので、正しい設定方法で設定してください。まあ、共有設定でファイルを共有できるが、その方法デメリットはWindows10 Mac 共有設定方法がややこしくて、この方法では理解できない方(特にパソコン初心者)は多い。

合わせて読みたい:Mac初心者ガイド|新macシステム環境・ドラックパッド・Dockを設定?Mac初期設定方法一覧

二、Windows10 Mac 共有方法#2:iCouldを利用

iCloud を使えば、写真、ビデオ、メール、カレンダー、ファイルなどの重要な情報を、携帯用のデバイスでも 、Macパソコンでも、Windows パソコンでも確認できるようになった。 iCloud を使って、iCloud Drive のファイルにアクセスして、Outlook のメールに接続でき、写真、カレンダー、ブックマークをWindows10 Mac間で簡単に共有できる。

例えば、Windows10のファイルをMacへ共有したい場合、

操作手順:icloud.comにアクセスしてWindows10パソコンの音楽や動画などファイルをiCloud Driveにアップロード→MacでiCloud Driveに保存した音楽をダウンロード

そうすれば、Windows10パソコンに保存したファイルをMacで利用できる。

Windows10 Mac 共有フォルダ方法のデメリット:サインアップするだけで、自動的に 5 GB 分の iCloud ストレージを無料で使えるようになる。データ量が増えてくると、有料のプランにアップグレードしなければならない。

 

三、Windows10 Mac 共有方法#3:iOSデバイスを利用

Windows10やMacに保存したデータをiOSデバイス(iPhone、iPad、iPod) に転送した後で、iOSデバイスに保存したデータをWindows10やMacに同期する方法。つまり、Windows10→iOSデバイス→Mac 、あるいはMac →iOSデバイス→Windows10の操作手順でファイルを共有する方法。

で、パソコンからiOSデバイスにファイルを転送/ iOSデバイスからパソコンにデータを転送するには、iTunesやMacX MediaTransなどデータ転送ツールが必要。でも、iTunesエラーが多くて、ここで、MacX MediaTransを例として解説。MacX MediaTransの使い方が超簡単。素人でも大丈夫。

 

まずはMacX MediaTransをダウンロード(Mac版)/(Windows版)してインストールする。起動して、次のように見える。例えば、Windows10 から Mac の ファイルを共有したい場合、
ステップ1:転送ファイルによって機能を選択する。

MacパソコンにiOSデバイス(iPhone、iPad、iPod)を連携してください。
標記されるところで機能を選択する。画像/写真を転送するか、動画を転送するか、音楽を転送するかと、対応なボタンをクリックしたら、対応なウィンドウがになる。また、緑で標記されるボタンをクリックして保存先などが設定することができる。
これからパソコンから動画をiPhoneに転送する方法を例にして、使い方をご紹介。標記される「ビデオ管理」を書かれたボタンをクリックして、動画転送界面に進む。
あわせて読みたい
ステップ2:動画を選択して、パソコンからiPhoneに動画を送る。
動画転送に対応するボタンをクリックしたらこのように見える。

動画にクリックして選択できる。そして「ビデオ追加」を書かれたところをクリックして、パソコンからiPhoneに動画を保存する。

 

 

 

ステップ3:パソコンからiPhoneに動画を同期。
右下にある「同期」ボタンをクリックして、パソコンからiPhoneに動画を送る。

 

これで、パソコンからiPhoneに動画を保存する方法を解説完了。後は、iPhoneなどiOSデバイスに保存したファイルMacX MediaTransでをWindows10 パソコンに転送するだけでいい。Mac から Windows10 PC のファイルを見るなら、MacX MediaTransでWindows10ファイルをiOSデバイスに保存→保存したファイルをMacX MediaTransでMacに転送するだけでいい。

 

この Windows10 Mac 共有方法のデメリット:iOSデバイスを持っていないと、この方法を利用できない。

 

四、Windows10 Mac 共有方法#4:USBメモリを利用

USBメモリを利用すれば、Windows10 Mac間でファイルを共有できる。例えば、Windows10 から Mac の ファイルを共有したい場合、まずはUSBメモリをMacと接続して、Mac の ファイルをUSBメモリに転送する。後はUSBメモリに保存したファイルをWindows10パソコンに転送するだけでいい。
ヒント:iPhoneをUSBメモリとして使う方法>>

これで、Win10 Mac 共有 できない時の対策についての紹介が終わった。方法によりそれぞれのデメリットがあるので、Mac Macbook Windows10 共有したい方、Windows10 sierra 共有/High Sierra 共有したい方は自分に最適で最もわかりやすい方法を選んでください。

 
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > Windows10 から Mac の ファイルを共有