ホームiPhone・iPad・iPod >iPhoneからUSBにファイルを転送する方法

iPhoneを快適に!iPhoneをUSBにバックアップする簡単な方法を詳しく解説

iPhone空き容量が足りない!iPhoneに保存したデータをUSBにバックアップしたい!

ここ数年、USBメモリが各種類の適切な容量と便利な携帯性で、多くの人々にとっては、USBがすでに日常生活に欠かせないツールになるといってもいい。そのため、人々は各種のファイルをUSBに保存して、ネットがなくても、わざわざデータを保存したパソコンを持たなくても、ほかの場所で使える。

 

「iPhoneで写真や動画を撮りすぎて容量不足になった!大切な思い出だから、削除しなくてiPhoneをUSBにバックアップしたい。iPhoneからUSBメモリーにデータを転送する簡単なやり方があるか。」

 

確かに、iPhoneに保存したデータがだんだん多くなってくると、iPhoneの空き容量が減っていく。特に、iPhoneの16GBモデルを利用したユーザにとっては、写真を撮ろうとする度に容量不足の警告が表示されていたので、煩わしい!そのため、iPhoneに保存したデータ(写真、動画、音楽等々)をパソコンやUSBなどデバイスに保存したい人がたくさんいる。

手軽にiPhoneをUSBメモリにバックアップできる!

MacX MediaTransはパソコン側で動作するiPhoneデータをUSBに転送する用ソフトウェアである。MacX MediaTransを使って、iPhoneをUSBメモリと接続ことが要らず、iPadデータをUSBメモリやパソコンへ転送したりすることできる。数回クリックで、iPadにある写真、音楽、動画、電子書籍等様々なファイルを外部USBメモリへ移動し、写真/ビデオを暗号化して出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化で保存できる。転送速度も超爆速!まったく鬼のように便利なツールである。

iPhoneをUSBにバックアップする方法は、大きく分けて2種類ある

実は、iPhoneからUSBメモリーにデータを転送することには、二つの方法がある。1つは、iTunesやMacX MediaTransなどのiPhoneデータ管理・転送ソフトを利用してiPhoneをUSBメモリにバックアップする方法。もう1つは、直接iPhoneに接続可能なUSBメモリを利用してiPhoneからUSBにファイルを転送する方法。

次は、iPhoneのファイルをUSBメモリにバックアップするための二つの方法を詳しく解説。あなたに最適な方法を選んでください。

方法#1:データ管理・転送ソフトでiPhoneからUSBにファイルを転送する方法

iTunesを利用する場合、なんか認識できないエラーがよく発生するので、ここで、利用したデータ管理・転送ソフトはAppleのiTunesじゃなくて、MacX MediaTransという今現在人気になるiOSデバイスデータ管理・転送ソフト。

 

MacX MediaTransなら、iPhoneにある写真や、音楽、動画、電子書籍など様々なファイルをUSBメモリに転送することができる。それに加えて、iPhoneデータを編集や削除することも可能。また、爆速スピードで魅力的。更に、シンプルでキレイにレイアウトされたインターフェースにより、操作方法も超簡単なので、素人でも手軽にiPhoneをUSBにバックアップできる。

 

さて、次はMacX MediaTransで iPhoneからUSBメモリーにデータを転送する方法を解説。


MacX MediaTransでiPhoneをUSBメモリにバックアップする方法

まずはMacX MediaTransダウンロード(Mac版)してインストールする。起動して、次のように見える。(以下はMacバージョンを例として解説するが、Windowsバージョンの使い方も同じ)

ステップ1:機能対応なウィンドウを開く。
MacパソコンにiPhoneを連携してください。
標記されるところで機能を選択する。画像/写真を転送するか、動画を転送するか、音楽を転送するかと、対応なボタンをクリックしたら、対応なウィンドウがになる。また、緑で標記されるボタンをクリックして保存先などが設定することができる。
iPhoneをUSBにバックアップ方法はこれから画像/写真を転送する方法を例にしてご説明してあげよう。
あわせて読みたい
このソフトで音楽、動画、電子書籍などを転送する方法は画像転送とほぼおなじであるが、詳しい方法がほしがるお方はこちらの記事を:


ステップ2:iPhoneからパソコンに転送したい画像を選択する。
画像にクリックして選択する。緑で標記される「すべてを選択する」にチェックを入れるとあらゆる画像が選択られる。簡単に一日あるいは一月で撮った写真をクリックするには「グループ」を「日により」あるいは「月により」に設定してください。

ステップ3:iPhoneからパソコンへ転送し始める。
標記される「エクスポート」をクリックしたら選ばれる動画がiPhoneからMacにコピーすることが始まる。数秒待てば完成できる。
Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。
ステップ4:iPhoneファイルをUSBメモリにバックアップ
USBメモリをパソコンと接続→先ほどパソコンに保存したiPhoneファイルをUSBメモリにコピー。

ヒント:MacX MediaTrans使い方|MacとiPhone/iPad/iPodの間で動画、写真、音楽・電子書籍を転送・同期・管理

方法#2:iPhoneに接続可能なUSBメモリでiPhoneからUSBメモリーにデータを転送する方法

ますは、直接iPhoneに接続可能なUSBメモリを購入してください。iPhoneに直接接続できるタイプのUSBメモリが多く販売されいる。以下はGmobi iStickを例としてiPhoneをUSBメモリと接続方法及びiPhoneをUSBにバックアップする方法を説明する。
iPhoneをUSBメモリと接続
@ ボタンをスライドし、Lightningコネクタを接続する;
A 「AppStore」を開いて、「iStick」を検索しインストールする;(iPhoneに直接接続できるタイプのUSBメモリの利用には専用アプリが必要だ。)
B 「iStick」のアイコンをタップして、アプリを起動する;(iStickを起動する前にサンワサプライのUSBメモリをiPhoneと接続し、iPhone側が警告メッセージが表示される場合、「許可」をタップする。)

これで、iPhoneをUSBメモリと接続する操作手順が完了。正しく接続されると「iStick」が点灯する。


iPhoneをUSBにバックアップする方法
C メイン画面の「フォトライブラリー」をタップする;
D 転送したいファイルやフォルダ、例えば「カメラロール」を選択する;
E 「カメラロール」内のコピーしたいデータをタップして選択する。選択が終わったら「完了」を押す;
F コピー先が表示されるので「iStick」をタップすると、コピー先を選択の画面に入る。「ここにコピー」をタップして、iPhoneからUSBメモリーにデータを転送することが始まる。
ヒント: iPhoneメモリ不足対応法>>
ご注意:
どっちの方法にしても、それぞれにメリット&デメリットがあるので、あなたに最適な方法を利用してください。

●データ管理・転送ソフトでiPhoneからUSBにファイルを転送する方法の短所&長所:

 

メリット:

PCがあれば追加の費用負担がない

転送速度が速い

操作方法が簡単

デメリット:

MacやWindowsに接続されていれば可能

 

 

 

 

●直接iPhoneをUSBメモリと接続してバックアップする方法の短所&長所:

 

メリット:

パソコンがなくてもiPhoneをUSBにバックアップできる。

 

 

デメリット:

iPhoneバッテリーの消耗は激しくなってしまうような気がする。

ほかの種類のiPhone外部ストリージより値段がかなり高い。

直接iPhone USBメモリ 接続してデータ転送する場合、iPad側が専用なアプリをインストールしなければならないので、iPadのストレージ容量を圧迫する。

 

MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPhoneからUSBメモリーにデータを転送する方法