NO Apple NO Life ! iPhone・iPad・iPod簡単データ移行方法まとめ

ホームiPhone・iPad・iPod > iOS11新機能・iOS11変更点など最新情報
【最新情報】iOS11リリース開始!iOS11新機能・対応機種・アップデートを詳しく解説!
で、WWDC 2017ではアップル社の超大作と予想されているiOS 11がようやく登場した!機能強化点は非常に多く、画面が一新されたApp StoreやSiriの言語翻訳機能、画面構成が一新されたコントロールセンターなども素敵。開発者向けには機械学習やAR用APIといった、大きな新機能も加わる!本文はiOS11変更点、新機能、iOS11リリース日、iOS11アップデート、iOS11活用術などのiOS11最新情報を詳しくまとめ、iOS 11 新機能及び変更点を詳しく解説!どうぞ、超大作のiOS 11を一緒に見てみよう!
iOS11リリース開始|iPhone7/6s/6/iPadをiOS11にアップデートする時に不可欠なツール

iPhone7、iPhone 7PlusなどのiPhoneデバイスにとってはかなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレ イリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日あなたのiPhoneとほかのAppleデバイスをもっと楽しめ、もっと自由に。

☆彡 iOS11最新情報:iOS11いつ?iOS11リリース日は?

2017.09.20最新情報更新:今日、iOS 11の正式版がリリースされました! iOS 11へアップデートして素晴らしい新機能を体験したい方はどうぞ〜!

 

2017.09.13最新情報更新:アップルが9月13日早朝に開催したスペシャルイベントでiOS 11の正式版を9月19日(日本時間9月20日)にリリースすると発表した。

 

2017.09.07最新情報更新:iOS11 いつ?Appleは今年のiPhone発表イベントを2017年9月12日(火)の10時(日本時間で9月13日水曜日の2時)にSteve Jobs Theaterでイベントを開催することを決定した。そのため、iOS11 リリースの正式版もiPhone 8、iPhone 7s、iPhone 7s Plusと同時に登場する。

 

2017.06.27最新情報更新:アップルが、iOS 11のパブリックベータ版を公開した。iOS 11はiPhone 5s以降 /iPad(第5世代)、iPad mini 2以降、iPad AirとiPad Proの各モデル /iPod touch(第6世代)で利用可能。今回のiOS 11 Beta 2 にアップグレードしたユーザは直接iOS 11 Beta 2からiOS 10.3.3にダウングレードできる!

 

2017.06.06最新情報更新:日本時間6月6日早朝から始まったアップルの開発者カンファレンスWWDC 2017でiOS 11が発表された!iOS 11の最終版の解禁日は2017年秋まで待つ。

 

ネットではiOS11いつに関するリーク情報&噂が沢山ある。最新の海外レポートにより、6月13日に開催されるWWDC 2017に合わせて、Apple社は新たなOS、iOS 11が発表される予定。解禁日は2017年9月、iPhone8と同日だと予想される。



☆彡 iOS11最新情報:iOS11対応機種は?
海外メディアによると、秋頃リリースが決まっているiOS11対応機種一覧表をまとめてみた。 iPhone、iPad、iPodなどのデバイスには基本的に広く対応しているが、中には非対応 の機種もある。詳細は下記の通り。

iPhoneモデル:iPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 8、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、iPhone 5s;

iPadモデル:12.9インチiPad Pro(第2世代)、12.9インチiPad Pro(第1世代)、10.5インチiPad Pro、9.7インチiPad Pro、iPad Air 2、iPad Air、iPad(第5世代)、iPad mini 4、iPad mini 3、iPad mini 2 ;

iPodモデル:iPod touch第6世代

ということは、上記の機種はiOS 11アップデートが行える。上記のiOS11対応機種リストから見れば、2012年発売のiPhone5と第四世代iPad、2013年発売のiPhone 5Cという3モデルが対象外。更に、iOS11では32Bitアプリが起動できないことも明らかになっている。

★ iOS11最新情報:iOS11新機能・追加機能一覧|iOS11はiOS10からどこか進化?iOS11変更点まとめ!

1. iOS11 追加機能: iOS 11はFLACに対応

 

iPhone/iPadに関していえば、今秋公開予定の「iOS 11」にFLAC再生機能が盛り込まれることが明らかにされている。ただ、この対応がiPhone 7/8/8+/Xとなっているようだ。古い機種がFLACに対応できない理由はCPUの差になる。しかしまだ、古い機種のFLACサポートをテストしている可能性もある。

 

FLAC(Free Lossless Audio Codec/フラック)は、可逆圧縮に対応した音声フォーマット。データ圧縮を実現しつつも完全オリジナルの状態に復元できる(ビットパーフェクト)特性を備えている。データ圧縮によりファイルを小さく保ちつつも無圧縮音源(リニアPCM)としての特性を発揮でき、ハイレゾもマルチチャンネル再生にも対応できる、その器用さが評価されているともいえる。

 

ヒント:FLACとは?FLAC再生には? FLACとMP3の違いは?FLACを面々にご詳説>>

 

2. iOS11新機能: iOS 11コントロールセンター画面が一新!

 

一般ユーザーに大きな改良点が、コントロールセンターのレイアウトが大きく変更されたことだろう!コントロールセンターのUIが一新!

通知センターとロック画面もひとつに統合され、従来は通知を見るために横に移動してたのが、上下スクロールで可能になる。単一ページ内にミュージックアプリのガジェット、各種設定のオンオフ、音量、明るさ、ローテート機能のオンオフ、一部アプリへのショートカットがまとめられた。

 

フラッシュライトを4段階に調節が可能になり、セルラーデータをオフ/オンに設定も可能になった!そして、3D Touchが使える機種なら、もっと多彩な機能が体験可能。

 

ヒント:iOS11アップデートご案内!iOS11対応機種、新機能、アップデート方法>>

3. iOS11最新情報: App Storeが大きく変わる!

 

iOS11ではApp Storeのデザインも大きく変わり、タブ構成も変わる。新メニューは「きょう」(Today)・「ゲーム」(Games)・「アプリ」(Apps)・「アップデート」(Updates)・「検索」(Search)タブで構成。タブ内に紹介ページへのリンクやランキングなどがまとめられ、情報が得やすくなる。

 

Todayタブは、その日ごとに新しいアプリケーションがピックアップされ、ユーザーが新しいアプリを発見するのを助けてくれる。最も人気のあるカテゴリ「Game」が独立したタブになり、ゲームアプリに関する情報が完全独立。

 

アプリページがそのアプリ独自の製品ページとして使用できるようになるのも大きな変更点のひとつ。製品ページ内に予告編動画やHow to、ゲームが開発された背景などを掲載したりもできるようになる。

 

また、Appleのアプリ審査がスピーディーになり、早いものだと1〜2時間で審査が終わるようになる。


ヒント:iPhoneのおすすめ人気アプリ、有料と無料両方で>>

4. iOS11新機能: iMessageとApple Payが強化される!


iMessageでは、iCloudを利用することで、iOSやmacOSなどを搭載した複数端末間でメッセージの履歴が共有でき、結果としてiCloudのストレージスペースが解放されることになる。

 

iMessageのステッカーが使いやすくなるようデザインも改良。


Apple Payが友達間の支払いに対応。iMessageにApple Payが組み込まれ、個人間送金が可能に。送金された金銭はそのアカウントに紐づけられる。なお、送金はTouch IDによって安全に行われる。

 

 

5. iOS11変更点: Siriがさらに賢く!言語翻訳に対応!

 

Appleによると、ディープラーニングを活用してより自然に聞こえる音声を生成し、Siriの音声の発音と抑揚を変化させる。さらに、米国英語に男性の声バージョンを追加。

 

またSiriは、オンデバイスラーニングを活用し、「Safari」の検索内容に基づいてユーザーが興味を持つ可能性のあるトピックを提案する

 

翻訳機能がベータ版として実装され、英語から中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語への翻訳が可能になる。

 

6. iOS11最新情報: マップとCarplayが大幅に改善される!

 

マップ:
マップの大きな変更点は、屋内のマップへの対応だ。マップは東京を含む11都市での地下施設や、米国内でのショッピング・モールや空港の詳細データが収録されるようになり、屋内マップ(ショッピングモール、空港など)や地下鉄の乗り換え、道路の車線ガイドなどが追加され、より幅広く使えるように。制限速度の通知やナビゲーションも更新されている。

 

 

Carplay:
iOS 11では、運転中の「おやすみモード」を追加、車の中でのiPhone利用が少し安全になる。というか、iPhoneを利用させないことで、安全を担保。

iOS 11には「Do Not Disturb While Driving」機能が用意され、運転中のユーザー用の機能が用意されている。iPhoneが走行中の車にあることを自動検知するのだ。するとCarPlayがiPhoneを自動でロックして、画面には何も表示されなくなる。iMessageの自動リプライ機能も搭載され、運転中の人にメッセージを送った相手は、送り先の人がメッセージを無視してるんじゃなくて、車の運転中なんだってことがわかる。

 

7. iOS11 追加機能: AR(拡張現実)!

 

iOS 11にアップデートしたらすぐ使えるってものじゃないが、拡張現実(AR)関連のアプリやツールの開発を支援する新しいプラットフォームのだ。これはiPhoneやiPadのカメラとセンサ、ジャイロスコープといったハードウェアを総動員して、ポケモンGOライクなAR体験を実現するためのツール。

 

つまり、今後、iOS端末ユーザはもっと面白いAR機能を楽しめるようになる。


ヒント:ARカメラ講座|面白いARカメラオススメ>>

8. iOS11新機能: screen recording(画面録画)!

 

Appleが先ごろWWDC2017で発表したiOS 11では、これまでiPhone/iPad/iPodなどのiOSデバイスではできなかった新しい画面キャプチャー機能が追加された。ということは、脱獄不要、iPhone/iPad/iPod自体でも、録画、録音などが一括に実行される。

 

使い方も簡単で、コントロールセンターに「Screen Recording」を追加され、録画開始したい画面においてコントロールセンターを開いて「Screen Recording」のボタンをタップすれば録画が開始される。iOS11画面録画方法をご紹介>>

9. iOS11新機能: 画面のライブ中継機能(Start Broadcast)

 

最新のiOS11ベータ版では、コントロールセンターの画面録画機能に「Start Broadcast(ブロードキャストを開始)」というボタンが追加されていた。iPhoneの上で行われるゲームなどをライブ配信することを目的としてものと考えた方がすっきりする。それで、iPhoneやiPadの画面で起きているコンテンツをリアルタイムに共有できる。

 

更に、画面録画機能と連携して、iPhoneで画面録画した内容をそのままライブストリーミングできる。それで、ゲーム中継動画を投稿している人にとっては非常に便利になるだろう。

iOS11不具合・トラブル・バグを修正する方法まとめ>>
★ 他のiOS11新機能・iOS11変更点一覧

● ロック画面
ロック画面と通知センターともひとつに統合された。ロック画面から通知センターをより細かく確認できるように。

 

 

● カメラと写真

 

iOS 11のカメラ機能では、短いループビデオを作れる「Loop and Bounce effects」を追加。Live Photosのトリミングが可能になり、短い動画のどのコマを静止画として使いたいかを選択できるようになる。

 

HEIF(High Efficiency Image File)と呼ばれる新写真フォーマットを採用し、写真のサイズを約1/2に削減できる。ビデオのエンコード形式が変更されたことにより、圧縮効率が約2倍に。これらによって従来より効率よくデータを圧縮できて、よりたくさん思い出を保存できる。

 

 

また、ライブフォトの編集機能を追加。シンプル操作で写真にさまざまなエフェクトをかけることが可能。

 

 


ヒント: 【簡単】PC iPhone 写真 転送できる方法ご紹介>>

● Home KitとAirPlay 2
新たなHomeKit内でスマートスピーカにアクセスできるようになる。オーディオのコントロール用に複数の部屋での再生が可能なAirPlay 2を追加。ただこちらはApple TVはもちろんコントロールできるが、Sonosには少なくとも今は非対応。

 

 

● Apple Music

 

iOS 11では、友だちがどんな曲を聞いてるのか見られるようになる。さらに「Up Next(次はこちら)」プレイリストの共有もできるようになるので、パーティのときなんかに友だちが次の曲を見て、さらに好きな曲をミックスしてくるなんてことも可能になる。

 

また、Apple Musicで聞いた曲の好みをSiriがバックグラウンドで学習することで、Siri経由での音楽再生では、Siriが推定した好みの曲を掛ける設定が可能に。

 


ヒント:iTunesからiPhoneに曲が入らない時の対処法特集>>

● iPad向け機能:iPadのドック、キーボードなど

 


iPadにおけるiOS 11には、iPhoneにはない追加の機能がある。

 

iOS 11によって、iPadのマルチタスキングがさらにパワフルになる。カスタマイズ可能な新しいDockを使えば、どの画面からでも、よく使うアプリケーションや書類にすばやくアクセスできるようになるほか、Appスイッチャーのデザインが一新され、Split View、とSlide Overを使って、開いているアプリケーションを簡単に切り替えることができる。

 

システム間でドラッグ&ドロップが使えるようになり、画像やテキストの移動もこれまで以上に簡単になります。Apple PencilとiPadとの連携がさらに密接になり、インライン描画がサポートされるようになったほか、新しいインスタントメモは、Apple Pencilでロック画面をタップするだけで開くことができる。

 

また、新しくなったQuickTypeは、キーの上でジェスチャーするだけで、句読点とか記号とか数字とかも、キーボードを切り替えることなく入力可能になる。

 

ヒント:iPad mini 5 2017最新情報まとめ:発表日・価格・スペック|出ない可能性>>

●●●Part 1⇒iOS11最新情報:iOS11新機能、iOS11追加機能一覧(予想)

★ ダークモード(Dark Mode)

夜間には目に優しい機能。ダークモードをONにするとiOS・アプリのテーマカラーが暗色系に切り替わって、画面の眩しさが抑えられるので、もっと快適にスマホを楽しめる。この前、その機能がiOS 10に追加と広く予想されたが、iOS 10に追加しない。でも、ダークモードをiOS 11にするとかなり確信しているレポートが多い。

★ 常時表示(Always On Display)

バックライトを使わなくてもそれ自身が発光する有機ELの特長を生かしてスリープ状態で時計やカレンダーを常時表示するAlways On DisplayがiOS 11に導入かもしれない。

【徹底比較】2017 アイフォン8買い替えるべきか>>

★ ホーム画面へウィジェット(Home screen widgets)

カレンダーや次の予定、目覚し時計、メモ、天気予報、ニュース、株価など、自分が入手したい情報を一つの画面でひと目で効率よく確認できるiOS11新機能。

データ損失なしでiOS11を脱獄する方法おすすめ

★ ビデオの解像度の変更(video resolution changes)

海外からのiOS11最新情報により、プリインストールされているカメラアプリの機能が更に高機能となる。それはつまり、撮影画像の解像度変更、撮影時のビデオの解像度変更などができる。その iOS11追加機能もとても期待している。

超高速且つ無損質で動画サイズを無料変更できる方法Top6>>

★ 通知から直接返信(Direct Reply of Notifications)

Appを開けなくても通知から直接返信できることが生活をより簡単にさせる。iMessageの場合、その機能が使えるけど、その機能を強化してiOS 11に搭載するとサービスにも対応できるとは素敵。

★ コンタクトアベイラビリティステータス(Contact availability status)

そのiOS11新機能を利用すれば、iphoneユーザーは連絡先の会話に利用できるか、彼らがどこにいるかを知る。

★ スマートWi-Fi (Smart Wi-Fi)

iOS11最新情報によると、その機能はユーザのいる場所によって、自動的にWi-FiをON/OFFできる機能。その機能はWi-Fiを利用できる場所を覚えて、その場所に入る時、Wi-Fiが自動的にONになり、その場所から離れると、Wi-Fiが自動的にOFFになり、バッテリーの省電力化をできる。

★ スマートスリープ(Smart Sleep)

歌が好きなユーザのために、スマートスリープ歌詞をサポート、等化器をサポートするスマートスリープというiOS11新機能を開発かもしれない。

【2017次期iPad】iPad Pro 2スペック、新機能、発売日、価格など>>

★ バックグラウンドのアプリの一発終了(Clear all background apps)

次期のiOS 11では、「全て終了」というiOS11追加機能が追加される見込みである。タップするだけで、全てのバックグラウンドアプリを終了することができる。

iPhone 8に関する最新情報>>
●●●Part 2⇒iOS11最新情報:iOS11変更点、iOS 11 改善点一覧(予想)

☆ より安全なApple Pay(Safe Apple Pay)

Apple Payとは、アップルの電子財布及び非接触型決済サービスである。でも、その電子財布は100%安全ではない。Apple Payユーザがハッカーに信用とデビットカード情報を盗まれたこともある。そのため、Apple Payの安全性が向上するiOS 11を期待している。

☆ メールアプリ機能の改善(Improved Mail app)

通知機能の使いやすさ、メールの見やすさ、独自機能などの改善が施される。

☆ グループメッセージ(Grouped notifications)

メッセージ機能がもっと知能的になる可能性が高いと言われる。送信元と送信先の設定内容、ネットワーク接続、通信プランに基づいて、グループメッセージの種類、送信コンテンツを自動的に選択し、アプリの連携でメッセージを送受信することができる。

☆ カメラAPI認識(Camera API Recognition)

iOS11最新情報により、iOSのCore Image APIがアップデートされ、iOSで簡単にカメラを扱うことがもっと簡単になれる。

簡単・高品質でビデオ カメラをDVDにダビング・順調に視聴できる方法>>

☆ より良いバッテリーの管理機能(Better Battery Management)

今まで全てのiPhone(iPhone7/ Plusを含み)のバッテリー容量が全部3000mAh未満。iPhoneのバッテリーの使用時間を向上させたいユーザもたくさん。次期iOS 11ではより良いバッテリー管理の設定仮眠モードなどを開発するかもしれない。

☆ より知能化されるSiri(Better Siri)

前のiOSのコントロールセンター と比べて、iOS 10のがもうより柔軟になるが、アンドロイドと比べてはまだまだだ。例えば、コントロールセンターに位置情報のON、OFFの項目が無い。だから、次期iOSアップデート、iOS 11ではここが改善される可能性が高いと言われる。自由にコントロールセンターをカスタマイズすることができる。

☆ より自由なコントロールセンター(Control Center)

前のiOSのコントロールセンター と比べて、iOS 10のがもうより柔軟になるが、アンドロイドと比べてはまだまだだ。例えば、コントロールセンターに位置情報のON、OFFの項目が無い。そのため、次期iOSアップデート、iOS 11ではここが改善される可能性が高いと言われる。もっと自由にコントロールセンターをカスタマイズすることができる。

2017年アップル新製品一覧:iPhone8、iMac及びiPad新製品など>>
☆彡iOS11最新情報:ほかのiOS11新機能一覧
●家族がicloudアカウントを共有
●一つのデバイスで複数の指紋認証「Touch ID」を追加
●もっとコントロールやすいiCloudインタフェース
iOS11最新情報を続々更新しているから、ぜひ本ページに引続き注目してください
本文はiOS11いつ公開、新機能、iOS11変更点、改善点などのニュースをまとめた。今日のiOS 11の最新情報に関する記事はこれで一段落した。これから、なんにか新しいiOS11新機能などに関する情報が出てくるなら、すぐ本ページを更新しているから、皆さんはぜひ本文に引続き注目して、最新のiOS 11ニュースをキャッチしよう!
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます
ホームiPhone・iPad・iPod > iOS11新機能・iOS11変更点など最新情報