ホームiPhone・iPad・iPod >iPhone データ 移行方法・アプリオススメ

【2018最新版】iPhoneデータ移行アプリ&ソフトを最新オススメ!機種変更に不可欠!

機種変更時にiPhoneに保存したデータを新しい端末に移行することが必要があるね。iPhone内のデータというのは多岐にわたり、電話帳・メール・写真・スケジュール・メモ・アプリなどなどいろいろある。で、iPhoneにあるそれぞれのデータを移行したい場合、どうすればいいのか?実は、機種変更時にiPhone データを移行できるアプリやソフトを利用すれば、iPhoneに保存したデータを簡単に移行・転送できる。でも、インターネットで検索すると、、iPhone データ 移行 アプリに関する結果が多く表示された。

 

さて、本文はiPhone データを移行するアプリをまとめて、使いやすいものを厳選して皆さんにオススメしたい。iPhone データ移行 パソコンで使うアプリも、iPhone データ移行 パソコンなしで使えるアプリも紹介するので、ニーズに合わせて適切な方法を選んでください。

【簡単且つ最速】iPhone データ 移行方法 一 MacX MediaTrans

お持ちのiPhone・iPod・iPad・PC間で音楽や動画や写真や電子辞書などを簡単に転送・管理するためにに開発されたアプリである。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。Apple Music、Apple iBooks、iTunes Storeから購入した音楽・動画にかかっているDRMをフリーにする。各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しくに。

 
 

一、iPhone データ 移行 アプリをおすすめ:パソコンがある場合

まずは、iPhone データ移行 パソコンで使うアプリをおすすめ。パソコン(Windows PC/Mac)がある場合、iTunesを使って各種データをパソコンに保存した後、新しいiPhoneにデータを転送できるが、エラーの発生、操作の複雑さなので、iTunesの代わりに、使いやすくてとても人気のあるiPhone データ(写真や動画や連絡先やアプリケーションなど)を移行 できるアプリを皆さんに紹介する。

iPhone データ 移行方法#1:『MacX MediaTrans』

iPhone データ 移行 アプリ

日本語対応:対応
移行可能なデータ種類:動画、音楽、写真、電子書籍など


特徴:
●動作が軽く、データを移行する速度が業界1位、分かりやすいインターフェース、使い方は非常に簡単
●iPhone /iPad /iPod Touchなどをストレージ・USBメモリとして使うことができる。
●自動的に各種動画ファイルをお使いのIosデバイスに最適な形式に変換することが出来る
●多彩な機能:データ移行/転送、着信音作り、動画変換、ファイル同期、リアルタイム更新処理、DRM解除
おすすめ度:★★★★☆

iPhone データ 移行 アプリ概要:MacX MediaTransはiTunesのような制約もなく音楽、動画、写真、ボイスメモ、電子書籍などのiPhoneのデータをパソコンに移行して、バックアップ保存できるソフトウェアだ。また各種類のiOSデバイスの画面に会わせて自動で回転や動画、音楽をiOS端末対応のフォーマットに自動変換しできる機能を備わっているから動画変換に関する知識は不要で済む。それに音楽管理機能がとても便利なので、端末上の音楽ファイルの曲情報を編集したり、着信音作成したりしてPCとiPhoneミュージック同期もできる。またアイフォンデータ移行速度は業界随一で他社に比べてかなり優秀な性能を持っていて10GBぐらいのデータがみるみるうちにiPhoneをパソコンでバックアップいく。パソコン初心者にはこのiPhone データ 転送/移行 アプリを特にオススメ。

iPhone データ 移行 アプリ#2:『iFunBox』

iPhone データ 移行 アプリ

日本語対応:対応
移行可能なデータ種類:動画・音楽・写真・メッセージ・連絡先・ファイルなど


特徴:
●シンプル&動作が軽く、使い方が簡単
●転送できるファイルの種類は多い。音声、動画、メッセージ・連絡先など、様々な種類のフアイルでも転送できる。
●iPhone /iPad /iPod Touchなどをストレージ・USBメモリとして使うことができる。
●WiFiで接続できる
おすすめ度:★★★★☆

iPhone データ 移行方法概要:iFunboxは写真や音楽、ファイルやデータなどiOSデバイス内に存在するもののほとんどを閲覧や編集、削除、追加などを行える。もちろんこれらのファイルをPC上にエクスポートすることができるため、いつでもバックアップしたいものだけをPC上にドロップして簡単にバックアップすることが出来る。また、脱獄デバイスであればアプリのサンドボックスを開くことができ編集などを行うことも可能。その他、IPAパッケージのインストールも行えるだが、最新版のiTunesへの接続ができない、セキュリティに関わるパーミッションの問題、データディレクトリがうまく開かない、接続できない、改良iPhoneに対応していないなど、ユーザーから失望の声が相次いでいる。そして、iFunboxでは、大切なデータやファイルを誤操作で削除してしまう可能性もあるため注意が必要。

iPhone 機種変更 アプリ データ 移行方法#3:『 iTools』

iPhone データ 移行 アプリ

日本語対応:非対応
移行可能なデータ種類:動画、写真、音楽、連絡先、アプリなど


特徴:
●とにかく多機能:音楽、連絡先、写真、着信音、アプリなどいろいろなデータをバックアップできる。他のツールにはない独自の機能が多数ある
●SMSのメッセージやアドレス帳の連絡先を管理することも、スクリーンショットを撮ることが可能。
●WiFiで接続できる
おすすめ度:★★★★☆


iPhone データ移行 パソコン版アプリ概要:iToolsはファイルマネージャの機能やバックアップファイルの閲覧、編集を行えるツール。データ共有、Airplayer、iCloud写真管理、着信音の作成など、様々な機能を持っています。iToolsはiTunesと非常に近いソフトだが、iTunesの面倒な機能を取り除き、便利な独自の機能を新たに追加している。iPhone データ移行 アプリ できない時にお試してみてください。海外でも比較的人気のツールよ。ただし、iPhone データ 移行 アプリMacX MediaTransに比べるとやはり少し動作は重く感じることがある。もう一つの惜しい点は日本語に未対応すること。

iPhone データ 移行方法#4:『Anytrans』

iPhone データ 移行 アプリ

日本語対応:対応
移行可能なデータ種類:連絡先、写真、動画、アプリなど


特徴:
●多機能:iPhoneからコンピュータにメッセージ、メモ、ボイスメール、連絡先、写真、音楽、safariブックマーク、および他の日常生活で使用するものを転送する
● iCloudコンテンツのダウンロード、閲覧、エクスポート。
アプリやアプリの設定を個別にバックアップ
おすすめ度:★★★★☆


iPhone データ 移行 アプリ概要:Anytransには iOSデバイスのバックアップや復元、インポートやエクスポート、クローン、デバイス間での転送など、沢山の機能が搭載されている。他のツールと比べて目立っているのはAnyTrans独自の簡単メニュー。この簡単メニューを使用して、簡単に転送やクローンなどをおこなうことができる。ファイルマネージャとしてはもちろん、バックアップの編集、そしてiTunesライブラリも閲覧することができ、プレイリストまでも読み込ませることが出来る。だが、起動時に少し重い。そして、全体的に重くクラッシュすることがある。

iPhone データ 移行 アプリ#5:『FonePaw iOS Transfer』

iPhone データ 移行 アプリ
日本語対応:対応
移行可能なデータ種類:動画、音楽、写真、連絡先など

特徴:
●USBケーブルだけで、直感的な操作でiPhoneのデータを管理することが出来る。
●わかり難いところをすっ飛ばし、「追加」・「エクスポート」ボタン一つでデータをPCとiPhoneの間に交換可能。
おすすめ度:★★★★


iPhone データ移行 パソコン版アプリ概要:このiPhone データ 移行 アプリを使って、iPhoneとパソコン間で音楽や動画や連絡先やPDFや写真などを転送できる。さらに、複数のiOSデバイスの間でデータを相互に転送可能。画像、音楽、ビデオ、ボイスメモ、連絡先、メッセージ、ブックなどを管理・バックアップ・転送することをお手軽に完成する。だが、インタフェースがやや複雑で、初心者にとってはわかりづらいかもしれない。そして、ネットから「SMSをスキャンするのが時間が結構かかる」、「音楽転送作業を行った後、すべての音楽・曲が再生できなくなってしまった。」というユーザーの声がある。

 

二、iPhone データ 移行 アプリ:パソコンがない場合

 

iPhone データを移行する時、ユーザーの中にはパソコンを持っていない方もいるだろう。次は、iPhoneの機種変更時に、パソコン無しでデータ移行するアプリを紹介する。

iPhone データ移行 パソコンなし#1:『iCloud Drive』

iPhone データ 移行 アプリ

日本語対応:対応
移行可能なデータ種類:写真、ビデオ、書類、アプリケーションなど

おすすめ度: ★★★☆


iPhone データ 移行 アプリ概要:

iCloud Driveを使えば、あなたのすべてのファイルをiCloudに安全に保存して、あなたのiPhoneまたはiPad上の新しいファイルアプリケーションと、Mac、Windowsパソコン、iCloud.com上でアクセスできる。ほかの人たちも簡単に招待できるので、その人たちは自分の好きな場所からあなたのファイルを見たり、ダウンロードしたり、そのファイルを使って一緒に作業することができる。もうファイルのコピーを作ったり、バージョンを管理したり、Eメールに添付して送る必要はない。 iPhone データ移行 アプリ できない問題に悩んでいる必要もない。

 

ただし、iCloudでのデータ移行(データの移行・復元)を行うには、古いiPhone、新しいiPhoneでWi-Fi接続が必要になる。そして、このiPhone データ 移行方法では無料で使える容量は5GBまで。それを超える場合には、追加容量を申し込む必要がある。申し込みは「設定」アプリの「iCloud」→「容量」→「さらに容量を購入」から行う。

 

ヒント:実は、iCloud以外、GoogleドライブやDropboxやOneDriveなどクラウドストレージアプリ・サービスも利用できる。GoogleドライブやDropboxやOneDriveなどクラウドストレージを利用すれば、iPhoneからiPhone データ移行だけではなく、iPhone データ移行 Androidへの操作もできる。


iPhone 機種変更 アプリ データ 移行#2:『AirDrop機能で共有する』 (アップル製品間のみ)

iPhone データ 移行 アプリ

日本語対応:対応
移行可能なデータ種類:写真、ビデオ、書類、連絡先、位置情報など

おすすめ度:★★★☆


iPhone データ 移行方法概要:

AirDropを使えば、近くにいるiPhone・iPad・MacといったApple製デバイスを使用している友人や仲間と、写真、ビデオ、位置情報などデータをワイヤレスですばやく共有できる。一般的にファイル共有方法といえば、相手先にメールで添付する・USBメモリで受け渡すといった方法が主流が、AirDropであれば何回かタップするだけでワイヤレスで簡単に送受信することができるので、手軽にデータをやり取りできるから、AirDrop活用している方が多い。iPhoneからiPhone データ移行したい方におすすめ。

 

画像をやり取りする場合、一度に数枚送ると順番がバラバラになるとか、AirDropオンにできないとか、AirDrop受信しないとかに悩んでいるユーザも少なくない。

iPhone データ 移行 アプリ#3:『 JSバックアップ』

iPhone データ 移行 アプリ

日本語対応:対応
移行可能なデータ種類:連絡先、カレンダー、画像、動画など
おすすめ度:★★★★☆


iPhone データ移行 パソコンなしで使えるアプリ概要:

JSバックアップは、スマホのデータをバックアップしたり復元できるアプリ。Android派だった友達がiPhoneに乗り換えてもとても便利なツール。連絡先、カレンダー、画像、動画のバックアップ、リカバリができる。

WiFi経由で、スマホのデータをパソコンにバックアップ・復元すること、パソコンからスマホへファイルを転送すること、スマホとPC間でメディアデータを手動で同期すること、機種変更時に、連絡先などのデータを新しい端末へ移行すること、オンラインストレージ(Dropbox、Googleドライブ)にバックアップデータを保存することなどができる。

 

iPhone データ 移行 アプリ#4:『 Send Anywhere』

iPhone データ 移行 アプリ

日本語対応:対応
移行可能なデータ種類:写真、音楽、動画、ファイルAppに対応 (iOS 11 以降)
おすすめ度:★★★★☆


iPhone データ 移行方法概要:

スマホ・パソコン間だけでなく、スマホ同士でファイルを転送できる。iPhoneで撮った写真や動画をPCに移行するとき、友達に写真を共有するとき、音楽ファイルをiPhoneに入れるときなどファイルのやり取りをするすべての瞬間にSend Anywhereをお試しください。

 

Send Anywhereはファイルをオリジナルのまま送信する。6桁のキーでファイルを簡単に転送する。ファイルを送信した後、作成された6桁のキーを受信者にお知らせする(AndroidスマートフォンとiPhone間、6桁のキーを使って、ファイルを転送できる)。「受信」にキーを入力すると転送が開始される。周辺デバイス、転送履歴があるデバイスに転送の通知を送れる。通知を受ける受信者はキーを入力せずにファイルを受信できる。また、Send Anywhereを利用すると、iTunesなしでもiPhoneに手軽に音楽や動画を入れることができる。Send Anywhereの内蔵プレーヤーで再生まで可能。 iPhoneからiPhone データ移行、iPhone データ移行 Androidへも利用可能。

iPhone データ 移行 アプリ#5:『 ぱっと転送 File Transfer』

iPhone データ 移行 アプリ

日本語対応:対応
移行可能なデータ種類:写真、動画、ファイル、アプリ連携

おすすめ度:★★★

iPhone 機種変更 アプリ データ 移行方法概要:ぱっと転送は、Wi-FiがなくてもBluetoothでiPad・iPhoneの写真&動画やファイルを他のiPad・iPhoneへ簡単に転送する事が可能。Wi-Fi、Bluetoothを利用し、1対1はもちろん複数台の端末へファイル転送できますので、友達同士での写真&動画の共有、学校やオフィスでの資料共有やペーパーレス会議などが可能になる。

 

また、商談時のご提案資料、カタログ(PDF)やプレゼンテーションで使用する資料などを格納できるので、さまざまなシーンで利用する事ができる。操作は簡単!ファイルを選択して転送ボタンをタップするだけ。受信は、受信ボタンをタップするだけ。

MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone 機種変更 アプリ データ 移行おすすめ