ホームiPhone・iPad・iPod > iTunes アップデートできない Windows10/8/7/Mac対処法

Mac/Windows最新特集!iTunes アップデート エラー発生!確実な解決策を解説!

近年、人気が高く、利用者数が多いiPhoneやiPadなどiOSデバイスとパソコンをつなげたい時、Appleのデータ管理ソフトiTunesを利用する方は多いね。音楽や動画などファイルを転送したり、音楽や映像を視聴したり、パソコンとiOSデバイス間で内容を存分に楽しめる。毎回、新バージョンのiTunesがリリースされたら、改善点や新機能などを体験できるので、最新バージョンのiTunesにアップデートしたい利用者もすごく多いだろう。

 

でも、新バージョンの iTunes をアップデートする時、iTuneアップデートエラーが出てきてして、アップグレードができないことが多発。さて、本文はみなさんにiTunesを最新バージョンにアップデートできない原因とそれぞれの確実な解決策をまとめて詳しく説明する。(ヒント:iTunes アップデートできない Macユーザも、iTunes アップデートできない Windows10/8/7ユーザもどうぞ〜)

 

iTunes アップデートが進まないエラーを一発解決! iPhone/iPad/iPodとPC間の楽しみ方

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! プレイリストの編集・削除、着信音作成などの管理も手軽に完成!iTunes アップデート エラーで使えない場合、MacX MediaTransで iPhone/iPad/iPodとPC間で音楽、動画、写真などを手軽に同期・管理できる!

一、iTunes アップデート エラー発生!正しいアップデート方法を説明

まず、iTunesをアップデートする方法を紹介しよう!iTunesを最新バージョンに更新したい時、正しいアップデート方法で更新してください。

WindowsでのiTunesアップデート方法:

●WindowsでのiTunesアップデート方法:

Step 1:お使いのパソコンに入っている「iTunes」を起動する。

Step 2:iTunes ウインドウの上部にあるメニューバーから、「ヘルプ」>「更新プログラムを確認」の順に選択する。(「メニューバー」が表示されていない場合は、「Ctrl」と「B」の2つを押して表示させてください。)

Step 3:画面の指示に従って、最新バージョンをインストールする。

●MacでのiTunesアップデート方法:

Step 1:お使いのMacにインストールされている「iTunes」を起動する。

Step 2:コンピュータの画面上部に表示されるメニューバーから「iTunes」>「アップデートを確認」を選択する。

Step 3:画面の指示に従って、最新バージョンをインストールする。

二、iTunesを最新バージョンにアップデートできない|iTunes アップデート エラーの解決策を詳しく説明

1. iTunes アップデート エラー:「このWindowsインストーラパッケージには問題があります。」

これはは Windowsパソコンで発生したエラーだ。iTunesを以前コンピュータにインストールしてからアンインストールしたことがある場合は、プログラムの一部が正しくアンインストールされていない可能性がある。ソフトウェアをはじめてアンインストールしようとした際にも、このエラーメッセージが表示される場合がある。


iTunes アップデート エラー
解決策:Apple Software Updateを修復すればOK

Step 1: スタートメニュー(左下のWindowsマーク)」 → 「コントロールパネル」 → 「プログラムのアンインストール」 → 「Apple Software Update」

Step 2: 「Apple Software Update」を右クリック→ 「修復」 → 最新版をインストール

Step 3: iTunesをアンインストールまたは再インストールしてください。すると、「このwindowsインストーラパッケージには問題があります」エラーを解決できる。

●「補足」iTunes アップデートできない Windows10での解決策:

Step 1: [スタート]メニューで「コントロール パネル」と入力し、結果の一覧から [コントロール パネル] を選ぶ。

Step 2: [プログラム]、[プログラムと機能] の順に選び、「Apple Software Update」を選ぶ。

Step 3: 「Apple Software Update」を修正するには、[修復] を選ぶ。

Step 4: 画面の指示に従って操作完了すると、iTunesをアンインストールまたは再インストールしてください。 すると、 Windows10で「このwindowsインストーラパッケージには問題があります」エラーを解決できる。



2. iTunes アップデート エラー:エラーコード2324

もしこのエラーコードが表示されてiTunesがアップデートできずに止まる、完了しない等が起こる時は、次の事を試してみてください。

Step 1: まずはパソコンを再起動する。

Step 2: 再起動後、コントロールパネルからiTunesおよび関連するソフトウェアコンポーネントを以下の順序でアンインストール。


iTunes アップデート エラー

 

ご注意:これらのコンポーネントを上記と異なる順序でアンインストールしたり、一部しかアンインストールしないなどの事態がないようにしてください。予期せぬ影響が生じる可能性があるので、これらの削除は必ず、順番におこなってください。そして全項目必ずすべて削除してください。

 

Step 3: 関連ソフトのアンインストールが完了したら、再度パソコンを再起動する。

 

Step 4: 再起動後、最新版のiTunesをインストールしてください。アップデートしたのと同じ状態となる。

 

3.iTunes アップデート エラー:iPhoneが認識されない

iTunesのアップデートは完了したのにiPhoneが認識されないエラーが発生した場合は下記の方法を試してみてください。

@一度iPhoneの再起動を行うことでデータのごみを削除してください。再起動後iPhoneをパソコンに接続し、iTunesを起動させてください。

AiTunesと同じくiPhoneにもソフトアップデートがある。古いバージョンの場合、iTunes でiPhoneが認識されない場合がある。その場合は、iPhoneの「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」で最新のアップデートがあるかを確認してください。

 

BiTunesの代わり、他のデータ管理・転送ソフトを試してみてください。


4.iTunes アップデート エラー 署名:「無効な署名が含まれています。インストールできません」

やはり、iTunes アップデートが進まない問題はがWindowsパソコンでよく発生するね。この無効な署名エラーもWindowsパソコンで多発。アップデート途中で「iTunesには無効な署名が含まれています。インストールされません」と表示され、iTunesを最新バージョンにアップデートできない場合、次の対処法を試してみてください。

@、アップデートツールを使用せず、https://www.apple.com/jp/itunes/download/からiTunesをダウンロードしてみてください。

A、最新のルート証明書をダウンロード:
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn265983.aspxへアクセス最新のルート証明書をダウンロードして、インストールしてみてください。

この二つの方法でiTunes アップデート エラー 署名問題を解決した例が多いので、ぜひ試してみて下さい。


5.iTunes アップデート エラーの他の対策:

●コンピュータをアップデートする

Windows/MacパソコンのOSのバージョンが古いと、iTunesを最新バージョンにアップデートできないことがある。そのため、iTunes アップデートできない Macユーザも、Windowsユーザも、パソコンのOSのバージョンをアップデートしてください。

●コンピュータに管理者としてログインする

管理者アカウントを持っているかどうかわからない場合は、管理者としてログオンする方法をこちらの Microsoft 社の記事でご確認ください。または、コンピュータのヘルプシステムを参照するか、IT 部署にお問い合わせいただくか、support.microsoft.com でサポート情報をお探しください。


大好評! iTunes アップデート エラーに最高の対策:iTunes アップデート エラーを一発解決できる!

iTunesがAppleの純正データ管理ソフトだが、エラーが多発している。実は、iTunes 以外、iOSデバイスをパソコンに接続してデータを管理・同期できる優秀なソフトが多くある。iTunes アップデートが進まないエラーの具体的な原因とその原因に対応する解決策が簡単に見つけられない場合、iTunes の代わり、他のソフトを試してみれば、気楽に問題を解決できるよ。

 

ここでMacX MediaTransという優秀なiTunes代替ソフトをご紹介。最新な技術のおかげで、リリースされて以来、世界で高い評価を得ている。対抗ソフトはいくつかあるが、その転送・データ管理能力の高さ、転送速度、使い勝手や多機能さではやはMacX MediaTransが頭一つ抜けたものになっている。MacX MediaTransはiOSデバイスとパソコン間で写真、音楽、動画、電子書籍ファイルを転送したり、PCにある動画ファイルをiPhoneX/8/8 Plus/iPhone7/7 Plus/6s/6/SE/iPad/iPodに同期して、機種に最適な形式に自動変換することができる。他の実用的な機能もたくさん搭載しているので、とても便利なツール。

 

更に、シンプルでキレイにレイアウトされたインターフェースにより、iTunesと違い、操作に迷うことなく使いこなせるので、素人でもすぐできるよ。次は、MacX MediaTransの操作方法を詳しくご紹介。


さて、iTunesを最新バージョンにアップデートできない問題を一発解決する方法を詳しく解説。まず、MacユーザはMacX MediaTransのMacバージョンを ダウンロード、WindowsユーザはMacX MediaTransのWindowsバージョンを ダウンロードしてインストールしてください。以下はMac版の使い方を例として解説。Windows版の使い方もだいたい同じ。


ステップ1:パソコンからiPhoneに動画を転送する機能を選択する。
標記される「ビデオ」を書かれたボタンをクリックして、動画転送界面に進む。
あわせて読みたい
Macx Media Transで音楽や写真を同期する詳しい方法:
ステップ2:動画を選択して、パソコンからiPhoneに動画を送る。
動画転送に対応するボタンをクリックしたらこのように見える。

動画にクリックして選択できる。そして「ビデオ追加」を書かれたところをクリックして、パソコンからiPhoneに動画を保存する。

 

 

 

ステップ3:パソコンからiPhoneに動画を同期。
右下にある「同期」ボタンをクリックして、パソコンからiPhoneに動画を送る。

 

これで、パソコンからiPhone動画を保存する方法を解説完了。iTunes アップデート エラーやiTunesを最新バージョンにアップデートできないエラーに悩んでいる方は興味があたっらぜひ試してみてください。

これで、「このWindowsインストーラパッケージには問題があります」、エラーコード2324、iTunes アップデート エラー 署名、iOSデバイス認識できない問題などの解決策に関する説明が終わった。皆さんに役に立てば幸い〜
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iTunes アップデートが進まない時の対策