ホームiPhone・iPad・iPod >Mac iPhone同期2019

【Mac iPhone同期2019】絶対できる方法が大公開!カンタンでわかりやすい!

ご個人的な使用用途により、お使いのMacをiPhoneと完璧に連携・同期する必要があるかもしれない。例えば、写真、音楽、動画などのメディアファイルとか、あるいはメール、メッセージ、ブックマーク、連絡先、メモなど重要なデータとか、iPhone・Mac の間で同期させて活用したい方達がいるらしい。一般的に言えば、Mac iPhone同期を行う時、アップル社が自社製で、MacとiPhoneに相性が良い iTunes、iCloudが最も広く使われているそうである。ただし、最近、Mac iPhone同期したいユーザーからiTunes、iCloudへの文句がかなり増えてきた。一方、初めてMac iPhone同期しようとすると、やり方がわからない人も少なくない。なので、今回の記事では、【Mac iPhone同期2017】絶対できる3つの方法を紹介したいと思う。わかりにくい専門知識が必要なく、熟練者でも初心者でも、Mac iPhone同期できないことはない!気軽くMac iPhone同期の便利さを楽しめる!

Mac iPhone同期2019 絶対できる方法が大公開一 MacX MediaTrans

MacとiOSデバイス(iPhone /iPad /iPod)の間で、動画、音楽、写真などのメディアファイル共有を簡単に行うことができるアプリケーション。完璧なMac iPhone同期2017方法をご提供。分かりやすいインターフェース、多彩な機能(動画変換、ファイル同期、リアルタイム更新処理、写真/ビデオを暗号化で出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化など)、驚きの転送速度がMacX MediaTransの特徴。数回のクリックしただけで、メディアファイルをiPhone /iPad /iPodからMacへ転送・同期・バックアップ可能!

【Mac iPhone同期2019】方法1:MacX MediaTrans

MacX MediaTrans詳細情報一覧

【概要】:Mac-iOS端末の間で、動画、音楽などメディアファイル共有・同期を簡単に行うことができるアプリケーション。


【ファイルサイズ】:39MB


【動作環境】: Mac OS X10.7以上(同期2016にも対応済み)


【対応iOS】: iOS 7以降、iTunes 12.6.0以降


【日本語対応】:可能(コンピュータで使われている言語によって自動的にインターフェース言語を選択する仕組み。)


【特徴】:分かりやすいインターフェース、多彩な機能(動画変換、ファイル同期、リアルタイム更新処理、写真/ビデオを暗号化で出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化など)、驚きの速度。数回のクリックしただけで、メディアファイルをiPhone /iPad /iPodとMacの間で同期可能!


【おすすめ度】:★★★★★

ダウンロード&インストール

まず、このiPhone 7 Mac写真転送ソフトMacX MediaTransをダウンロードして、Macコンピュータにインストールしてください。ダウンロードしたmacx-mediatrans.dmgファイルをダブルクリックすると、新しいフォルダが開き、この中にMacX MediaTransアイコンがある。このMacX MediaTrans アイコンをアプリケーション フォルダにドラッグ&ドロップする。これでインストールは完了である。


MacX MediaTrans使い方>>


ステップ1:MacX MediaTransを立ち上げて、「iPhone/iPadを差し込んでください…」という画面が表示される。USBケーブルでiPhone 7をMacに接続する。Mac側のUSBポートに正しくケーブルを差し込むと、iPhoneがすぐに認識される。そして、「このコンピューターを信頼する…」という警告が表示された場合は、デバイスのロックを解除して「信頼」をタップする。続 いてMac側で、初めてMacとiOSデバイスを接続した際は、画面の指示に従って、iTunesにおいて必要な設定を済ませる。



ステップ2:以上の操作が終わると次の画面が表示される。そして、本番なMac iPhone同期する作業を行える。


「音楽同期編」:「音楽管理」アイコンをクリックすると、iPhoneにある曲が表示されている。そして、それらの曲をそのままにしておいたり、要らない曲を削除したり、Mac側から既存の音楽をMacX MediaTransに取り込んで追加したり、楽曲の情報(曲名/アーティスト名/ジャンル名など)をご自由に編集したり、音楽のプレイリストをカンタンに作成・編集・削除したりすることができる。次は、ソフト画面の右下側にある「同期」アイコンをクリックして、Mac iPhoneの間で音楽ファイルが同期可能!もっと詳しいやり方はコチラ>>


「動画同期編」:「ビデオ」アイコンをクリックして、iPhoneにあるビデオがここで表示されている。そして、それらの動画をそのままにしておいたり、要らない動画を削除したり、Mac側から既存の動画をMacX MediaTransに取り込んで追加したりすることができる。次は、ソフト画面の右下側にある「同期」アイコンをクリックして、Mac iPhoneの間で動画ファイルが同期可能!もっと詳しいやり方はコチラ>>

MacX MediaTransを使ってMac iPhone同期するには、メリットとデメリットまとめ

メリット:

@ 同期速度は表示に速いものである。7000曲はすべて同期されるまで約16分間しかかからない神ソフトである!
A 動画を転送する時、「変換」と表示される動画ファイルをクリックして、動画を自動的にAppleデバイスと互換性のあるフォーマットに変換してくれる;
B「最新の情報に更新」という機能を搭載して、iPhone内にあるメディアファイルをリアルタイムで読み込む可能。

デメリット:

@ 今配布しているバージョンでは、メディアファイル(動画、音楽、写真)のみ、Macと iPhoneの間で同期をすることができる。
※ 体験版のMacX MediaTransを利用する場合、一日に最大30枚の写真、最大30曲の音楽、最大曲数は10本の動画を無料で転送できる。無制限でMacX MediaTransを使いたい方は正式版を購入してください。

【Mac iPhone同期2019】方法2:iTunes

iTunes詳細情報一覧

【概要】:音楽やビデオを再生から、iPhone、iPadなどと連携することで音楽のダウンロード購入やCDからの読み込みや再生、iPhone、iPadとの同期まで、統合的に管理ができるApple系ソフトウェア。


【最新版】:12.4.1.6


【動作環境】: Mac OS X


【特徴】:iTunes を使えば、音楽、映画、テレビ番組、写真など様々なメデイアファイルをMac-iPhone、Mac-Mac、Mac-iOS端末の間で同期することができる。


【おすすめ度】:★★★


iTunesを利用してMac iPhone同期方法
ステップ1:iTunesを起動させてUSBケーブルでiPhoneをMacと接続させる。画面の上のメニューにある「iPhone」と表示されたらそこをクリックしてください。
ステップ2:「ミュージック」を選択して、「音楽を同期」にチェックを入れる。このまま「同期」をクリックすればミュージックライブラリ全体の曲が丸ごとにiPhoneと同期される。一方、ライブラリ全体ではなく、お好みの音楽だけを同期したい場合、「選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル」を選択すると、画面下側に様々なチェックボックスが現れる。ここでお気に入りのジャンルやアルバム、アーティストなどを選んで「適用」をクリックすれば同期がスタート。
同期が終わったらiPhoneで「ミュージック」アプリを開いてください。My musicのライブラリにある「最近追加した項目 〉」をタップして、その中に同期した音楽が入っていれば完了。
iTunesを使ってMac iPhone同期するには、メリットとデメリットまとめ

メリット:

@ スマートなGenius機能によって、一曲をベース曲として選んで、それと相性の合う曲を見つけて、一つのプレイリストにする。
A 動画を転送する時、「変換」と表示される動画ファイルをクリックして、動画を自動的にAppleデバイスと互換性のあるフォーマットに変換してくれる;
B「最新の情報に更新」という機能を搭載して、iPhone内にあるメディアファイルをリアルタイムで読み込む可能。

デメリット:

@ iTunesを使って、Mac iPhone同期できないエラーが頻繁に起こる。
A エラーや操作のミスとか、iTunesに保存したデータが消えてしまった時もある。
B 容量が多くて同期速度が遅い、同期作業に、とてつもなく時間が掛かる場合がある。
C itunesのバックアップデータの保存先はCドライブの指定の場所に固定されている。Cドライブへの負担が大きくなる。

ちょっとしたヒント:【完全版】おすすめの最新版Mac用iTunes代替ソフトランキングまとめ>>

【Mac iPhone同期2019】方法3:iCloud

iCloud詳細情報一覧

【概要】:iPhoneやiPad、MacやWindowsといった複数のデバイス間で、メール、連絡先、カレンダーなどのデータを、オンラインストレージ上に保存し、ワイヤレスで同期できるサービスである。


【最新版】:4.0.3.56


【動作環境】: Mac OS X


【特徴】:自動でクラウド上にデータを保存してくれる。iCloudの設定をオンにしておけば、デバイスに保存されているデータを自動で同期・保存してくれる。


【おすすめ度】:★★★

iCloudでMac iPhone同期方法

iPhone側のiCloud設定:

ステップ1:最初に表示されるホーム画面で「設定」をクリックして「iCloud」を選択する。
ステップ2:初めてiCloudを利用する方なら、「Apple ID」と「パスワード」を入力し、「サインイン」を選ぶ。そして、ご要望に合って、「結合」または「結合しない」を一つ選んだ後、「OK」を押す。
ステップ3:同期する項目を(オン)に切替すると完了。「写真」は、Wi-Fi接続中のみ同期されるとご注意ください。

Mac側のiCloud設定

ステップ1:メニューバーのシステム環境設定をクリックしてから、「iCloud」を選ぶ。
ステップ2:ご個人的なAppleIDとパスワードを入力すると次へ進む。
ステップ3:許可をクリックする。これでMacのiCloudの設定も終わる。
iCloudを使ってMac iPhone同期するには、メリットとデメリットまとめ

メリット:

@ Mac iPhoneを接続する必要がない。Wi-Fiがつながっているところであれば、どこでもバックアップをとることができる。
A 以上言った通り、メール、連絡先、カレンダー、メモー、写真、音楽、動画など様々なファイルを同期することができる

デメリット:

@ iCloudが無料で使えるのは、5GBまでである。5GBの容量ギリギリ使い切れると、警告のメッセージが届いたりするのである。
A 同期するにはWi-Fi環境のみ。Wi-Fi環境がないとiCloudで同期できないとご注意ください。
B iCloudが安心できるわけではない。実際、ヌード写真が流出し、騒ぎになったことがある。また、iCloudに保存したデータが消えてしまった時もある。
※ 体験版のMacX MediaTransを利用する場合、一日に最大30枚の写真を無料で転送できる。無制限でMacX MediaTransを使いたい方は正式版を購入してください。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます
ホームiPhone・iPad・iPod >Mac iPhone同期2019