ホームiPhone・iPad・iPod > iFunbox iOS 11対応版をダウンロード方法

iFunboxがiOS 11で使えない!iFunbox iOS 11対応版をダウンロードする方法!

アップルは米国時間9月12日、同社モバイルOSの次期メジャーアップデートである「iOS 11」を9月19日にリリースすると発表した。これまで、目立った新機能は多くあるが、使い勝手を改善する機能の追加やユーザーインターフェースの変更も多数行われているiOS 11へアップデートしたユーザーは益々多くなっていた。ところで、iOS 11へアップデートした後、iOS 11の魅力と新機能を体験できるが、不便なところもある。例えば、これまで愛用のアプリやソフトウェアは一部iOS 11に対応できないので使えない。iFunboxのユーザーはそういう悩みを抱えているようである。今回の記事では、iFunboxをiOS 11で使いたい方に向け、iFunbox iOS 11版をダウンロードする方法、及びiFunboxがiOS 11で使えないや、あるいは案内に不具合やドラブルが発生するときの対処法を紹介する。
iFunboxがiOS 11で使えない?!iFunBoxの代わりになる抜群なiOS11データ管理ソフト

iOS 11へアップデートした後、使い慣れたiFunboxが使いえなくなったとき、iFunbox iOS 11対応版をダウンロードした利用したほうが手取りの早い。だが、iFunbox iOS 11対応版へアップデートしてもうまくいかない場合もあるし、操作手順の煩わしさも困らせるなら、iFunboxより、機能、安定性、操作性等各方面で優秀なソフトMacX MediaTransを利用してください。完璧にiOS 11に対応しているよ。

iFunboxについて基本的な情報

iFunboxとは、Mac/Windows PC環境で動作しており、脱獄なしでiOS デバイス(iPhoneやiPad)のファイル・フォルダ内にエクスプローラのように直接アクセスできるソフト。iTunesを使わずにiOS内のファイルの取り出したり、新しいファイルをiOSに追加することができる。 


iFunbox iOS 11
iFunbox詳細情報一覧

【ファイルサイズ】:20.4 MB
【動作環境】:Mac OS X 10.6+、Windows (Vista、7、8、10)
【対応iOS】:iOS 7以降
【日本語対応】:可能
【ライセンス】:フリーウェア
【転送可能なデータ種類】:動画・音楽・写真・メッセージ・連絡先・ファイル(PDF・Wordなど)・アプリファイルなど


iFunbox基本的にできること

1.IPAパッケージをiOSデバイスにインストール
2.メディアをインポート・エクスポート
3.iOSデバイスをUSBフラッシュドライブとして利用
4.アプリのサンドボックス内のデータを確認
5.iOSデバイスのファイルシステム内のコントロール

iFunboxのメリット:AppStoreに認可されないアプリをiPhone/iPadにインストールやアップデートしたい場合、脱獄しないとできない。だが、脱獄すると、高確率でリンゴループ現象になる、セキュリティ面で問題が出てくる、電池の消耗が早くなる、動作が遅くなるという可能性があるので、すごく困ることである。その時、iFunboxは効率的な解決方法としてよく使われている。 

公式サイトからiFunbox iOS 11対応版をダウンロードしよう!

初めてiFunboxを利用する方、または、iOS11未対応版のiFunboxを利用している方は、以下の内容を従って、iFunbox iOS 11対応版をダウンロードしよう。
iFunbox iOS 11
実に、公式サイトから、iFunboxはすでにiOS11に対応したかとぼんやりしてはっきりしないところである。初のiOS11のベータ版は6月6日以降に、正式版は9月19日にリリースした。一般的に言えば、iOS 11ベーター版をリリースした後、技術開発チームが何度もiOS 11に対応するための開発や試験を行った。これで、iOS 11が正式にリリースされ次第に、最新iOS 11対応版をリリースできるようなる。だが、iFunboxの場合、最新Windows版iFunbox4.0の更新日は2017年3月16日に、最新Mac版iFunbox V1.8は2016年2月3日。つまり、iFunboxはiOS11に対応するアップデートが実施されていないかもしれない。一方、このiFunbox最新版は、もともとiOS11で使えるので、別にアップデートが行われない可能性もある。とにかく、以下の操作手順に従って最新版ダウンロードしよう。

まず、iFunboxの公式サイト↓↓↓

http://www.i-funbox.com/en_download.html

へアクセスして、WindowsユーザーはiFunbox Windows最新版を、MacユーザーはiFunbox Mac最新版をダウンロードする。

赤枠線で囲む「Download」アイコンをクリックすると、iFunbox iOS 11対応版のセットアップファイルがダウンロード開始。
ご注意:iFunboxの公式サイトはただ英語と中国語しか表示されないので、日本語へ切り替えることはできない。

iFunbox iOS 11対応版をインストールするとき、注意すべきこと

iFunbox iOS 11
1. ダウンロードファイルをスキャン
iFunboxは無料配布なソフトウェアだから、有料ソフトと同じレベルな信頼性と安定性があるかと確報しづらい。ダウンロードしたファイルにウイルスが含まれている可能性もある。念のため、そのファイルを開く前に、ウイルスをセキュリティ対策ツール等でスキャンしたほうが安心する。
2. 日本語化
iFunbox本体は多言語対応なソフトウェアで、インストール中で、ソフトの使用言語は日本語を選択すれば、日本語でiFunboxを利用することができる。
3.同梱プログラムのインストール
iFunboxをインストールした時などに内容を確認しないまま同梱されたものをインストールしてしまったことが珍しくない。実に、iFunboxは、迷惑プログラムが同梱されて配布されているものである。iFunbox本体のインストールが完了する前、同梱ツールのインストールが勧めてくる。その時、インストールのチェックを外すようにしてください。

iFunbox iOS 11対応版を利用する際に、よくある質問とドラブルや不具合の症状と解決方法

iFunbox iOS 11
1. どうやってiPhone/iPad/iPodをiFunboxへ接続するか?
iFunboxが利用すれば、iTunesを使わずに各種データをiPhone/iPad/iPodとパソコンの間で移行することができるというが、お使いのおパソコンにはiTunesがインストールされていないと、iFunboxが勝手にiPhone/iPad/iPodへアクセスすることができない。つまり、iFunbox の利用には、iTunesのインストールが必要。
2. iFunbox iOS 11対応版はどのようにゲームを移行するか
iFunboxでゲームを移行する場合、Installousとの連携が必要。iPhone/iPad/iPodをパソコンと接続した後、iFunboxを開く。そして、移行したいゲームのデータをVar/Mobile/Downloads/パスにコピーする。次は、iPhone/iPad/iPod側でinstallousを開くと、先のゲームが表示されて、そのままでインストールすればOK。
3.iFunboxが開けない、iPhoneを認識しない、iOS 11で使えない
iFunboxは独自の魅力と使い勝手の良さがあるこそ、愛用者が多いが、利用中で意外に開けない、起動しない、iPhoneを認識しない、iOS 11で使えないというエラーや不具合もよく発生する。それらのiFunboxエラーが発生しまう場合:

1.まず、USBケーブルと端子の物理的な故障があるか、あるいはパソコンやiPhone/iPad/iPod端末の調子が悪いかと確認する。
2. パソコンやiFunboxを再起動しただけで問題が解決場合もあるので、やってみてください。
3. iFunboxを最新バージョンへアップデートする。
4. すでにiFunbox最新版を利用する場合、iFunboxをアンインストールと再インストールする。
5. 以上の方法がすべて試しても、何の改善もできない場合、iFunboxの代わりに、iFunboxと同じような働きのソフトMacX MediaTransを利用ください。

iFunbox iOS 11対応版ではなく、MacX MediaTransを選ぶ理由

MacX MediaTransとは:有名な会社Digiartyによって開発されて、MacとiOS端末(iPhone /iPad /iPod)の間で、写真、動画、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなど様々なファイルなどのメディアファイル共有を簡単に行えるソフト。ライバルより信頼性と安定性が抜群。
MacX MediaTransとiFunbox iOS 11対応版の詳細比較

機能比較
MacX MediaTrans
iFunbox
バックアップ復元できるデータ量 無制限 無制限
動作速度 超爆速で100枚の4K写真の転送はただの8秒 遅い&不器用
操作性 使いやすい、初心者でも安心できる 操作が複雑
扱えるファイル種類 音楽、写真、ビデオ、Word、Excel、PDF、dmg、アプリなど 音楽、写真、ビデオ、連絡先、メッセージ、アプリデータ、書類
変換機能 メディアファイルをiPhoneで使える動画・音声形式へ自動変換。 なし
その他 ●iPhoneを無料なUSBメモリーとする。
●DRM付きものを検出後、1回クリックするとiTunesとApple Music DRMを解除してくれる;
●iPhone内の写真を一括削除可能;
●100%クリーンと安全なソフトウェア
 
動作環境 MacやWindowsに接続されていれば可能 MacやWindowsに接続されていれば可能
iOS 11対応 可能 未明
 

iFunboxの代わりになるMacX MediaTrans使い方の簡単解説!

まず、MacX MediaTransをダウンロードしてパソコンにインストールする。すると、MacX MediaTransを起動して、「iPhone/iPadを差し込んでください…」という画面が表示される。iPhoneを付属のUSBケーブルでパソコンに接続する。iPhoneがパソコンに認識されると、「このコンピューターを信頼する…」という警告が表示される、そして、iPhoneのロックを解除して「信頼」をタップする。続いてパソコン側で、画面の指示に従って、iTunesにおいて必要な設定を済ませる。
※音楽の移行を例として説明する。他の種類のデータを移行する方法もその通り。
iFunbox iOS 11
Step1:インターフェースにある「音楽管理」の項目をクリックして、MacX MediaTransがすぐにiPhone/iPad/iPodにある音楽ファイルを読み込む。読み込みが終わると、それらの音楽ファイルが一覧で表示される。移行する前に、ご使用用途に合って、プレイリストの新規作成、名前変更、削除、及び各プレイリストに音楽ファイルを追加、削除することができる。
Step2:そして、気に入りの曲やプレイリストを選択して、「エクスポート」をクリックすると、超爆速で指定した保存先へ移行してくれる。ちなみに、デフォルトの保存先のパスは自身のパソコン内「/Users/xxxx/Documents/MediaTrans」である。
 
Step3:同一の画面で「音楽追加」をクリックして、パソコンから対象の音楽ファイルのあるフォルダを開く。そして、一曲ずつあるいはフォルダ丸ごとで選択することができる。選択が終わるとすぐにソフトにアップロードが開始される。
Step4:最後は、ソフトの下側にある「同期」を押して、それらの音楽はすべてiPhone/iPad/iPodに転送するのである。
TIPS:音楽データを移行中、MacX MediaTransは自動的にDRM付き音がファイル(iTunesやApple Musicで販売する曲はほぼDRMというコピーガードで保護されている)を検出する。そして、「以下のオーディオは暗号化されています」というダイアログボックスが出てくる。「デコード」をタップすると、その曲に付きDRMが解除される。
TIPS:音楽データを汎用性が最も広いMP3形式で移行する場合、同ソフトの「オーディオを自動的に変換する」画面でMP3前のチェックボックスにチェックを付けばいい。
       
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iFunbox iOS 11対応版をダウンロード方法