NO Apple NO Life ! iPhone・iPad・iPod簡単データ移行方法まとめ

ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone 9についての最新情報

2018年新モデルiPhone 9(アイフォン9)の発売日・価格・新機能・スペック等最新情報!

 

Appleが2017年に発表する新製品の中で、iPhone 10周年モデルとしてのアイフォン8が最も注目されている。ファンをがっかりさせないように、デザイン一新、便利な新機能が盛りだくさんそうである。ところで、アイフォン8への期待が一段と高まるうちに、2018年新モデルアイフォン9についての報道やニュースも出てきた。アイフォン8もう完璧すぎではないか。アイフォン9はアイフォン8からどう進化するかと、考えてみると未来は想像できない気が胸でいっぱい。でも、想像できないからこそ楽しみしている方がいるらしい。とりあえず、今回の記事では、iPhone 9関連の国内外から配信されるリーク情報や最新情報をまとめて、アイフォン9発売日、価格、新機能などを詳しく紹介する。
iPhone内のデータをもれなくバックアップする対策!iPhone全機種に対応!

アイフォン9、iPhone 8、iPhone7、iPhone 7PlusなどのiPhoneデバイスにとってはかなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレ イリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日あなたのiPhoneとほかのAppleデバイスをもっと楽しめ、もっと自由に。

▼アイフォン9発売日

先代モデルの毎年6月リリースするパターンと違って、第四代iPhoneリリース日は10月に延期された。それは、iPhone 4は大きな成功を収めていたので、アップルは早く新モデルを発表することを避けたからである。その後、アップルは毎年9月新製品を発表するパターンを採用している。例えば、iPhone 7の予約開始日は9月9日から、出荷開始は9月16日から(日本を含む)。それにより、2017年モデルiPhone 8は今年9月ぐらいで発売するはずである。そして、2018年モデルアイフォン9の発売日もその通りで、2018年9月に決まっているではないか。

▼アイフォン9価格
アップルはこれまで、現行モデルと同じ価格で新しいiPhoneを販売する戦略を実行する。向上される性能を考えると、地域によって少し違う。例えば、本体価格といえば、iPhone 7は7万2800円(税別、以下同)から、Plusが8万5800円から販売される。だが、iPhone 7はソフトバンク、KDDI、NTTドコモと3つの携帯キャリアと契約をするから、キャリアと契約の状況によって、実際のお支払い額が異なっている。今、iPhone 8の最も安いモデルで約96,000円、最も高いモデルで約12万円(1,070ドル)になると予測されている。アイフォン9は最安値でもiPhone 8と比べて安くなるわけでもない。iPhone 8と大体同じ、あるいはiPhone 8より少し上回るぐらいになる可能性が高い。
▼ 5.28と6.46インチのディスプレイ

2017年5月23日(現地時間)、The Bellによると、韓国サムスンが、米アップルの「iPhone 9」に対して2種類の有機ELディスプレイを供給する見込みと報じている。それにより、2018年に登場するiPhone 9シリーズは、現行シリーズと同様に2モデル展開となり、それぞれには5.28インチまたは6.46インチの有機ELディスプレイが採用される見通しとのことである。

▼バッテリー&充電技術
今、スマホ業界において、最先端なワイヤレス充電技術は、端末を充電器に接続せずに、サポートされている充電マットに置いて充電することができるという程度です。それは、”近距離”と”充電マット”と二つの条件を満足しなければならない制限のある技術である。それに対して、任意の場所でも、遠距離でも充電可能なワイヤレス充電(遠距離ワイヤレス充電)技術がiPhone 9に搭載するかと期待されている。

現地時間2017年4月27日に、米国特許商標庁(USPTO)が公開した資料に、Appleが出願した「二重周波数の平面アンテナを用いたワイヤレス充電と通信システム」と名付けられた特許が含まれていた。それはWi-Fiルーターを利用したワイヤレス充電システムである。これで、Appleはまもなく“無制限”ワイヤレス充電技術を実現することになるかと楽しみにしている。

▼デザイン

iPhoneは精密機器なので、傷が付いたり、ときには落として液晶が割れたり、ちょっとした衝撃で不具合を起こしてしまうことがよくある。なんて心配せずに済むように、iPhoneを買ったらまず、表面に保護シートを貼り、耐衝撃性に優れたケースを使うことがよくある。それは大したことでもないが、すこし面倒くさいと思う人もいるらしい。iPhone 9ならどうなるだろうか。高性能で安全性のもっと高い材料、構造を採用する可能性があるか。


デザイン予想:

@なめらかな曲線を取り入れたデザイン;

Aベゼルのないデザイン;

Bベゼルレスディスプレイ、4Kや8Kの超高精細ディスプレーや、湾曲またはフレキシブルなディスプレー、側面ディスプレイ;3Dディスプレイ;

▼カメラ機能

近年、iPhoneのカメラ性能がかなり向上しているので、昼間のような明るい風景などを撮影してもほとんど違いがない。高性能なデジカメ並の写真が撮影できる。おそらく、プロの写真家でもどちらがどっちで撮影したか、言われないと判断できないほどの違いしかないだろう。


2017年6月のごろ、新たに米国特許商標庁が公開した特許によると、Appleはモーショントラッキングで操作できるゲームなどを想定した3Dカメラ技術を開発しているようである。AR/VR(拡張現実/仮想現実)市場への本格的な参入が期待されているだけに、特許が何らかの形で応用される可能性は高そうである。この技術、あるいはこの技術よりもっと強くなる新しい技術を開発して、アイフォン9に採用すると予測されている。


カメラ機能予想:

@互換性のあるカメラレンズ;

A超高解像度写真を撮影;

Bベゼルレスディスプレイ、4Kや8Kの超高精細ディスプレーや、湾曲またはフレキシブルなディスプレー、側面ディスプレイ;3Dディスプレイ;

▼セキュリティ&プライバシー

2016年、「アップルがFBIからテロ犯人のiPhoneのロック解除を要請され、拒否している件が議論を呼んでいます。厳密には、アップルは裁判所から、FBIへの協力としてiPhoneに犯罪捜査用のバックドアを作るよう命令されているんです。それに対しアップルのティム・クックCEOは、バックドアは悪用される可能性が高く、ユーザーのプライバシーを危険にさらすことになるとして拒絶しています。」Appleでは、データのセキュリティ確保と個人情報のプライバシー保護を重視していることがわかった。一方、セキュリティ&プライバシー対策を人的な面だけでなく、技術的な面から確立する必要がある。


セキュリティ&プライバシー対策予想:

@泥棒の指紋の採取と認証; ;

A顔検出と虹彩認識;

 
▼スペック、他の新技術

画像処理などに使うGPUをはじめ、アップルがiPhoneに搭載された部品を自社開発に乗り出したそうである。その前、英国の半導体メーカーImagination TechnologiesがiPhoneに搭載されたRetinaディスプレイの画像処理能力を支える技術を提供してきたのに、4月3日、その関係に終止符が打たれた。Appleは将来の自社デバイス向けGPUのために独自のグラフィックスアーキテクチャを開発しているという。


新技術予想:

@5Gネットワーク技術:「Business Insider」の報告によると、Appleは次世代ワイヤレス技術(「5G」と呼ばれることも多い)をテストして、iPhoneの携帯電話接続の速度と帯域幅を大幅に拡大する可能性がある。 ;

▼アイフォン9スペック一覧

 OS

iOS 12

★ 容量

32GB/128GB/256GB

チップ

Apple A11

メモリ

4GBメモリ

ディスプレイサイズ

5.28と6.46インチ

カメラ

背面カメラ:1800万画素
前面カメラ:800万画素

ディスプレイ解像度

2,436 x 1,125ピクセル、521ppi

Touch ID

感圧式ホームボタンを廃止か ―指紋認証センサーはディスプレイに統合

カラー

ゴールド、シルバー、ローズゴールド、ブラック、ジェットブラック

★ 防水防塵

IPX5/8&IP6X

 ほか

遠距離のワイヤレス充電機能

★ バッテリー容量

未定(iPhone 8より大容量化される)

 
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone 9についての最新情報