NO Apple NO Life ! iPhone・iPad・iPod簡単データ移行方法まとめ

ホームiPhone・iPad・iPod > iPad Pro 2発売日
【2017次期アイパッドプロ2】iPad Pro 2発売日、価格スペック、新機能など最新情報まとめ

飛行機や新幹線を長時間乗って外出中、あるいは電車待ちで並んでいるとき、暇を崩すために持ちやすいiPadを利用して、オンライン動画を視聴したり、電子書籍やニュースサイトを閲覧したり、好きなゲームをやったりして、ワクワクするってほどではないにしても、快適!ところで、スマホの画面の大型化が進んでいくことにより、iPadをはじめ、タブレット製品が売れなくなっている。それに対して、2016年、アップルが「iPad Pro」だけのラインナップを更新した。いま、初代iPad Proの後続機、つまり次期iPad 2017についてモデルの種類、スペック、新機能、発売日、価格等が話題になっている。今回の記事では、2017年リリース予定の次期iPadを各方面で徹底分析しよう!

iPad Pro新型2017を使い始めると愛用になるもの!2017次期iPad Pro 2にピッタリ!

Mac PCとiPadを同時に使っている人にiPadのバックアップをずっと便利にさせるソフトのMacX MediaTransがあれば、数回クリックするだけで、動画、音楽、写真、電子書籍をiPad(2017次期アイパッドプロ2を含め)とMac PCの間で転送・同期・バックアップ・変換可能!分かりやすいインターフェースを持ち、初心者でもすぐに使いこなせる。iPad Pro 2へ機種変更をするとき、前モデルからデータをiPad Pro 2へバックアップするにはピッタリしたアプリ!

iPad Pro新型2017モデルデザイン
iPad Pro 2
アップル開発者会議WWDC 2017より、アップルが新型iPad Proを発表した。9.7インチに代わって10.5インチモデルをラインナップ。10.5インチ版はホームボタンもしっかりと残っている。新サイズとなる10.5インチiPad Proは、2016年3月発売の9.7インチiPad Proの事実上の後継モデル。
10.5インチiPad Proのサイズは250.6×174.1×6.1mm、重さはWi-Fiモデルが469g、Wi-Fi+Cellularモデルが477g。先代の9.7インチモデルよりも若干大きく・重くなっているが、デザインの狭額縁化により、本体サイズ以上にディスプレイが大型化している。なお、重さは9.7インチiPad Proよりやや重たいが、現行の第6世代iPadとはほぼ同等。
ディスプレイの大型化に合わせて解像度も変更されていて、9.7インチのiPadや8.9インチのiPad miniが2048×1536ピクセルなのに対し、10.5インチiPad Proは2224×1668ピクセルとなっている。解像度の異なる12.9インチiPad Pro同様、可変解像度に対応していない多くのアプリでは、拡大表示になるとみられる。
iPad Pro新型2017モデル新機能
iPad Pro 2

● 小さい画面サイズのモデルが従来の9.7インチから10.5インチに(20%の画面サイズアップ/解像度は2224×1668ドット);

● 液晶ディスプレイの表示品質が向上(画面のリフレッシュレートが120Hzに、明るさも50%アップ);

● iPad Proの処理性能がiPhone7などと同世代のA10X FUSIONに;

● 最大10時間のバッテリーライフ;

● 今秋配布開始の「iOS11」で大幅な利便性アップデート;

●キーボードカバー装着状態。始めて日本語(JIS)モデルも用意された。


画面のリフレッシュレートは従来モデルの倍にサラッサラに動く。反射が抑えられ横からの視野角も広い。解像度は2224 x 1668ドットに(264ppi)。LTEモデルのアンテナ周りの処理は9.7インチのPro同様に。容量、最高512GBまで選択可能に!ちなみに12.9インチのほうも、背面のアンテナ処理が変わっています。もちろん、512GBモデルが登場。もうパソコンだな。


iPad Pro 2発売日と価格

出荷は来週(6月14日かも)からとなっている。6月13日(火)よりauとソフトバンクも2017アイパッドプロ新型を発売する予定で、価格も発表されている。機種変更をしたい人にとって、2017次期iPad価格も気になるだろう。Appleの価格戦略により、iPad Pro 2は現行モデルの価格を踏襲すると思われる。10.5インチiPad Proは、64GBモデルが9万2016円、256GBモデルが10万3680円、512GBモデルは12万7656円。12.9インチiPad Proは、64GBモデルが11万160円、256GBモデルが12万1824円、512GBモデルは14万5800円となっている(金額はすべて税込)。

モデル ストレージ容量 Wi-Fiモデル Wi-Fi+Cellularモデル
10.5インチ 64GB 69,800円 84,800円
256GB 80,800円 95,800円
512GB 102,800円 117,800円
12.9インチ 64GB 86,800円 101,800円
256GB 97,800円 112,800円
512GB 119,800円 134,800円
 
項目/モデル 64GB(分割支払金(24回)(現金販売価格/支払総額)) 64GB(月々サポート(24か月)(割引総額)) 64GB(Go!Go!iPad割月々サポート(24か月)(割引総額)) 実質負担金(24か月)(総額)
新しい10.5インチiPad Pro 3,834円/月(92,016円) -1,863円/月(-44,712円) -567円/月(-13,608円) 1,404円/月(33,696円)
新しい12.9インチiPad Pro 4,590円/月(110,160円) -1,863円/月(-44,712円) -567円/月(-13,608円) 2,160円/月(51,840円)
iPad Pro 2ライバル予想
iPad Pro 2
大型化サイズから見れば、iPad Pro 2はノートPCに取って代わるポテンシャルを秘めたデジタルギアと言われる。そのため、現役のMicrosoft Surface Pro 4及び2017年登場する予定のMicrosoft Surface Pro 5と激しく競争するライバル同士になる。iPad Pro 2とSurface Pro 4/5のいずれも多機能、高価、同様のアクセサリ(スタイラスペンとキーボード等)をサポートしている。ただし、Surface ProシリーズはWindows 10を搭載して、利用できるアプリの数が比較的に少ないがノートパソコンと同じような操作手順で作業を行う。

2017新型iPad Pro 2を買うべきか
iPad Pro 2
6月13日より10.5インチと12.9インチの「iPad Pro」新モデルが発売された後、ウェブでは様々な10.5インチと12.9インチの「iPad Pro」レビューが続々と報道された。前期アイパッドプロモデルと比べて、最大な変化はディスプレイサイズである。20%大型化になって、解像度も一回り多くなっている。輝度は500nits(9.7インチiPad Pro)から600nitsに上がった。120Hz駆動でサクサクヌルヌルなUIになり、消費電力も大きくなる。その他、iPad 2017新型に搭載されるペンの遅延も前期モデルより大幅な改善を実現し、絵描きだけではなくメモを取れるのも遅延は全然なし。今秋にリリースされるiOS11と組み合わせれば、、2017iPad新機種はもっとパワフルになり、「同時に1画面で動くアプリが3つ」感じに変わる。
すでにiPad Proを入手した人にとって、2017次期iPad Pro 2へアップデートする必要がないようである。現役のiPad Proは完璧に近いパフォーマンスとユーザーのための高度な機能を提供している。iPad Pro 2の場合、前のモデルよりスペックがは少し向上と見込まれている。一方、片手でも持ちやすい体験を求めるなら、iPad Pro Miniは良い選択ではないか。
TIPS:機種代金は10.5インチモデルが92,016円から、12.9インチモデルは110,160円からとなっており、月々サポートとキャンペーンの「Go!Go!iPad割月々サポート」を適用した実質負担額は10.5インチモデルで33,696円から、12.9インチモデルで51,840円からとなっている。詳細情報は、NTTドコモ公式サイトにアクセスしてチェックしてください。
次期アイパッドプロ2について過去の記事を整理してまとめる
iPad Pro 2
最新リークと予想情報によると、次期iPadは3種類のモデル、つまり9.7インチから若干大型化し10.9インチ、大型版の12.9インチの3ラインナップから展開するそうである。初代iPad Proの後継となるモデルだから、「iPad Pro 2」という名称が付けられるようである。2017新型iPadはデザイン一新で新たなステージへ飛躍するようである。

次期アイパッドプロ2デザイン

iPad Pro 2
(一)ベゼルレスデザイン
iPad Pro 2には、ディスプレイの左右隅がベゼルレスになるデザインで、いわゆる「縁無し」デザインとなる可能性がある。ボディサイズは9.7インチのiPad Proのまま据え置く。ただし、ベゼルレスデザインにより、ディスプレイのサイズが大きくになるという。今、ディスプレイサイズについてのリーク情報や噂がそれぞれである。12.9/10.9/9.7インチの3モデルが販売されることが濃厚。他にも10.1インチ(もしくは10.1か10.5インチ)モデルが登場するという話もある。12.9インチの次期「iPad Pro」は厚みが0.3o厚くなり、「iPad mini 4」の後継モデルとして発売される7.9インチ版「iPad Pro」のサイズは「iPad mini 4」から変わらないようである。

(二)ホームボタンの廃止
噂でディスプレイの四隅全てがベゼルレスになる訳ではなく、画面上部はベゼルが残り、ホームボタンはなくなるそうである。ホームボタンなしのデザインは、2016年秋発売されたiPhone 7での採用と期待されたが、結局期待通りに行かない。確かに、アップルには将来のiOSデバイスでホームボタンをなくし「3Dタッチ機能」でホームボタンと同じ操作をする計画があるようだが、今回で実現することができるかと自信を持っていない。だが、米国特許商標庁が10月4日に公開した特許情報から、Appleがディスプレイに指紋センサーを埋め込む特許を取得したことが明らかになった。それによると近い将来、ホームボタンが廃止されて、指紋センサーであるTouch IDがディスプレイの下に設置されることになるかもしれない。 そうなると、特定の部分に指を置かなくても、ディスプレイのどこかに触れればロックを解除することができるようになる。

(三)カラーバリエーション
新しい10.5インチiPad Proおよび12.9インチiPad Proは旧モデルのカラーとは違う。新しい10.5インチiPad Proは、旧12.9インチ iPad Proと比べて、新色ローズゴールドを追加され、新しい12.9インチiPad Proは、旧9.7インチiPad Proと比べてローズゴールド色をリストから外れ、シルバー、ゴールド スペース、グレイ3色となった。
2017次期iPad新機能とスペック予想
iPad Pro 2
● A10Xプロセッサ
● 1,200万画素のiSightカメラ+True Toneフラッシュ
● 広色域+True Toneディスプレイ
12.9インチiPad Pro 2は9.7インチiPad Proと同様、True Toneディスプレイを搭載するそうである。先進的な4チャンネルの環境光センサーを使って、周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を自動的に適応させる。これにより、まるで紙を見ているかのように、より自然に、そして快適に読むことができる。また、iPad新機種には、最新iOS 11を標準搭載する上、Apple Pencilにも対応するようである。メッセージ、メール、Safariブラウザなどを利用する際に、もっと快適! また、iPad Pro 2はディスプレイがが機能強化されて、ズームやスクロールやパンのスピードを上げることができるようになる。内部スペックと言えば、より高速化されて Appleの独自CPUとなるA10Xプロセッサを搭載する可能性が高い。
機種 Apple iPad Pro 2 10.1/10.9 Apple iPad Pro 2 12.9
ディスプレイサイズ 10.1 / 10.9インチ 12.9インチ
解像度 2048x1536 2732x2048
プロセッサー A10 Fusion A10 Fusion
ストレージ 128/256GB 128/256GB
リアカメラ 1200万画素 1200万画素
フロントカメラ 700万画素 700万画素
iPad 2017新型リリース日
iPad Pro 2
初代iPad Proの発売日は2015年9月9日で、半年ぐらいの間隔をあけて、2016年3月31日に9.7インチiPad Proを発売開始。そのため、iPadの買い替え需要はあるものの、端末自体に対する新たな需要が減少しているだろう。公式から次期iPadリリース日が公開されていないが、これまでの噂とリークから予想すると、2017年3月の頃に行われる次回の新製品発表会でiPad Pro 2の姿が現れる見込みが濃厚。ただし、iPad Pro 2の全モデルが2017年3月に一発で発表するか、あるいは3月と9月の新製品発表会で別々に発表するかとわからない。

MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPad Pro 2発売日
iPad mini 5 iOS 11情報 iMac 2017 iPhone8 iPadとUSB iPadライバル