ホームiPhone・iPad・iPod >Mac iPhoneデータ転送ソフトおすすめ

【Mac iPhoneデータ転送ソフトおすすめ】人気ランキングから選ぶ!

iTunesを使って、カンタンにお手持ちのiPhone内にあるファイルをMacに転送することができる。例えば、連絡先、写真、購入済みの曲・音楽をiPhoneからMacに転送するだけならば、iTunesで十分。だが、他の音楽サービスからダウンロードしてライブラリに保存する曲・音楽の取り扱いは、iTunesは打つ手が無い。そして、iTunesはパソコンのCドライブ容量を使うし、バックアップをとっているパソコンが動かなくては復元できないと不親切なところがある。いずれにせよ、場合によって、iTunesのかわりに、プロなMac iPhoneデータ転送ソフトを使ったほうが良い時もある。いまのところ、ネットで少し探してみれば、大体使えるものを見つけるだろう。ところが、どれが一番優秀か?ご自身のニーズに合うか?さて、 今回の記事では、気合い入れておすすめMac iPhoneデータ転送ソフトをピックアップして行く。


優れたMac iPhoneデータ転送ソフトの共通点
1. 高速な転送速度:

転送速度はユーザーとして非常に重要で気になるポイントだろう。転送速度が遅すぎてイライラしている方がいるらしい。 速度はパソコン本体の処理性能や、ファイルの保存先であるHDDの空き容量などの要素にも左右されているが、やはりソフトウェアの処理性能は重要な役割を担当している。高速な転送速度を求めるには、ますます多くメーカーは、データ転送速度の高速化に組み込んでいる。

2. 転送可能なデータ種類の豊富さ:

写真や動画、音楽、Excel 、Word 、PDF 、テキスト、連絡先、メール、カレンダー、リマインダーなど、様々なファイルを転送できるものは勝つ。

3. 使いやすさ:

初心者の方でも視覚的に分かりやすい、日本語化されたインターフェースは大きなプラス面である。

【Mac iPhoneデータ転送ソフトおすすめ】ランキング一覧

【概要】:脱獄なしでiMacとiOSデバイス(iPhone /iPad /iPod)の間で、動画、音楽、写真などのメディアファイルやデータ共有を簡単に行うことができるアプリケーション。


【転送可能なデータ種類】:動画、音楽、写真 


【特徴】:分かりやすいインターフェース、多彩な機能(動画変換、ファイル同期、リアルタイム更新処理、写真/ビデオを暗号化で出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化など)、驚きの速度。数回のクリックしただけで、メディアファイルをiPhone /iPad /iPodとMacの間で同期・転送・バックアップ可能!


【ファイルサイズ】:40.2 MB


【動作環境】: Mac OS X10.7以上(macOS Catalinaにも対応済み)


【対応iOS】: iOS 7以降、iTunes 12.6.0以降


【日本語対応】:可能


【ライセンス】:シェアウェア


【お得価格】:2,980円


【おすすめ度】:★★★★☆


このMac iPhoneデータ転送ソフトは、つい最近初登場した最新鋭のものである。データ転送において、他のツールを遥かに凌駕する高性能を備えて、一気に【Mac iPhoneデータ転送ソフトおすすめ】ランキング1 位に踊り出る。iPhoneからMacに7000以上の曲を入れるのにわずか約16分間、写真1000枚分のデータを約20秒かかるのである。何より転送速度重視の方に絶対おすすめ。

デメリット:ただし、今利用できるバージョンでは、動画、音楽、写真と3つのファイル種類しか対応できない。もっと多くのファイルの種類に対応可能な新しいバージョンを楽しみにしている。

iFunBox for Mac

【概要】:脱獄なしでiPhoneやiPadのファイル・フォルダ内にエクスプローラのように直接アクセスできて、そこにある写真や音楽などのデータをMacやWindowsパソコンに、簡単に保存できる無料ソフトである。


【転送可能なデータ種類】:動画、音楽、写真 


【特徴】:MacとiPhone間で音楽や動画、写真などのメディアファイルを直接やりとりしたり、アプリのインストールまで可能にしてくれる上、MacX MediaTransと同様に、iPhoneをUSBメモリのように外部ストレージとしても利用できる。


【ファイルサイズ】:2.5 MB


【動作環境】: iPhone/iPad/iPod Touch、Mac OS X 10.6+


【日本語対応】:可能


【ライセンス】:フリーウェア


【おすすめ度】:★★★☆


手持ちのiPhoneをUSBケーブルでMacに接続した後で、iFunBoxを起動する。そして、iFunBoxは自動的にiPhone内にあるコンテンツを読み込んでインターフェースに表示する。そして、ご要望に合って、iPhoneにある音楽、動画、写真データをカンタンにMacに転送することができるようになる。一方、脱獄を行うと、iFunBoxを使って、あらゆる画像を変換したりして、壁紙としてiPhoneへアップロードすることが可能。

デメリット:Mac iPhoneデータ転送フリーソフトとしては十分と言っても過言ではない。だが、最新版のiTunesへの接続ができない、セキュリティに関わるパーミッションの問題、データディレクトリがうまく開かない、接続できない、改良iPhoneに対応していないなど、ユーザーから失望の声が相次いでいる。

FonePaw iOS Transfer for Mac

【概要】:iPhoneに入っている写真や連絡先などのデータを、Macと簡単にやりとりできる便利なツールである。


【転送可能なデータ種類】:動画、音楽、写真、連絡先


【特徴】:USBケーブルだけで、直感的な操作でiPhoneのデータを管理することが出来る。わかり難いところをすっ飛ばし、「追加」・「エクスポート」ボタン一つでデータをMacとiPhoneの間に交換可能。自分のMacとiPhoneを繋いで、すべてのエンターテイメントを共有することが出来る。


【ファイルサイズ】:34.5 MB


【動作環境】: iPhone/iPad/iPod Touch、Mac OS X 10.6+


【日本語対応】:可能


【ライセンス】:シェアウェア


【お得価格】:3,980円


【おすすめ度】:★★★


このMac iPhoneデータ転送ソフトを使って、Macからお使いのデバイスにプレイリストや音楽や動画や連絡先やePubやPDFや写真などを転送できる。さらに、複数のiOSデバイスの間でデータを相互に転送可能。Mac iPhoneの間で、画像、音楽、ビデオ、ボイスメモ、連絡先、メッセージ、ブックなどを管理・バックアップ・転送することをお手軽に完成する。

デメリット:インタフェースがやや複雑で、初心者にとってはわかりづらいかもしれない。そして、ネットから「SMSをスキャンするのが時間が結構かかる」、「音楽転送作業を行った後、すべての音楽・曲が再生できなくなってしまった。」というユーザーの声がある。

Syncios for Mac

【概要】:Mac OS ユーザー向け、iTunes の代わりに、iPhone/iPad/iPod 内のデータを手軽に管理と転送できるiOSデータ転送フリーソフトである。


【転送可能なデータ種類】:写真、音楽、動画、電子書籍、連絡先、通話履歴、ノート、ブックマーク、メッセージなど。


【特徴】:iPhoneのデータをワンクリックでMacにバックアップすることができる。機能が豊富で、直感的な操作が可能。写真、音楽、動画ファイルをバックアップできる以外、連絡先、SMSメッセージ、通話履歴などをバックアップすることもできる。


【ファイルサイズ】:20.8 MB


【動作環境】: Mac OS X10.8以降、iOS5〜iOS 9


【日本語対応】:可能


【ライセンス】:フリーウェア


【おすすめ度】:★★☆


Syncios for Macは無料なでありながら、プロなMac iPhoneデータ転送ソフトに比べて劣っていない多機能を搭載している。iTunesの操作方法を把握してない方にとって、いい選択肢じゃないか。

デメリット:動作がちょっと重く、トラブルなしで動くか、一度体験版での確認が必要になる。

Wondershare TunesGo for Mac

【概要】:iTunesライブラリーの再構築、iPhone音楽・ビデオ・写真・ボイスメモの同期など、強力な機能を持っているプロな転送ツールである。


【転送可能なデータ種類】:写真、音楽、動画


【特徴】:iPhoneに保存した音楽、動画、画像、プレイリストを共有し、それらのファイルを管理、エキスポート、インポートすることができる。お使いのMacコンピュータやiTunesから転送することもでき、その逆も可能。


【ファイルサイズ】:32.2 MB


【動作環境】: Mac OS X10.6〜10.11、iOS5〜iOS 9


【日本語対応】:可能


【ライセンス】:シェアウェア


【お得価格】:3,500円


【おすすめ度】:★★


このMac iPhoneデータ転送ソフトはMacX MediaTransと同様に、ファイルをアプリに転送したときに、iPhoneに互換するように動画ファイルのフォーマットが自動的に変換される。そして、複数のApple機器との同時接続機能を搭載して、数クリックでデバイス間でファイルを直接共有することができる。

デメリット:動作が遅く、iPhoneからデータを取り込むプログラムが時間がかかる。また、スマートプレイリストの編集及び他のプレイリストのインポートがあまり対応できないそうである。

以上【Mac iPhoneデータ転送ソフトおすすめ】5選を読んだら、どれが一番気になるか。できるだけお金をかけずに、無償で利用できるものなら、iFunBox for MacとSyncios for Macを利用してください。また、プロなものを利用したいが、予算に余裕がないなら、高性能で低価格なMacX MediaTransを選んだほうがいい。加えて、MacX MediaTransのMac iPhoneデータ転送速度は、ライバルをはるかに凌駕する。転送速度を重視している方にとって、最高!要するに、独自のニーズに合ったものを選んでご利用ください。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます
ホームiPhone・iPad・iPod >Mac iPhoneデータ転送ソフトおすすめ