ホームiPhone・iPad・iPod >MacBook、MacBook Air、MacBook Proの違い

MacBook、MacBook Air、MacBook Proの違いを解説!どれが買うべきかとすぐ分かる!

現在、アップル製のノート型Macでは、「MacBook Air」、「MacBook」、「MacBook Pro」と3つのラインナップが存在している。少し前までは、持ち運び用は「MacBook Air」、据え置き用は「MacBook Pro」という。しかし、薄型・軽量の「MacBook」がラインアップに加わったことによって、MacBookとMacBook AirとMacBook Proどれが買うべきかとそう簡単に決まることではない。この3つのラインアップは、デザイン、サイズ、重量、パフォーマンス、性能、価格など、全く色々各方面違うことがあるので、専門知識や概念を持っていない素人にとって選びにくいそうである。
今回の記事では、MacBookとMacBook AirとMacBook Proの違い、MacBookとMacBook AirとMacBook Proのメリットとデメリット、MacBookとMacBook AirとMacBook Proどれが買うべきかと詳しく解説する。

☆彡 (Part 1)MacBookとMacBook AirとMacBook Proの違いを比較しよう!

MacBookとMacBook AirとMacBook Proの違い
■ ディスプレイ
ディスプレイサイズが大きくなればなるほど、一度に表示できる情報量が多くなると考えて差し支えないだろう。反面、サイズが大きくて重く持ち運びに苦労する。
MacBookのラインナップでは、12インチでIPSテクノロジー搭載LEDバックライトディスプレイを採用する。16:10アスペクト比、2,304 x 1,440ピクセル解像度、226ppi、数百万色以上対応。Appleがそれを「Retinaディスプレイ」と名称付ける。モニタの解像度を2倍、画素数で4倍にした超精細なディスプレイという。
MacBook Airの場合、2017年から、ディスプレイは13インチ(11インチモデルは2016年に生産が中止された)になった。13インチモデルは、16:10アスペクト比、1440x900ピクセル解像度、128ppiである。画質の美しさでは、MacBookとMacBook Proに搭載されたRetinaディスプレイと比べならない。
MacBook Proは、13インチ(16:10アスペクト比、2560x1600ピクセル解像度、227ppi)モデル、15インチ(16:10アスペクト比、2880x1800ピクセル解像度、220ppi)モデルと2種類がある。MacBookと同様に、「Retinaディスプレイ」を搭載している。
MacBook Pro 2017(および2016モデル)は、「ワイドカラー」や「P3カラー」という新しい広色域と色管理テクノロジーを採用して、より鮮やかなレッド、グリーン、ブラックが楽しめる。
MacBookとMacBook AirとMacBook Proの違い
■ 外付けディスプレイ
お使いのMacを外部ディスプレイと接続することで使い道が広がり便利な時もある。
MacBookは、USB-C、またはHDMI(アダプタ付き)ディスプレイを接続することができる。対応する解像度は最大で4K UHD 3840x2160@60Hzまでである。
MacBook AirはThunderbolt経由でディスプレイ1台を接続することができる。対応する解像度は3840x2160@60Hzまでである。
いま販売中の15インチのMacBook Pro 2015は、Thunderbolt 2経由で最大2台のディスプレイ(3840x2160)をサポートする。一方、Thunderbolt経由で1台の3840x2160ディスプレイのほか、もう1台(60Hzでは最大1920x1080、30Hzでは3840x2160、24Hz.では4096x2160)という規格のディスプレイをサポートする。
13インチMacBook Pro 2017は、1台の5120x2880(5K)ディスプレイと内蔵ディスプレイをサポートする。そして、2台の外部ディスプレイを接続するもできる。ただし、対応可能なディスプレイの規格が少し低下。具体的に言えば、2台の60Hzで4096x2304ディスプレイ、あるいは、2台の60Hzで3840x2160ディスプレイをサポートする。
MacBookとMacBook AirとMacBook Proの違い
■ ウェブカム
AppleのラップトップにはFaceTimeというWebカメラが組み込まれている。自分撮り、ビデオ通話、コードスキャンをすることができる。
MacBookは480p iSightカメラを搭載する。
MacBook AirとMacBook Proは720pカメラを搭載する。
この3つのモデルのいずれも1080pカメラを採用していない。高画質を求める方にとってがっかりかもしれないが、仕方がない。比較的にMacBook AirとMacBook Proを選んたほうが、少し高くなる画質が期待できる。
MacBookとMacBook AirとMacBook Proどれも対応!MacとiPhone iPad iPodの間でデータを移行!

MacBookとMacBook AirとMacBook Proを持っている方にとって、MacとiPhone iPad iPodの間でデータを移行したいときがあるだろう。ここでは、 iPad、iPhoneなどのiOSデバイスにとってはかなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフトMacX MediaTransをおすすめ。音楽、動画、プレイリスト、写真、着メロ、電子書籍などのデータを iPhone・iPod・iPadとMacBookとMacBook AirとMacBook Proの間で楽に相互移行! また、各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!

MacBookとMacBook AirとMacBook Proの違い
■ プロセッサー
プロセッサー(CPU)は、コンピュータにおける中心的な処理装置である。高効率化と小型・軽量化を実現したプロセッサーは、タスクの処理効率が全体的に向上する。また、マルチコアを持つプロセッサの場合、同時に複数のプロセスを複数コア上で実行することによって、より高いパフォーマンスを実現する。
MacBookはインテルが第7世代Coreプロセッサー(開発コードネーム:Kaby Lake)を搭載した。このCPUは電力効率が高く、搭載パソコンはバッテリー駆動時間が長いのが魅力。エントリーレベルモデルは、1.2GHzデュアルコアIntel Core m3を搭載する。一方、高級モデルは1.3GHzデュアルコアIntel Core i5を搭載する。そして、ご個人的なニーズに合って、最大1.4GHzデュアルコアIntel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)に変更可能。だが、Kaby Lakeは、13インチMacBook Proに採用されたデュアルコアCore i5/i7、及び15インチMacBook Proも搭載されたクアッドコアCore i7と比べならない。
MacBook AirはBroadwellこと第五世代Core iシリーズを採用した。3MBのL3キャッシュ、1.8GHzデュアルコア「Intel Core i5」からなっている。最大、4MBのL3キャッシュ、2.2GHzデュアルコア「Intel Core i7」へアップデートすることができる。
15インチMacBook Pro 2015はBroadwellプロセッサを採用した。6MBのL3キャッシュ、2.2GHzデュアルコア「Intel Core i7」から整備された。最大は、6MBのL3キャッシュ、2.8GHzデュアルコア「Intel Core i7」へアップデートできる。
MacBook Pro 2017モデルは、最新のIntel「Kaby Lake」プロセッサを搭載した。13インチモデル(Touch Bar非搭載)には、2.3GHzのデュアルコアIntel Core i5、またはデュアルコアIntel Core i7が採用された。13インチモデル( Touch Bar搭載)は、3.1GHzデュアルコアIntel Core i5、3.3GHzデュアルコアIntel Core i5、または3.5GHz Intel Core i7を搭載している。
MacBookとMacBook AirとMacBook Proの違い
■ バッテリー駆動時間
外出先で使用するなら長時間バッテリーは必須。バッテリー駆動時間が短いと、短時間でバッテリー切れが起こり、ノートパソコンが使えなくなってしまう。予備のバッテリーを用意する手段があるが、荷物が増えてしまう、バッテリーを充電する手間が増える事もある。なので、場合によって、バッテリー駆動時間について気にする必要はある。
MacBook (Retina, 12-inch, 2017)

最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧3
最大11時間のiTunesムービー再生3
最大30日のスタンバイ時間3
41.4Whリチウムポリマーバッテリー内蔵

MacBook Air (13インチ, 2017)

最大12時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大12時間のiTunesムービー再生
最大30日のスタンバイ時間
54Whリチウムポリマーバッテリー内蔵

MacBook AirはBroadwellこと第五世代Core iシリーズを採用した。3MBのL3キャッシュ、1.8GHzデュアルコア「Intel Core i5」からなっている。最大、4MBのL3キャッシュ、2.2GHzデュアルコア「Intel Core i7」へアップデートすることができる。

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)

最大9時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大9時間のiTunesムービー再生
最大30日のスタンバイ時間
99.5Whリチウムポリマーバッテリー内蔵

MacBook Pro (2017、全モデル)

最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大10時間のiTunesムービー再生
最大30日のスタンバイ時間

★13インチモデル(Touch Bar非搭載)は、54.5Whリチウムポリマーバッテリー内蔵。13インチモデル(Touch Bar搭載)は49.2Whリチウムポリマーバッテリー内蔵。15インチモデルは76Whリチウムポリマーバッテリー内蔵。
MacBookとMacBook AirとMacBook Proの違い
■ メモリ(RAM)
メモリはパソコンの中で必要不可欠な部品の1つである。CPUやグラフィックスボードと同様に、これがなければパソコンを動かすことはできない。メモリは、いわばパソコンにおける作業領域のことである。メモリが大きい場合、一度にたくさんのデータが動かせたり、動画や音楽をはじめいろんな情報が、サクサクッと処理できる。
MacBookには8GBの1866MHz LPDDR3 RAMが標準装備されており、購入時に16GBにアップグレードすることができる。
13インチMacBook Airには、8GBの1600 MHz LPDDR3 RAMのみが搭載されている。15インチMacBook Pro 2015には、16 GBの1600 MHz DDR3Lメモリのみが搭載されている。
13インチMacBook Pro 2017(Touch Bar搭載と非搭載のいずれも)は、8GBの2133MHz LPDDR3メモリーから始まり、16 GBまで使用できる。15インチMacBook Pro 2017では、16GBの2133MHz LPDDR3メモリーのみを利用できる。
MacBookとMacBook AirとMacBook Proの違い
■ ストレージ容量
最近のノートパソコンは薄くて軽く、持ち運びも便利になった。しかし、大抵のノートパソコンは内蔵HDDの容量が小さく、長く使っているとストレージの容量不足に悩まされがちである。それほど大きなサイズのファイルや動画などを保存しているわけでもないのにどんどん使用容量が増えていき、動きが遅くなったり不具合が起きたりすることもあるだろう。
MacBookには256GBのPCIeストレージが搭載されているが、512GBにアップグレードできる。
MacBook Airには128 GBのPCIeストレージが採用しているが、256GBまたは512GBにアップグレードできる。
15インチMacBook Pro 2015には256 GBのPCIeストレージが搭載されているが、512GBまたは1TBにアップグレードできる。
13インチMacBook Pro 2017の場合、Touch Bar非搭載モデルは128 GBから、Touch Bar搭載モデルは256 GBから始まる。512GBまたは1TBにアップグレードできる。
15インチMacBook Pro 2017の場合、エントリーレベルモデルは 256GB PCIeベースフラッシュストレージを、ハイエンドモデルは512GB PCIeベースフラッシュストレージを搭載する。いずれも2TBにアップグレードできる。
また、Appleは2017年モデルのドライブを改善した。読み書き速度を最速3.2GB /秒まで高速化した。
MacBookとMacBook AirとMacBook Proの違い
■ 外部端子
USB、Thunderbolt、HDMIなどの有線接続を使用すると、外付けディスプレイ、ドライブ、ネットワークなどの高性能アクセサリに接続することができる。
MacBookには、USB-Cドライブに接続できるUSB-Cポートが1つしかない。標準のUSB、VGA、またはアダプター付きHDMIに対応可能し、USBまたはACアダプタを接続して充電することもできる。また、3.5mmヘッドホンジャックも装備している。
13インチMacBook Airには、2つのUSB 3ポート、1つのThunderbolt 2ポート、SDXCカードスロット、および3.5mmヘッドホンジャックがある。
MacBook Pro 2015には、2つのUSB 3ポート、2つのThunderbolt 2ポート、HDMI、SDXCカードスロット、および3.5mmヘッドフォンジャックが搭載されている。
13インチMacBook Pro(Touch Bar非搭載)は、2つのUSB 3ポートを搭載する。それに対して、13インチと15インチMacBook Pro(Touch Bar搭載)は、4つのUSB 3ポートを搭載する。
なお、15インチモデルなら左右ともフルスピードのThunderbolt 3ポートですが、13インチのTouchBar搭載機は採用されているパーツの仕様上、右側のThunderbolt 3ポートはデータ転送量が半分に制限されている。
MacBookとMacBook AirとMacBook Proの違い
■ Force Touchトラックパッド
Force Touchトラックパッドと言えば、見た目は従来のトラックパッドと全く変わらないが中身が全く違う。完全な平面であるにもかかわらず、下方向にクリックしたような錯覚を覚えるのが特徴である。そして、文字通りトラックパッドを押す際の圧力を検知するもので、「強めのクリック」が使える。
MacBookとMacBook ProにはForce Touchトラックパッドが採用されている。
MacBook Airには従来型のトラックパッドが採用されている。
MacBookとMacBook AirとMacBook Proの違い
■ キーボード
MacBook (Retina, 12-inch, 2017)

フルサイズキーボード
12個のファンクションキーと4つの矢印キーを含む、独立型LEDバックライトキーを装備したJIS配列準拠キーボード(カスタマイズ構成オプションで米国仕様のUSキーボードを選択可能)。

MacBook Air

フルサイズバックライトキーボード
12個のファンクションキー、4つの矢印キー(逆T字型配列)を含むJIS配列準拠キーボード(カスタマイズ構成オプションで米国仕様のUSキーボードを選択可能)。

MacBook Pro(13インチ)

12個のファンクションキー、4つの矢印キーを含むJIS配列準拠キーボード(カスタマイズ構成オプションで米国仕様のUSキーボードを選択可能)。

MacBook Pro(15インチ)
4つの矢印キーを含むJIS配列準拠キーボード(カスタマイズ構成オプションで米国仕様のUSキーボードを選択可能)。

☆彡 (Part 2)MacBookとMacBook AirとMacBook Proどれが買うべきか?

 

(一)MacBook
MacBookは、軽量で持ち運びに便利なタイプなので、外回りの多いビジネスパーソンにも最適する。そして、スペック、バッテリー時間、拡張性のどれもがハイレベルで、仕事も効率よくこなせるし、ゲームもできるし、VRも楽しめる。要するに、MacBook AirとMacBook Proと比べて、カメラ機能と全体的な性能が貧弱だが、自分なりの魅力と使い勝手の良さがある。
(二)MacBook Air
ポートを犠牲にすることなく、Macのラップトップをできるだけ低価格で入手したい方にとって、MacBook Airがいい選択と言える。超軽量で、複数のUSBポートとThunderboltポートがあり、標準の解像度ディスプレイと従来型のトラックパッドでも大丈夫と思う方にとって。MacBook Airが必要。
(三)MacBook Pro 2015
2015年のMacBook Proはまだ低価格で、レガシーポートを標準搭載。モデルの重量とサイズが気にせず、できる限り多くの電力、メモリ、ストレージを必要とする方にとってピッタリ。
広い色域に気にせず、Retinaディスプレイが欲しい、またタッチバーとタッチIDに興味がない。今後本格的な普及が見込まれているThunderbolt 3とUSB-Cと自信がないなら、お金を節約して2015 MacBook Proを考えても良い。
(四)MacBook Pro 2017
MacBook Pro 2017は今まで最先端技術を活用している。レガシーポートを廃止して、そのかわりにUSB タイプC(Thunderbolt3)が搭載されている。DCI-P3广色域ディスプレイ、より大きなForce Touchトラックパッド、より軽くて高密度のシャーシ、最速のKaby Lakeチップ、15インチモデルに搭載された個別のグラフィックス、15インチと13インチのいずれものハイエンドモデルに搭載されたTouch BarとTouch IDを体験したい場合、新型MacBook Pro 2017をおすすめ。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >MacBook、MacBook Air、MacBook Proの違い