NO Apple NO Life ! iPhone・iPad・iPod簡単データ移行方法まとめ

ホームiPhone・iPad・iPod >MacでiPhoneをUSBメモリとして使う方法
【超簡単にわかりやすく説明】MacでiPhoneをUSBメモリとして使う方法

Android端末は、コンピュータに接続した際に、自動的に外付ドライブとして認識され利用できるようになりなる。それに対して、iPhoneやiPadをUSBメモリ化して利用するのは、iTunesやiPhotoを使ったり、あるいはiPhone脱獄を行ったりしないと、あまりにもできないことである。


2016年に登場する予定のiPhone(iPhone 7/7 Plus/Pro)は、64GB、128GB、256GBの超大容量ストレージを搭載するそうである。iPhoneをUSBメモリとして使うことができるれば、そのますます大容量化するストレージを台無しにしていない。さて、今回の記事では、iPhoneとパソコンをUSBケーブルでつなぐだけで、iPhoneをUSBメモリ化する方法を紹介する。これで安心して、ご個人的なワード、テキスト、エクセル、PDF、音楽、写真、動画を含め、様々なファイルを手持ちのiPhoneに保存してください。

MacでiPhoneをUSBメモリとして使う方法が大公開一 MacX MediaTrans

iPhoneをUSBメモリ化する神ソフトとして、カンタンにMacで(iOS 7- iOS 10を搭載する)iPhoneモデルをストレージ化することができる。熟練者だけでなく、初心者にも使いやすいところもその大きなプラス面。これから、MacX MediaTransを使って、iPhone 7 /6S /SE /5S、iPod、iPadに様々なファイルや、大切なデータをご安心して保存しよう。

超簡単MacでiPhoneをUSBメモリとして使う方法はコチラ!

MacX MediaTransを使って、数回のクリックをしただけで、超簡単MacでiPhoneをUSBメモリ化することのがその最大な特徴である。また、iTunesや脱獄が要らずに、iPhoneをコンピュータへの接続が成功すると、コンピュータはiPhoneを仮想HDDとして認識させてくれる。そして、PDF、ワード、PPT、エクセル、フォルダ、音楽、ビデオ、写真、アプリなど様々なファイルやデータをコンピュータからiPhoneにドラッグ&ドロップして保存できる。iPhone の空き容量に余裕がある限り、動画や大量の写真などの大容量ファイルも平気。実に、このiPhoneをUSBメモリ化ソフトは、iPhone(iPhone 6S/6S Plus/SE/6/5S)だけではなく、iOS端末iPad mini /Air/Pro、iPodなどすべてを認識して、外付HDDに変身することをサポート。

MacX MediaTrans動作環境:

対応OS:Mac OS X10.7以上(macOS Sierraにも対応済み)

対応iOS:iOS7以降及び最新のiOS 10、iTunes 11.x2以降


インストール手順:ダウンロードしたmacx-mediatrans.dmgセットアップファイルをダブルクリックすると、新しいフォルダが開き、この中にMacX MediaTransアイコンがある。このMacX MediaTransアイコンをアプリケーションフォルダにドラッグ&ドロップする。これでインストールは完了である。

ステップ1:iPhoneとMacをケーブルで接続

@. MacX MediaTranを立ち上げると、お手持ちのiPhoneをUSBケーブルでMacに接続する。

A. iPhoneが無事に認識されると、このコンピュータを信頼するかどうかを確認する警告が表示される。そして、iPhoneロックを解除して「信頼」をタップして次の手順へ進む。

B. 画面の指示に従って、iTunesにおいて必要な設定を済ませる。MacX MediaTrans使用中、iTunesを起動することによっては、iPhoneにあるデータが消えれしまう恐れはあるとご注意ください。

ステップ2:「USBメモリ」を選ぶ

MacX MediaTransメイン・インターフェースに入ると、「USBメモリ」アイコンをクリックする。その後、このソフトは自動的にiPhoneを外付HDDとして認識させる。

ステップ3: iPhoneをUSBメモリとしてデータを保存しよう

以上の操作が終わると、iTunesや脱獄要らずに、iPhoneをUSBメモリ化することができた!そして、ドラッグ&ドロップしただけで、PDF、エクセル、ワード、文書、アプリ、音楽、映画様々なファイルやデータをiPhoneへ取り込むことができる。また、通常のUSBメモリの取り扱いと同様に、新規ファイル/フォルダを作成、要らないファイル/フォルダを削除、ファイル/フォルダの名前を変更という作業ができる。


MacX MediaTrans使い方>>





       
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >MacでiPhoneをUSBメモリとして使う方法
X