ホームiPhone・iPad・iPod >iPhone 写真共有方法

【iPhone 写真共有のお得技】楽々でiPhone写真をパソコン・iPad・Android等に共有!

日常生活の平凡な瞬間や、一生の思い出・大切な瞬間を写真で記録する習慣があるか。今、iPhoneでも一眼レフと変わらない綺麗な写真が撮影できる。重くて持ち運びが大変な一眼レフより、小型で軽量なiPhoneのカメラを利用して写真を撮ったほうが手っ取り早い。気が付くといつの間に、iPhoneカメラロールに写真がたくさん溜まってしまう。ご使用用途によって、それらの高品質高精細な写真を他の端末(iPad Android PC iCloud等)に共有したいかもしれない。今回の記事では、iPhone 写真共有をしたい方に向け、必ず役に立つ知識と方法を解説するため、以下の構成にした。

iPhone パソコン写真共有には絶対できる方法が大公開一 MacX MediaTrans

PC/MacとiOSデバイス(iPhone /iPad /iPod)の間で、動画、音楽、写真などのメディアファイル共有を簡単に行うことができるアプリケーション。完璧なiPhone パソコン写真共有方法をご提供。分かりやすいインターフェース、多彩な機能(動画変換、ファイル同期、リアルタイム更新処理、写真/ビデオを暗号化で出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化など)、驚きの転送速度がMacX MediaTransの特徴。数回のクリックしただけで、メディアファイルをiPhone /iPad /iPodとパソコンの間で転送・同期・バックアップ可能!

【Part 1】iPhone パソコン写真共有方法:MacX MediaTrans

iPhoneにある写真をパソコンへ共有すると言えば、まず頭に浮かぶの定番ツールiTunesかもしれない。アップルが開発及び配布している多機能なメディアプレーヤーとして、iTunesは確かにiTunesならではの使い勝手の良さと魅力がある。最近、iPhone、iPad、iPodをUSBケーブルでパソコンに接続してもiTunesでそれらのデバイスが認識されないトラブルが続出。それに加えて、iTunesのバックアップデータの保存先はCドライブの指定の場所に固定されているので、保存ファイルサイズが大きくなるとかなりCドライブに負担が掛かる。また、容量が多くて同期速度が遅い、同期作業に、とてつもなく時間が掛かる場合があるし、パソコン初心者にとっては、iTunesの使い方がちょっと複雑すぎる。そのため、ここではiTunesを利用してiPhone パソコン写真共有する解説を割愛する。そのかわりに、iTunesより優れたiPhone パソコン写真共有アプリMacX MediaTransを心からおすすめ。機械音痴やPCの知識がない方でも楽々操作できる分かりやすさ、業界一の超爆速転送・同期・共有速度。知らないと損をする!


MacX MediaTrans動作環境:

Windows OS:Windows 10/8.1/8/7/Vista、Windows Server 2008 SP2/R2 SP1、Windows Server 2012/2012 R2

Mac OS:macOS Mojave/High Sierra、OS X 10.12/10.11/10.10/10.9/10.8/10.7

iOS:iOS 12/11/10/9/8/7


ダウンロード&インストール

お使いのパソコンに応じて、Windows版またはMac版をダウンロードしてください。そして、ダウンロードしたセットアップファイルををダブルクリックすると、MacX MediaTransのインストールがはじまる。表示される指示に従ってインストールを最後まで進めてください。


MacX MediaTrans使い方>>


Step 1:MacX MediaTransを立ち上げて、「iPhone/iPadを差し込んでください…」という画面が表示される。そして、USBケーブルでiPhoneをパソコンに正しく接続すると、iPhone側に「このコンピューターを信頼する…」の表示が出る。iPhoneのロックを解除するため「信頼」をタップする。次に、パソコン側が画面の指示に従って、iTunesにおいて必要な設定を済ませる。 



Step 2:MacX MediaTransインターフェースの真ん中にある「写真転送」ボタンをクリックする。こうして、iPhoneにある写真がすべて時系列にそって表示されている。そして、パソコンへ共有したい写真を選択して、アプリ上のメニューにある「エクスポート」をアイコンをクリックする。これで、iPhone PC写真共有する作業の操作が完了。

MacX MediaTransでiPhone パソコン写真共有する速度:写真1000枚分のデータをわずか20秒かかる。(速度は環境によって異なる可能性がある。)


※写真の撮影された期日によって、iPhone X/8、iPhone 7内の写真を一気に日付(月/年)ごとに整理出来できる機能を搭載している。いつ撮った写真かが一発で分かるようになる。そして、写真を選ぶ時3つのモードがある。更に、iOS11を搭載する端末で撮った写真をHEIF(.heic)からJPGへ変換することも可能となる。

@「すべて選択する」にチェックを入れていると、iPhoneに保存する写真が丸ごとにパソコンへバックアップ;
A写真をフォルダ分けする場合、フォルダにチェックを入れて、フォルダごとにパソコンへ転送;
Bフォルダから写真を一枚ずつクリックしてPCへ共有。

【Part 2】iPad iPhone写真共有方法:iCloud

iPhoneの写真をiPadへ共有するには、iCloud、Airdrop、メール、マイフォトストリームなどを利用してカンタンにできる。だが、操作の容易さと便利さから言えば、iCloudのほうがおすすめ。iCloudフォトライブラリは、iPhoneで撮影した写真をすべてiCloudに自動保存してくれるので、iPadからいつでも好きなときにライブラリを閲覧できるのである。では、以下の内容はiCloudを使って、iPad iPhone写真共有方法を紹介する。


※ご注意:iPad iPhone写真共有するためiCloudを使うには、iPad iPhoneいずれもiOS 8.1以降が動作していることが必要。iCloudフォトライブラリをオンにすると、iTunesから同期した写真やビデオは削除される。


Step 1:iPhoneのホーム画面上の「設定」をタップし、設定一覧から「iCloud」を選択する。
Step 2:まだiCloudにサインインしていない場合、お使いのApple IDパスワードでサインインしてください。
Step 3:「写真」をタップして、カメラ内の「iCloudフォトライブラリ (beta)」をオンにする。しばらくすると、iCloudストレージにアップロードされた写真の容量が表示される。(iCloudの容量がいっぱいに迫ってくると、”容量が足りないからアップグレードしてくれ”というポップアップがiPhone上でうるさく表示されることになる。【超簡単裏ワザ】iCloudストレージ容量不足を解消する方法3つまとめ>>
Step 4:この際、「iPhoneストレージを最適化」か「オリジナルをダウンロード」のどちらかを選択する必要がある。「iPhoneストレージを最適化」の場合、撮影したオリジナルの写真がiCloud上にアップロードされ、iPhoneには最適化された写真が残る。オリジナルよりも容量が少なくなるので、iPhoneの容量を少しでも節約したいときに向いていく。
Step 5:iPadで「写真」>「アルバム」>「すべての写真」の順でタップする。そして、先ほどiCloudフォトライブラリに保存された写真がすべて表示される。これで、iCloudを使ってiPad iPhone写真共有することが完成!

【Part 3】アンドロイド iPhone写真共有方法:Dropbox

今流行っているオンラインストレージサービスの中で、iCloudのほか、Dropbox(ドロップボックス)とGoogle Driveは有名である。特に、Dropboxがユーザーから高く評価されている。そして、その評判が評判を呼び、利用者が倍々ゲームで急増する。Dropboxをスタートした後、いくつかの簡単な操作を行うだけで、誰でも無料の容量を約6GBに増やすことができる。Windows、Mac、Linux、モバイル(iPhone、iPad、Android、BlackBerry、Kindle Fire)に広く対応している。PC初心者や、面倒な設定が嫌な人にちょうどいい。



Step 1:Android、iPhone両側もWi-Fiネットワークに接続してから、Dropboxをダウンロードとインストールする。
Step 2:まずAndroid側は、Dropboxを開いて新規登録をする。すでにアカウントを所有した人なら、直接にDropboxにログインする。
Step 3:ログインが成功すると、共有したい写真を選択する。フォルダ分けを行いたい場合は、ファイルから新規作成しよう。
Step 4:右下の「+」を選択して共有したい写真を選ぶ。複数の写真を一括に転送することができる。そして、アップロードを選択すると、Androidの写真がどんどんDropboxへ保存されていく。
Step 5:iPhone側は、Dropboxを開いて新規登録をする。すでにアカウントを所有した人なら、直接にDropboxにログインする。ログインが成功した後、要らない設定がスキップしてください。
Step 6:先Android側からアップロードされた写真は表示される。iPhoneに保存したい写真右上のチェックを選択した後、画面右下の「共有」>「画像を保存」>「OK」の順でタップする。これで、Dropboxを利用してアンドロイドからiPhoneへ写真共有が出来た。逆に、iPhoneからアンドロイドへ写真共有も以上の通り、両側の端末の操作手順を変更すれば結構。
※Dropboxは、複数の写真を選択しても、一気に保存することができないようである。Dropboxアップロード速度が遅いという文句がよく聞いた。
MacX MediaTrans—超高速でパソコンiPhone 写真共有してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >iPhone 写真共有方法