ホームiPhone・iPad・iPod >iPhone Androidデータを移行方法

【2019年版】iPhone Android機種変更データ移行するには役に立つアプリと方法まとめ!

「今回、iPhoneからAndroidに機種変更するのですが、データ移行するのに皆様は、どのようなアプリなどをお使いになられていますか?写真や動画はもちろん、他のものもです。スマホに変えてからiPhoneしか使っていないので、いまいちやり方がわかりません。どなたかおたすけください。」ー知恵袋より

 

確かに、iPhone Android機種変更する際に、古い端末からデータを新たな端末に移行することが大事である。例えば、連絡先、通話履歴、メッセージ、カレンダー、メール、写真、ビデオ、音楽、アプリ、ブックマーク、電子書籍、ノート等様々なファイルをiPhone Androidの間で移行する必要があるかもしれない。

 

さて、今回の記事では、超初心者や機械が苦手な方向け、iPhoneやAndroidスマホを機種変更する際に、役に立つiPhone Androidデータ移行アプリをまとめて紹介する。

 
iPhone/iPad/iPod機種変更の際に、データ移行には役に立つアプリが登場

iTunesのかわりになって、iPhone/iPad/iPodのデータを移行・管理するアプリMacX MediaTransをおすすめしたい。iPhone/iPad/iPod等のiOSデバイス内の写真、動画、着信メロディ、電子書籍、オーディオブック、iTunes U、ポッドキャストなど様々なファイルを移行・バックアップ・同期することができる。iTunesより、超爆速でデータを転送するし、使いやすい、初心者でも安心できるし、iTunes DRMを解除することも可能。

(一)2018年絶対おすすしたいiPhone Androidデータ移行アプリ厳選!

iPhone Androidデータ移行アプリTOP1:「Lenovo SHAREit」

iPhone Androidデータを移行

【動作環境】:Windows 10 / 8 / 7 / Vista / XP
【日本語】:対応
【料金】:無料
【オススメ度】:★★★★☆


SHAREitとは、iOS・Android・Windows Phone・Windows・Mac間で簡単にファイルやフォルダーが共有できるLenovo提供の無料アプリケーションである。直接Wi-Fi接続を使用しただけで、SHAREitは写真、ビデオ、ローカル音楽ファイル、ドキュメント、アプリをあるデバイスから別のデバイスに送信できるので、iPhone Androidデータを移行する際によく使われている。一方、SHAREitは、使用が簡単だと主張していることだが、実際には普通のユーザーにとって混乱するというデメリットもある。例えば、同一Wi-Fiネットワーク内にある2つのデバイスをアドホック通信で接続する際に、専用のWi-Fiホットスポットを構築する機能がある。ファイルの転送が完了後、別のファイルを共有したい場合は、ホットスポットへの接続と接続の手順を再度実行する必要がある。


iPhone Androidデータ移行アプリTOP2:「 Fast File Transfer 」

iPhone Androidデータを移行

【動作環境】:Android2.2以降
【日本語】:対応不可
【料金】:無料
【オススメ度】:★★★★☆


Send Anywhereは、AndroidやiPhone間はもちろんWindowsやMacなどのPCの間も、デバイスを超えてスムーズに写真や連絡先などファイル転送が出来る便利なアプリである。会員登録をしなくても、簡単・迅速な無制限のファイル転送することができる。具体的に言えば、ファイルの種類や数、容量制限なしで6桁のキーまたはリンク共有を介してファイルを送受信することもできる。さらに、一回ダウンロードするとファイルが削除されるなどセキュリティにも配慮されている。使い方もすごく簡単である。Step1は、端末A側で、トップページで送信したいファイルを追加し「送信する」をクリック。Step2は、アップロードが完了すると6ケタのワンタイムキーが発行される。Step3は、端末B側で、トップページのフォームにこのワンタイムキーを入力して「受信する」をクリックすることで、ファイルを端末Bへ移行・保存できる。


iPhone Androidデータ移行アプリTOP3:「Send Anywhere」

iPhone Androidデータを移行

【動作環境】:Windows / Linux / Mac
【日本語】:対応
【料金】:無料
【オススメ度】:★★★★☆


Send Anywhereは、AndroidやiPhone間はもちろんWindowsやMacなどのPCの間も、デバイスを超えてスムーズに写真や連絡先などファイル転送が出来る便利なアプリである。会員登録をしなくても、簡単・迅速な無制限のファイル転送することができる。具体的に言えば、ファイルの種類や数、容量制限なしで6桁のキーまたはリンク共有を介してファイルを送受信することもできる。さらに、一回ダウンロードするとファイルが削除されるなどセキュリティにも配慮されている。使い方もすごく簡単である。Step1は、端末A側で、トップページで送信したいファイルを追加し「送信する」をクリック。Step2は、アップロードが完了すると6ケタのワンタイムキーが発行される。Step3は、端末B側で、トップページのフォームにこのワンタイムキーを入力して「受信する」をクリックすることで、ファイルを端末Bへ移行・保存できる。


iPhone Androidデータ移行アプリTOP4:「Snapdrop」

iPhone Androidデータを移行

【動作環境】:
【日本語】:対応
【料金】:無料
【オススメ度】:★★★★☆


Snapdropとは、同一のLAN内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができるWebアプリである。具体的に言えば、アカウントの登録やアプリのインストール不要、共有用のURLも発行不要で超簡単に使えるP2P型のファイル&テキストメッセージ共有サービスである。使い方は非常にわかりやすい。基本的に、@.「Snapdrop」のサイトにアクセスする。A.転送先デバイスを選択する。B.送信したいファイルを選択、または、送信したいメッセージを入力する。これで、iPhone Android機種変更データ移行の操作は完了。


(二)iPhone Androidデータ移行に役に立つクラウドベースのファイル共有アプリ

クラウドサービスを利用してiPhone Androidデータを移行するのは手取りが早い。例えば、ソフトウェアを購入する必要もはなく、機器の接続や設定、ソフトウェアのインストールなども必要もないので、大量のデータを保存とダウンロードすることができる。以下はiPhone Androidデータを移行するには役に立つクラウドサービスを紹介する。

iPhone Android機種変更データ移行方法TOP1:「メール」

iPhone Androidデータを移行

メールは最初のクラウドサービスである。メールを通じて、いつでもどこでも無料でファイルを送受信することができる。ただ、送受信できるファイルサイズには制限がある。主要フリーメールサービスの1通あたりのメール容量制限は25MB程度が一般的である。大量なデーったを一括でiPhone Androidの間で移行したい場合、無料なメールサービスは最適なソリューションと言えない。もちろん、メール容量制限を破るには、有料なメールサービスを利用すればOK。例えば、「宅ふぁいる便」というサービスは最大送信容量は50GBに。ところで、メールを利用する場合、個人情報や機密情報などの重要ファイルの添付ミスによる情報漏洩事故がたくさんあるので、大切なデータなら、添付ファイル暗号化を行ったほうがいい。


iPhone Android機種変更データ移行方法TOP2:「Dropbox」

iPhone Androidデータを移行

Dropboxとは、アメリカのDropbox, Inc.が提供しているオンラインストレージサービスである。OSに馴染んだ形で手持ちの複数のデバイスでファイルを共有できるのはその最大なメリットである。使いやすさと同期の安定感では人気No1と評判されている。無料だと2GBしか使えないが、友達を招待したり、TwitterやFacebookで紹介すると容量が増えるイベントがいろいろとある。キャンペーンでの容量UPを活用するのがお勧め。Dropboxの有料版は、個人向けの「Dropbox Pro」と会社向けの「Dropbox Business」2種類がある。「Dropbox Pro」は年額だと12,000 円で、最大容量は1TBまで利用できるので、iPhone Androidデータを移行するには十分。ところで、Dropboxは、オンラインストレージと違って、自分のハードディスクの容量を使うので、パソコンのHD容量を気にしないで済むというデメリットもある。


iPhone Android機種変更データ移行方法TOP3:「Googleドライブ」

iPhone Androidデータを移行

Googleドライブとは、Googleが提供するオンラインストレージサービス。「使いやすい共有機能」「ファイル形式変換機能」「Googleドライブ形式ファイルは容量無制限」などの特徴がある。最もいうべきのは、無料で使えるGoogle Driveの初期容量が15GBなので、Dropboxの2GBと、iCloudの5GBと比べて、大きなメリットである。デメリットとしては、「アップロードしたファイルの利用権をGoogleにも与える」とも読み解くことができる利用規約。スマートフォンアプリでパワーポイントなどのファイル表示が崩れることが多々ある。2016年クラウドストレージサービス市場動向調査によると、顧客満足度1位はSugarSyncで86.8P、2位はBox、3位Google Drive、4位Dropboxである。


iPhone Android機種変更データ移行方法TOP4:「iTunes」

iPhone Androidデータを移行

iTunesとは、アップルが開発及び配布しているメディアプレーヤーである。音楽、写真、ビデオ、連絡先、メッセージ、アプリデータ、書類を管理することができる。iPhone iPad iPod機種変更の際に、データ移行によく使われている。ところで、iTunesはiPhone iPad iPodというiOSでバイズだけと対応可能なので。どうやってiPhone Androidデータの移行を実現するか。AndroidからiPhoneへデータを移行する場合、まず、USBケーブルでAndroid端末をパソコンと接続する。Android内のデータをパソコンへ保存する。そして、USBケーブルでiPhoneをパソコンと接続する。iTunesを経由して先のパソコンに保存するデータをiPhoneへ移行する。iPhoneからAndroidへデータを移行する場合、やり方はその逆である。少し手間かかるかもしれないが、データ容量に制限は無い。


 
 

上記はiPhone Androidデータを移行することに役に立つアプリや方法を8つを紹介する。どれは使い勝手の良いか、あるいはどれが無料で使えるかとすぐわかる。個人的言えば、クラウドサービスは一番気になる。すごく便利で操作しやすい。とにかく、これから、データ移行の煩わさを心配しないで、気軽にiPhone Android機種変更をしよう。

 
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >iPhone Androidデータを移行方法