ホームiPhone・iPad・iPod > iTunes引っ越し方法

【 iTunes引っ越し】古いパソコンから新しいパソコンへiTunesを引っ越す方法のご案内

iTunesの引っ越しについての質問がネットでたくさんある。パソコンを買い替えると以前のパソコンからiTunesを引っ越すのが大変なイメージがあるよね。普通は【パソコンのライブラリ→ミュージック→iTunesのフォルダをコピーして新しいパソコンのライブラリ→ミュージック→iTunesのフォルダを削除してそこに貼り付けをする】というやり方なら、全てのデータと音楽ファイルを新しいパソコンへ移行することができるはずである。


ところで、初心者にとって以上のやり方は見て理解はし易いが、実際に操作してみると思ったよりも難しい。それに、なんとかしてやっとiTunes引っ越しができるようになったが、新しいコンピュータでもこれまでと同じメディアを再生し、iOSデバイスを同期できると思った時、意外に再生や同期できないなどの不具合やドラブルが発生してしまう。その場合、どうすればいいか。さて、今回の記事では、パソコンの超初心者に向け、iTunes引っ越しを操作方法を分かりやすく解説する。

面倒なiTunes引っ越しより、MacX MediaTransというデータ転送ソフトを使ってみよう!

iTunesのかわりに、Mac/PCとiOSデバイス(iPhone /iPad /iPod)の間で、動画、音楽、写真などのメディアファイル共有を簡単に行うことができるアプリケーションを使えばいいではないか。iPhone /iPad /iPodのデータを任意の場所に設定することができる。それに、分かりやすいインターフェース、多彩な機能(動画変換、ファイル同期、リアルタイム更新処理、写真/ビデオを暗号化で出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化など)、驚きの転送速度がMacX MediaTransの特徴。

(一)古いパソコンから新しいパソコンへiTunes引っ越しの基本操作方法

▲iTunes移行:古いパソコンでの操作手順

Step1: [iTunes Media]フォルダの設定


@ 古いパソコンにあるiTunesアプリを立ち上げて、メニューバーへマウスをもって行く。iTunes 12からデフォルトでサイドバーやメニューバーが表示されなくなった。その時、左上隅のプルダウンメニューアイコンをクリックして【メニューバーを表示】を実行して、メニューバーを表示できるようになる。そして、メニューバーにある【編集】をクリックしてから【設定】を押す。


A メニューバーにある【編集】→【設定】をクリックして、【一般環境設定】というサブウィンドウを表示させる。次は、【詳細】タブを開いて、iTunesメディアファイルの保存場所をメモしてください。


B 【[iTunes Media]フォルダーを整理】にチェックをいれて実施する。(こちらにチェックを入れると、iTunes上で曲の情報を編集した際に、それに合わせてファイル名やフォルダ名、フォルダ階層を自動で変更してくれる。すごく便利な機能である。)


C 【ライブラリへの追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダ一にコピーする】にもチェックを付ける。(次回iTunesに登録されている音楽が全て上記のようなフォルダ構造で管理される。)以上の設定が終わると、【OK】ボタンを押す。


iTunes iPhone同期 できないソリューション、認識しないなどすべて解決>>

Step2:ファイルを統合の設定


メニューの【ファイル】→【ライブラリ】→【ライブラリを整理】を順でクリックしてください。そして、【ライブラリを整理】のメニューにある【ファイルを統合】にチェックを入れる。それにより、iTunesに登録されている音楽・ビデオ等のデータファイルが[iTunes Media]フォルダにコピー(統合)される。終わったら、【OK】ボタンを押す。


ご注意:[iTunes Media]フォルダーにデータのない音楽・ビデオ等がiTunesに登録されている場合、ライブラリを統合し、データファイルを[iTunes Media]フォルダーにコピーしないと、新しいパソコンに移行した後iTunes上で再生できなくなる。


【最新保存版】iTunes同期できないエラー発生中!その原因と対処法まとめ>>

Step3:【iTunes Media】フォルダを外付けのドライブにコピー


古いパソコンからiTunesライブラリをコピーしよう。付けHDDやUSBメモリを古いパソコンのUSBポートに挿入する。外付けのドライブの空き容量が足りているかと確認してください。 後は、先メモした【iTunes Media】の保存場所にへ移行して、【iTunes Media】を丸ごとで外付けのドライブへコピーする。コピープロセスが完了すると、外付けのドライブを正しく取り外す。


【完全版】おすすめの最新版Mac用iTunes代替ソフトランキングまとめ>>

▲iTunes移行:新しいパソコンでの操作


先の外付けのドライブを新しいパソコンに差し込む。そして、メニューバーにある【編集】→【設定】→【一般環境設定】→【詳細】を順でクリックして、【iTunes Media】の保存場所をデフォルトのままであるかと確認してください。大丈夫なら、新しいパソコンにある【iTunes Media】フォルダの保存場所へ移して、【iTunes Media】フォルダを削除する。後は、外付けのドライブにある【iTunes Media】フォルダをここに貼り付ける。


これで、Windowsユーザー向け、古いパソコンから新しいパソコンへiTunes引っ越し作業が完了。新しいパソコンにあるiTunesアプリを開いて、古いパソコンから引越した音楽ファイルが表示される。


最新版iTunes アップデート 消えた問題の解決法!ライブラリ復元方法!>>

(二)iTunes引っ越しについて、よく聞いた質問とその解決策まとめ


以上書いた操作手順の通り、成功に新しいパソコンへiTunesのデータを引っ越しことができるはずである。だが、意外に不具合やトラブルなどが、iTunesライブラリを移す途中で発生することもたまにある。↓↓↓の内容はYahooの知恵袋からよく聞いた質問悩みとその解決策をまとめて紹介する。


@ 質問:外付けハードディスクやUSBメモリがないと引っ越しはできないのか?メモリーカードでは無理?


解決策:外部媒体を使わないなら下記のフォルダをLANやDVDディスクでコピーすれば良いだけである。

● DVDやBlu-ray Discなどの光ディスクにiTunesフォルダをコピーする(容量によっては光ディスクが複数枚必要です)
● 古いPCの内蔵HDDを取り外し、新しいPCにスレーブドライブとして接続する。
● 古いPCと新しいPCをLAN上の同一ネットワークに繋げてフォルダを共有する。

A 質問:古いパソコンの【iTunes Media】フォルダの保存場所はデフォルトのままではなく、Dドライブに移行したのである。その時、iTunes Library.itlを探すと、Dドライブではなく、変更前のミュージックの中にあった。このままDドライブ上のiTunesフォルダを移行しても、iTunes Library.itlを選んで起動することができない。どうすればよいのか?


解決策:iTunesを起動するまでiTunesのアイコンをshiftキーを押し続ける。起動すると、「ライブラリの作成・切り替え」画面になるから、移動したDドライブのライブラリフォルダの下にあるiTunes Library.itlファイルを選択してください。これで次から普通に起動させるとそのライブラリを開いた状態で起動する。起動させたら、iTunesのメニューバーの「編集」を選び「設定」→「詳細」→「一般」→[iTunes Music]フォルダの場所でライブラリフォルダ名の下のiTunes Musicフォルダ(「D:\iTunes\iTunes Music」かも)を指定してください。 そうしてまたCドライブのユーザ名フォルダの下のミュージックフォルダ下にiTunesフォルダが作成される。

MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod >Mac iPhone同期2016