ホームiPhone・iPad・iPod >iPhone写真のサイズを小さくする方法

【無料】初心者でもすぐ使えるiPhone画像の圧縮・リサイズする方法を4つ紹介しよう!

最近のスマホに備わっているカメラは、どんどん高性能になっている。1300万画素を超える高解像度の写真が撮れるスマホも、珍しくなくなってきた。それにより、デジカメや一眼レフに負けじと、本当に高画質な写真を撮ることができるようになる。ただし、画質が良いことを「解像度が高い」等ということがあるが、画像の解像度が高くなればなるほど、ファイルサイズも大きくなる。iPhoneで写真を撮りまくるとあっという間に写真の容量が大変な事になる。場合によって、iPhone写真のサイズを小さくしたいかもしれない。例えば、


@. iPhoneのストレージ容量を増やす;
A.きれいな写真が撮れたが、容量が大きすぎてメールで送信できない;
B.写真の容量が大きすぎてSNSへアップロードができない。

今回の記事では初心者の方でも分かりやすい、iPhone画像を圧縮方法、及びiPhone写真のサイズを設定方法を紹介したい。
超爆速でiPhone内の画像をPC/Macへ転送・移行・同期アプリが登場 一 MacX MediaTrans

iPhone画像圧縮アプリではなく、超簡単にiPhone X/8/8 Plus、iPad、iPod内の画像をMac/PCの間で双方向同期・転送・移行することができるアプリである。多彩な機能を搭載して、HEIF(.heic)ファイルを.jpgへ変換することもできる。また、一枚ずつ、数枚一括、さらに丸ごとで画像の転送も可能。最も言うべきのは、最速で40秒だけで1000枚のiPhone画像を転送完了。いますぐこのアプリMacX MediaTransを試しよう。

iPhone画像を圧縮方法(一):iPhoneでスクリーンショットを撮る

オフラインでも聴ける無料音楽アプリ2018

iPhoneで、特にHDRで撮影した写真は鮮やかな高画質で、ファイルサイズも非常に大きくなる(一般には10MB以上)。それに対して、iPhoneで撮影したスクリーンショットのファイルサイズは、多くの場合1MBにも満たない小さなものである。(スクリーンショットを撮ることで、表示している画面を画像として保存することができる。スクリーンショットは、PNG形式で「写真」アプリ内に保存される。)なので、圧縮したい写真のクリーンショットを撮って保存してから、オリジナルの写真を削除しても悪くない。これだけで、写真サイズが約1/10のファイルサイズになる。さて、以下の内容に従って、スクリーンショットを撮る。

Step1:iPhoneで「写真」アプリを開く。


Step2:圧縮したい画像をタップする。


Step3:@. iPhone 8以前の場合: iPhoneのスリープ/スリープ解除ボタン(電源ボタン)を押しながら、ホームボタンを押すだけである。A. iPhone Xの場合:デバイス右側にあるサイドボタンを長押しするサイドボタンを長押しした状態で、すぐに音量を上げるボタンを押し、サイドボタンと音量を上げるボタンから指を離す。


Step4:「カシャッ」というシャッター音が鳴り、画面が点滅したら撮影成功。

そして、「写真」アプリでスクリーンショットを編集したり、オリジナルの写真を削除したりすることができる。それにより、かなり多くの容量を節約することができる。

iPhone画像を圧縮方法(二):メールで圧縮

オフラインでも聴ける無料音楽アプリ2018

iPhoneに標準的に搭載されているメールアプリでは、画像を添付したメールを送信する時、画像のサイズを圧縮できる。

   

Step1:メールに画像を添付するには、本文入力欄の画像を挿入したい箇所を長押しし、「写真またはビデオを挿入」をタッする。アルバムが開くので、そこから対象の画像を選択する。


Step2:画像が本文に挿入される。この状態で宛先や本文を入力し、送信をタップ。


Step3:画像サイズのメニューが表示される。「大」「中」「小」そして「実際のサイズ」の4種類から選べる。画像サイズを選択すると、指定サイズでメールが送信される。


その後、メールから添付されていた画像をダウンロードする。オリジナルの写真を消してOK。

 
 

iPhone画像を圧縮方法(三):iCloud

オフラインでも聴ける無料音楽アプリ2018

「iCloudフォトライブラリ」内の「iPhoneのストレージを最適化」を有効にすれば、iPhoneで画像を圧縮することもできる。


Step1:「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「写真」の順にタップする。
★(iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」の順にタップする。)


Step2:iCloudフォトライブラリを有効にする。


Step3:「iPhoneのストレージを最適化」を選択する。これで、iCloudに保存されている画像が自動的に圧縮されてしまう。そして、圧縮後の画像をダウンロードして、オリジナルの画像を削除したら完了である。


iCloudを利用してiPhone画像を圧縮する制限:

 

@. iCloudに保存した画像を圧縮する場合には、Wi-Fi環境が必要である。


A. iCloudは、無料プランの場合5GBが上限になること。大切な写真が大量に溜め込まれているので、iCloudの容量が足りなくてバックアップできない場合は、より大きい容量を使えるプランにアップグレードするしかない。


B. iPhoneから削除したい写真を同期の対象から外しなければ、iCloudから再びiPhoneへ同期してしまう。


   

iPhone画像を圧縮方法(四):iPhone専用画像圧縮アプリ

オフラインでも聴ける無料音楽アプリ2018
(1). iPhone専用画像圧縮アプリ:「ImageResize」
 

【動作環境】:iOS 8.0 以降 
【サイズ】:31.5 MB
【日本語対応】:可能
【料金】:無料

 
ImageResizeとは、画像のファイルサイズと画質を変更できるカメラアプリである。画質は最低画質〜最高画質の3段階、ファイルサイズは240×320〜1440×1920までの6段階で選ぶ事ができる。どの設定にすると容量がどのくらい増減するかというプレビューをリアルタイムで見る事ができるので、ベストな組み合わせを試しても良い。それに加えて、切り抜き&回転&お絵描き&モザイク&ぼかし&シャープフィルター機能も搭載している。ちなみに、ImageResizeは画像を1枚ずつ圧縮していく仕組みである。

オフラインでも聴ける無料音楽アプリ2018
(2). iPhone専用画像圧縮アプリ:「MagicResize」
 

【動作環境】:iOS 8.0 以降 
【サイズ】:13.9MB
【日本語対応】:可能
【料金】:無料

 
MagicResizeとは、『ImageResize』と同じくシンプルで使いやすいのが特徴の画像圧縮アプリである。このアプリでは画像をまとめて圧縮することができるので、画像が大量に保存されている人向きのアプリと言える。具体的に言えば、使い方は、画像一覧から圧縮したいファイルを選択して「リサイズ」ボタンを押せばいいだけである。画像のサムネイルにはファイルサイズが書かれているのでどの画像が容量を食っているかが明確である。要するに、「ワンタッチ操作で、複数の写真を一括リサイズ、同時にオリジナル写真も一括削除できる」とは、その最大な特徴である。

オフラインでも聴ける無料音楽アプリ2018
(3). iPhone専用画像圧縮アプリ:「ストレージセーバープラス」
 

【動作環境】:iOS 8.0 以降 
【サイズ】:36.4MB
【日本語対応】:可能
【料金】:無料

 
ストレージセーバープラスとは、とても簡単にお持ちのデバイスの空き容量を確保することができアプリである。『写真』アプリに保存されているアルバムごとに画像を圧縮や削除をしていくことも完璧にできる。設定から見た目を確認しながら圧縮品質や画像サイズを簡単に変更することもできるので初心者にも向いている。使い方は圧縮・削除をしたいアルバムを選択し、「全削除」、「全圧縮」、「対象を選択」から選んでいく。「対象を選択」を選ぶとアルバム内の画像を1枚ずつ「削除」するか、「圧縮」するか、「なにもしない」かを決めていくことができる。デメリットとしては、ファイルを順番に1枚ずつ振り分けしていくので特定の画像だけを探して圧縮したい時には向かない。

MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone写真のサイズを小さくする方法