ホームiPhone・iPad・iPod > 音楽ファイルWMAとMP3変換のMac用方法

WMAをMP3に変換、Mac環境にWMAを再生する方法ご紹介!初心者向け!

Windowsの音楽形式のWMAが利用されるところが多い。音楽CDをWindowsに取り込めば常にWMA形式である。確かにWMAファイルは素晴らしいが、アップルデバイス、例えばMac PC、iPhone、iPadなどで再生しようとすると不具合が多くて、再生できないこともある。このためにWMA音楽変換し、MP3ファイルとして出力したい人が多くいる。WMAをMP3に変換、Macで再生、iPhoneなどで再生する方法がほしい人も多い。ではこれからMac用WMA MP3変換アプリをご紹介して、またこのソフトでWMAをMP3変換がフリーに実現できる方法をご説明しよう。

WMAをMP3変換にMac環境一番のソフト:高速出力、複数作業

Mac、iPhoneなどで再生できない音楽変換し、MP3ファイルに変換するソフトといえばVideoProc(MacX Video Converter Proの高級版)は一番のMac用ソフトであろう。このMac用WMA MP3変、換アプリはM4A、WAVまたはWMAをMP3に変換Macで再生に力になる。先進的な技術が用いられて、変換速度は業界一で誇っていて、大量のWMA音楽変換し、MP3を出力してもすぐ完成できる。出力したファイルはMacでもiPhoneなど携帯デバイスでも順調に再生できる。専門的な力が持っても、このWMA MP3変換アプリは直感的なデザインと簡単な操作方法で、初心者でも迷わずに完成できる。ほかに動画編集など豊富な機能が内蔵している。ではこれからWMAをMP3に変換をMacで最速に完成できる方法をご紹介しよう。

Mac用WMA MP3変換アプリで音楽変換、MP3出力できる方法

まずVideoProcというソフトをダウンロードして、インストールする。起動して、次のように見える。

ステップ1:音楽変換機能を起動する。
標記されたボタンをクリックして、動画/音楽変換機能を起動する。

ステップ2:音楽を追加する。
標記された「音楽」と書かれたボタンをクリックして、音楽ファイル追加する。複数の音楽ファイル変換する時に、この時に変換したい音楽ファイルをすべて追加する。

ステップ3:出力プロファイルをMP3に指定する。
音楽ファイルを入力すれば出力プロファイルが自動的にMP3に指定される。出力プロファイルがMP3でない場合に、標記された「音楽」と書かれたボタンをクリックして、「MP3」と書かれた出力プロファイルにクリックする。

ステップ4:出力先を指定して、音楽MP3変換開始。
標記されたところに出力先フォルダを指定して、確認する。
標記された「RUN」と書かれた大きな緑のボタンをクリックして、音楽ファイル変換を始める。少々待つとWMA MP3変換フリーに完成できる。

WMA iPhone再生できない対応策:同期と同時に自動変換

Mac、iPhoneなどで再生できない音楽変換し、MP3ファイルに変換するソフトといえばMacX MediaTransは一番のMac用ソフトであろう。このMac用WMA MP3変換アプリはM4A、WAVまたはWMAをMP3に変換、MacとiPhoneとの同期・再生に力になる。また、MP3ではなく、アップルデバイスが対応できるAAC音楽にも変換できる。変換速度は業界一で誇っていて、大量の音楽変換し、MP3を出力してもすぐ完成できる。ほかに着信音作成や写真転送やビデオ管理など機能も内蔵しているが、このWMA MP3変換アプリは簡潔なデザインと簡単な操作方法で、初心者でも迷わずに完成できる。ではこれからWMAをMP3に変換をMacで最速に完成できる方法をご紹介しよう。

WMAを音楽変換でMP3ファイルでiPhoneに同期する方法

まずはMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。


ステップ1:音楽管理ウィンドウを開ける。
MacパソコンにiPhoneを連携してください。
標記されるところにクリックして、音楽管理ウィンドウを開ける。


あわせて読みたい

このWMA MP3変換アプリはiPhone、Mac両方も対応できないWMAだけではなく、M4Vのようなアップル独自音楽形式も対応できる。

ステップ2:音楽を追加する。
「音楽追加」というボタンをクリックして、WMA音楽ファイルを選択する。
追加しない音楽を選択してしまうと「音楽消除」をクリックして追加された音楽を消去する。消去した音楽の前に「Del」と書かれるとその音楽はiPhoneに同期しない。
WMAをMP3変換がフリーに完成したいと、一日に無料転送できる曲数が制限されたので、いくつの曲数だけを追加してください。
ステップ3:追加した音楽変換し、MP3をiPhoneに同期する。
音楽を確認したら「同期」を書かれた青いボタンをクリックして追加される音楽をiPhoneに転送し始まる。
同期する時にWMAはiPhoneで再生できないファイルとして検出され、自動的にWMAをMP3変換しMacに転送する。
Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。

WMA MP3とは?その違い?なぜWMAはiPhoneで再生できない?

WMAとは?
「Windows Media Audio」の略称であるWMAは、Microsoft社の音声圧縮フォーマットである。1996年に発表されて、Windows Media Playerでは標準の音声ファイル形式となっている。CDの音質を保つと同時に、低速の通信回線を通じて音声を配信することができる。海賊配信を防止するために暗号化されるので、有料コンテンツでも安心に使えるフォーマットである。
MP3とは?
「MPEG-1 Audio Layer-3」の略称であるMP3は、今汎用性が一番の音声フォーマットである。非可逆圧縮であり、MP1とMP2から改良したもので、音楽をCDなどの音源媒体からパソコン及びハードディスに取り込む用途で広く普及した。圧縮率が高く、CDやDVD一枚で数百曲や数千曲が収めるほど小さなファイルサイズで、多くのところに利用される。
WMAとMP3の違い、WMAはiPhoneで再生できない理由は?
WMAは低速の通信回線出配信するとMP3よりの音質ができるが、今の通信回線ではより高い音質のMP3ファイルを高速転送できる。また、WMAはWindowsシステムを開発したMicrosoft社が開発されたフォーマットであり、Windows環境には順調に対応できるが、WMAはiPhone再生できない問題が厳しい。macOSでの互換性もよくとは言えないので、WMAをMP3変換をMacパソコンで行うことがよくある。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > 音楽ファイルWMAとMP3変換のMac用方法