ホームiPhone・iPad・iPod > CopyTrans MacでiPhoneをバックアップする方法

CopyTrans Mac用ソフト使い方公開!Mac PCでもiOSから音楽転送できる!

iPhone、iPadとiPodから音楽、動画などを転送するツールと言えば、アップル社がiTunesを開発した。iTunesよりもっと簡単なiOSデータ転送ツールがほしいWindowsユーザーは、CopyTransというソフトを利用している。が、CopyTrans Macに対応できなさそうで、MacユーザーがCopyTrans APPを使ってiPhoneとパソコンに同期することができない。システムによるCopyTrans 制限で、CopyTrans Macに利用できない。ではコピートランスで、どうやってiPhoneをバックアップするか。
CopyTrans 制限でMac使えない時の対処方法はコレ

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータをiPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成し、写真/ビデオを暗号化して出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化で保存できる!CopyTrans Mac用ソフトのMacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

CopyTrans 使い方:iPhoneからパソコンへとバックアップする方法



まず公式サイトからCopyTrans APPをダウンロードしてインストールしてください。インストールしたのはご覧のような「CopyTrans Control Center]である。その中にCopyTransとシリーズソフトがある。第一位の「CopyTrans」をダウンロードして、標記される「スタート」ボタンをクリックして、CopyTransを開ける。開けたらご覧のようになり、「スタート」にクリックして、主界面に進む。


公式サイトからダウンロードするソフトは、Windowsバージョンだけある。CopyTrans Macに利用してiPhoneからMacに転送したいお方はこのCopyTrans 使い方使えないので、Macにコピートランス使えない対策を読んでください。
ステップ1:コピーモードを選択する。
標記されるところにコピーモードが選択できる。スマートバックアップで選択されるファイルをiTunesバックアップファイルとフォルダ両方にバックアップする。マニュアルバックアップでiTunesあるいはフォルダだけにバックアップする。CopyTrans APPでiTunesにバックアップして作成するのはWBAKファイルであり、フォルダにバックアップしたら動画ファイルをコピーする。
複数なiOSデバイスが連携される場合に左上にデバイスを選択することができる。
ステップ2:カテゴリを選択する。
コピートランスが転送できるファイルは動画と音楽である。標記されるところに動画か、音楽か、あるいは両方も転送するかと選択できる。カテゴリが違うと転送したいファイルが見つからないので、気をつけてください。
ステップ3:ファイルを選択する。
転送したいファイルの前にチェックを入れてファイルを選択する。そして、コピーモード選択するところに対応なボタンをクリックしてください。
登録しないCopyTrans 制限で、転送するファイル数は100だけがあるので、ご注意してください。
ステップ4:保存先を設定する。
標記されるところに保存先を設定する。右の筆をクリックすると保存先を変更する。
ステップ5:コピー開始。
「バックアップ開始」というボタンを押したらバックアップが始まる。しばらく待てば完成。このCopyTrans 使い方なら数秒間動画39枚を一分間ほどの速度で、ファイルサイズは大きい場合にずっと待つよりなにかするほうが賢い。

CopyTrans Macで利用できない対策:専門的なMac用iOS転送ソフト

CopyTrans APPが無料?実はコピートランスが確かに無料ソフトであったが、今有料ソフトとなった。今無料ダウンロードしたのはCopyTrans 制限付きバージョンであり、転送するファイル数は100まで対応可能であるが、それ以上は転送できない。2680円を支払って、登録してから転送が続く。でも同じ値段でMacX MediaTransというソフトに登録できる。このCopyTrans 使い方より便利で、より簡単で、iOSデバイスとMac PCの間に、CopyTrans Macより何倍の速度で転送し合うことができる。しかも動画と音楽のほかに、写真もMac PCに転送できる。CopyTrans APP のようなControl Centerがなくて、開けたらすぐ転送できる。では、これからこのCopyTrans Mac環境代わりソフトでiOSから音楽をMacに転送する方法をご紹介してあげよう。

コピートランスのMac用代わりソフトでiOSから音楽を転送する方法

まずはMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、iOSデバイスをMacパソコンに連携してください。
ステップ1:音楽転送ウィンドウを開ける。
標記されるところにクリックして、音楽転送ウィンドウを開ける。

あわせて読みたい
MacX MediaTransは音楽、動画と写真/画像をiOSデバイスとMac PCの間に転送することができる。この記事で音楽をiOSデバイスからMac PCへと転送する方法をご紹介してあげる。音楽をMac PCからiOSデバイスに転送したり、また動画あるいは写真/画像を転送したりする方法を、これからの記事に紹介してある。

ステップ2:音楽の前にチェックを入れて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選ぶことができる。
この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。プレーリストによる作成、変更は音楽と一緒に自動的に転送する。

ステップ3:「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiOSデバイスで保存される音楽をMac PCに転送することが始まる。

Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiOSデバイスから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone バックアップ Mac用方法