ホームiPhone・iPad・iPod > Apple MusicをMP3に変換する方法

Apple MusicをMP3に変換できる方法:Apple Music解約しても再生可能方法

Apple Musicに文句いっぱい!普通音楽ファイルにApple Music 変換したい!
Apple Musicから購入して、ダウンロードした音楽がAppleデバイスのみ再生できる。しかもApple IDが変わると再生できなくなる。また、Apple Music解約したら購入してiPhoneに保存された曲なのに再生できなくなる。文句でApple MusicをMP3に変換したい人が増える一方である。Apple MusicコンバーターがあればApple Music DRM解除でき、保護されたM4PファイルをMP3に変換できる。そのMP3ファイルはAndroidデバイス、指定のApple IDが登録していないiOSデバイス、及びパソコン、音楽プレイヤーで再生できる。保護されないMP3ファイルにApple Musicを変換したら購入した曲はいつでも再生でき、Apple Music解約しても心配がない。
Apple MusicをMP3に変換できる最高ソフト-MacX MediaTrans

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! Apple Music、Apple iBooks、iTunes Storeから購入した音楽・動画にかかっているDRMをフリーにする。各データの編集、削除などの管理も手軽に完成、写真/ビデオを暗号化で出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化できる!

Apple MusicをMP3変換も同期も、それにApple Music DRM解除も可能!

Apple Musicから購入した曲をMP3に変換するには、Apple Musicコンバーターが必要。もちろん音楽ファイルを保護しているAppleが発行したソフトはApple Music DRM解除できない。でもMacX MediaTransというソフトができる。名前から見ればデータ同期ツールであるが、同期する時に保護されるApple Musicを検出して、暗号化解除したいApple Musicを変換する機能が内蔵している。暗号化解除したらM4P形式のApple MusicはMP3に変換される。これでiPhoneからApple Musicを保護されない形で取り出し、Apple Music解約してもほかのデバイスに転送しても順調に再生できる。ではこれからApple Musicを変換する方法を図でご説明しよう。

Apple Musicコンバーターの使い方ご説明:Apple Music解約後も再生可能

まずはMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。MacパソコンにiPhoneを連携してください。


ステップ1:音楽管理ウィンドウを開ける。
Macx MediaTransのインターフェースに機能を直感的に見える。音楽に関する作業なので音楽管理と書かれたボタンをクリックして、音楽管理ウィンドウを開ける。

あわせて読みたい
ステップ2:Apple MusicからMP3に変換したい音楽を選択する
音楽の前にチェックを入れて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選ぶことができる。
この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。
ステップ3:Apple Music DRM解除し、転送する
「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば音楽転送が始まる。
この時に保護された音楽ファイルが自動的に検出される。そのDRMを解除したい音楽の前にチェックをいれたら転送の時に自動的に解除してくれる。
Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。
【無料・安全】YouTubeやニコニコなど1000+サイトから音楽をダウンロードしてMP3で保存しよう!

MacX Video Converter Pro -初心者でも手軽く YouTube,ニコニコ,FC2動画, Gyaoなど1000+サイトから音楽をMP3で保存できる方法!実は、動画ダウンロード機能以外、動画変換機能、動画編集機能、スライドショー作成機能、録画機能(Mac)も充実している。興味のある方は試してみてください!(広告・ウイルスナシ、100%安全)

Apple Music変換方法|Apple MusicをMP3/AAC/AC3などのオーディオフォーマットに変換しよう

まずはMacX Video Converter Proの高級版VideoProcダウンロードしてインストールする。無事にインストールされたら、このApple Music変換ソフトを起動する。メニューバーから「Help」⇒「言語」⇒「日本語」とクリックする。



ステップ1:音声ファイルをApple Music変換ソフトに読み込む。
Apple Music変換ソフトのメイン画面にある「ビデオ」アイコンをクリックして、音楽・動画変換画面が別ウィンドウで表示される。

一番上にある「+音楽」をクリックして、お使いのコンピューターから「変換したいApple Music音声ファイル」を読み込ませる。又は、「Apple Music音声ファイル」をこのソフトウェアにドラッグ&ドロップすればOK。
ステップ2:出力プロファイルを選択
左下にある「出力」アイコンをクリックして、出力プロファイルが表示される。そこから「音楽」⇒「MP3」⇒「完了」とクリックすればOK。
410+出力プロファイルが内蔵していて、MP3/AAC/AC3/M4A/FLACなどといったオーディオフォーマットにも変換することが可能。

ステップ3:保存先を指定
右下にある「参照」ボタンをクリックして、変換されたApple Musicファイルの保存先を指定する。

ステップ3:Apple Music変換
高速・無劣化で作業を進めるために、右側にある「ハードウェアアクセラレーション・エンジン」「高品質エンジン」「インタレース解除」にチェックを入れた方がいい。確認したら、「RUN」ボタンをクリックしてください。

Apple Music DRMに関連知識ご紹介:

DRMは著作権のある作品、例えば映画、書籍と音楽が違法コピーしたり海賊版に作成したり違法再発行したりされないように、デジタルファイルに追加される保護手段である。一般的には「複製不可」と「利用不可」という二つの種類があり、Apple Music DRMは「利用不可」類DRMの一つである。
Apple Musicの音楽を開けようとすると、まずApple IDを確認する。Apple IDが確認できない場合、例えばAppleデバイスではない時、Apple ID登録していない時、Apple Musicで購入したApple ID以外のIDを登録している時に、再生は拒否される。複製も転送も自由であるが、再生や編集など利用は不可能。
著作権を保つのはいいが、Apple Musicに文句があり、Apple Music DRM解除したくなる理由は別にある。Apple Musicと解約したら音楽が再生不可となる。購入するお金は返ってくれないが購入したものを利用するアクセスが回収される。これについて不満で、Apple MusicをMP3に変換し、保護されないファイルを保存したくなる。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > Apple MusicをMP3に変換する方法