ホームiPhone・iPad・iPod > FLAC MP3変換のMac用方法

FLAC MP3変換をMac PCで行う簡単方法:FLAC MP3変換に高音質を保つ!

Mac FLAC再生できない悲鳴!高音質の音楽ファイルが対応できない時どうする?

無料音源の中にハイレゾ音源をダウンロードしたらFLACファイルである。このファイルにiTunesが対応できないし、どうしてもMacでFLAC再生できそうもない。この時にFLAC MP3変換をMac PCですれば再生できる。FLAC、あるいはFLAC+CUEをMP3といったMac環境に再生できるファイルに変換すれば、iTunesもクイックタイムも対応できるし、ほかのデバイスやサイトなどところにも利用できる。が、高音質のFLAC変換でMac再生できるが、FLAC MP3変換に高音質を保つことができなければ残念な音質が出力してしまう。このために、FLAC MP3変換にMac用のツールを高品質変換できるソフトにするほうがいい。FLAC変換でMacパソコンで高音質のままに出力できるように、この記事でFLAC/FLAC+CUEをMP3に変換する方法を紹介しよう。

FLAC MP3変換をMac PCで実現!MacでFLAC MP3変換に高音質出力のツール!

アップルデバイスのiPhone、MacでFLAC再生できないので、FLAC変換でMacパソコンで行いたい。この時にFLAC/FLAC+CUEをMP3に変換してくれるVideoProc(MacX Video Converter Proの高級版)を利用することがおすすめ。

このFLAC変換Mac用ソフトに内蔵している音声変換機能でFLAC MP3変換を簡単に実現できる。速度で誇っているソフトで、一番の変換速度で作業を完成でき、MacでFLAC再生できるようになる。もちろんFLAC MP3変換に高音質で完成できる。

簡単さといえば、直感的なインターフェース、自動的に設定されたMP3出力プロファイルなどで、初心者でもすぐ操作できる。MacでFLAC再生できない問題とiPhoneでFLAC再生できない問題を一発解決できる。

FLAC/FLAC+CUEをMP3に変換すること以外に、ハイレゾ音源、アップル独自ファイルのM4Aなども対応できる。


FLAC変換Mac環境一番簡単な方法ご紹介

まずVideoProcというソフトをダウンロードして、インストールする。起動して、次のように見える。

ステップ1:音楽変換機能を起動する。
標記されたボタンをクリックして、動画/音楽変換機能を起動する。

ステップ2:音楽を追加する。
標記された「音楽」と書かれたボタンをクリックして、FLAC音楽ファイル追加する。複数の音楽ファイル変換する時に、この時に変換したい音楽ファイルをすべて追加する。

ステップ3:出力プロファイルを指定する。
音楽ファイルを入力すれば出力プロファイルが自動的にMP3に指定される。出力プロファイルがMP3でない場合に、標記された「音楽」と書かれたボタンをクリックして、「MP3」と書かれた出力プロファイルにクリックする。

ステップ4:出力先を指定して、FLAC音楽変換開始。
標記されたところに出力先フォルダを指定して、確認する。
標記された「RUN」と書かれた大きな緑のボタンをクリックして、音楽ファイル変換を始める。少々待つとFLAC音楽変換が完成できる。

iPhoneに保存されるFLACもMP3変換Mac PCで実現!同期と同時に自動変換

アップルデバイスのiPhoneでFLAC再生できないが、FLAC変換をMac環境に完成すれば再生できる。。わざわざ変換することより、Macパソコンに同期する時に自動的にFLAC/FLAC+CUEをMP3に変換するほうがずっと便利である。このような作業ができるのは、MacX MediaTransというソフトである。このソフトは同期したいファイルから不対応のファイルを検出して、FLAC MP3変換をMacとiPhoneと同期する時に自動変換できる。先進的な技術のおかげで、変換速度も同期速度も一番で、もちろんFLAC MP3変換に高音質で転送できる。操作の簡単さといえば、「自動変換」より簡単な方法がない。iPhoneでFLAC再生できない問題を簡単に解決できると同時に、iPhone音楽転送、管理、バックアップなどに専門で便利が方法を提供する。FLAC/FLAC+CUEをMP3に変換すること以外に、ハイレゾ音源、アップル独自ファイルのM4Aなども対応できる。

iPhoneのFLACをMP3変換高音質で同期できる方法ご紹介

まずはMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。


ステップ1:音楽管理ウィンドウを開ける。
MacパソコンにiPhoneを連携してください。
標記されるところにクリックして、音楽管理ウィンドウを開ける。


あわせて読みたい

このFLAC MP3変換 Mac用ソフトはiPhone、Mac両方も対応できないFLACだけではなく、M4Vのようなアップル独自音楽形式も対応できる。

ステップ2:音楽を追加する。
「音楽追加」というボタンをクリックして、Mac FLAC再生音楽ファイルが保存されたフォルダを開けて、音楽ファイルを選択する。
追加しない音楽を選択してしまうと「音楽消除」をクリックして追加された音楽を消去する。消去した音楽の前に「Del」と書かれるとその音楽はiPhoneに同期しない。
ステップ3:追加したFLAC変換し、MacとiPhoneと同期する。
音楽を確認したら「同期」を書かれた青いボタンをクリックして追加される音楽をiPhoneに転送し始まる。
同期する時にFLACはiPhoneで再生できないファイルとして検出され、自動的にFLACをMP3変換しMacに転送する。
Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。

FLAC+CUEをMP3に変換する方法

FLAC MP3変換をMac PCではじめようとしている時に、「CUE」という形式のファイルがFLACについている。この時にFLACだけを変換すると、変換失敗したり再生に問題や不具合があったりして、FLAC MP3変換に高音質のどころか成功すらできない。実はFLACとCUEは組合で、「FLAC+CUE」ファイルとも言われる。もちろんFLACだけあるファイルもあるが、「FLAC+CUE」の場合にFLACファイルだけで順調に再生も変換もできない。この時に音楽ファイル変換ソフトを利用して、FLACとCUEを両方追加してから、FLAC変換はMacで成功できる。FLAC CUEをMP3に変換できるようなソフトがたくさんある。ではこれからFLAC2iTunesを例にして、CUE付きのFLAC MP3変換をMac PCで行う方法をご紹介しよう。


ステップ1:Mac FLAC再生したい音楽ファイルを追加する
FLAC2iTunesを起動して、変換したいファイルをドラッグ&ドロップでリストに追加する。FLAC CUEをMP3に変換する場合にCUEも追加してください。

ステップ2:FLAC変換をMacで開始
「Convert」と書かれたボタンにクリックして、変換が開始する。一つ一つ変換するので、「Status」枠に「Decoded」に変更したら完成。
FLAC MP3変換をMac PCで作業する時に、音楽ファイル名、アーティスト、アルバム、タイトルなどの情報は文字化けになる可能性であるが、変換が完成したら直るはずである。

ファイル解明:MP3、FLAC、CUEについて

MP3ファイルとは?
「MPEG-1 Audio Layer-3」の略称であるMP3は、今汎用性が一番の音声フォーマットである。非可逆圧縮であり、MP1とMP2から改良したもので、音楽をCDなどの音源媒体からパソコン及びハードディスに取り込む用途で広く普及した。圧縮率が高く、CDやDVD一枚で数百曲や数千曲が収めるほど小さなファイルサイズで、多くのところに利用される。

FLACファイルとは?
「Free Lossless Audio Codec」の略称であるFLACは、ハイレゾ音楽形式で可逆圧縮であるため、元の音声データからの音質の劣化がない。エンコードとデコードの速度は高い。が、高音質のためにファイルサイズが大きいというところは厳しくて、今大量に使われないので、Mac FLAC再生不可のような問題は多い。

CUEファイルとは?
CUEファイルだけ存在できない。必ずFLACファイルと同時に存在するとも言える。CDからリッピングしたFLACはCUEファイルをついている。FLACは音声情報を記録して、CUEファイルは各曲の始まる位置や曲情報(タイトル、アーティストとか)を記録する「目次」のようなものである。DVDフォルダにある「IFO」のようなものである。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > FLAC MP3変換のMac用方法