NO Apple NO Life ! iPhone・iPad・iPod簡単データ移行方法まとめ

ホームiPhone・iPad・iPod > iPad 写真 転送方法複数ご紹介
iPad 写真 転送方法複数!パソコンにiPad 写真 共有、バックアップには
iPadに保存される写真が知らない間に山ほどなる。この時にはiPad 写真 転送したりバックアップしたりして、定期的にパソコンに保存することは強くおすすめしたい。しないといつかiPadに空き領域がなくなることになってしまう。またiPad 写真 パソコンにバックアップしないといつのまにその写真が見つからなくなる。山ほどの写真からその一枚を見つけることが大変であるし、どうしても見つからないこともあった。写真が多くなると、一度だけのはなしではないのでiPad 写真 共有にできるだけに簡単で高速な方法であればずっと便利になる。ではこれからパソコンにiPad 写真 転送する方法TOP3をご紹介してあげる。
iPad 写真をHEIF(.heic)からJPGへ変換、iPad 写真 転送ツール−MacX MediaTrans

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

【TOP1】MacX MediaTransでiPad 写真 転送
MacX MediaTransがiOSデータ転送・管理専門ソフトであり、iPad 写真 共有に最高な体験が与えてくれる。最新公開なソフトであるため、最新な技術で一番のスピードでiPad 写真 パソコンにバックアップできる。このソフトでiPadからパソコンヘ写真を転送する方法は極めて簡単であり、簡潔なUIのおかげで数多くの機能内蔵されても初心者でも全然迷わずに操作できる。ではこれからパソコンにiPad 写真 転送する方法を詳しくご説明する。
まずはMacX MediaTransをダウンロードしてインストールする。
このソフトはコンピューターで使われる言語によって自動的に言語設定するので、普通なら日本語版が見える。iPadをMac PCに接続したらこのように見える。
Tips:はじめて接続する場合にiPadにて「このコンピュータを信頼する」に選択してください。一回だけで設定すればこれからこのような求めはしないようになる。

ステップ1:画像転送機能対応なウィンドウを開く
標記されるところで機能を選択する。iPad 写真 共有するに標記されるボタンをクリックして、画像/写真を転送するウィンドウを開ける。

ステップ2:画像を選択する。

iPad 写真 転送したい画像にクリックして選択する。緑で標記される「すべてを選択する」にチェックを入れるとあらゆる画像が選択られる。簡単に一日あるいは一月で撮った写真をクリックするには「グループ」を「日により」あるいは「月により」に設定してください。

ステップ3:iPad 写真 パソコンに転送開始。

標記される「エクスポート」をクリックしたらiPadからパソコンヘ写真を転送し始まる。数秒待てば完成できる。
【TOP2】AirDropで直接にiPad 写真 パソコンに転送
ライトニングケーブルがそばにないなどでiPadとパソコンに連携することができない場合にiOSシステムに内蔵されているAirDropという便利なツールを利用すればパソコンとiPad 写真 共有できる。ケーブルいらないiPad 写真 転送方法はAirDropしかなさそうであろう。AirDropがブルーツースでパソコンからiPadを認識されて、iPadからパソコンヘ写真を転送することである。また、AirDropならiOSデバイス同士のiPad、iPhoneまたはiPod Touchの間に写真を転送することもできる。かかる時間とエネ消費と言ったデメリットを気にならないお方にとって完壁なiPad 写真 パソコンに転送できる方法とも言える。ではこれからAirDropを利用するiPad 写真 共有方法をご説明しよう。
ステップ1:iPadをAirDrop有効に設定する。
iPadにコントロールセンターにAirDropをオンに設定する。この時に「連絡先のみ」を選択するとMac PCが認識できない恐れがあるので、公的場所ではないと「すべての人」を選択するほうがおすすめする。

ステップ2:Mac PCをAirDrop有効に設定する。
Mac PCにFinderのメーニューバーから「移動」に「AirDrop」を選択して、AirDropウィンドウを開ける。一番したにある「このMacを検出可能な相手」で「全員」に設定する。

ステップ3:iPad 写真 転送する。
パソコンからiPadを検出されていると確認してください。写真アプリに転送したい写真を選択して、「共有」にタッチする。そうすると転送相手をMac PCに選べる。しばらく待つとiPadからパソコンヘ転送することが完成。
【TOP3】iFunBoxでパソコンとiPad 写真 共有
これまでとても人気なiFunBoxはiOSに保存されるデータを取り出すことができるソフトである。ほかのiOS転送ソフトと違って、iFunBoxはiPadに保存されるデータをファイルとして示してくれて、その中にiPad 写真 転送したいファイルを自分で探す。めんどいだけどほかのソフトよりiPadに保存されるファイルをもっと直感的に見えるし、同じフォルダに保存される写真とほかのファイルを同時に転送することができる。が、写真が複数のフォルダに保存される場合に、iPad 写真 パソコンに転送することは一回にひとつだけのフォルダから転送する。ではこれからパソコンからiPadに保存されるファイルをiFunBoxで検出して、その中に写真を取り出してコピーできる方法をご紹介しよう。
iFunBoxでiPhoneの写真をMacにできる方法ご紹介
まずはiFunBoxをダウンロードして、インストールする。iFunbox最新バージョンをインストールすると確認してください。また、インストールする時に言語を日本語に選択することができる。
インストールしたら言語選択ができないようで、インストールする時にぜひ日本語に選択してください。
「発行元を確認できませんでした」などで、ダウンロードあるいはインストールができないお方は、この解決法をご覧ください。
ステップ1:トピックを選択する。
iFunBoxを開けて、iPadをパソコンに連携する。そうしたらご覧のようになる。標記されるところにトピックを選択する。写真ならカメラで、また「RAW ファイルシステム」ですべてのファイルを選択できる。
ステップ2:ファイルを選択する。
標記されるところでMacパソコンに同期したいファイルを見つけて、選択する。同じフォルダにある複数のファイルを選択することができ、右クリックしてすべてを選択することもできる。違うフォルダにあるファイルを転送する場合に別々に転送する。
ステップ3:Macへコピーする。
標記されるボタンをクリックして、選択したファイルをMacパソコンにコピーする。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPad 写真 転送方法複数ご紹介