ホームiPhone・iPad・iPod > スマホ画面録画方法

【Android&iPhone】スマホ画面録画の便利方法ご紹介!Root/脱獄不要!

どんな機種のスマホでもスクリーンショットが簡単にできる今は、スクリーンショット動画する方法が知らない人が多いみたいである。ゲーム実況動画、操作方法説明動画などに用いられるスマホ画面録画機能は実に専門家限定なものではなく、誰でも簡単に利用できる便利な機能である。Android画面録画機能が内蔵するスマホや、スクリーンショット動画撮影アプリがいくらでもある。もちろんスクリーンレコーダーにiPhoneに対応するアプリもあり、iOS11にアップしたらiPhone画面録画機能が追加される。
見逃せない動画転送アプリ:iPhone画面録画をパソコンに高速転送

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフトにiPhone DRM 解除機能追加!。操作が簡単で、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。最新バージョンにアップしたら音楽、動画などあらゆるDRMファイルを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送し、思い存分に楽しめる!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

Android画面録画方法:機種によって標準アプリが利用可能

スマホ画面録画機能が内蔵される機種ならそれを利用すれば簡単にスクリーンショット動画撮影できる。高機能アプリのように設定したり動画編集したりできないが、録画だけが簡単で完成できるし、アプリをダウンロードせずに録画開始できる。PIP、外部音声記録など必要な機能が内蔵しているので、アプリをダウンロードしなくても満足できる。機種によって操作方法が少々違いが、手順は大体同じである。ではこれからソニーのXperiaを例にしてご紹介してあげよう。
ステップ1:Android画面録画機能を起動する
電源ボタンを長押して、このように見える。「スクリーンレコード」と書かれたボタンにタップして、スマホ画面録画機能を起動する。そうしたらスクリーンショット動画撮影、外部画面記録、外部音声記録、設定などのアイコンが表示される。
初回起動する時に利用規約にの同意とアクセス許可が求められる。「同意する」と「許可」にタップしてください。
ステップ2:設定する
歯車のボタンをタップすれば動画の画質と向きが変更できる。またカメラのボタンにタップすればインカメラが起動されて外部画面が記録できる。マイクのボタンにタップすれば外部音声が記録できる。
ステップ3:スマホ画面録画開始
赤い丸のボタンにタップすれば録画が開始。外部音声と画面の記録が有効に設定する時に外部音声と画面が同時に記録始まる。ゲーム・操作が完成したら赤い丸にアップして動画録画を終わらせて、スマホに保存する。

スクリーンショット動画專門アプリ:編集まで作業できる

AndroidスマホのスクリーンレコーダーはiPhoneよりずっとはやく搭載されるが、今でもすべてのAndroid機種に搭載されるわけがない。例えばソニースマホのXperia Zシリーズに、Z3以降に機種に搭載されているが、Xシリーズに搭載されない。この時にAndroid画面録画アプリを利用して録画できる。また、標準のスマホ画面録画機能だけで満足できず、編集や音楽追加など機能も利用したいお方にも專門的な録画アプリのほうがすすめたい。Android環境には一番オススメのはGoogle Play ゲームの録画機能である。ではこれからその録画機能の使い方をご紹介しよう。
ステップ1:スクリーンショット動画撮影機能を起動する
まずはGoogle Play ゲームをダウンロードして、インストールしてください。起動したらマイゲームに録画したいゲームに対応する界面を開けてください。そこに赤い丸のボタンにタップして、録画機能を起動する。
ステップ2:画質を指定する
録画画質は720Pか480Pかと設定する。720PはHDの画質で、画面がシャープであるがAndroid画面録画して出力ファイルサイズは大きい。480PはSDの画質で、画質が低いに対して出力ファイルサイズが小さい。この時に残りスペースにどれぐらいの動画が保存できるかと見えるので、それを参考して画質を選択してください。
ステップ3:録画を開始する
赤い丸のボタンにタップすれば録画が開始。外部音声と画面の記録が有効に設定する時に外部音声と画面が同時に記録始まる。ゲーム・操作が完成したら赤い丸にアップして動画録画を終わらせて、スマホに保存する。赤い丸のボタンにタップして、録画を開始する。ゲーム・操作が完成したら赤い丸にアップして動画録画を終わらせて、スマホに保存する。
ここに外部音声と外部画面を記録するかどうかと設定できる。ちなみに外部音声に著作権で保護される音声を記録すると違法行為になるのでご注意してください。

スマホ画面録画方法:iOS11以降のiPhone画面録画方法

スクリーンレコーダーはiPhoneに標準機能として追加されるのはつい前のことである。Android画面録画機能より遅いが、今iOS11にアップしたら利用できるようになった。コントロールセンターで録画機能が利用できるが、初期設定ではコントロールセンターに対応なボタンが表示されない。ではこれからスクリーンショット動画録画機能をコントロールセンターに表示させ、利用する方法をご紹介しよう。
ステップ1:スマホ画面録画機能をコントロールセンターに表示させる
設定アプリに「コントロールセンター」を選択して、コントロールをカスタマイズにタップする。そうしたらコントロールセンターに表示される機能が選択できる。その中に「画面収録」に対応する「+」にタップすれば、iPhone画面録画機能がコントロールセンターに表示する。
ステップ2:外部音声など設定する
標準のスクリーンレコーダーはiPhoneの音声が記録できるが、外部音声を記録したい場合にマイクを起動してください。録画開始したら変更できないので、ご注意してください。
ステップ3:録画を開始する
音声が設定した後、「収録を開始」にタップすればスクリーンショット動画が記録し始まる。終わらせたい時にステータスバーにタップして、「停止」にタップすれば、記録が終わり、撮った動画は写真アプリに保存られる。

iOS11までのバージョン:スクリーンレコーダーiPhone対応アプリ

iOS11までの古いバージョンにiPhone画面録画機能が内蔵されていない。またiOS11にアップしてもこれだけの機能で満足できない時に、iPhone対応のスマホ画面録画アプリがほしくなる。iPhone単体でスクリーンショット動画が録画できるアプリがあれば、パソコンに保存するのは便利なパソコン用iPhone画面録画ソフトもある。iPhone用アプリとパソコン用ソフト両方もご紹介する>>

スクリーンショット動画をiPhoneからパソコンに転送できる方法ご詳説

まずはMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。

ステップ1:機能対応なウィンドウを開ける。

MacパソコンにiPhoneを連携してください。
動画に対応しているボタンをクリックして、機能対応なウィンドウを開ける。

あわせて読みたい
このソフトを利用すれば動画以外に写真や電子書籍なども転送できる。詳しい方法>>
ステップ2:転送したい動画を選択する。

転送したい動画にクリックして選択する。
「すべてを選択する」にチェックを入れてあらゆる動画を選ぶことができる。

ステップ3:選択される動画をパソコンに転送する。

「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPhoneで保存される動画をMac PC転送し始まる。

しばらく待つと転送が完成でき、事前設定がした場合にDRM保護される動画は検出され、動画 DRM 解除することができる。事前設定方法>>

MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > スマホ画面録画方法