NO Apple NO Life ! iPhone・iPad・iPod簡単データ移行方法まとめ

ホームiPhone・iPad・iPod > iFunBox iOS 10対応できない対応策
【新バージョン】iFunBox iOS 10対応できない対応策!初心者向けで簡単!
iOS10バックアップ iFunBoxというフリーなiPhoneデータ転送ソフトで試したら不具合が多くて、iFunBox認識しない時もある。また、Post Error messageとDisplay Error messageでiFunBoxアプリが正常に動作できないこともよくある。特にiFunBox iOS 10対応できなさそうで、iOS10にアップしたiPhone6とiPhone6s、またiOS10搭載なiPhone7 iFunBox失敗してしまう。ではiFunBox iOS 10からデータを転送したいならどうすればいいか。まずデータ転送する方法に問題があるかないかと確認しよう。
iFunBox iOS 10対応不可?!代替ソフトが登場!

iFunBox iOS 10対応していない、iPhone7 iFunBox使えない、iFunBox認識しない時はどうすればいい?代替ソフトMacX MediaTransがあれば、すべての問題が解決!かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送!Apple Music、Apple iBooks、iTunes Storeから購入した音楽・動画にかかっているDRMを解除できる。

iFunBoxアプリの使い方:まず手順を確認しよう
まずはiFunBoxをダウンロードして、インストールする。iFunbox最新バージョンをインストールすると確認してください。また、インストールする時に言語を日本語に選択することができる。
iFunBox iOS 10
ステップ1:トピックを選択する。
iFunBox 最新版を開けて、iPhoneをパソコンに連携する。そうしたらご覧のようになる。標記されるところにトピックを選択する。写真ならカメラで、また「RAW ファイルシステム」ですべてのファイルを選択できる。
ステップ2:ファイルを選択する。
標記されるところでMacパソコンにiPhoneファイル 転送したいファイルを見つけて、選択する。同じフォルダにある複数のファイルを選択することができ、右クリックしてすべてを選択することもできる。違うフォルダにあるファイルを転送する場合に別々に転送する。
ステップ3:Macへコピーする。
標記されるボタンをクリックして、選択したファイルをiFunboxバックアップする。
あわせて読みたい
iFunBox iOS 10に対応できない対応策:MacX MediaTrans
実はiFunBoxはフリーソフトなので、リリースされていない。ゆえに最新バージョンiOS10バックアップ iFunBoxは今対応できないままである。また、フリーソフトなので、いつリリースか、iFunBox iOS 10対応できる前にどれほど待つかと、はっきり言えない。特にiFunBoxは何年前も開発終了されて、iFunBox Mac最新システムに対応するわけがない。公式サイトにもほかのMac用iFunBox代わりソフトを利用してくださいと書いている。ならば、iPhone7 iFunBoxでなくてほかのiPhoneデータ転送ソフトを利用すればどう?今iFunBoxアプリがiOS10対応できないとできるMacX MediaTransというソフトを利用しよう。最新なmacOSも対応でき、iOS10も対応できる。iFunBox iOS 10搭載なiPhoneが対応できないにたいし、MacX MediaTransが完壁に対応、またiOS10搭載されるiPad、iPodも対応できる。また、MacX MediaTransがもっと頼りできるので、iFunBox 起動しないや認識しないなどの問題がなくなる。ではこれからこのiFunBox 代替ソフトを利用してiOS10データ転送する方法をご紹介してあげよう。
iFunBox iOS 10エラーへの対策|iPhone7 iFunBoxでなくMacX MediaTransでデータ転送する方法
まずはiFunBox Mac版ソフトMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。
MacパソコンにiFunBox認識しないiPhoneを連携してください。このiPhoneがはじめてこのパソコンに差し込む場合に、「このコンピューターを信頼する」と選択すると求められる。そして、指示の通りにiTunesを設定して、「了解」と書かれたボタンをクリックして、ソフトの機能選択界面に進む。

iFunBox iOS 10
iFunBox iOS 10
ステップ1:機能対応なウィンドウを開く。
標記されるところで機能を選択する。画像/写真を転送するか、動画を転送するか、音楽を転送するかと、対応なボタンをクリックしたら、対応なウィンドウがになる。また、緑で標記されるボタンをクリックして保存先などが設定することができる。
これからiPhoneから音楽を転送する方法を例にして、MacX MediaTransの使い方をご紹介してあげよう。
あわせて読みたい
このiFunBox 代わりソフトでiOS 10から写真や動画などを転送する方法もほぼ同じであり、もっと詳しい知りたいとこの二つの記事を読んでください。
iFunBox iOS 10
ステップ2:転送したい音楽を選択する。
iOS10バックアップ iFunBoxで転送したい音楽の前にチェックをいれて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてあらゆる音楽を選ぶことができる。
この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。
ステップ3:iOS10から動画を転送し始める。
「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPhoneで保存される音楽をMacに転送し始まる。それで、iFunBox使えない、iFunBox iOS 10対応しない、iFunBox落ちるといった不具合を一発で解決できる。
Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > 【新バージョン】iFunBox iOS 10対応できない対応策!初心者向けで簡単!