ホームiPhone・iPad・iPod >iMac 2018年モデルに関する最新情報お揃い
【速報】iMac 新型 2018年で公開!発売日、スペックなど最新情報お揃い!
待ちに待ったApple iMac新型機種は2018年に!

2017年にApple発表会に現れなかったiMac 新型 2018年になる。リリースされたMac PCはMacbookシリーズだけで、iMac前回リリースされたのは3年前であった。今のRetinaスクリーンより今度は5Kディスプレイと言った噂で、画像処理機能などが大きく向上されたiMac(Early 2017)という機種は多くの人々に期待されている。でも今までiMac次期機種に関する噂の中に、iMac 新型 2018版で実現できるものもあれば、例え2018 AppleとしてもApple iMac新型に搭載されない機能に関するものもある。ではこれからiMac(Early 2017)の最新情報を揃って示してあげよう。

iMac 新型 2018年買ったら見逃がせないソフト-MacとiOSを架け橋!

Mac PCとiPhoneを同時に使っている人にiOSデバイスのバックアップをずっと便利にさせるソフトのMacX MediaTransがあれば、数回クリックするだけで、メディアファイルをiOSデバイスからiMac(Early 2018)へ転送・同期・バックアップ・変換可能!MacとiOSデバイス(iPhone /iPad /iPod)の間で、動画、音楽、写真などのメディアファイル共有を簡単に行え、写真/ビデオを暗号化して出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化で保存できる。分かりやすいインターフェースを持ち、初心者でもすぐに使いこなせる。

iMac 2018(iMac次期機種)の公開日と発売日をまず確認
iMac 新型 2018版は元々2017年に公開する予定であったが、2017で公開されなかった。なにゆえと言えばApple iMac新型に搭載するIntelの次期Coreプロセッサの「Kaby Lake」が発売されていなかったからである。今その「Kaby Lake」が発売される時間で、iMac(Early 2018)はその二ヶ月後で、つまり2018 Apple春発表会で公開される。iMac次期機種の発売日は前のように、発表から一週間で発売すると予測されている。順調にいけば3月からiMac 新型 2018機種を利用できるが、なにかあったら2018年前半に公開されるそうである。これで遅くても2018年前半で発売と期待できる。

iMac 新型 2018機種に関する情報:実現できそうな部分
iMac 2018:ディスプレイ
Apple iMac新型にRetinaディスプレイ以上の5Kディスプレイを搭載するとはほぼに確認された情報である。そのために画像関するスペックがより一層向上されるそうである。また、iMac(Early 2018)はスクリーンが前より大きくならないが解像度が5Kになるということは、画面がよりシャープになることである。デザイナーのようなお方にとってお仕事はもっと役に立つと期待できる。

iMac 2018:新しいCPU
iMac次期リリースは2018年になるのは、この「KabyLake」というCPUが2018年に発売されるからである。次世代のコアのおかげで、性能は大きく向上され、処理速度などは前代と一新な体験が与えてくれる。これでこのコアを待つために2018 Apple春発表会まで遅延されても文句ないであろう。

iMac 2018:最新のAMD GPU
5KディスプレイにふさわしいGPUが必要。最新なAMDのGPUで、iMac 新型 2018年機種は前のどんな機種よりも画像処理機能が向上される。今も古い機種を使っている人、特にデザイナーたちにとって新しいGPUだけでApple iMac新型に機種変換する価値があると思われているが、今iMacを買おうとしているお方にiMac(Early 2018)まで待つほうがいい。今買ったらすぐ古い機種になるから。
iMac 新型 2018からiPhoneに音楽を入れる方法!初心者でも簡単高速に

iMac 新型 2018機種に関する情報:実現できなさそうな部分
VR搭載
スペックよりもブランドの力で攻めている今のAppleとして、必要のない機能や成熟していないものは製品に搭載しないと言われる。VR対応できるパソコンが次々と現れる今でもiMac次期機種にこの機能を搭載する可能性がない。成熟していないのでなにか問題があったらブランドに傷つけるという理由で、大手ブランドは慎重しているらしい。

Touch ID
iPhoneなどで搭載されるSiriの後にTouch IDもMac環境に入るという噂があるが、macOS Sierraの新機能としてApple Watchなどで自動的にロックを解除することでApple iMac新型にTouch IDはいらなくなる。またiMac 2017モデルにTouch IDをつけるとどこに置いても不便であろう。やはりApple Watchなどでロック解除というソリューションがより便利である。

値下がり
円高なので海外からiMac(Early 2018)を買うと値下がると予想されているが。iMac 新型 2018年春に発売されて、その時に円高かそうでないか今わからない。日本で注文すれば為替レートに問わずに価格は変わらない可能性もある。それに、Mac PCの価格はiPhoneシリーズのように安定ではない。新機種が発表されたばかりに旧機種が値上がることもあるので、iMac次期は値下がるとは今はっきりならないまま状態である。 信頼できるiPhone7動画をiMac(Early 2018)に取り込めるソフト三つ

2018新型iMac、iMac Proのスペック、新機能一覧
機能 / 製品名
新型iMac(27インチ)
iMac Pro(27インチ)
サイズ・重量
高さ:51.6 cm;幅:65.0 cm;スタンドの奥行き:20.3 cm;重量:9.44 kg2 高さ:51.6 cm、幅:65.0 cm、スタンドの奥行き:20.3 cm、重量:9.7 kg
ディスプレイ
Retina 5Kディスプレイ、27インチ(対角)Retina 5Kディスプレイ、5,120 x 2,880ピクセル解像度、十億色対応、500ニトの輝度 27インチ(対角)Retina 5Kディスプレイ、5,120 x 2,880ピクセル解像度、数十億色以上対応、500ニトの輝度
プロセッサ
3.4GHz/3.5GHz/3.8GHzクアッドコアIntel Core
8コア/10コア/18コア
ストレージ容量
32GB、128GB、256GB
1TB、オプション:2TBまたは4TB SSDに変更可能
メモリ
1TB Fusion Drive
32GB、32GB 2,666MHz DDR4 ECCメモリ
グラフィックス
Radeon Pro 570(4GB VRAM搭載)
Radeon Pro Vega 56グラフィックプロセッサ(8GB HBM2メモリ搭載)
ビデオのサポートとカメラ FaceTime HDカメラ、本体ディスプレイで標準解像度(十億色対応)と以下を同時サポート;Thunderbolt 3デジタルビデオ出力 1080p FaceTime HDカメラ、本体ディスプレイで標準解像度(十億色対応)と以下を同時サポート;拡張デスクトップおよびビデオミラーリングモードに対応;Thunderbolt 3デジタルビデオ出力
オーディオ
ステレオスピーカー、マイクロフォン、3.5mmヘッドフォンジャック ステレオスピーカー、4つのマイクロフォン、3.5mmヘッドフォンジャック
同梱物
21.5インチiMacまたは21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル、Magic Keyboard、Magic Mouse 2、電源コード、Lightning - USBケーブル iMac Pro、スペースグレイMagic Keyboard(テンキー付き)、スペースグレイMagic Mouse 2、Lightning - USBケーブル、電源コード
価格
198,800円(税別)以上 298,800 (税別) 以上

Apple iMac新型は21.5インチ、27インチ、二つモデルがあり、iMac Proは27インチモデルだけがある。iMac新型は、Intelの第7世代Coreプロセッサーとなる「Kaby Lake」、まったく新しいプロセッサ、最新のグラフィックテクノロジー、 革新的なストレージ、帯域幅が広がった接続機能を持っている。これまで以上に速くパワフルになった。一方、iMac Proは、圧倒的な力を持つワークステーションクラスのグラフィックス、プロセッサ、ストレージ、メモリ、I/Oのコレクションを詰め込んで、どんな作業も瞬く間に完了できる。VR、リアルタイム3Dレンダリング、より臨場感あふれるスペシャルエフェクト、最大設定でのゲームプレイに適した、一段と高いフレームレートをもたらせる。

MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iMac 新型 2018年機種に関する最新情報お揃い