ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone データ移行ソフトおすすめ

iPhone データ 取り出したいお方必見!iPhone データ移行ソフトおすすめ

iPhoneを使えば使うほど、データが多くなり、アプリをインストールすることはともかく、いつか写真を撮ることさえできなくなるのかもしれない。この時にiPhone データ 取り出して、パソコンなどのところに保存すればiPhoneは順調に動作できるようになる。専門的なiPhone データ移行ソフトを使えば誰でも簡単にできるし、ソフトによってiPhone データ転送時間も保存方式もそれぞれある。壊れたiPhone データ 救出できるソフトもあれば、アイフォン復元に一番簡単なソフトもある。これからこのようなソフトをいくつご紹介して、iPhone データ 取り出し方法も説明してあげる。
クラス最高のiPhone データ転送ソフト〜初心者向けのiPhoneバックアップ方法

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータをiPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成し、写真/ビデオを暗号化して出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化で保存できる!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

iPhone データ移行最高なMac用ソフト:MacX MediaTrans

Macユーザーなら一番なのはMacX MediaTransである。このソフトなら音楽、写真、動画、電子書籍などあらゆるiPhone データ 取り出し、Macにバックアップすることが簡単にできる。操作が簡単で、誰でも完成できる。それに、先進的な技術によって、iPhone データ転送速度が業界一位になり、転送時間が大きく短縮される。しかもiPhoneとパソコンと初回連携ではない場合に、このソフトで既に使えないiPhone データ 救出することもできる。起動できるiPhoneさえデータが失うことがない。ではこれからこのソフトでiPhone データ移行する方法を説明する。

使えるかないか問わずに成功できるiPhone データ 取り出し方法ご紹介

まずはMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。

ステップ1:機能対応なウィンドウを開く。

MacパソコンにiPhoneを連携してください。
標記されるところで機能を選択する。画像/写真を転送するか、動画を転送するか、音楽を転送するかと、対応なボタンをクリックしたら、対応なウィンドウがになる。また、緑で標記されるボタンをクリックして保存先などが設定することができる。


これからiPhone データ転送方法をファイルによってそれぞれご説明してあげよう。

iPhone データ移行する方法:写真編

画像/写真転送に対応するボタンをクリックしたらこのように見える。
ステップ2:iPhone データ 救出したい画像を選択する。
iPhone データ 取り出したい画像にクリックして選択する。緑で標記される「すべてを選択する」にチェックを入れるとあらゆる画像が選択られる。簡単に一日あるいは一月で撮った写真をクリックするには「グループ」を「日により」あるいは「月により」に設定してください。
ステップ3:iPhoneからMacへ転送し始める。
標記される「エクスポート」をクリックしたら選ばれる動画がiPhoneからMacにコピーすることが始まる。数秒待てば完成できる。
あわせて読みたい

iPhone データ移行する方法:動画編

動画転送に対応するボタンをクリックしたらこのように見える。

ステップ2:iPhone データ 救出したい動画を選択する。
iPhone データ バックアップしたい動画にクリックして選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてあらゆる動画を選ぶことができる。
ステップ3:iPhoneからMacへ転送し始める。

「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPhoneで保存される動画をMac PC転送し始まる。
あわせて読みたい

iPhone バックアップ Macに音楽を保存する方法

音楽転送に対応するボタンをクリックしたらこのように見える。

ステップ2:iPhone データ 救出したい音楽を選択する。
音楽の前にチェックを入れて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選ぶことができる。
この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。最新版にアップグレードしたら着信音も作成できる。

ステップ3:iPhoneからMacへ転送し始める。
「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPhoneで保存される音楽をMac PC転送し始まる。
Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。
あわせて読みたい

アップル社開発したiPhone データ転送専門ソフト:iTunes

アップル社が開発したiTunesというプレーヤーがアイフォン復元するに専門的な力が持っている。iPhone データ 取り出して、iTunesライブラリを作成することでiPhoneに保存されるデータをバックアップする。アイフォン復元する時に直接にiTunesライブラリからデータを取り戻したらいい。が、iTunesでiPhone データ移行して出力するファイルはライブラリファイルであるので、アイフォン復元する以外に利用できないので、少々不便かも知れない。しかもiTunes、特に新しいバージョンのiTunes不具合がありがちで、操作が間違ったら失敗することもよくある。ではこれから音楽を例にしてiTunesでiPhone データ転送する正しい操作を確認しよう。

まずはiTunesをダウンロードして、インストールしてください。起動して、iPhoneをMac パソコンに連携してください。最新バージョンでない場合にまず最新バージョンにアップしてください。
ステップ1:iPhoneをパソコンに連携したらiTunes界面の左上にスマホのアイコンが書いているボタンがある。そのボタンをクリックしたら音楽といったiPhone データ 取り出してバックアップできるライブラリリストがある。
ステップ2:左にあるライブラリリストの中に「ミュージック」をクリックして選択する。動画をiPhone データ移行する場合にそのしたの「ムービー」で、写真ならそのしたの「写真」をクリックする。
ステップ3:「音楽を同期」のしたにいくつの設定があり、設定ができたら右下にある「適用」と書かれたボタンをクリックして、iPhone データ転送が始まる。

人気一番なiPhone データ 取り出しソフト:iFunBox

今iFunBoxはiPhone データ移行ソフトに一番人気なソフトとされている。何年前も世を問ったiFunBoxは今ユーザーがおおぜいいる。iPhoneをフォルダのようにして、iPhone データ転送したいファイルを見つけて転送するのがとても便利である。でも今Mac版iFunBox 問題が多くて、順調に利用するにはこの問題を解決法しなければならない。次の記事でいろいろな不具合を解決する方法をご紹介してあげる。また、これからiFunBoxでiPhone データ 取り出し方法を説明してあげる。

iFunBox 日本語バージョンの使い方:まず操作を確認しよう

まずはiFunBoxをダウンロードして、インストールする。最新バージョンをインストールすると確認してください。また、インストールする時に言語を日本語に選択することができる。インストールが完成したら言語選択ができないようで、インストールする時にぜひ日本語に選択してください。
「発行元を確認できませんでした」などで、ダウンロードあるいはインストールができないお方は、この解決法をご覧ください。
ステップ1:トピックを選択してください。
iFunBoxを開けて、iPhoneをパソコンに連携する。そうしたらご覧のようになる。標記されるところにトピックを選択する。写真ならカメラで、また「RAW ファイルシステム」ですべてのファイルを選択できる。
ステップ2:ファイルを選択する。
標記されるところでMacパソコンに同期したいファイルを見つけて、選択する。同じフォルダにある複数のファイルを選択することができ、右クリックしてすべてを選択することもできる。違うフォルダにあるファイルを転送する場合に別々に転送する。
ステップ3:Macへコピーする。
標記されるボタンをクリックして、選択したファイルをMacパソコンにコピーする。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone データ移行ソフトおすすめ