ホームiPhone・iPad・iPod > iTunes使わずにiPhone パソコン 音楽転送する方法

【攻略】iPhone 音楽 転送 iTunes 使わないでも実現できる方法ご案内!

アップルが開発したiTunesは音楽再生、音楽といったデータ転送とバックアップするソフトであるが、iPhone 音楽 iTunesに転送したりするとそんなに便利だとは言えない。しかもiTunes 同期できない問題がよくある。原因が複雑で、解決すればとてもめんどいことになる。実はiPhone 音楽 転送 iTunes 使わないでも簡単にできる方法がいくつもある。iPhone パソコン 音楽を同期するすることがもっと便利なiTunes代わりソフトで実現するほうがおすすめする。
iPhone音楽転送iTunes使わない時の対策|最高なiTunes代わりソフト-MacX MediaTrans

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! Apple Music、Apple iBooks、iTunes Storeから購入した音楽・動画にかかっているDRMをフリーにする。各データの編集、削除などの管理も手軽に完成、写真/ビデオを暗号化で出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化できる!

iTunesを使わない理由その一:iTunes 同期できないなど不具合頻出

iPhoneを認識できない

iPhone 音楽 転送 iTunes 使わないでほかのソフトを利用したい一番の理由はiTunesが持っているiPhoneを認識できないことである。しかもこの不具合に対応する原因がいくつもあり、究明して解決するのがとてもめんどいで、初心者にとって難しいことである。
iTunes iPhone認識しない原因と対処法まとめ>>

iPhone機種とiTunesバージョン対応できない

iPhone7だったらiTunes最新バージョンだけが対応できるそうで、古い機種なら新バージョンのiTunesが対応できない報告もある。とりあえず新機種は最新バージョンのiTunesを利用して、古い機種ならiTunesをバージョンアップしないほうがいい。自分のiPhoneに対応できるiTunesバージョンがわからない場合にiPhone 音楽 転送 iTunes 使わないでほかのソフトを利用することをすすめる。

iPhone設定によってiPhone 音楽 iTunesで同期できない

パソコンに信頼しないとiPhone パソコン 音楽を転送することができない。ちなみに信頼しないとiTunes代わりソフトでも成功できない。また、iPhoneに設定がどこか間違ったらiTunesと連携できないなる。例えばiCloudミュージックライブラリをオフにしないとiTunesiTunes 同期できない。

最新版iTunesにアップしたらバックアップデータなくなる

最新機種のiPhoneならやはり最新版iTunesを利用するが、最新版iTunesになるとこの前にバックアップしたデータもライブラリもなにもなくなる。なぜかわからないが、この不具合が結構あるんである。
最新版iTunes アップデート 消えた問題の解決法>>

iTunesを使わない理由その二:デメリットでiTunes代わりソフトがほしい

出力ファイルはライブラリでほかのソフトが利用できない

iPhone 音楽 iTunesでバックアップして出力するファイルは普通の音楽ファイルではなくて、iTunesライブラリファイルである。ほかのソフトはiTunesライブラリファイルを利用できないので、iPhone パソコン 音楽を転送しても再生できない。

iPhoneをバージョンダウンしたらデータ復元できない

iPhone 音楽 転送 iTunes 使わないならどんなソフトでもiOSバージョンに関係ないがiTunesでバックアップしたファイルがiPhoneをバージョンダウンしたら利用できなくなる。例えばiOS11でバックアップしたデータをiOS9に転送することができない。

操作がめんどいで、保存先が見つからない

iTunes代わりソフトより、iTunesは操作が複雑でめんどい。初心者にとって、次はどうするかと全然わからない。また、保存先もわからないし、見つからない。音楽ファイル名を検索しようと、出力ファイルは音楽ファイルではないので失敗。

USBで転送するのに管理や編集ができない

iPhoneをパソコンと連携して、パソコンで音楽を管理したりするのはiPhoneで行うよりずっと便利であるが、iPhone 音楽 iTunesで転送する時に管理するなどはできなさそうである。音楽を管理するにはやはりもっと専門的なソフトが必要である。

iPhone 音楽 転送 iTunes 使わないで実現できる道:最高なiTunes代わりソフト

iTunes 同期できない、あるいはiTunesデメリットでiPhone パソコン 音楽をほかのソフトで同期したい時はMacX MediaTransというソフトを使ってみよう。最高なMac用iPhoneデータ転送ソフトとされ、iPhone 音楽 iTunesの代わりにもっと便利でもっと高速に転送するに専門的な力を持っている。しかもこのiTunes代わりソフトの使い方はとても簡単で、初心者でも気楽に操作でき、保存先などの設定方法も音楽の設定方法もわかりやすい。ではこれからiPhone 音楽 転送 iTunes 使わないで、より便利で高速に行う方法を紹介してあげよう。

iPhone パソコン 音楽を同期できる方法詳しくご紹介

まずはMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。

ステップ1:音楽転送ウィンドウを開ける。
MacパソコンにiTunes 同期できないiPhoneを連携してください。
標記されるところにクリックして、音楽転送ウィンドウを開ける。
あわせて読みたい
iPod Touchの場合に音楽だけではなくて写真と動画も転送することがある。このソフトなら音楽以外に写真、ビデオ、電子書籍なども転送できる。詳しい方法はこちらで:
iPhoneからMacに音楽を転送する場合に:
ステップ2:音楽の前にチェックを入れて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選ぶことができる。
この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。
ステップ3:「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすればiPhone パソコン 音楽を転送することが始まる。
MacからiPhoneに音楽を転送する場合に:
ステップ2「音楽追加」というボタンをクリックして、音楽ファイルを選択する。
追加しない音楽を選択してしまうと「音楽消除」をクリックして追加された音楽を消去する。消去した音楽の前に「Del」と書かれるとその音楽はiPhoneに同期しない。
ステップ3:音楽を確認したら「同期」を書かれた青いボタンをクリックして追加される音楽をiPhoneに転送し始まる。
Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。

MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iTunes使わずにiPhone パソコン 音楽転送する方法