NO Apple NO Life ! iPhone・iPad・iPod簡単データ移行方法まとめ

ホームiPhone・iPad・iPod >iPhoneX/8/8 Plus/7/6sなどのiPhone ダウングレードできる方法
iPhone ダウングレードできる方法!旧バージョンのiOS 搭載なiPhone戻す
iOS新バージョンが公開して、アップグレード提供する度に、アップグレードするかしないかと迷っている人がたくさんいる。旧バージョンを利用している人はiPhoneアップグレードしたいが、新バージョンにアップしたiPhone ダウングレードしたい人もいる。が、iPhoneバージョンダウンはバージョンアップのように簡単にできることではない。iPhone復元しようとすると、iOS ダウングレードして、データも復元したい。でも新バージョンのiOSにバックアップしたiTunesファイルは古いバージョンに利用できないそうである。ではなぜiPhone戻す?iPhone ダウングレードしないで今の問題が解決できる?
iPhoneX/8/8 Plus/7/6sなどのiPhone ダウングレード前、データをバックアップしておくべき

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

なぜiPhoneバージョンダウンしたいか?iPhone不具合解決できる?
iOS ダウングレードしたい人はだいたい、二種類がある。不具合でiPhoneX/8/8 Plus/7/6sなどのiPhone ダウングレードしたい人と慣れないから元のiPhone復元したい人。iOS10正式版は確かにベタ版よりずっと安定で、バッグが少なくなるが、やはり完壁とは言えない。実はバッグを解決する方法がある。そのバッグを解決したら新バージョンの新機能を順調に利用することができる。
あわせて読みたい

新バージョンに慣れない人にとってiPhoneX/8/8 Plus/7/6sなどのiPhone戻すかしないかわからない。今のiPhoneは大きいな問題がないし、でもやはり前のはいいかなあと思いながら、iPhoneバージョンダウンはリスクがあるのでなかなか決着できない。ではこれから紹介するiPhone復元方法を読んでから決めろう。
iPhone ダウングレードする前の準備:データバックアップは必要!
iOS ダウングレードはアップグレードと違って、データを一切消去することがする。また、iPhone戻す前にiTunesなどをバックアップしたファイルもiPhoneバージョンダウンしたら利用できなくなる。新バージョンのiOSのバックアップファイルは古いバージョンに利用できないからである。でも古いバージョンを使っていた時にバックアップしたファイルを利用するとその後の音楽、ビデオはすべてなくなる。一番なのはMacX MediaTransのようなソフトを利用して、iPhoneバックアップファイルではなくて普通の動画ファイルと音楽ファイルにバックアップする方法である。iPhone ダウングレードする前にこうしたらiPhone復元した後にバージョンを問わずに転送できる。ではこれからiPhoneから音樂を転送する方法を例にして紹介する。
まずはMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、iPhone7をMacパソコンに連携してください。

ステップ1:音楽転送ウィンドウを開ける。

標記されるところにクリックして、音楽転送ウィンドウを開ける。


あわせて読みたい
ステップ2:バックアップしたい音楽を選択する
音楽の前にチェックを入れて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選ぶことができる。
この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。

ステップ3:選択した音楽を転送する
「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPhoneで保存される音楽をMac PCに転送することが始まる。

Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。
iOS ダウングレード方法を詳しくご紹介!
バックアップしたらiPhoneX/8/8 Plus/7/6sなどのiPhone ダウングレードが始まる。iPhoneのエネとWifi接続を確認したらこれからの手順でiPhoneバージョンダウンできる。

ステップ1:iOS復元できるiOSバージョンを確認してダウンロードする。
すべてのバージョンまでiOS ダウングレードできるわけがない。署名発行中のデバイスとその対応なシステムだけが利用できる。では、署名発行中のデバイスとシステムに対応するファイル名を検索して、ダウンロードしてください。

ステップ2:「iPhoneを探す」機能をオフにする。
「設定」アプリを開けて、「iCloud」に「iPhoneを探す」をオフにしておく。

ステップ3:パソコンと連続する。
パソコンでiTunesを起動する。そうしたらライティングケーブルでパソコンとiPhoneバージョンダウンしたいデバイスと連続する。

ステップ4:iOSを前のバージョンに戻りたいデバイスをリカバリモードにする。
まず電源ボタンを長押しでデバイスの電源を切る。そうしたら3秒電源ボタンを押して、押しているままにホームボタンを10秒間押す。そうしたらホームボタンを押しているままに電源ボタンから離す。そうしたらiTunesのポップアップメッセージで「iTunesはiTunesはリカバリモードのデバイスを見つけました。」と表示される。

ステップ5:ダウンロードした復元ファイルによるiOS復元する。
ご覧のように「iPhoneを復元...」と書かれたボタンがある。WindowsユーザーはShiftキーを押しながらこのボタンをクリックする。MacユーザーはAlt/Optionキーを押しながらこのボタンをクリックする。そして、先ダウンロードしたファイルを開く。それから「復元」ボタンをクリックすればiPhone ダウングレードが始まる。これからしばらく待てばデバイスが再起動する。ここまでは古いOSにiPhone復元するのが完了した。それからはデータの復元やアプリを再インストールなど。

重要!iPhone戻す前に知らなければならないTIPS:
iOSを前のバージョンに戻る時に署名発行中のシステムだけ利用できる。いつか署名停止になる可能性があるので、今のうちにiPhone ダウングレードするほうがすすめられるが、実はiOS復元できるバージョンは少なくとも一つがある。いつか古いOSにバージョンダウンできない心配がいらない。
ステップ5で「復元」をクリックしたらiOS ダウングレードが始まる。この時にiOSの電源が切れたり、パソコンが急に再起動したり、パソコンとiPhoneの接続が問題があったりすると失敗して、iPhoneが使えなくなる可能性がある。この故でiPhoneX/8/8 Plus/7/6sなどのiPhoneバージョンダウンする前にパソコンとiOSデバイスの電源を確認し、できるだけ信頼できるライトニングケーブルを利用するほうがすすめる。
iOS ダウングレードにリスクがあり、個人データが失ったりiOSデバイスが使えなくなったりすることもある。この故で新iOSバージョン不具合が解決できると古いOSにバージョンダウンしないほうがいいと思う。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPhone ダウングレードできる方法!旧バージョンのiOS 搭載なiPhone戻す
iOS11情報 iOS11アップ iOS11脱獄 iOS11不具合 iOS11録画 iOS11同期