ホームiPhone・iPad・iPod > iPhoneメモリ不足対応法

iPhoneメモリ不足対応法:iPhone USB メモリ 接続できる方法三つご紹介

iPhoneはメモリが使えばすぐ切ってしまうものである。メモリの大きい機種を買ったらいいのにと後悔しても何も変わらないし、メモリの大きい機種なら値段もたかくなる。実に今この問題を解決する方法がたくさんある。メモリカードが対応できないiPhone対応USBメモリドライブもできる。Lightningジャックを利用するので、USBメモリを直接にiPhoneのメモリとして利用することができる。
iPhoneメモリ拡張するように:初心者向けのiPhoneバックアップ方法

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータをiPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成し、写真/ビデオを暗号化して出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化で保存できる!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

iPhone USB メモリ 接続方法その一:iPhone外部ストリージの場合

こういう形でLightningとUSB両方のプラグがついている。このタイプのUSBスティックの場合にiPhone USB メモリ 接続方法が基本的に三つある。そのUSBプラグでパソコンに連携したら普通のUSBメモリスティックである。LightningプラグでiPhoneと連携したら直接にiPhone外部ストリージとして利用して、iPhone USB データ転送できる。また、LightningプラグをUSBプラグでiPhoneとパソコンと連携する時にこのiPhone対応USBメモリスティックはLightningケーブルになり、iPhoneとUSBスティックに保存されるものはすべて転送できる。それに、iPhone USB データ転送とUSB パソコンデータ転送を組み合って、iPhoneとパソコンと同じところでない時にも転送できるという活用法もある。単なるケーブルよりずっと便利である。
メリット:

使いが便利だし、機能や活用法が多い。

デメリット:

ほかの種類のiPhone外部ストリージより値段が高くて、場合によってメモリがより大きい機種に買い替えるより高いこともある。

iPhone USB メモリ 接続方法その二:iPhone対応USBメモリの場合

LightningとUSB両方のプラグがあるiPhone USBメモリ 代わりに、LightningプラグだけあるiPhone対応USBメモリのほうがよりやすい。Lightningケーブルを持つ以上に、iPhone USB メモリ 接続機能だけあれば充分で、それ以上はお金の無駄使いである。このようなUSBスティックがパソコンに連携できないがiPhoneにちゃんとつないでiPhone外部ストリージとして利用できる。が、Lightningケーブルと同時に利用できないので、iPhone USB データ転送できるがUSB パソコンデータ転送できない。この点はちょっと不便であるが、普段iPhoneデータをバックアップする習慣のないお方にとっては大丈夫だと思うが、パソコンにバックアップしたいとやはりこの種類をすすめない。
メリット:

値段がやすく、iPhoneに連携したらすぐ利用できるのでとても便利。機能が少ないが複雑なものがない。

デメリット:

パソコンに連携できないのでデータをパソコンに取り込むことがiPhoneを通じて実現するので不便。

iPhone USB メモリ 接続方法その三:普通USBメモリスティックの場合

今USBメモリスティックが持っている。iPhoneに連携することできない普通のUSBメモリスティックであるので直接にiPhone外部ストリージにならない。この時にLightning-USB変換ケーブルが役にたつ。ケーブルとUSBメモリスティックの組合でLightningプラグのあるiPhone対応USBメモリと同じ。このiPhone USB メモリ 接続方法その二に述べられた機能がすべて実現できる。しかもケーブルだけの値段はずっとやすくて何百円で買える。いま使っていないUSBメモリスティックが持っているお方に大推薦。でも連携されるところが多くなるので、iPhone USB データ転送スピードが遅くなる可能性があり、USBメモリスティックも買うと値段がたかくなる。
メリット:

ケーブルだけならこの中に一番やすい。柔らかいケーブルでUSBメモリをiPhoneを重ねて持つことができる。

デメリット:

iPhone USB データ転送スピードが遅くなる場合がある。USBメモリスティックと加えると値段がたかくなる。

iPhone USBメモリ 代わりにパソコンメモリを使うメリットとデメリット

iPhone USB メモリ 接続するとどの種類のUSBメモリでもずっとiPhoneに連携して、使いながら充電することができない。バッテリー駆動時間が長くならないiPhoneの場合にこの点だけでとても不便で、iPhone対応USBメモリなどがあると持ちごこちもわるくなる。ではiPhoneメモリスペースに必要なものだけを保存して、ほかのファイルをiPhone外部ストリージに保存することがなくてパソコンに保存すればどう。MacX MediaTransというソフトを使えば簡単高速に完成でき、iPhoneがいつでも充電できる。iPhone USB データ転送するより、パソコンに空きスペースがずっと大きいので保存されるファイルも多い。しかも管理したり編集したり再加工したりすることも便利である。
メリット:

いつでも充電できる。いつでもiPhone USB メモリ 接続することが必要ない。利用できるスペースがほかより何倍もある。

デメリット:

iPhoneに保存られていないのでパソコンでしか利用できない。

パソコンとiPhone USB データ転送できる方法

まずはMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。

ステップ1:機能対応なウィンドウを開く。
MacパソコンにiPhoneを連携してください。
標記されるところで機能を選択する。画像/写真を転送するか、動画を転送するか、音楽を転送するかと、対応なボタンをクリックしたら、対応なウィンドウがになる。また、緑で標記されるボタンをクリックして保存先などが設定することができる。
これから画像/写真を転送する方法を例にしてご説明してあげよう。
あわせて読みたい
このソフトで音楽、動画、電子書籍などを転送する方法は画像転送とほぼおなじであるが、詳しい方法がほしがるお方はこちらの記事を:


ステップ2:iPhoneからパソコンに転送したい画像を選択する。
画像にクリックして選択する。緑で標記される「すべてを選択する」にチェックを入れるとあらゆる画像が選択られる。簡単に一日あるいは一月で撮った写真をクリックするには「グループ」を「日により」あるいは「月により」に設定してください。

ステップ3:iPhoneからMacへ転送し始める。
標記される「エクスポート」をクリックしたら選ばれる動画がiPhoneからMacにコピーすることが始まる。数秒待てば完成できる。
Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > iPhoneメモリ不足対応法
X