ホームiPhone・iPad・iPod > Apple Watch 4最新情報:Apple Watc4発売日、価格など

Apple Watch Series 4最新情報:2018年Apple Watch4発売日、新機能、価格、スペックなど

Apple Watch 4が2018年にリリースされ、より健康関心な機種へと

Apple Watch Series 3がスマホネットへの対応によって、Apple WatchがiPhoneに依頼しない時代が開く。でもApple Watch Series 3はあくまでも中途半端なモデルで、今回公開されたApple Watch 4こそ期待してきた機種である。更新されたデザインの中に向上されたスペック、何年も利用してたセンサーのリリースにより一新された健康機能など、すべてはApple Watch Series 4発売日から楽しめる。また、これからApple WatchはiPhoneのように毎年リリースされる可能性が見られる。ならば次期のApple Watch Series 4に進化されたスペックと追加される新機能、新デザイン、またはApple Watch4発売日、価格など、これからのApple Watch 4レビューと最新情報をまとめてご紹介しよう。

Apple Watch 4基本情報:公開日、発売日、価格など

Apple Watch Series 4公開日:9月13日1時
Apple Watch Series 4は2018年秋に公開され、発売予定で、今予定通りに公開された。Apple Watch 4と同時に、Apple Watch4価格、スペック、新しいデザインなども公開された。新しいセンサーなどで、より健康関心で、一般的に向けてECGデバイスで、FDA認証に合格した初めてのスマートウォッチとして発表された。
Apple Watch Series 4注文予約:9月14日から

Apple Watch 4が9月13日で公開された後、9月14日により注文予約が始まる。簡単にApple公式サイトなどで予約できる。が、売れきりなど可能性が低いので、わざわざ予約するより、アップルウォッチ発売日になったら店頭に次期Apple Watch 4本体を感じしてから好きなApple Watch Series 4機種を購入するほうがおすすめ。

Apple Watch Series 4発売日:9月21日

Apple Watch4はこれまでのApple Watch機種と同じで、公開された約一週間後に発売されることになる予定である。次期Apple Watch 4は9月21日(金)で発売され、アップル公式サイトも店頭も簡単に購入できる。 今回はApple Watch Series 4が二つの機種を同時発売されて、スペックも価格も違い。機種をより簡単に決めるために、これからのApple Watch 4レビューを用意した。

Apple Watch Series 4価格:4万5800円から

Apple Watch4はスペックなどの向上でApple Watch Series 3より値上げることになる。最安のApple Watch Series 4 GPSモデルの40mm機種は4万5800円で、44mm機種が4万8800円で発売される。また、GPS+Cellularモデルは40mm機種が5万6800円からで、ケースの材料とバンドによって8万円も超える機種もある。さすがスマートウォッチとしてあまりにも高い値段である。

Apple Watch Series 4デザイン変更情報:全画面ディスプレイに一新

今公開されたApple Watch 4レビューとApple Watch 4最新情報によって、Apple Watch 2018年に機体が薄くなり、軽くなるそうである。次世代の全画面ディスプレイの採用により、薄型になり、軽量化可能となり、機体サイズが大きくならないままでより大きいスクリーンが搭載される。腕に付けるものなので、Apple Watch4へ薄く、軽くなればより便利になるに違いない。
Apple Watch 4には依然としてアルミニウムケースとステンレススチールケース両方が提供している。機体色とバンド色はゴールド(金)、スペースグレイ(灰)、シルバー(銀)という三つから選択できる。
Apple Watch次期モデルにバンドがより多彩で、より多いデザインが選択できると予測されている。Appleデザイン以外に贅沢品ブランドがデザインしたものも選択できる。また、機体の大きさが変更されるので、Apple Watch Series 4のケースとバンドが前代Apple Watchに対応できない恐れがある。
あわせて読みたい
Apple Watchを買いたいがどちらを買うか分からないお方はこの記事ヘ: 

Apple Watch 4レビュー:スペック向上

Apple Watch Series 4に30%以上拡張したディスプレイ

Apple Watch 4デザインの変更により、ケースサイズを目に見えて大きくすることなく、ベゼル部分を小さくすることで、ディスプレイの表示エリアを30%以上広げる。具体的にいえば、40mm機種は前代の38mm機種より35%拡張して、44mm機種は前代の42mm機種より32%拡張できる。40mm機種はスクリーンが1.57インチになり、44mm機種は1.78インチで、解像度は384x480画素である。円角ディスプレイの採用と縁の部分をより細くすることで、表示エリアを広げる。LTPOという新しいディスプレイテクノロジーによって、電力効率を向上させ、ディスプレイが大きくなってもバッテリー駆動時間が短縮はしない。



Apple Watch Series 4に一新されたセンサー
何年も同じように見えるセンサーは、Apple Watch 4に一新されて、デザイン方面も機能方面も大きなリリースがされる。ワークアウトの自動検出などはもちろん、心拍数をより高速でより精確にチェックできる。不整脈などを検出したら通知も出る。また、Apple Watch Series4に搭載される最新なECG機能で、わずか30秒だけで完璧な心電図がiOSデバイスに表示される。次期Apple Watch 4にこの機能が専門的な医学検査結果として医師に提出できる。 加速度センサーも進化され、落下を検出できる。ユーザーは落下して一分間に動かない場合、Apple Watch 4新型は自動的に緊急サービスに連絡する。

Apple Watch Series 4に18時間のバッテリー持ち
2018年に至って、Apple Watch 4はいろいろが最新技術のおかげでようやく、Apple Watchが一日中の利用ができるようになる。充電一回だけで、18時間のバッテリー駆動時間が期待できる。目を覚ますから寝るまでずっと手首に、電源切れの心配がこれからなくなる。また、ソフト方面にもいろいろなリリースがあり、電力効率があがるため、バッテリー容量の大幅向上はない。バッテリー持ちが長くなても、機体は厚くて重くならないままで済む。


Apple Watch Series 4に速度を倍にしたコア
最新のApple Watch次期機種はもちろん、最新のコアが内蔵している。今回のApple Watch 4にはS4コアが搭載されている。64ビットのデュアルコアで、前代のApple Watch Series 3より2倍の速度で動作できる。が、Apple Watch 4コアのリリースは速度だけではなく、64ビットのアプリが動作できるようになることこそより期待できることである。macOSもiOSもwatchOSも対応できるアプリはこれから64ビットアプリだけで、時間の流れによって前代に対応できないアプリがたくさんある。Apple Watch Series 4はアプリ方面で新時代と旧時代の分れとも言える。Apple Watch 4は単体で動作できるデバイスとする同時に、iOSデバイスまたはMac PCとの連携性はより一層向上された。


【ハズレ】Apple Watch Series 4に血糖値モニタリング機能ようやく実現
が、Apple Watch 2018年に一番注目される新機能はディスプレイではなく、糖尿病対策のための血糖値モニタリング機能である。今血糖を測定するには血液サンプルを採取することで実現するが、Apple Watchは非侵襲的(生体を傷つけない)方法で血糖を測定する。この機能は元々糖尿病患者のために開発されたが、実はダイエットしている人にもとても効く。クック氏は開発中の血糖値測定機器を装着し、運動と食物両方で30ポンド(約13.61kg)も減量した。また、医学的に非侵襲的方法で血糖測定することが可能となるとすれば、革新的な意義がある。

【ハズレ】Apple Watch 2018年に「スマートバンド」に進化、バンド交換可能
Apple Watch 4レビューによって血糖測定機能は機体ではなくバンドに追加される可能性が高い。Apple Watch 2018年に「スマートバンド」をApple Watchと同時に発表されるという噂がある。そのスマートバンドには血糖測定といった複数の新機能が追加され、バンドの交換も自分で実現できる。本体の機能向上とバンドの新機能などによって単体での活用が広がる。が、バンドを加え、Apple Watch4価格は極めて高めるかもしれない。

Apple Watch 2018年新OSリリース:新機能追加

watchOS 5いつ公開、またはリリース時間
Apple Watch次期モデルに搭載されるwatchOS 5が2018年WWDCで公式発表された。つまりwatchOS 5が6月5日により公開されて、Apple Watch Series 4に利用できる新機能が公開された。が、watchOS 5は今開発者のみリリースでき、一般ユーザーは2018年9月に待たなければならない。watchOS 5はApple Watch次期モデルと同時リリースかと予測しているが、watchOS 5はApple Watch Series4が公開される時に正式リリースを提供して、その数日後にApple Watch 2018機種が発売される見込みである。

Apple Watch Series 4新機能:ワークアウト自動感知と項目追加
運動前にワークアウトアプリを起動することを忘れる場合のために、Apple Watch次期モデルで搭載される新機能としてワークアウトの自動感知機能が追加される。この機能によってワークアウトを始める時に自動的に感知して、運動量などの計測を始める。ほかのスマートウォッチでは珍しい機能ではないが、ようやくApple Watchでも利用できるようになる。また、「ヨガ」や「ハイキング」(登山)をトラッキングできる新しいワークアウトも追加された。登山やヨガの運動量計測は対応できるようになる。そのほか、既存のワークアウトの一部にも、ペースアラートやケイデンス機能が追加。

Apple Watch Series 4新機能:トランシーバー
Apple Watchをトランシーバーとして使える「ウォーキートーキー」機能である。遠くない友達とApple Watchを介して、ボタンを押している間だけ会話ができる機能である。Apple Watchで、今はなきNTTドコモの「プッシュトーク」を連想させる機能が、Apple Watchに搭載されたのだ。ネット経由で会話をすることで、電話料はかからない。また、ボタンを押している時だけに会話をするので、通信量も節約できる。Apple Watch 2018機種を買ったらこの機能を見逃さないでください。Apple Watch Series1以降の機種なら利用できるが、自体でネット連続できない機種の場合にiPhoneと連携することが必要である。

Apple Watch Series 4新機能:Siriの無声起動とショートカット
「ハイSiri」を呼ぶとめんどいでおかしいと思う人にApple Watch 2018機種をすすめる。Siriを呼び出す際に「Hey Siri」と口に出す必要もなくなり、手首を上げるだけでSiriが起動できる。声をかけることがいらないようになり、より便利になると期待できる。
また、iOS12のショートカット機能も、Apple Watch Series 4で利用できる。スケジュールなどをワンタッチだけで、予定の時間になったらSiriの通知が出てくれる、という機能である。

Apple Watch Series 4新機能:改良されて多機能になった通知
iOS 12と同様に、同じアプリからの通知はグループ化することで視認性が改善された。また通知から直接空港にチェックインできるなど、通知からワンアクションで行える機能を拡充して、通知が多機能になった。さらに、WEBサイトのリンクを含むメッセージを受け取った場合、ウェブページをApple Watchの画面に最適化してプレビュー表示してくれる機能も追加された。
このほか、友人と1週間のワークアウト量を競う機能や、単体でPodcastが聞ける機能、Apple WatchのNFCを学生IDカードとして使える機能も追加された。
Apple Watch 2018最新情報|Apple Watch新型にiPhoneから曲を転送

MacとiOSデバイス(iPhone /iPad /iPod)の間で、動画、音楽、写真などのメディアファイル共有を簡単に行えるアプリケーション。分かりやすいインターフェース、多彩な機能、驚きの転送速度が特徴。MacX MediaTransでクリック数回するだけで、メディアファイルをiOSデバイスからMac PCへ転送・同期・バックアップ・変換可能!

いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > Apple Watch次期モデル最新情報