ホームiPhone・iPad・iPod > iFunBox使えないソリューション

【対処法】iFunBox使えない問題に対し一番簡単なソリューションご紹介!

iFunBoxエラーを一つ解決してももう一つがあってiFunBox使えないことがよくある。iFunBoxアプリ開けないとか、開けるのに持っているiPhoneがiFunBox認識しない。またMac PCの場合に、Mac用iFunBox日本語バージョンならダウンロードもインストールもできないことも多い。ではiFunBox使えないとどうする?iPhoneとiPadを同期したいと、どうすればいいか。まず操作がどこかに間違いがあるかと、確認しよう。
iFunBox iOS 10対応不可、iFunBox起動しないなどの不具合を解決!

iFunBox iOS 10対応していない、iPhone7 iFunBox使えない、iFunBox認識しない、iFunBox起動しない、iFunBox Classic落ちる時はどうすればいい?代替ソフトMacX MediaTransがあれば、すべての問題が解決!かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送!

iFunBox日本語バージョンの使い方:まず操作を確認しよう

まずはiFunBoxをダウンロードして、インストールする。最新バージョンをインストールすると確認してください。また、インストールする時に言語を日本語に選択すればiFunBox日本語バージョンがインストールされる。
インストールしたら言語選択ができないようで、インストールする時にぜひ日本語に選択してください。
「発行元を確認できませんでした」などで、ダウンロードあるいはインストールができないお方は、この解決法をご覧ください。
ステップ1:トピックを選択してください。
iFunBoxを開けて、iPhoneをパソコンに連携する。そうしたらご覧のようになる。標記されるところにトピックを選択する。写真ならカメラで、また「RAW ファイルシステム」ですべてのファイルを選択できる。
ステップ2:ファイルを選択する。
標記されるところでMacパソコンに同期したいファイルを見つけて、選択する。同じフォルダにある複数のファイルを選択することができ、右クリックしてすべてを選択することもできる。違うフォルダにあるファイルを転送する場合に別々に転送する。
ステップ3:Macへコピーする。
標記されるボタンをクリックして、選択したファイルをMacパソコンにコピーする。

iFunBox使えないによくある原因とそのソリューション


システム対応できない
iFunBox日本語版は対応するシステムが限られて、最新なWindows10で動作するとiFunBoxエラーで使えないことがよくある。Mac版なら最新のmacOS Sierraをいうまでもなく、Mac OS XあらゆるバージョンにiFunBoxアプリ開けない可能性がある。開けてもいろいろな不具合でiFunBox使えないので、公式サイトでほかのソフトを利用してくださいと書いている。

iPhone、iPadがiFunBox認識しない
iPhone7、iOS10にアップデートしたiPhone6sとiPhone6が、iFunBox日本語版も英語版も対応できない。パソコンに連携しても連携していないようにiFunBox認識しないとか、認識したがファイルを検出されていない。転送したいファイルが検出できないとやはり転送できないであろう。

「発行元を確認できませんでした」などでiFunBoxアプリ開けない
Mac設定によって、AppStore以外からダウンロードしたアプリがインストールできない。ウェブサイトからダウンロードしたアプリをインストールしようとすると「「発行元を確認できませんでした」と、拒否される。iFunBox使えないのも、iFunBoxがウェブサイトからダウンロードしたものという原因がある。

Post Error messageなどのiFunBoxエラー
このような不具合なら原因が複数あり、すべて解決できないとiFunBox使えない問題が依然としてある。パソコンにiTunesがインストールしていない、あるいはiTunesは最新版でない時にはこの問題があり、またiFunBox日本語版のインストールファイルの保存先が間違う可能性もある。

iFunBoxアプリ開けないなど、解決できない問題に対応策:MacX MediaTrans

実はiFunBox認識しない、iFunBox使えない原因の中に解決できないものが多い。開発終了でシステム対応できないなど、自分でソフトを進化させるわけがないであろう。ではiFunBoxの代わりにMacX MediaTransを利用しよう!最新なMacもiPhoneもiPadもちゃんと対応でき、対応できないと最新バージョンにアップしたらいい。めんどいiFunBoxエラーがないし、iFunBox認識しないiPhone Mac同期もできる。自動的に音楽、動画と写真を検出してくれて、iFunBox日本語版より簡単な操作で、一番高速に完成できる。

iFunBox認識しない時の対処方法|iPhoneを順調にバックアップする方法

まずはiFunBox代わりになれるソフトMacX MediaTransダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。

ステップ1:機能対応なウィンドウを開く。
MacパソコンにiFunBox認識しないiPhoneを連携してください。
標記されるところで機能を選択する。画像/写真を転送するか、動画を転送するか、音楽を転送するかと、対応なボタンをクリックしたら、対応なウィンドウがになる。また、緑で標記されるボタンをクリックして保存先などが設定することができる。
これからiPhoneから音楽を転送する方法を例にして、MacX MediaTransの使い方をご紹介してあげよう。
あわせて読みたい
このiFunBox日本語版代わりソフトで写真や動画などを転送する方法もほぼ同じであり、もっと詳しい知りたいとこの二つの記事を読んでください。
iPhoneからMacに音楽をコピーする場合に:
ステップ2:iFunBox使えないので転送できない音楽の前にチェックを入れて選択する。「すべてを選択する」にチェックを入れてワンキーであらゆる音楽ファイルを選ぶことができる。
この時に音楽の関連情報を編集したり、プレーリストを作成したり管理したりことができる。
ステップ3:「エクスポート」と書かれたボタンをクリックすれば選べられたiPhoneで保存される音楽をMac PCに転送することが始まる。
MacからiPhoneに音楽転送する場合に:
ステップ2:「音楽追加」というボタンをクリックして、音楽ファイルを選択する。
追加しない音楽を選択してしまうと「音楽消除」をクリックして追加された音楽を消去する。消去した音楽の前に「Del」と書かれるとその音楽はiPhoneに同期しない。
ステップ3:音楽を確認したら「同期」を書かれた青いボタンをクリックして追加される音楽をiPhoneに転送し始まる。
Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。

上記の操作手順を参考にしながら、iFunBox使えない、iFunBox認識しない、iFunBox起動しない、iFunBox Classic落ちる不具合を一発で解決できる。優れたiFunBox代わりソフトであるため、iPhone/iPad/iPod内にある音楽、写真、画像、ビデオファイルをPC/MacBook Air/MacBook Pro/iMacに転送したり、PC/MacBook Air/MacBook Pro/iMacに保存しているメディアファイルをiPhone/iPad/iPodに同期することができる。データ転送は勿論、iTunes Store、ibooksから購入したメディアファイル/電子書籍をお使いのiOS機器に共有したり、iPhone/iPad/iPodをUSB化にしたり、お気に入りの音楽を編集してiPhone/iPad/iPodの着信メロに設定することができる。実用的な機能が沢山あって、iFunBoxエラーで使えないのなら、この代わりソフトをお試し下さい。

MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > 【対処法】iFunBox使えない問題に対し一番簡単なソリューションご紹介!