NO Apple NO Life ! iPhone・iPad・iPod簡単データ移行方法まとめ

ホームiPhone・iPad・iPod > 2017年アップル新製品一覧
【更新中】iPhone8、10.5型iPad Pro、新型iMac及びHigh SierraなどApple新製品一覧
2016年アップル新製品がすべて公開された。がっかりされるものがあれば、更新されていないものもある。大きく進化されるはずなiPhone7は果たしてiPhone6sと双子のようなものである。ずっと前から更新されると言われるiMacが結局進化されていない。でもApple新製品2017年にも期待できるものが多くある。iPhoneも、欠席したiMacも、アップル新商品情報によると今回は絶対失望させない。また、10.5インチのiPad ProのようなiPad新製品も含めて、がっかりかわりにサプライズ!
でも2016年新機種アップルが発表会で同時に公開しないように、Apple新製品2017年にも別々に公開する。アップル発表会iPhone8はいつもの9月で、2016アップル新製品に欠席したデバイスは2017春で、3月以降になりそうである。これから詳しいアップル新商品情報をご覧ください。
Apple新製品2017(iPhone8、10.5型iPad Pro)に対応済み|新製品を買ってもデータは損失しない

iPhone7、iPhone 7PlusなどのiPhoneデバイスにとってはかなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレ イリスト、写真などのデータを iPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成!MacX MediaTransで、毎日あなたのiPhoneとほかのAppleデバイスをもっと楽しめ、もっと自由に。

iPhone8、iPhone8 Plus:一番注目されているアップル新製品
iPhone7に大きな進化がない原因は、2017年はiPhone誕生十周年であるので十周年記念iPhoneを公開することである。高速充電、AMOLEDガラスなど、iPhone8で進化される。また、デザインも一新され、両面もガラスになりそうである、しかも今回の新機種アップルあらゆるiOS製品と違って、ホームキーがなくなる可能性がある。それに、両面ガラスのデザインのおかげで、ウェアレス充電もできる。が、いままでのウェアレス充電方式と違ってAppleなりに充電するかと予測されている。2017年秋アップル発表会iPhone8は公開される予定であり、4.7インチのiPhone8と5.5インチのiPhone8 Plusという二つの機種があり、価格はiPhone7、iPhone7 Plusと変わらないが、その時にiPhone7が100ドル値下げる。iOS11搭載しているので、その時にもiOS11が公開される。発売はその後の一週間以内と思われている。Apple新製品2017年に一番期待されるのはiPhone8で、二度と失望されたら許さない。
iPhone SE2は出るか?
iPhone SEの次世代モデル、「iPhone SE2」の背面ガラスパネルとされる画像が、中国のSNS、Weiboで公開された。ネットでは「iPhone SE2は出るか?」に関する噂&リーク情報も沢山出てきた。iPhone SE2は2017年6月に開催されるWWDC 2017に合わせてリリースされる見込み。
海外メディアによると、iPhone SEの次世代モデル、「iPhone SE2」は、現行モデルiPhone SEより大きな進化を遂げる。A10チップ+A10モーションコプロセッサー搭載、防水機能搭載、REDとジェットブラックの追加、Apple Payの搭載、3.5インチサイズの展開、と五つの新機能を導入する。
iMac 2017版〜21.5インチiMac
二年ぶりに2016年アップル新製品にiMacがあるかと思って、結局なかった。でも2017年春に新版iMacは世に問うと予測されている。来年3月で、新機種アップルがいくつ公開する。その中にはiMacがある。アップル新商品情報によるとiMacにはIntelの次期Coreプロセッサこと「Kaby Lake」を搭載する。その「Kaby Lake」は今公開されていないので、iMacが2017年になるしかない。でもアップル発表会iPhone8と同じ、秋で公開することはなく、それより早くて、春で公開されるそうである。性能が前代より大幅に向上され、価格は下がる可能性が高い。今円高なので、アメリカ価格が変わらなくても、日本で販売価格は下がる。でもMacbookがリリースされたら前代は値上がるという現象はイギリスなどの地域で現れるので、価格のほうは今はっきり言えないままである。Apple新製品2017年春発表会になるとすべてがわかるであろう。
最新情報によると、21.5インチiMacは、2.3GHzプロセッサ1TBストレージ、Retina 4Kディスプレイ3.0GHzプロセッサ1TBストレージ、Retina 4Kディスプレイ3.4GHzプロセッサ1TBストレージと三つのモデルがあり、プロセッサーによって違う。それぞれの価格は、120,800 (税別)、142,800 (税別)、164,800 (税別)である。次世代iMacスペック、新機能、リリース日、価格まとめ
iMac Pro
この前に流出された情報と同じ、2017 WWDCでは新しいソフトウェアとOSを発表される他、新しいハードウェア製品も発表された。iMac ProはまさにPro向けの最強いiMacと言われ、5K Retinaディスプレイ、5120×2880ピクセル解像度、数十億色以上対応し、プロセッサーは8コア/10コア/18コア、Xeonを搭載し、GPUには新しいRadeon Vega Graphicsを採用し、世界最強、最高のデスクトップPCだと高評価される。
ストレージは最大1TB、オプションでは2TB又は4TB SSDに変更できる。最大では128GバイトのECCメモリをサポートし、4つのサンダーボルト3ポートには、高性能RAIDアレイを最大で2つ、5Kディスプレイを最大で2台同時に接続できる。カラーはスペースグレイ。12月に発売予定で、価格は4999ドルからの予定。国内の価格は未定という。
新型MacBook Pro
Appleは6月6日、「WWDC 2017」にて新型「MacBook」と「MacBook Pro」を正式発表した。新型MacBook Proは徹底的に薄く、驚異的に軽く、かつてないほど速くパワフル。新型MacBook Pro、とMacBook Proの最大特徴は、Intelの第7世代コアプロセッサーKaby Lakeを搭載していること。それで、MacBookは50%高速化されたSSDを搭載している。
「Touch Bar」を搭載しない13インチ新型MacBook Proの価格は142,800円からとなっていて、「Touch Bar」を搭載する13インチモデルは198,800円から。15インチ新型MacBook Proの価格は258,800円からとなっている。
iPad Pro 10.5インチ版:iPad Proをそれぞれのニーズに対応するよう
2017年iPad新製品が10.5インチ版のiPad Proである。iPad Proが専門家、特にデザイナーのために用意したデバイスである。が、今までのiPad Proは、12.9インチ版が大きすぎで持ちにくいし、9.7インチ版が小さくて体験が一番とは言えない。では今回のiPad新製品が大きさも性能もちょうどいいデバイスである。性能はデザインのような仕事を順調にする程度で、性能過剰でバッテリー駆動時間が短くなることもない。サイズなら大きくても持ちやすい程度である。これで三つのiPad Proがあり、それぞれのニーズにおいて最適なものを買うことができるようになる。アップル新商品情報によるとiPad Pro10.5インチは2017年3月で発表され、発売も3月以内である。iOS11は2017秋で公開するゆえ、搭載されるのはiOS10であると思われる。その同時にiPad Pro 12.9インチ版と9.7インチ版もリリースされているが、2016年3月で発表された9.7インチは「廉価版」というキャラである。
Macbook Air:2016年に欠席したApple新製品2017春に
公開されたばかりなアップル新製品にはMacbookシリーズがリリースされたがMacbook Airの姿がない。Macbook Airシリーズがこれからなくなるかと予測する人がいる。新型のMacbook Proも軽くて持ちやすいし。でもMacbook Air新機種アップルが忘れるわけがない。Apple新製品2017春に公開されるリストには進化されたMacbook Airがある。新機種にRetinaディスプレイが搭載され、CPUの進化されるそうで、性能が向上される。それに、機体はサイズが小さくなり、重さも軽くなりそうである。が、今回公開されたMacbook Pro 13インチ版よりスペックがよくないが、値段もやすいそうである。今もっと詳しい情報がないが、アップル新商品情報に新しいものが入ったらすぐ更新する。
iOS11:iPhone8に最適、もっとiOSらしくなるもの
毎年に更新されるiOSシステムは2017年になるとiOS11になる。アップル発表会iPhone8と同時に発表され、9月になる予定である。ゆえにiPhone8に搭載されるのはiOS11であるが来年のiPad新製品に搭載するiOSはiOS10である。でもiPad ProはiOS11のアップグレードが対応できる。が、かなり古い機種、例えばiPhone5などが対応できない可能性が高い。iOS10より、iOS11がもっと流暢で、エネ消費がさがると予測されているが、iPhone8はバッテリー容量がさがるとバッテリー駆動時間が長くならないかも知れない。でもやはりiPhone8に一番ふさわしいであろう。iOS11アップデート方法>>
HomePod(ホームポッド)
アップルは6月5日(現地時間)より、米カリフォルニア州サンノゼにて、Siri対応のスマートスピーカー「HomePod」(カラーバリエーションはホワイトとスペースグレー2色)を発表した。価格は349米ドル。(Google Home $109やAmazon Echo $179.99と比べてしまうと、かなり割高となる(いずれも市況価格))。海外メディアによると、米国、英国、オーストラリアで2017年12月よりリリースが開始される。
「HomePod」はWi-Fi スピーカー&スマートスピーカーの1台x役で、大勢の方々が興味を持つ。機能に関しては、音声アシスタントSiriを搭載、音響特性を自動調整、Siriの呼び出しがスムーズにするため6方向にマイクを搭載、「Apple Music」と連携し、ユーザの好みの音楽を自動で流す機能がある。新しい視聴スタイルを楽しめる。
HealthKit:ユーザーのプライベート医師さん
2017年アップル新製品にはソフトウェアに定番のiOSシステム以外に「HealthKit」というものがある。watchOSとiOSでいろいろな情報をまとめて、ユーザーの健康状況を監視するのはその主な機能である。腕と指先で心拍数などを測定したりして、そして運動情報を組み合って体の具合をiPhoneで示してくれる。病気になる前に予防し、病気になったらすぐ分かり、早めに治る。「Homekit」と違って、ほかのデバイスがいらないでiPhoneやApple Watchなど新機種アップルデバイスが利用できる。旧機種はこの機能が利用できるかないかと今わからない。でもTouchIDを利用するそうで、iPhone6より古い機種は利用できないと違いない。
macOS:High Sierra
macOS:High Sierraを発表する前、様々な噂&リーク情報が出ている。「Worldwide Developers Conference」(WWDC)に合わせて、macOS:High Sierra新機能などの情報が明らかとなった。macOS:High Sierraは、システムの中核にある新しいテクノロジーが、あなたのMacの信頼性、能力、反応の良さを引き上げ、次にやってくるイノベーションの基盤を築くOSである。macOS:High Sierra対応モデルは、MacBook:Late 2009モデル以降、MacBook Air:2010モデル以降、MacBook Pro:2010モデル以降、Mac mini:2010モデル以降、iMac:Late 2009モデル以降、Mac Pro:2010モデル以降。
海外メディアによると、macOS High Sierra上でのSafari速度は世界最速と言われ、Chromeよりも80%高速となるから。その他、セキュリティ強化や写真・動画編集機能もアップグレードされていて、macOS Sierraよりもどんどんアップしている。macOS:High Sierraパブリックベータ版は6月末に公開で、無料アップデートは秋頃を予定。macOS:High Sierra機能、アップデート方法>>
Apple Watch series 3
最新情報によると、Apple Watch series 3は2017年後半に発売される見込み。現行のApple Watch series 2と比べて、Apple Watch series 3の防水性能が更に向上し、 GPSも追加し、パフォーマンスも快適になり、電池持ちも良くなった。9to5Macによると、次世代のApple Watch(Apple Watch series 3)はTouch IDが搭載され、「SIMカードスロット」を搭載し、「LTE」に接続することが可能になり、また、バッテリー効率を大幅に改善させるために、CAT-M1チップを搭載すると報告している。
デザインが大幅に変わり、ベルトにもディスプレイが埋め込まれるApple Watch series 3発売日に関しては、様々な説があり、2017年後半に発売される。次世代新型Apple Watch(Series 3)性能、発売日、価格
watchOS 4
Appleは米国時間6月5日、「WatchOS 4」のプレビューを発表した。Siriウォッチフェイス、スマートアクティビティコーチング、強化されたMusicアプリの、新しいSiri専用の文字盤や万華鏡デザインの文字盤が追加された。Siriを活用したインテリジェント 化をはじめ、使い勝手をより向上することを主眼に置いている。
更に、Bluetooth経由で、ヘルスケアやスポーツ関連機器と連携することができる。それで、血糖値モニタやフィットネストラッカーなど、さまざまなデバイスとの接続が可能になる。
MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
いつもシェアありがとうございます

コメントの多い記事一覧

ホームiPhone・iPad・iPod > 2017年アップル新製品一覧