ホームiPhone・iPad・iPod > iPhoneX/8/7/6s/ iPhone6 mac 動画 共有方法複数ご紹介

iPhoneX/8/8 Plus/7/iPhone6s/ iPhone6 mac 動画 共有方法複数!iPhone 動画管理より簡単に

iPhone7が16GB機種を32GB機種になる?だとしてもiPhone6とiPhone6sの16GBユーザーは依然としてメモリスペースがよく不足。iPhone6前の機種を使っているお方は今回iPhone7に機種変したりすることと考えるが、iPhone6とiPhone6sユーザーのスマホがまだ使えるし、機種変更する必要がないであろう。でも16GBユーザーはアプリをアンインストールしたり、ファイルを消去したりして、空きスペースを大きくなる方法がある。でもなにか消去することより、iPhone6s/iPhone iPhone6 Mac 動画 共有方法で、iPhoneに保存する動画をMacに転送して、必要な時にMacからiPhone動画を転送するという方法がいい。
このようにiPhone6s 動画 管理、あるいはスペース管理方法は三つの種類がある。一つはMac iPhone 連携してライトニングでiPhone6 Mac 動画 共有すること。またはMac PCとiPhone6s/6を同じWifiに接続して、あるいはブルーツースで接続するというウェアレスでMacからiPhone動画を転送すること。もう一つはiPhone6s 動画 管理ソフトも接続もいらなくて、インターネットにアップしてダウンロードすること。いい方法を利用するとiPhone6s 動画 管理がより簡単になり、かかる時間も短くなる。ではこれからiPhone6 Mac 動画 共有方法を四つご紹介して、どっちが自分にとって一番いい方法かと、読んだらすぐわかる。
Mac iPhone 連携方法とは何?優れたiPhoneX/8/8 Plus/7/iPhone6s 動画 管理ソフト

かなり優秀な評価の高いiOSデータ管理ソフト。他のソフトと比べて、バランスが一番良く、動作も軽く、転送スピードが想像以上に速い。音楽、動画、プレイリスト、写真などのデータをiPhone・iPod・iPadとPC間、iOSデバイス間に楽に転送! 各データの編集、削除などの管理も手軽に完成し、写真/ビデオを暗号化して出力、写真隠しロック、動画をパスワードで暗号化で保存できる!MacX MediaTransで、毎日をもっと楽しく、もっと自由に。

iPhoneX/8/8 Plus/7/iPhone6 Mac 動画 共有方法その一: Macx Media Transを利用する

転送速度:★★★★★              安さ:★★★★☆

簡単さ:★★★★★                便利さ:★★★★★

Macx Media Transは専門的なiOSファイル管理・転送ソフトであり、iPhone6とiPhone6s 動画 管理するには専門的な力が持っている。iPhone6 Mac 動画 共有することで、iPhoneに保存される動画を転送したりMacからiPhone動画を取り戻したりすることができる。また、iPhone6とiPhone6sが対応できない動画なら転送する時に再生できるファイルに変換する機能も内蔵していて、今まではMacx Media Transだけあるとても便利なソフトである。
メリット
  • 転送スピードは一位。
  • iPhone6s 動画 管理方法は簡単である。
  • 動画変換機能もついている。
  • 最新バージョンのシステムも対応できる。
  • デメリット
  • 有料ソフトであり、価格2980円である。買わないとファイル転送数が限られる。
  • 動画変換ができるのに編集ができない。
  • iOSファイル管理ソフトであるからAndroidは対応できない。
  • 詳しい操作:
    まずはMacX MediaTransをダウンロードしてインストールする。起動して、次のように見える。

    ステップ1:動画転送機能を選択する。
    Mac iPhone 連携してください。
    標記される「ビデオ」を書かれたボタンをクリックして、動画転送界面に進む。
    iPhone6 Mac 動画 共有する以外に写真と音楽をパソコンに転送する場合に対応なボタンをクリックしてください。
    あわせて読みたい
    Macx Media TransはiPhoneX/8/8 Plus/7/iPhone6s/iPhone6 Mac 動画 共有する以外に画像・写真と音楽もMac PCにバックアップすることができる。詳しい方法は:
    ステップ2:動画を選択して、Mac PCに転送する。
    動画転送に対応するボタンをクリックしたらこのように見える。
    動画にクリックして選択できる。そして「エクスポート」を書かれたところをクリックして、パソコンに転送する。
    ステップ3:動画をiPhoneから消去する。
    パソコンにバックアップした動画をiPhoneから消去しないiPhoneX/8/8 Plus/7/iPhone6/iPhone6sメモリスペース不足問題が依然としてあるから、動画をiPhoneから消去する。消去したい動画にクリックして選択する。そうしたら「ビデオ消除」と書かれたところにクリックして選択される動画を消除する。
    ステップ4:変更をiPhoneに同期する。
    右下にある「同期」ボタンをクリックして、変更をiPhoneに同期する。
    Tips:「最新の情報に更新」と書かれたところにクリックするとiPhoneから再び読み込みするので、なにかミスがあってやり直したいと、「同期」と書かれたボタンを押さないままでここでクリックすればいい。

    iPhoneX/8/8 Plus/7/iPhone6 Mac 動画 共有方法その二:iCloudあるいはAirDropで共有する

    転送速度:★★★☆☆              安さ:★★★☆☆

    簡単さ:★★★★☆                便利さ:★★★★☆

    AirDropはアップル専門的な転送機能である。iCloudはバックアップツールで、MacからiPhone動画をバックアップしたものをダウンロードすることもできるので、iPhoneX/8/8 Plus/7/iPhone6 Mac 動画 共有することも実現できる。iCloudとAirDropならiPhoneX/8/8 Plus/7/iPhone6s 動画 管理はそんなに便利ではないが、ライトニングなどでMac iPhone 連携する必要がないので、単なるファイル転送なら便利である。同じWifi環境に接続すれば簡単に操作できるが、転送速度はWifi次第である。
    メリット
  • ウェアレスで完成できる。
  • アップルのツールからインストールが必要ではない。
  • デメリット
  • iPhone6 Mac 動画 共有する数が多くなると不便。
  • iCloudは5GB以上は月あたりに金かかる。
  • iPhone6s 動画 管理ができない。
  • iPhoneはスクリーンが壊れてタッチできないと利用できない。
  • 詳しい操作:
    ステップ1:iPhoneで写真アプリを開ける。
    Wifiにつながって写真アプリをあげる。AirDropの場合に、Mac PCと同じWifiにつないでください。あるいはMac PCとブルーツースで接続してください。
    ステップ2:動画を選択して、共有する。
    iPhone6 Mac 動画 共有したい動画を選択して、共有ボタンにタッチする。
    複数の動画を転送したい場合に、その中に一つだけを選択する。
    ステップ3:共有方式を選択する。
    AirDropかiCloudかと、対応なところにタッチしてください。
    複数の動画を転送したい場合に、タッチする前にほかで動画にタッチして選択する。
    ステップ4:MacからiPhone動画をダウンロードする。
    MacパソコンでAirDrop、あるいはiCloud Driveを開けて、先共有した動画をダウンロードする。

    iPhoneX/8/8 Plus/7/iPhone6 Mac 動画 共有方法その三:Mac iPhone 連携してiTunesを利用する

    転送速度:★★★☆☆              安さ:★★★★★

    簡単さ:★★☆☆☆                便利さ:★★★☆☆

    Apple開発したソフトであり、iPhoneとMacの間にメディアファイルを転送したりすることができる。また、iPhoneに保存されるすべてのデータがバックアップすることができる。が、機能が多きすぎで、とても使いやすいソフトではない。転送速度もパソコンによって違って、エラーもよくある。iPhoneX/8/8 Plus/7/iPhone6とiPhone6s 動画 管理もほかのメディアファイル管理も便利とは言えない。
    メリット
  • 完全無料。
  • iPhoneデータをすべてバックアップすることができる。
  • 音楽などの場合に再生もできる。
  • デメリット:
  • iPhone6 Mac 動画 共有するにかかる時間が長い。
  • ファイル管理が不便。
  • エラーがでるがち。
  • 詳しい操作:
    ステップ1:iPhoneをMacに接続する。
    まずはiTunesを起動して、Mac iPhone 連携する。はじめて連携する場合にiPhoneに「このパソコンを信頼する」と選択してください。

    ステップ2:デバイスを選択する。
    接続することで、iTunes右上に表示されるiPadをクリックする。

    ステップ3:バックアップ界面に進み、iPhone6 Mac 動画 共有する。
    上部の「概要」タブを選択し、バックアップ界面に進む。
    手動でバックアップ/復元」で「今すぐバックアップ」をクリックし、手動でiPad内のデータをiTunes(Macパソコン)にバックアップする。

    iPhoneX/8/8 Plus/7/iPhone6 Mac 動画 共有方法その四:MacからiPhone動画をメールで送る

    転送速度:★★☆☆☆              安さ:★★★★★

    簡単さ:★★★★☆                便利さ:★★☆☆☆

    メールで誰でもファイルを送ることができる。もちろん自分に動画ファイルを送ることができる。この方法ならMac iPhone 連携もいらないし、同じWifi環境なども必要ではない。iPhone6 Mac 動画 共有以外にどんなファイルでも対応できる。が、この方法ならまず転送したい動画をインターネットにアップする。そしてインターネットからダウンロードする。これで転送速度はずっと遅くなり、Wifi不安定な時にも更にきびしい。しかもこの方法でiPhone動画をMacに転送することできるが、MacからiPhone動画に転送したら再生できないことがよくある。
    メリット
  • 簡単で使いやすい。
  • iPhoneもAndroidも対応できる。
  • ライトニングやブルーツースなどでMac iPhone 連携は不要。
  • 動画以外のファイルも対応できる。
  • デメリット:
  • iPhone6s 動画 管理はできない。
  • iPhone6 Mac 動画 共有したらiPhoneで再生できないことが多い。
  • かかる時間が遅い。
  • メールボックスがファイルサイズに制限がある場合がある。
  • 詳しい操作:
    ステップ1:新しいメールを作成する。
    メールボックスを開けてログインする。新しいメールを作成して、送り先に自分のメールアドレースを入力する。
    ステップ2:動画ファイルを追加する。
    ファイルを添付する」ボタンにクリックして、iPhone6 Mac 動画 共有したいファイルを追加する。
    ステップ3:メールを送る。
    送信」にクリックすればメールが自分に送る。
    ステップ4:動画をダウンロードする。
    動画はメールボックスに保存されるので、パソコンもiPhone6もiPhone6sも、メールボックスにログインしてダウンロードすることができる。
    MacX MediaTrans—超高速でiOSデバイス内のデータを転送してくれるソフト
    iPhone/iPad/iPodの写真、動画、音楽を転送・同期、iPhone/iPad/iPodをUSBとして使える
    いつもシェアありがとうございます

    コメントの多い記事一覧

    ホームiPhone・iPad・iPod > iCloud バックアップできない?iCloud 容量 不足の原因と解消法ご紹介!