ホーム > ブログ > Mac OS XでiMovieにDVDを取り込む方法

【MacにDVDを保存】iMovie利用者向け、超カンタンiMovieにDVDを取り込む方法を解説!

Mac DVD 保存

Macで動作できるiMovie DVD取り込みソフトってある?

iMovieとは、直感的にオリジナルビデオを制作できるアップル社製のMac用ビデオ編集アプリケーションである。ビデオカメラからの読み込み、ビデオ・音声・字幕・タイトル・場面切り替えの編集、ビデオカメラへの書き出しなど豊富な機能を搭載しているので高く評価されている。ところが、職場の仕事で職場制作のDVDムービーを再編集する、または結婚式のDVDや市販やレンタルDVD映像をカットや、字幕・タイトル挿入などの編集をするには、iMovie単体であまりできないようである。DVDコピーガードと互換性の問題でiMovieがDVDを読み込むことさえできない、編集するなんか一段と難しくなる。

だから、ヤフー知恵袋などのサイトでは「iMovieにDVDを取り込みたい、何か良い方法がある」とよく聞かれる。そこで今回は、iMovieにDVDを取り込みたい人に向け、超簡単なMac DVD 保存方法を紹介する!これから、ザクッとiMovieを使ってDVDを編集しよう!

一般的なDVDビデオ規格のDVDの中身は、BUP、VOB、IFOの各拡張子が付いたファイルを格納したVIDEO_TSフォルダである。動画、音声、字幕などの動画再生に必要なすべての映像ファイルがそこにある。iMovieが読み込める動画形式はAVCHD、MPEG-4(.MP4)、MPEG-2、QuickTimeムービー(.mov)、DVD&HDVしかない。DVDを大きく分けて、コピーガードがかからない自作DVDや、CSS、CPRM、容量偽装、Cinavia、UOPs、APS、リージョンコード1〜6、RCE、ソニーArccOS、ディズニーX-projection DRMなどのようなコピーガードが施されている市販やレンタルDVD、2つ種類がある。iMovie単体で対応しているDVD動画は、もちろん前者である。ということは、コピーガードが施されているDVDディスクをiMovieに読み込むには、コピーガードを解除できるiMovie DVD取り込みソフトを利用しないとダメ。
iMovieは自作DVDからVOBファイルを吸出すことができると言われている。だが、いざiMovieにDVDを読み込みの作業をしようとすると、「ファイルが見つかりません。オリジナルのソースメディアを再度読み込んでください」と表示されてしまう。やはり互換性のためトラブルが発生するか。以下では、自作DVD/市販DVDをiMovieに取り込む方法をご紹介する。

市販やレンタルという商業用DVDは、CSS DVD、Uops、RCEや、地域ロック(リージョンコード1〜6)、ソニーArccOS、容量偽装、ディズニーコピープロテクトなど様々な暗号化技術で保護されている。そのため、それらのDVDをiMovieに取り込みたいなら、コピーガード解除できる第三者のMac DVD 保存ソフトが必要。普通のiMovie DVD取り込みソフトMac The Ripper、Handbrake、Free DVD Ripper、Riplt、OSExを使って、解除できないコピーガードを検出したら自動的にMacにDVDを取り込みの作業が停止してしまった。決して賢明な選択とは言えない。ここでは、最新Mac OS X(現段階ではmacOS Sierra)にも対応済み、あらゆるDVDコピーガードを解除可能なNO.1 Mac DVD 保存ソフトMacX DVD Ripper Proをおすすめ。

Mac用
Windows用
Mac DVD 保存

商業用などの市販やレンタルDVDをiMovieに取り込もう
高品質エンジン、デインタレーシング、Force A/C Synなどといった先進的機能を搭載するため、オリジナルと比べて完全無劣化の画質で、MacにDVDを取り込む。また、マルチコアとハイパースレッディング・テクノロジーを搭載することによって、MacX DVD Ripper Proはライバルより10%〜40%動作高速化、超爆速でiMovieにDVDを読み込むことができる。そして、MacX DVD Ripper ProはiMovieへ専用なプロファイルを搭載して、直接にDVDをiMovieに最適した動画形式にリッピングすることができる。シンプルなUIを持ち、日本語にも対応し、iMovieと同様に、一度も使ったことがない人がすぐに使いこなせるソフトだと思う。
 MacX DVD Ripper Proは、史上最大のアップデートとうたう最新バージョンがリリース@. アダルトDVD・ダイエットDVDなど日本独自のコピーガード解除可能; A.革命的な新しい専門音楽DVD対応技術、無劣化でDVDをオーディオファイルに変換して、Iriver AstellやSony Music Playerなど専門的な音楽プレーヤーに対応;B. VLC Player などのプレーヤーで再生できないDVDやPCで見れないDVDを手軽にMP4(H264)に変換; C. 新しいハードウェアアクセラレーション技術を導入し、爆速でDVDをリッピングする; D.大切な部分を劇的に進化させ、最も安定、最も使いやすい、最も高品質にとなった;

操作方法をご案内|NO.1 Mac DVD 保存ソフトでiMovieにDVDを取り込み

MacでiMovieにDVDを取り込む作業を行う前、先ずMac用iMovie DVD取り込みソフトMacX DVD Ripper Proをパソコンにダウンロードとインストールしてください。またこのiMovie DVD取り込みソフトにはWindows版もあり、Windows10以降でiMovieにDVDを入れる場合、MacX DVD Ripper Pro for Windowsをダウンロードしてください。MacX DVD Ripper Proを起動してから、ディスクトップの一番上にある「Help/ヘルプ」をクリックして、界面言語を日本語に指定できる。 

Mac用
Windows用

(1):セットアップファイル(.dmgファイル)を無料ダウンロードしてください。そして、macx-dvd-ripper-pro.dmgをダブルクリックする;

Mac DVD 保存

(2):Mac版のiMovie DVD取り込みソフトMacX DVD Ripper Proをアプリケーションにドラッグ&ドロップする。インストールは完了;

iTunes DVD取り込みフリーソフト

(3):右上におる「Help」をクリックして、表示言語を変更できる。「日本語」を選択して、日本語で表示される;

Mac DVD 保存

Step 1:MacX DVD Ripper ProでMacにDVDを読み込み

ソースDVDをMacドライブに挿入して認識されたら、MacX DVD Ripper Proを立ち上げる。そして、インターフェースの左上側にある【ディスク】アイコンをクリックして、DVDをソフトに取り込んで、「自動検出」をチェックしてください。MacXはドライブにあるDVDディスクを検出した後【OK】を押す。
※「自動検出」のままでうまくいかない場合、「強制ISO」にチェックを入れてもう一度試してみてください。

mac dvd 取り込み

 

Step 2:MacX DVD Ripper ProでiMovieにDVDを変換

するとディスクデータの解析が始まるので100%完了になるまで少し待ちください。解析が終わると、【出力プロファイル選択】の画面が表示される。ここでは、iMovieにDVDを取り込みたいので、もちろん、iMovie専用なプロファイルを選ぶに決まっている。
なので、「Appleデバイス」⇒「iMovie動画へ」⇒「iMovie(MPEG4)」、あるいは「iMovie(H264)」とクリックする。

 

Mac DVD 保存

Step 3:保存先とフォルダを選択

ブラウザをクリックして出力ファイルの保存先を指定する。空き容量不足が原因のエラーを避けしようと、できるだけCドライブ以外空き容量の多いドライブに保存した方がいい。

Step 4:MacにDVDを保存する作業を開始

【Run】ボタンをクリックし、MacにDVDを保存プロセスが始まる。作業の進捗状況は画面の中央に現れるプログレスバーで表示される。プログレスバーが100%になれば自動で消える。MacにDVDを保存は完了になる。そして、OKをクリックすると、保存先のフォルダが開いて、すぐに出力映像を確認することができる。

Windows DVDリッピングソフト Mac用動画ダウンロードフリーソフト

以上の操作が終わると、楽々で先の出力DVDをiMovieに取り込んで、ザクッとMacでDVDを編集することができる。

このMac DVD 保存ソフトの魅力は以上だけではなく!

MacX DVD Ripper Proは、驚かせるほどパワフルなリッピング機能を備えているMac DVD 保存ソフトだと評価される。まず、MacでiMovieにDVDを取り込めるだけではなく、四つのモードでレンタルDVDをコピーすることができる。それ以外、DVDを今流行っているビデオ・オーディオフォーマット(例えば、AVI、MP4、MPEG、WMV、FLV、MOV、MP3、H.264、MKVなど)にリッピングして、お使いの新しいiPhone(iPhone 7/7 Plus/SE/6s/6s Plusなど)、iPad(iPad Pro/mini4/Air2など), iPod, 新型Apple TV, Android モバイル携帯やタブレット(Xperia XZ/Z5/Galaxy S7/ASUS/Huawei/Surface Proなど)などのデバイスで生き生きと楽しめる。

また、実用的な動画編集機能もあり、iMovieにDVDを読み込まずに、MacでDVDを編集することが実現できる。例えば、DVD動画を直接にトリミング/カットしたり、いくつかのタイトルを一つのビデオファイルに合併したり、外部字幕を追加したり、お気に入るシーンだけを抜き出したり、DVD動画からオーディオを抽出したり、スナップショットを作成したり、YouTube、Google、Metacafe、Facebookなどのウェブサイトに編集された動画をアップロードしたりすることができる。

NO.1 Mac DVD 保存ソフトMacX DVD Ripper Pro

MacX DVD Ripper ProはMacにDVDを保存、DVDコピー、コピーガード付きDVDを今流行っているデバイス(例えば、iPhone 7/7 Plus/iPhone SE/6s/iPad Pro/iPod Touch6/Xperia X/Z5/新型Apple TV/iTunes/iMoviesなど)に取り込めるだけではなく、DVD作成することができる。絶えず更新していき、DVDリッピングが行えるし、DVDコピー&Mac DVD書き出しもできるし、DVD映像の編集も可能だし、PCで見れないDVDを手軽にMP4に変換して再生可能だし、アダルト・ダイエットDVDもコピー可能だし、DVD鑑賞者にとってはとっておきのソフトウェアだと思う。洗練されたUIを持ち、操作がシンプルで超初心者でもすぐに使える。総合的に言えば、高品質・高機能・高速・使いやすさを誇るMac DVD 保存ソフト。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

上記のプロなMac DVD 保存ソフトを使って、高品質と高速でiMovieにDVDを取り込んでくれる。それで。いつでもどこでもMacでDVDを編集できる。本当に素晴らしいiMovie DVD取り込みソフトだと思う。更に、iPod/iPhone/iPadにも対応している。

関連チャンネル

X