ホームBlog > Macで使える動画文字入れ無料ソフト

iMovieより素晴らしい!Macで動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れるフリーソフト

Macで使える動画文字入れる無料ソフトって?

Windowsで動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れるフリーソフトと言えば、最初に思い浮かものはAviUtlだろう。Macの場合、iMovieは定番だよね。

iMovieのインターフェースが直感的で、動画編集初心者でも使いやすいメリットがある一方で、動画にテキストを入れる時、テキストの位置を移動できないデメリットもある。例えば、テレビ番組動画に自由に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れられなく、有料版のFinal Cut Pro Xしかアップグレードできない。

「100%無料で、iMovieより素晴らしく初心者でも使えるMac動画テロップフリーソフトってあるか」とよく聞かれる。心配しないで、以下では、Macで動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れるフリーソフトをご紹介する。完全無料で使え、文字・テロップ・テキスト・字幕の位置を自由に動かせる。

初心者でもすぐに使え、Mac動画文字入れソフト 〜 完全無料

MacX Video Converter Pro - 高評価される動画編集ソフト無料版で、Intel QSV/Nvidia/AMDといったハードウェアアクセラレーションを導入しながら、高品質エンジン/インターレース解除/マルチコアプロセッサといった先進的な技術を持って、無劣化・爆速で動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れたり、動画をカット/トリム/合併/クロップしたり、動画のパラメーターを調整したり、動画を圧縮したり、動画の音量を調節したり、動画にエフェクト・フィルターを追加したり、音声ファイルトランスコードなどが行える。
 
 

Macで動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れるフリーソフト

Mac動画テロップフリーソフト又はMac動画字幕フリーソフトを探している方は、MacX Video Converter Proは一番だと思う。100%無料で、imovie欠点を補え、動画編集機能(字幕追加/カット/トリム/合併/クロップ/回転など)を持ちながら、動画を無料で変換することが可能。

(1)GoPro/DLSR/DRONES/スマホで扱える8K、5K、4K Ultra HD、HD動画、XAVC、ProRes、HEVC、MKV、H.264、AVCHDビデオフォーマットにサポートしている;

(2)動画編集に関しては、カット/トリム/合併/画面回転(反転)/字幕追加・位置変え/パラメーター調整(明るさ/コントラスト比など);

(3)動画編集、動画圧縮、動画変換といった機能を持ち、お気に入りの動画ファイルから音声を抽出して.mp3で保存したり、4K、HEVC、H.264、MP4、MKV、AVI、WMV、MOV、M4V、MPEG2、iPhone、iPad、Android端末に取り込める;

(4)インテルQSVエンコーダ、AMD、Nvidia Cudaといったビデオエンコード・デコード技術を採用し、4K動画の編集も快適に完成できる。 以下では、Mac動画テロップフリーソフトMacX Video Converter ProとiMovieを比較してみて、使用用途に合わせて最適なものを選んでください。

機能/ Mac動画文字入れ製品
MacX Video Converter Pro
iMovie
価格
無料体験版
Apple製品を使用しているのであれば、無料
入力形式
370以上のビデオ・オーディオフォーマット
H.264、MPEG-2、MPEG-4、DV、AIC and HEVC
入力モード
DVDディスク/ブルーレイ
DVDディスク/ VIDEO_TSフォルダ/ISOファイル
UDFファイル、ISO9660フォーマット
サポートされるハイビジョンフォーマット
サポートされるハイビジョンフォーマット
4K
編集機能
クロップ、スプリット、合併、トリム、動画圧縮、画面回転、字幕追加、字幕位置変更、エフェクト追加、明るさ/彩度/色相調整、再生速度変更など
クロップ、スプリット、合併、トリム、手ブレ補正、トランジション追加、エフェクト追加、字幕追加、タイトル追加、背景クリップ追加、再生速度変更、BGM追加ナレーション録音・追加、ノイズ除去、雑音を消す
パラメーター調整
コーデック、解像度、フレームレート、ビットレート、画質調整可能
不可
出力形式
4K/HEVC/H.264/MP4/MKV/AVI/WMV/
MOV/M4V/MPEG2/MP3/iPhone/iPad/Androidなど
YouTube/Vimeo/FaceBook/Email/iTunes
ハードウェアアクセラレーション
Intel QSV/Nvidia Cuda/NVENC/AMD
Intel QSV/Nvidia Cuda/NVENC/AMD
ご購入


Macで動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れる方法

スマホ、デジタルカメラ、ビデオカメラで撮影した動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れると、動画が面白く分かりやすくなる。編集した動画をYouTube/ニコニコ動画/インスタグラムに投稿したり、お友達/ご家族にシェアできる。

以下では、Macで使える動画文字入れフリーソフトMacX Video Converter ProとiMovieを使って、Macで動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れる方法をご紹介する。比較しながら、最適なものを選んでください。

Mac動画文字入れ Macで使える動画文字入れフリーソフトMacX Video Converter Pro使い方:字幕追加/字幕位置変え方法

上述した通り、MacX Video Converter Proは、Mac動画字幕フリーソフトであるため、自由に動画に外部字幕&テロップ(.srtファイル)を追加したり、字幕の位置を変更したり、字幕/テキストのサイズを調整したり、切り替え可能な字幕を作成したりして、自由自在に映像作品を制作することが可能。

Mac動画文字入れ

Step1:MacX Video Converter Pro公式サイトにアクセスにして、ダウンロードボタンをクリックして、Macにインストールしてください。

Step2:MacX Video Converter Proインストールが完了したら、メイン画面が表示される。Macで動画にテロップを入れるには、「+Video」ボタンをクリックして、編集したい動画ファイルをこのMac動画テロップフリーソフトに読み込ませる。

Step3:動画ファイルが読み込んだら、動画情報の下側には「Cut」「Crop」「subtitle」「Effect」「Rotate」といった項目があり、Macで動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れるために、ここでは「subtitle」をクリックする。

Step4:そこで、「subtitle」追加画面が表示され、「Add SRT File」アイコンをクリックし、パソコンに保存している.srt字幕ファイルをソフトに追加するか、又は、「Search Subtitle」をクリックして、ネットから付けたい字幕ファイルをダウンロードして追加する。「Enable」にチェックを入れると、字幕設定を変更することが可能。

■「Burned In」にチェックを入れると、「Position」のスクロールバーを移動させて、希望の位置に字幕を配置することができる。「Font」を使って字幕のサイズを調整することが可能。

■ 「Stand Alone Track」にチェックを入れると、「Language」をクリックして、複数言語のある字幕を追加する時に、言語を選択することで視聴するユーザーの言語に合わせた字幕を表示できる。勿論、「Font」も利用できる。

Step5:字幕設定が完了したら、「Done」をクリックすればOK。

Step6:「Done」をクリックして、メイン画面に戻り、左下から出力形式を選ぶ。

Step7:「Ourput Folder」でフォルダ開き模様のアイコンをクリックして、編集した動画ファイルの保存先を指定する。すべてが確認したら、「RUN」ボタンをクリックして、Macで動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れる作業が開始。

 


Mac動画文字入れ Macで使える動画文字入れフリーソフトiMovie使い方:動画に文字/タイトルを入れる方法

Mac動画文字入れ

Step1:公式サイトにアクセスして、Mac動画文字入れフリーソフトiMovieをダウンロードしてインストールする。無事にインストールされたら、起動する。

Step2:ビデオクリップをイベントブラウザーからプロジェクトにドラッグする。

Step3:タイムラインで動画を開いた状態で、ブラウザの上にある「タイトル」を選択する。使えるタイトルスタイルがブラウザに表示されるため、動画にテーマを設定してある場合、そのテーマに関連するタイトルがブラウザの上部に表示される。

Step4:タイトルをブラウズして使用したいものを見つけるか、検索フィールドを使って特定のタイトル名を検索する。

Step5:タイムラインでタイトルを追加したい位置に再生ヘッドを置き、ブラウザでタイトルをダブルクリックして、動画ファイル内の再生ヘッドの位置にタイトルが追加される。

■ タイトルを表示したいタイムライン内のクリップの上側にタイトルをドラッグする。

■ タイトルを表示したいタイムライン内のクリップに重なる位置までタイトルをドラッグする。

Step6:タイムラインでタイトルを選択するか、タイトルに再生ヘッドを移動する。

Step7:ビューアでプレースホルダテキストをダブルクリックして選択する。表示したいテキストを入力する。

Step8:タイトルのフォント、色、サイズ、スタイル、位置揃えを変更したい場合、ビューアの上にあるフォントコントロールを利用すればOK。

Step9:変更が終了したら、ビューアの上にある「適用」ボタンをクリックする。

まとめ|最適なMac動画文字入れフリーソフトを選ぶ

上記から見れば、Mac動画字幕フリーソフトMacX Video Converter Proの方がiMovieより使いやすく、メインインターフェースもシンプルで、素早く編集機能を見つけ、動画を編集できる。

MacX Video Converter ProとiMovieはもちろん、Jahshaka、Avidemux、Adobe Premiere Elements(体験版)、BangMe!(体験版)、VideoPad、Youtube エディタ、MPEG Streamclip、Moso、Elis Colors、NHKクリエイティブ・ライブラリーなどといった動画編集ソフトもある。

操作の難易度はそれぞれで、初心者でも簡単に操作できるソフトの使い方を紹介する。

Macで動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れるフリーソフト

MacX Video Converter Pro - Macで動画に文字・テロップ・テキスト・字幕を入れるだけではなく、動画圧縮、動画変換、動画をカット/トリム/合併、動画にフィルターを追加、動画の向きを回転(反転)することが可能。更に、ビデオファイルはもちろん、音声ファイル( MP3, M4A, WMA, WAV, OGG, AC3, AAC, AIFF, FLAC, APE, MKA, AU, M4B, M4R, AA, AAX, M4P)を無料でMP3に変換できる。

あなたへのおすすめ

ホームBlog > Macで使える動画文字入れ無料ソフト

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。

×