ホーム > ブログ >Apple Watch Series 3(アップルウォッチ)発売開始!購入を検討されている方はこちら

Apple Watch Series 3を始め、Apple Watchメリット・デメリットを初心者にも分かりやすく解説

Apple Watchメリット

待望のApple Watch Series3発売開始!

スマートウォッチとは腕時計型でスマホと連携するウェアラブルデバイスのことである。現在、スマートフォン各社が力を入れている製品。今、日本では最も人気のあるスマートウォッチと言えば、ソニーのSmartWatch3、ASUSのZenWatch、サムスンのGalaxy Gearシリーズ、LGのG Watchシリーズ、グーグルのAndroid Wearだと思う。ソニーのスマホ、Xperiaを使っている人はソニーのSmartWatch3にするが、iPhoneを使っている人はどうするの?iPhoneユーザーにおすすめのスマートウォッチは何?

アップルは2017年9月13日に開催されたスペシャルイベントにあわせて、スマートウォッチ第3世代となる「Apple Watch Series3」を発表した。ディスプレイ自体を使って送受信する業界初のアンテナデザインを持ちながら、スペックでは大きな進化を遂げた。Apple Watch Series 3は、LTEとUMTS携帯電話ネットワークに対応し、 watchOS 4を搭載するほか、50メートルの水深でも動作する耐水性能を実現していた。アップル第3世代のスマートウォッチApple Watch Series 3は、これまでスマートウォッチが抱えていた問題を洗練された手法で解決していると予想された。もっと言えば、これまでのスマートウォッチと異なり、Apple Watch Series 3はApple PayのSuicaに対応していて、スマートウォッチの中では一番評判が良い機種だと言っても過言ではない。価格は36,800円から。予約開始は9月15日、発売は9月22日である。
以下では、iPhoneユーザーの人には、人とテクノロジーの関係が新しい時を刻み始めたことを象徴しているApple Watch Series 3のメリット・デメリット、Apple Watch Series 3で出来る事、 Apple Watch Series 3発売日&機能、Apple Watch Series 3の価格&予約を分かりやすくまとめてみた。

Apple Watch Series 3メリット・デメリットって何だろう?

Apple Watchのあらゆる部分は、あなたの使い方、及びあなたがApple Watchを身に付ける手首という場所に合わせて緻密に設計されているデバイスである。しかし、この高価な腕時計型ウエアラブル端末を買うべきか?と質問した人が多い。ここでは、もうすぐ発売される新しいApple Watch良いところ&Apple Watch悪いところをまとめてみる。Apple Watch Series 3のご購入を検討する際の参考にしてみてくださいね。

Apple Watch Series 3良いところ・長所

(1)操作性

スマートウォッチのメリットと聞いて真っ先に思い浮かぶのがこれ。操作性のスゴさということだろう。新しいApple WatchはwatchOS 4を搭載しており、腕に装着するだけでパフォーマンスが大幅に向上し、Apple Watchの文字盤からでも、バックグラウンドで更新される最新情報を表示する新機能のDockからでも、お気に入りのアプリケーションを即座に起動するのがいっそう簡単になった;

(2)デザイン性

Retinaディスプレイは小さい腕時計にピッタリ。また、Apple Watchの表面はダイヤモンドの次に丈夫なサファイアガラス、裏側はセラミック、スチール部分はステンレス、傷や錆に強い。バンドの種類が最も多く、単体で携帯電話通信ができるセルラー版とセルラー非搭載版が用意され、カラーはApple Watch Series1とほぼ同じで、ゴールド、ローズゴールド、シルバー、スペースグレイのアルミニウムケースが用意しているが、シルバーまたはスペースブラックのステンレススチールケースに多彩な種類のバンドが付属しているようである。ユーザーの立場から徹底的に考え抜かれたデザインを見せた;

(3)通知の機能

お使いのiPhoneに接続されているので、現在の時刻をあなたの生活やスケジュールに合わせた方法で表示できる。例えば:メッセージ、Eメール、電話の着信があったらリアルタイムで通知が届ける。また、見逃した通知がある時はいつでも確認でき、通知センターを下にスワイプすればOK。以前と比べて、通知の受信と応答がもっと簡単になった;

(4)応答機能

Apple Watchを優れていると感じたのは、応答に関して、得意のユーザーインターフェース技術でアプローチしているところ。Twitter、Facebook、Piterest、Nike、America Airlineなどのアプリがすでに対応を予定し簡単に楽しいコミュニケーションができる。連携機能は豊富で、iPhoneのカメラのビューファインダーとして使えたり、iTunes、Siri、Apple TVとも連動できる。それだけでなく、新しく発表された電子決済システムApple Payの利用や内蔵スピーカーとマイクで電話に出ることやiPhoneへの転送、車載用Bluetoothヘッドセットに転送することも可能;

(5)健康とフィットネス機能

センサー型ウェアラブルデバイスとして、多種多様のセンサーを搭載している。ほとんどのスマートウォッチに搭載されている加速度センサーはもちろん、珍しい光学式の心拍センサーさえもある。2本の指を画面に押し当てると、あなたの心拍数を読み取って送信する。また、iPhone連携によるGPS利用と合わせて、ウォーキング、ランニング、サイクリングなど多彩なエクササイズを交えても高精度な記録ができる;

(6)その他

Apple Watchのパートの冒頭で、ポケモンGoで大躍進中のNianticのジョン・ハンケCEOを招いて、Apple Watch版のポケモンGoのデモを披露したのは、見事というほかない。

上記のように、Apple Watch Series 3はアップルがiPhone、iPadに次ぐ柱として満を持して投入する商品で、かなり完成度が高いと言われる。ファッション性、操作性、高機能などを兼ね備えるので、iPhoneユーザーにおすすめのスマートウォッチとも言える。

iPhoneをポケットから取り出せずにiPhoneに入っている音楽をコントロールでき、iPhoneを家に置いたまま外で運動しても、Apple Watchで直接音楽を聴くことができる。とても優れたYouTube音楽ダウンロードソフトMacX Video Converter Proを使って、Flower「Dreamin´Together feat. Little Mix」、chay「あなたに恋をしてみました」、Xia「Flower」、SPYAIR「ROCKIN' OUT」、MISIA「白い季節」、EXILE「情熱の花」などという最も人気のある曲をYouTubeからiPhoneにダウンロードして、Apple Watchへと転送し、好きな音楽を手首に着けて持ち運べ、何だか気分がスッキリしてきた。

Mac最高なiPhone・iPad同期ソフト登場!写真、動画、音楽など高速転送できる!

Macx Media Trans-あらゆるメディアファイルをiOSに転送できる最高なソフト。写真、動画、音楽などを簡単にiPhoneとiPadに転送でき、iOSデバイスからMac PCに転送することもできる。世界一の速度で転送できる。先進的な変換機能で、iOSに対応できない動画でも転送して再生できる。macOSとiOSの間にファイル転送ならMacx Media Transが一番!

Macx Media Transダウンロード

Winx Media Transダウンロード

Apple Watch Series 3悪いところ・短所

以上のように、Apple Watchで出来る事が多くても、人気の裏に隠れたデメリットも勿論存在する。Apple Watchのメリット・デメリットをうまく比較して、自分にあったスマートウォッチ選びをしていただけたらと思う。
 (1)価格が高すぎ:まず最初のデメリットとして、価格が同価格帯の時計に比べて非常に高いということである。ウワサによる、価格は38mmケースが27,800円〜、42mmケースが30,800円〜と言われる。確かに通常のpebble、COOKOO、STB-1000CASIO、ZeSplashと比べると多少値段が高い。iPhoneを持っていなければちょっと高機能なデジタルウォッチにすぎない。一方、その価格差は機能の差だと思えば納得できるだろう;
 (2)バッテリーの持ちが悪い:AppleWatchはバッテリーが最大18時間と言われており、朝つけて外出したら、帰る頃にはバッテリー残量がなくなっていることがよく発生する。Apple Watchでは様々なSNSアプリやヘルスケアアプリが搭載されているが、ゲームアプリ、いわゆるNimbleBitによって開発が進められているゲームアプリ「Letterpad」もあるかもしれない。だから、Apple Watchは既に販売されているLG G Watch、Galaxy Gear、Moto 360などの大半のスマートウォッチとあまり差異がなくて、毎日充電する必要がある;
 (3)防水性:Apple Watchは確かに50m防水機能があるが、完全防水とは言えない。生活防水までにとどまっているとのこと。言い換えれば、手を洗ったり、雨に濡れたり、運動中汗をかいたりしても大丈夫だけど、付けたままプールに飛び込む時や風呂に入る時は外しておかなければならない;
 (4)iPhoneとの連携が必須:Appleによると、Apple WatchはiPhone、iPadに接続する必要があり、それによって基本情報などを取得する。また、iPhone、iPadを経由することでインターネットに接続する。だから、現段階の情報ではApple Watch は単体で利用するというよりもiPhoneと連携して、真価を発揮できるデバイスである。通話、メール、GPSなどの通信を伴い機能についてはiPhone側にて処理し、その結果をBluetoothでApple Watchへと転送する機器である。ただし、時計としての本体機能、活動量計機能などについては単独で使用可能となっている;
 (5)ファッション性: 4種類のデザイン、色も4種類ずつ。iPhoneなどとは異なり、時計は常に外出して人の目にさらされているものであるから、デザインの豊富さは非常に大切だと思う。だから、多彩なモデルを展開してほしい;

    Apple Watch Series 3発売日&機能について
● 発売日:Apple公式サイトによると、Apple Watch Series 3の予約開始は2017年9月15日、発売は9月22日と決定した。価格は36800円以上。

● 機能:@、携帯電話通信機能、及びメッセージ・通話・メールなどのコミュニケーション機能;A、健康管理機能;B、モバイル決済機能対応;C、ナビゲーションを振動で通知;D、音声アシスタント機能「Siri」搭載;E、スマートなコーチング機能、50メートルの耐水機能;F、50メートルの耐水性能;G、watchOS 4搭載することでパフォーマンスが大幅に向上;H、内蔵GPSがあり、iPhoneを携帯する必要はなくなる;

    Apple Watchの価格&予約について
● 価格:スマートウォッチLG G Watchは約2万5千円、サムスンGearは約3万円、Moto 360は2万7千円で、サファイアグラス、高性能デジタルクラウン、18K金ゴールドカラーエディションなどを搭載しているApple Watchは上記のライバル製品と比べて、値段は遥かに跳ね上がる見通しである。また、Apple Watch はiPhone 7やiPhone 7 Plusみたいに通信会社から支給される補助金は期待できない。だから、どう考えても価格は相当な額になる見込み。
● 予約:Wall Street Journalは、Apple Watchの初期生産は500〜600万台になると報じている。Appleの店頭販売はもちろんあるだろうが、iPhoneの場合は各キャリアのネット通販からも予約をすることが可能だろうとされている。日本での発売は9月16日からと発表している。

上述していた「Apple Watch良いところ・長所」、「 Apple Watch悪いところ・短所」、 「Apple Watchで出来る事」、 「Apple Watch発売日&機能」、「Apple Watchの価格&予約」を読んだ後、どう思っているの?個人的な感想だが、良かったらご参照ください。ブランド感とかiPhoneを使っている方は、Apple Watchを購入しても構わない。腕時計としてちゃんとデザインして作り込んでいるApple Watchが他の家電メーカーが作ったスマートウォッチとは決定的に違う。

 Apple Watch3最新情報:Apple Watch Series 3は、Apple Watchからどこか変わったの?

Appleが9月7日、サンフランシスコで開催したスペシャルイベントにあわせて、新しい「Apple Watch Series 3」を発表した。最新のwatchOS3も、現地時間9月13日(火)にリリースする。Apple Watch Series 3予約開始日は日本時間2016年9月15日、Apple Watch Series 3発売日が日本時間2016年9月22日だと決定する。価格は36800円〜。初代モデルは「Apple Watch Series 1」としてデュアルコアCPUに機能強化され、27,800円〜で同日に発売される。Apple Watch Series 3は、Apple Watchからどこか変わったの?Apple Watch Series 3 Apple Watchどっちがお得?とよく聞かれる。以下では、スペック的ではApple Watch Series 3 Apple Watch違いを比較してみる。GPSモデルのApple Watch Series 3 Apple Watchどっち買い替えばいいかと迷っている方は参考にしてみてください。

Apple Watch Series 3(GPSモデル)
Apple Watch Series1
ディスプレイ
第2世代の感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ 2倍の明るさ(1,000ニト)
Ion-Xガラス
272×340ピクセル(38mm)
312×390ピクセル(42mm)
感圧タッチ対応OLED Retinaディスプレイ(450ニト)
Ion-Xガラス(強化ガラス)
272 x 340ピクセル(38mm)
312 x 390ピクセル(42mm)
プロセッサ
より高速なデュアルコアプロセッサ;(Apple Watch)
Appleワイヤレスチップ(Apple Watch Nike+);
デュアルコアプロセッサ
材料
アルミニウムケースとスポーツバンド(Apple Watch);
アルミニウムケースとNikeスポーツバンド(Apple Watch Nike+);
アルミニウムケースとスポーツバンド
特長
50メートルの耐水性能、気圧高度計、内蔵GPS、GLONASS、QZSS
Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
Bluetooth 4.2
心拍センサー、加速度センサー、環境光センサー、ジャイロスコープ
内蔵GPS、50メートルの耐水性能
Wi-Fi(802.11b/g/n 2.4GHz)
Bluetooth 4.2
心拍センサー、加速度センサー、環境光センサー、ジャイロスコープ
Apple Pay

Apple Payに入れたSuicaによる、交通機関の利用やショッピングの支払い
Apple Payに入れたクレジットカードによる、店舗やアプリケーション内での購入

Apple Payに入れたクレジットカードによる、アプリケーション内での購入
電源とバッテリー
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
最大18時間
磁気充電ケーブル
USB電源アダプタ、AirPowerマットに対応
リチャージャブルリチウムイオンバッテリー内蔵
最大18時間
磁気充電ケーブル

Apple WatchとApple Watch 2違いの詳しくはコチラ>>

MacX Video Converter Pro

MacX Video Converter Proは、お客様のニーズを最大限に応えるために、多彩な動画編集機能を提供している。動画から気に入ったクリップを取り出して集めたり、ノイズを除去したり、動画に外部字幕・強制字幕及びウォーターマークを追加したり、動画のフレームレート・ビットレート・アスペクト比・解像度を調整したり、動画の余計な部分(シーン)をカットしたり、動画をキャプチャーしたり、動画から音声を抽出したりできる。これまでにない体験をユーザーにもたらす。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

MP4、MOV、MKV、MTS、AVCHD、AVI、WMV、FLVを変換、YouTube動画をダウンロード、スクリーンを録画、スライドショーを作成、動画を編集などのソリューションを提供する。

MacLife レビュー

Apple Watchメリット・デメリットが分かってから、購入するつもり?ご購入を検討中の方は、動画、音楽などのコンテンツを満喫するには、MacXソフトウェアは役に立つ。様々なオンラインコンテンツをAplle Watchに同期することができるからである。

関連チャンネル