ホーム > ブログ >AviUtl Macソフトおすすめ

AviUtl Mac使えない、読み込めない、動作できない時の対策|AviUtl Macソフトおすすめ

AviUtl Mac

AviUtl動作の不具合:動画・音楽ファイルがAviUtl読み込めない?

AviUtl動作の不具合
AviUtl起動時に「VCOMP90.DLLがないためプログラムを開始できません」という表示が出てきた。更に、完成後のMP4動画の音が重複していたり、動画以外に32MB程度のADTオーディオファイルができていたりして、AviUtlエンコード時間を速くしたい。
新しくMacのパソコンを買ったが、AviUtlが使えないって聞いた。今後、Macで動画を編集したいなら、どうすれば良いのか分からない。Aviutlに近いほどのおススメMac用動画編集フリーソフトがある?

AviUtl読み込めない
動画編集ソフトのAviUtlの問題。まず、AviUtlエラーの状態を言葉で表現できなくて、画像で提示している。AviUtlでロイロゲームレコーダーで撮影したaivファイルを読み込めない。原因は一体何であるのか?対処法とは?
AVI形式の動画からMP4の動画形式(3GBから500MBほど)にする際、ものすごく時間がかかって、だいたい9時間ほど要する。解決方法とかないだろうか?Aviutl MP4出力できない時の対処方法>>

上述のように、AviUtl(AviUtl使い方)(エーブイアイユーティル)は個人で開発している拡張性抜群の動画編集フリーソフトウェアと言っても、惜しい所も存在している。対応OSはWindowsで、Macでは利用できなくて、Macユーザーにとっては非常に不便。更に、変換時間がすごく長くて、変換途中にエラーも時々発生などという場合は、利用者に大変な迷惑をかけている。Mac OS Xで動画を編集/変換したい時、何とかならないのか。とにかく最高なMac用AviUtl又はAviUtl Mac用ソフトを見つけるのが近道である。

AviUtlエラーが発生する時の対処法〜AviUtl Mac用ソフト

AviUtl代わりになる物と言えば、MacX Video Converter Proを強くおススメする。本物のAviUtl読み込めないなどといった問題が起きないように、このMac用AviUtlは最善のソリューションを提供している。320+ビデオと50+音声コーデックを内蔵しながら、HD 1080p&720p動画のエンコードとデコードを完璧に最適化させて、どんな動画ファイルの形式でも読み込める。それに、最も重要なのは他の類似品とは異なり、32×より速いスピードと高画質で動画をフリーに変換することである。それで、動画の変換時間を大きく節約するし、オリジナル動画の品質も保っている。例えば:高品質且つフリーにWMVをMOV、MKVをMP3、MP4をMOVへの変換など。その他、最高のMac用動画編集フリーソフトとして、最も多くのMacユーザーのニーズに応えるために、多彩な動画編集機能も備えている。Macでフリーに動画をトリミングしたり、動画の要らない部分をカットしたり、字幕・ウォーターマークを追加したり、音声を抽出してMP3形式として保存したり、ビデオのフレームレット/解像度/ビットレットなどのパラメーターをカスタマイズしたり、写真集から素敵なスライドショーに作成したりすることができる。言い換えれば、AviUtl代わりになるものであるMacX Video Converter Free EditionはAviUtlの足りないところを完全に補完する以外に、新しい高性能テクノロジーを持っている。これから動画編集/変換の楽しさに、夢中になるはず。

Mac用
Windows用

AviUtl Mac用ソフトを利用して、Macで無料に動画を編集

言語設定: AviUtl MacフリーソフトMacX Video Converter Proを起動してから、右上側にあるメニューバーの「help」をクリックして、ソフトの表示言語を日本語に指定できる。Aviutl DVD作成方法>>

AviUtl Mac

ステップ1:動画を追加

ソフト左上側の「動画追加」/「画像追加」ボタンをクリックして、動画又は画像をソフトに入力してください。

AviUtl Mac

ステップ2:動画を編集/変換

動画が追加された後、「Edit」タブを選択して、動画編集の界面が現れ、思うままに動画編集することができる。

字幕追加:「字幕」オプションを選択し、「字幕設定起動」を設定有効にしてください。内蔵された字幕トラックまたはダウンロードした外部字幕ファイ