ホーム > ブログ >新OS X Yosemiteで動画を変換して、再生する方法

【OS X Yosemite動画変換】OS X Yosemiteで動画を変換するソフトが登場

OS X Yosemite動画変換

完全にMacらしくの新OS X Yosemite(ヨセミテ)とは

アメリカ・カリフォルニア州の地名(ヨセミテ国立公園)がOS X Yosemite(ヨセミテ)の名前の由来である。Macを使う時の体験を、更に高いレベルへ引き上げるという目標を目指し、開発されたシステムである。シンプルなデザインで数々の優れた新機能を組み込んで、一段とパワフルになった。フラットデザイン,Spotlight検索,iCloud Drive,Mail Drop四つが主な特徴で、美しさ・シンプル・パワーが新OSヨセミテの魅力である。どこを見ても、OS X Yosemiteで動画を再生・ダウンロードすることが最高。でも、OS X Yosemiteが最新のMac OS Xなので、使い慣れる動画変換ソフトは対応しているかどうかをご確認ください。知っている限り、最新バージョンのHandbrakeは特にMac OS X v10.5 / v10.6(64bit)上で動作するしかない。

また、AviUtl,Any Video Converter,freemake video converter,Aiseesoft Video Converterなどといった類似品の操作がとても複雑で、動画を変換・編集する時、エラーメッセージがよく出てきてソフトが自動終了してしまった。最も重要なのはそれらのソフトの対応動作環境がまだ更新しないで、最新のOS X Yosemiteには絶対無理。それで、「Yosemite対応の動画変換ソフトとは一体何であるか。」という問題に直面し、プロなYosemite 動画変換ソフトを見つけるのは一番重要なことになる。

OS X Yosemiteで動画を変換・OS X Yosemiteで動画をダウンロードしたい?

そんな多彩な新機能を持っているOS X Yosemiteで動画を再生したい人が多い。一体、最新のYosemite対応の動画変換ソフトは何であるのか。ここでは、最新のYosemite(ヨセミテ)向け、開発された素晴らしいMacYosemite変換ソフトMacX Video Converter Proを強くお勧めする。なぜなら、このYosemite 動画変換ソフトは最新のOS X Yosemiteに向け、最善を尽くしながら、絶えず更新していくからである。

Mac用
Windows用

このMac Yosemite変換ソフトは280+プロファイルをサポートするし、HD 1080P&720P動画のエンコードとデコードを最適化されるし、iPhone、iPad、ソニーXperia、富士通ARROWS、グーグルネクサス、シャープAQUOSなどという流行っているデバイスに対応可能。従って、このYosemite 動画変換ソフトを利用して、32×より高速で動画をiPhone、iPad、ソニーXperia、グーグルネクサス、富士通ARROWS、シャープAQUOSなどに変換することができる。これから、MacユーザーはOS X Yosemiteで動画を変換/再生することで悩まなくなる。また、320+ビデオと50+音声コーデックを内蔵しており、あらゆる動画を流行っているビデオ形式に変換可能。例えば:MKVをAVI、WMVをMOV、 MKVをMP4に変換など。だから、このMac Yosemite変換ソフトは最新のYosemiteを含めるMac OS X上で動作する最強の動画変換ソフトである。

それに加えて、このYosemite対応の動画変換ソフトはプロなYouTube ダウンローダーとも言われる。内蔵しているYouTubeダウンロードエンジンを使って、32×より速いスピードでOS X Yosemiteで動画をダウンロードすることができる。そして、Mac OS X 10.10でYouTube動画をMP4、AVI、MOV、WMVなどというビデオフォーマットに変換可能。そういうふうに、OS X Yosemiteで動画をダウンロードすることや動画を変換することが一括に完成可能、ユーザーにとっては凄く便利なツールだと言っても過言ではない。更に更新中、現在新しいmacOS(macOS Catalina)にも対応済み。

Yosemite 動画変換ソフトを利用して、OS X Yosemiteで動画を変換する(最新macOSに対応済み)

言語設定:Yosemite動画変換ソフトMacX Video Converter Proを起動して、インターフェースの言語を日本語に設定するには右上側の「help」をクリックしてください。4回だけクリックして、 OS X Yosemiteで動画を変換することができる。

OS X Yosemite動画変換

ステップ1:動画追加

MacX Video Converter Proを起動して、メイン画面にある「ビデオ」をクリックして、表示された画面の左上側にある「動画追加」アイコンをクリックして、手持ちの動画を入力してください。(以下はOS X Yosemiteで動画をiTunesに取り込むことを例として説明する)

OS X Yosemite動画変換

ステップ2:出力プロファイルを選ぶ

動画をソフトに追加した後に、出力プロファイルを指定する。操作手順は以下の通りである。

「Appleデバイス」⇒「iTunes動画へ」⇒「iTunes(H264)/iTunes(MPEG4)」⇒「完了」

OS X Yosemite動画変換

ステップ3:保存先を選択

「参照」をクリックして、保存先フォルダを選択してください。

ステップ4:変換開始

ソフトの右下側にある「RUN」ボタンをクリックして、Yosemiteで動画を変換開始。

ご参照:OS X YosemiteでDVDを変換/コピーしようと思う方は、プロなDVD変換ソフトMacX DVD Ripper Proが一番おススメである。このDVD変換・コピーソフトを利用して、手軽にMac OS X 10.10でDVDを変換してiPhone/iPad/Androidなどデバイスで再生したり、DVDをコピーしてお使いのパソコン又はマルチメディアプレーヤーで再生したりできる。映画鑑賞大好きな人はこの素晴らしいDVD変換ソフトを絶対見逃さないで!

使いやすいOS X Yosemite動画変換ソフト〜MacX Video Converter Pro

このMac用動画変換ツールはOS X Yosemiteに対応可能以外、iPhoneやiPad用の新OS「iOS 12」にも対応する。それで、動画をiPhone, iPad, Androidなどという最新OSのポータブルデバイスに取り込み、ポータブルデバイスで動画を楽しめる。また、本ソフトは高度な編集機能も備えており、新Mac OS X 10.10で動画を編集することはきっと特別な印象を与えるだろう。大好きな写真をスライドショーに作成したり、動画のフレームレート/ビットレート/解像度などのパラメーターを調整したり、外部字幕やウォータマークを追加したり、ビデオタイトルを合併したり、内蔵しているカメラ/ウェッブカメラで録画した動画をYouTube/FaceBookにアップロードしたりできる。Mac OS X 10.10で動画を編集しようと思う人はこのソフトもお役に立つ。絶えず更新中、新しいmacOS(macOS Catalina)とiOS(iOS13)にも対応している。

お役に立つ可能なソフト

MacX DVD Ripper Pro

世界一高速なMac用DVD リッピングソフトで、コピーガードがかかっているDVDをMP4、MOV、FLV、iTunesビデオに変換、Mac、iPhone、iPad、Androidなどで再生できる。

MacX Video Converter Pro

動画変換・編集、PC画面録画、動画ダウンロード、BGM付きスライドショー作成など、5つの機能を1本に凝縮したオールインワン動画処理ソフト!

MacLife レビュー

MacX Video Converter Proは、OS X Yosemite動画変換を行えることは勿論、最新のmacOS Catalinaにも対応。macOS Catalina〜OS X Yosemiteで動画を変換、動画をダウンロードしたいのなら、このソフトウェアは一番だと思う。

関連チャンネル

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。