ホーム > ブログ >YouTube動画をiMovieに取り込む方法

YouTube iMovie取り込みソフト|MacでYouTube動画をiMovieに取り込む方法

YouTube iMovie

YouTube iMovie取り込み方法ってある

ご存知の通り、YouTubeは日本語ではユーチューブと呼ばれ、日本では「ようつべ/つべ」とも通称している。動画コンテンツを共有するサイトで、オンラインで動画を配信する。Macでユーザーが自ら撮影・編集した動画をYouTubeにアップロードしたり、サイトにおけるYouTube動画をダウンロードしたりすることができる。YouTubeのお陰で、人間の生活も前より一層豊かになって、いつでもどこでも友人たちと自製していた動画を共有することができる。

YouTubeでサポートされているファイル形式は、.MOV、.MPEG4、.MP4、.FLV、.AVI、.WMV、.MPEGPS、.WebM、.3GPPである。一方、iMovieでサポートされているファイル形式は、.AVCHD、.MPEG4、.MPEG2、.MOVである。ダウンロードしたYouTube動画をiMovieに取り込んで、編集したいのなら、YouTube iMovie変換ソフトを利用する必要がある。

MacでYouTube動画をiMovieに取り込み、iMovieで編集したい

iMovieでYouTube動画を編集している途中、以下の状況に遭う可能性がある。

● Macに保存している幾つかの面白いYouTube動画をiMovieにインポートして、編集しようと思うが、YouTube動画が灰色となってしまった。

● 「MacでYouTubeファイルフォーマットの.flvをiMovieの.movに変換したいが、変換方法が分からない。

上述していた通り、YouTubeはMOV,AVI,WMV,FLV,3GPP,MPEGPS,WebM,MPEG4形式をサポートする。iMovieは主にMPEG-2,MPEG-4,AVCHD,DV-Standard,HDV,QuickTimeムービーを入力しかできない。両方が共同的なビデオフォーマットを持っていない。ダウンロードしているYouTube動画はFLVフォーマットで、iMovieではサポートされない。MacでYouTube動画をiMovieにインポートするには、YouTube iMovie変換ソフトを利用する必要がある。動画変換ソフトと言えば、Freemake、Clone2Go、Wondershareなどといった様々なソフトがあり、機能、使い勝手、速度、品質で選ぶなら、有料のYouTube iMovie変換ソフトはフリーのものより素晴らしい。

MacでYouTube動画をiMovieに取り込み、iMovieでYouTube動画を編集するとしたら、YouTube iMovie変換ソフトを使わないとダメ。ここでは、簡単的にMacでYouTube動画をiMovieに転送できるソフトMacX Video Converter Proをおすすめする。このソフトウェアは、最新技術を活かし、YouTube iMovie取り込みは勿論、優れた動画ダウンロード、動画変換、動画編集、動画録画機能も備えている。ダウンロードしたウェブ動画をMP4, MOV, MKV, AVI, WMV, FLV, MTS, TS, M2TS, MKV, MP3, AC3, WAVなどのフォーマットに変換したり、iPhone (iPhone X/8/7s/7/7 Plus/SE/6s/6s Plus/6/6 Plus), iPad (iPad mini 4/iPad Pro/Air 2), iPod及びその他のデジタルデバイスに取り込んだり、動画をカット/トリム/合併/分割/字幕追加を行ったり、仕様変更でダウンロードできない動画を録画することができる。絶えず更新中、マルチコアCPU、ハイパースレッディング・テクノロジー、インテルQSVというビデオエンコード専用処理などとった先進的な機能を持ち、高画質・高音質で動画を楽しめる。

Mac用
Windows用

iMovie YouTube取り込み、iMovieで動画を編集する方法

まず、MacでYouTube動画をiMovieに変換できるソフトMacX Video Converter Proをダウンロードして、インストールしてください。WindowsでYouTube動画をiMovieに変換するなら、Windows版をご利用ください。ディストップの一番上にあるメニューバーの「help」をクリックして、ソフトの表示言語を変更できる。

YouTube iMovie

Step1:ソフトのインタフェースにある「ダウンロード」⇒ 「ビデオ追加」アイコンをクリックして、YouTube動画のダウンロードインターフェースが現れる。

Step2:左上側にある「リンク」アイコンをクリックしてください。そして、ダウンロードしたいYouTube動画のURLをテキストボックスに貼り付けて、「分析」/「ペースト&分析」をクリックしてください。分析された後、動画ファイルの解像度によって、幾つかの出力フォーマットが表示され、ひとつを選んで「完了」をクリックしてください。

Step3:「参照」をクリックして、保存先フォルダを選択してください。

Step4:確認したら、右下側の「Download Now」をクリックして、気に入りの動画をYouTubeから一括ダウンロードする。

YouTube iMovie

動画がダウンロードされた後、MacX Video Converter Proのメイン画面に戻り、「ビデオ」⇒「+ビデオ」アイコンをクリックして、先ほどダウンロードしたYouTube動画をソフトウェアに読み込ませる。その後は、下記の操作手順に従ってください。

Step5:「Appleデバイス」⇒「iMovie動画へ」⇒「iMovie(H.264)」⇒「完了」とクリックする。

410+出力プロファイルが内蔵して、YouTube iMovie取り込みは勿論、YouTube動画をiPhone/iPad/iPod/Android/タブレット/ハードディスクドライブ/ゲーム機などの今流行っているデバイスにも取り込める。

Step6:ソフトの一番した側にある「ブラウザ」をクリックして、出力ファイルの保存先を指定する。

Step7:右下側にある「RUN」ボタンをクリックして、ダウンロードしたYouTube動画をiMovieに取り込む。

YouTube iMovie

お使いのコンピューターにインストールしているiMovieを立ち上げ、「+新規」とクリックし、ムービーを選ぶ。そこではクリップの編集、分割、タイトル・字幕追加、チャプター追加、トランジション効果追加、BGM追加などが行える。

ビデオクリップの追加:iMovieに取り込んだ動画ファイルで並べたい動画を左下にタイムラインにマウスでドラッグ&ドロップで移動させると、時間軸に追加していく。

分割:分割したい所に白い縦の線を当てる。クリップの上で右クリックし、「クリックを分割」とクリックする。一つのクリップを分割でき、これで長尺で撮影したクリップを切り刻んで、映像編集がサクサクできる。

タイトル・字幕追加:左下のタイトル「T」ボタンから色々なタイトルアニメパターンを選べる。適用させたい場所に縦の下線を持ってきてから、Aのパターンからダブルクリックで適応させてあげる。紫色の旗が適応させた部分。 旗を左に延ばすとタイトルを表示時間が伸ぶ。

iMovieで動画を編集する方法の詳細は、https://help.apple.com/imovie/mac/10.1/?lang=ja までにご参照ください。

MacX Video Converter Proはオールインワン式の動画ソフトとして、MacでYouTube動画をiMovieにインポートできるだけでなく、オンラインビデオをダウンロードしたり、スクリーンをレコードしたり、写真スライドショーを作成したり、動画のクロップとトリミングなど、ビデオを編集したりすることも全部できる。特にビデオとオーディオのパラメータ調整を通して、望む画質と音質を自由的に出力する。

更に、実用的な動画編集機能を備え、簡単にビデオとオーディオの出力設定を変更したり、動画をカット・合併・分割したり、動画に字幕・ウォーターマークを追加したり、写真をスライドショーに作成することができる。それで、自由に動画を編集できる。絶えず更新中、世界初ビデオエンコード専用処理機能、Intel Quick Sync Video(QSV)を導入し、超高速・高画質で動画を変換できる。ユーザーフレンドリーインタフェースをもって、使い勝手が良く、初心者でもすぐに使いこなせる。

高性能なYouTube iMovie取り込みソフトMacX Video Converter Pro

MacX Video Converter ProはYouTube iMovie変換は勿論、YouTubeをApple TV、Final Cut Pro、QuickTime、iTunes、iPhone、iPad、iPod、Android、タブレット、ハードディスクドライブ、ゲーム機などの今流行っているデバイスにも取り込める。想像以上多彩な機能を備え、ライバル製品より、変換速度が速く、出力品質も素晴らしい。iMovieで動画を編集したい場合は、このソフトは超おすすめ。

MacLife レビュー

MacX Video Converter Proは優れたYouTube iMovie変換ソフト。MacでYouTube動画をiMovieに取り込み、iMovieで自由にYouTube動画を編集することができる。使い勝手もよく、機能が豊富で、大勢の方々に愛用されている。

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。