ホームBlog >macOS 10.14 Mojave DVD焼く

【macOS 10.14 DVD焼く】モハベ・Mojaveでiso/動画からDVDに作成する方法(日本語対応)

macOS 10.14 Mojave DVD焼く方法

OSX El Capitanからディスクユーティリティに「ディスク作成」のボタンが廃止され、新しいmacOSにアップグレードした方はどうすればいいのか。それで、「macOS DVD焼く方法」に関する質問が多くなってきた。今年6月、新しいmacOS「macOS 10.14(macOS Mojave)」がリリースされ、macOS 10.14ではシステムの起動やロック解除がよりっ高速になり、アップデートしたい人も多いだろう。だが、macOS 10.14にアップデートした後、DVD作成作業が順調的に行えると聞くだろう。

ヤフー知恵袋では「imovieで編集した動画ファイルをDVDに作成したくて、初心者でも使いやすいmacOS 10.14 Mojave DVD作成ソフトがあれば教えてください。」「ディスクユーティリティを使ってmacOS 10.14 Mojaveで.isoイメージファイルをDVDに焼けるのか。」「TSUTAYAからレンタルしてきたDVDをDVD-Rに作成して、私的使用の範囲で視聴することは違法となるのか。」「macOS 10.14 Mojaveにアップデートした後、DVDに焼く方法って何?」と質問した人はいる。

心配しないで、以下ではmacOS 10.14 Mojave DVD焼くをテーマに、macOS 10.14でDVDを作成する方法について詳しくご紹介する。

3分で読めるmacOS 10.14 Mojave対応機種、新機能まとめ

100%安全 macOS Mojave DVD書き込みを行う時に必要なソフト

MacX DVD Ripper Pro - 1:1の比率でDVDの中身をコピーできるソフト。その他、CSS、容量偽装、Cinavia、UOPs、APS、リージョンコード1〜6、RCE、ソニーArccOS、ディズニーX-projection DRM、S1/本中/アタッカーズ、ムーディーズアダルトコピーガード、ワークアウト/エクササイズ/フィットネス/トレーニング系コピーガード、ライブ音楽コピーガードを手軽に解除でき、iPhone/iPad/Android端末に取り込める。
 
 

【macOS 10.14 DVD焼く】macOS MojaveでDVDを作成する方法

新macOS 10.14 Mojaveがリリースされた後、以前の通りに動画ファイル(MP4/AVI/FLV/WMV/TSなど)をDVDに作成したいのか。iPhoneやデジタルカメラで撮ったファイルをDVDに書き込みたいのか。手元のisoイメージファイルからDVDに焼きたいのか。TSUTAYAからレンタルしてきたDVDディスクをDVDにコピーしたいのか。もしそうしたいのなら、下記で紹介されたmacOS 10.14 DVD作成ソフトは役に立てる。どっちでも使いやすくて、macOS Mojaveを初めて使っている方でもすぐに使いこなせる。

macOS Mojaveダウンロード、アップデート方法はこちら>>

macOS 10.14 Mojave DVD焼くソフト:レンタルDVDをDVDに書き込み

私的使用の範囲で見逃した映画DVDを鑑賞したいが、TSUTAYA DISCAS/ゲオではレンタル返却期限があり、ちょっと不便だと思う。レンタル返却期限を気にせずにDVDを存分に視聴したくて、DVDからDVDに焼けばOK。だが、macOS 10.14 DVD焼く作業を行うには、プロなソフトウェアを利用しなければならない。

@ 、ご利用中のソフトウェアはDVD 書き込み機能を持つ。

A 、ご利用中のソフトウェアは最新のmacOS、macOS Mojaveに対応済み。

B 、ご利用中のソフトウェアはTSUTAYA/ゲオからレンタルしたDVDに掛かられているコピーガード(例えば、CSS、容量偽装、Cinavia、UOPs、APS、リージョンコード1〜6、RCE、ソニーArccOS、ディズニーX-projection DRM、日本独自保護技術/フィットネス系コピーガードなど)を解除できる。

上記の三つ条件を満たし、macOS 10.14 DVD焼く作業が進められる。ここでは高性能で優れたmacOS 10.14 DVD作成ソフトMacX DVD Ripper Proをおすすめする。MacX DVD Ripper Pro本体にはDVD作成機能を持っていないが、FinderまたはBurnと連携したら、無劣化でレンタルDVDからDVDに書き込める。

100%安全
100%安全

macOS 10.14 DVD焼く

Step1:まず、Mojave DVD作成ソフトMacX DVD Ripper Proをダウンロードしてインストールする。インストールが完了したら、デスクトップの一番上にある「Help」をクリックし、ソフトウェアの表示言語を日本語に設定できる。後は、焼きたいDVDディスクをドライブに挿入し、コンピューターが認識されたら自動的に再生する。再生画面が表示されたら閉じる。このmacOS 10.14 DVD書き込みソフトMacX DVD Ripper Proを起動する。

Step2:「DVDディスク」アイコンをクリックし、手元のdvdディスクをソフトウェアに読み込ませる。もし「ソースDVDディスクを選択する」画面が表示されたら、初期設定では「自動検出」にチェックを入れる。もし初期設定でDVDディスクを解析できない場合は、「強制ISO」にチェックを入れてみてください。

Step3:レンタルDVDディスクが解析された後、「出力プロファイル選択画面」が表示される。
● 無圧縮・全般でMacでDVDをコピーしたい場合、【DVDをISOイメージへクローン】をご利用ください。
● 圧縮してMacでDVDをコピーしたい場合、【メインタイトルコンテンツコピー」をご利用ください。
ここでは、「DVDをISOイメージへクローン」⇒「完了」とクリックする。

Step4:確認したら、「ブラウザ」をクリックし、出力ファイルの保存先を指定する。

Step5:「RUN」ボタンをクリックし、macOS Mojaveでisoファイルにコピーする作業が始まる。高品質エンジンを内蔵し、1:1の比率でコピーできる。

MacX DVD Ripper Pro使い方

macOS 10.14 DVD焼く

Step6:Finder 上にあるディスクイメージを右クリック(またはcontrolを押しながらクリック)し「ディスクイメージ"ディスクイメージの名前"をディスクに書き込む」を選択する。

Step7:空のディスクをドライブに挿入し「ディスクを作成」ボタンをクリックする。ディスク作成作業が完了したら、ディスクが自動的にドライブから排出される。

ただし、Finderを使って.isoイメージファイルをDVDに作成できるが、作成されたDVDはDVD-Videoフォーマット規格ではなくVLC/QuickTimeなどのメディアプレーヤーでは再生できない。ご注意ください。

Tips:ディスクユーティリティ(Disk Utility)はOSX El Capitanから【ディスク作成】機能を廃止され、最新のmacOS 10.14でDVDを作成できない。

焼いたDVD見れない・DVD再生できない原因とぞれぞれの対処方法

macOS 10.14 Mojave DVD焼く:動画をDVDに作成(iPhone動画/imovie動画/デジカメ動画など)

iPhoneまたはデジカメで撮った動画をDVDに焼きたいのか。Imovieで編集した動画ファイルをDVDに書き込みたいのか。オンラインからユーチューブをダウンロードしてDVDに保存したいのか。もしそうでしたら、下記のmacOS 10.14 Mojave DVD焼くソフトは一番。

MacX Video Converter Proは優れた動画変換ソフトで、iPhone/デジカメで撮った動画やimovieで編集した動画やオンラインからダウンロードした動画ファイルがサポートし、高速・無劣化でDVDの規格形式に変換できる。後は、Mac専用DVD焼くソフトBurnを使ってmacOS MojaveでDVDを焼く。

その他、MacX Video Converter Proは動画ダウンロード機能を持ち、高画質・高音質でYouTube/FC2/ツイキャス/Twitter/Instagram/パンドラTV/ニコニコ動画をダウンロードできる。そして、動画変換機能を使って、先ほどダウンロードしたウェブ動画をDVDの規格形式(MPEG-2)に変換できる。だから、オンライン動画をDVDに焼きたい場合は、このソフトウェアがあれば非常に便利となる。


100%安全
100%安全
macOS 10.14 DVD焼く

Step1:macOS 10.14 Mojaveに対応済みソフトMacX Video Converter Proをダウンロード・インストールする。無事にインストールされたら、デスクトップにある「Help」をクリックし、ソフトウェアの表示言語を日本語に設定できる。

後は、MacX Video Converter Proを起動し、左上にある「Video+」ボタンをクリックし、手元の動画ファイルをソフトウェアに読み込ませる。

Step2:手元の動画ファイルがソフトに読み込んだ後、出力プロフィール画面が表示される。そこから「DVD動画」→「NTSC DVD 動画」→「完了」とクリックする。

Step3:ブラウザをクリックし、出力されるファイルの保存先を指定する。

Step4:確認したら、右下にある「RUN」ボタンをクリックし、macOS 10.14 MojaveでMPEG-2変換作業が始まる。それで、macOS 10.14 Mojave DVD焼く事前準備が完了。

もし、動画を編集したいのなら、「ハサミ」模様のボタンをクリックし、動画カット/トリム/合併/字幕追加などが行える。

MacX Video Converter Pro使い方

macOS 10.14 DVD焼く

Step5:Burnをダウンロードして、インストールする。Burnを起動し、「ビデオ」タブからDVDディスクの名前を入力し、右のDVD-Videoに設定する。

Step6:MPEG-2ファイルをBurnにドラッグして取り込む。対応されないファイルが入力されたら「変換」⇒「選択」ボタンをクリックすれば保存先がを選択して確認する。

Step7:空DVDディスクをドライブに入れて、右下に「ディスク作成」と書かれたボタンをクリックする。macOS 10.14 MojaveでDVDを焼く作業がはじまる。

macOS 10.14 DVD作成が完了した後、視聴する時にご注意

macOS 10.14 DVD焼く違法性に関しては、「技術的保護手段」が施されたTV録画および市販のDVD・Blu-rayのコンテンツを権利者の意図しない手段で複製する行為は、個人用途や家庭内利用の範囲から外され、違法となり、DVDディスクの複製・変換を行う場合は、自作DVD・Blu-rayや家庭用ビデオカメラで個人的に撮影したデータなどで利用するようにしてください。

だから、上記で紹介されたmacOS 10.14 DVD書き込みソフトを使って焼いたDVDディスクを私的範囲で再生してください。

macOS 10.14 Mojave DVD焼く時に役立てるソフトおすすめ

MacX Video Converter Pro−macOS 10.14 Mojave DVD作成を行う時、このソフトウェアは役に立てる。動画変換に特化されたソフトウェアで、ほぼすべての動画ファイルを変換できる。更に、動画ダウンロード、動画編集、動画録画機能もあり、手軽にお気に入りの動画を視聴できる。機能が豊富で、インターフェースも分かりやすく、初心者でもすぐに使いこなせる。

あなたへのおすすめ

優れたiPhone動画DVD焼くソフトおすすめ(Mac&Windows版)

iPhoneで撮った動画をDVDに焼いてテレビ/パソコンで見る。

MP4をDVDに素晴らしく作成出来る方法

【MP4 DVD書き込み】MP4をDVDに綺麗に書き込みできる方法をご解説!

Aviutlで作成ファイルをDVDへ焼く方法

Aviutlで作った動画をDVDに書き込んでDVDプレイヤーで再生する。

YouTube DVD焼く方法おすすめ

Windows&MacでYoutubeをDVDに落とす方法をまとめてみた。

ホームBlog > macOS 10.14 Mojave DVD焼く方法

MacX Media Trans

詳細ページ   ダウンロード

MacX DVD Ripper Pro

詳細ページ   ダウンロード

MacX Video Converter Pro

詳細ページ   ダウンロード
コミュニティ

ホーム | 会社情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | 取引条件|ライセンス契約 | 最新記事一覧 | ニュース | お問い合わせ

Copyright © 2019 Digiarty Software, Inc (MacXDVD). All rights reserved

Apple、Appleのロゴ、Mac、iPhone、iPad、iPod及びiTunesなどはApple Inc.の商標であり、米国およびその他の国で登録されたものです。
Digiarty SoftwareがApple Inc.と開発または商業提携をしていません。